青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)

一年ぶりの国道352号




毎度おなじみの酷道…もとい国道352号

今年も行ってきました。ここ数年毎年行ってますねぇ。
自宅がある水戸インターから常磐道~北関東道~関越道小出インター、樹海ライン経由で~枝折峠~銀山平~檜枝岐と国道352号を通り~田島~塩原経由でぐるーっと回ってくるコースです。
逆回りでも回ったりもしますが、ここ最近は関越道の上り方向の渋滞を嫌い、先に高速を使うルートで回ることが多いです。
一番最初にDUCATI MONSTERで行きまして、その後DJEBEL125、FAZER8、SEROW250と乗ってたバイクはすべてこのコースを行ってきました。
今回、新たにMyBikeに加わったMT-10でお約束のように行きまして、今回の走行距離はぐる~と回って580㎞ほどと日帰りで堪能。

(枝折峠から銀山平側に下がっていったあたり)

今回行ってわかったことですが、銀山平の遊覧船乗り場にあったお土産&食堂が閉店…どころか跡形もなく無くなっていました。銀山平自体、観光客が寄らないんですよね…車ならシルバーラインを使って奥只見ダムの方に行っちゃいますし、あっちの方が賑わってますしね。残念ながらバイクだと奥只見ダムまでは行きようがありませんので。

(新潟県と福島県の県境あたり)

奥只見湖に沿ってうねうねと曲がりくねったところを過ぎて、福島県との県境である金泉橋の新潟県側手前。この区間だけ妙にきれいに整備されていますが、2011年の福島豪雨でこの辺り一帯が金泉橋を含めて土砂崩れで崩落。その後整備され今では奇麗になりましたが、道の傍らに流れる只見川を見ると未だに大きな岩石がゴロゴロと転がってます。

今回は土曜日ということと、次週に行われる「枝折峠ヒルクライムINうおぬま」のためかいつも以上に通行量が少なくやや寂しげな道となっていました。

いろいろなバイクでこの地を訪れましたが、一番楽しいのはやはりセローかなぁ…狭い道かつくねくね道だと軽さが一番の武器になりますし、かといってジェベルだと高速使えないのが厳しいですね。なにせ1周すると600㎞近くになりますから。また、ジェベルは125だったということもあって、絶対的にパワー不足です。

翻ってMT-10ですが、パワーありすぎて持て余すといったところでしょうか…Fazer8の時はMTほどパワーがないので、そんなに乗り辛いとは思いませんでしたけどね。