大笹牧場




大笹牧場名物のバニラソフトクリーム

この3連休の中日に栃木県日光市にある大笹牧場に行ってきました。

あまりいい天気とは言えませんでしたが、ライダーの方々が大勢来られてました。

ツーリングスペシャルと化したMT-10をパチリと…
ちょっと他人が映り込みましたが、個人が特定できないからいいよね?

ヘルメットがRX-7Xに代わりました!

Amazonで42,000円だったので、ついつい購入。グラスホワイトモデルです。

カスタマイズも進行中

オイルフィラーキャップをデイトナのpremiumseriesに変更。ライコランドの割引券2000円分が手に入ったので、ついつい購入。

レバー類もDimotivのアジャスタブルレバー タイプ2のブルーアルマイトに交換。
実は、納車したあと、GSで立ちごけした時にクラッチレバーを思いっきりひん曲げていたので、これを機に交換したというのが真相です。
でも納期がめちゃくちゃかかり、入荷まで1.5か月も待つハメになりました。(笑)

 

小山ダムと北山公園




昨日に引き続き、梅雨の真っ最中なのに天気は快晴。昨日は山梨県までのツーリングで約400㎞走行しました。
なので、今日は県内のツーリングスポットである小山ダムまで軽く走ってきました。

小山ダム、ダム提から

同じところからの下流側。

貯水量も標準的で下流への放水も見ることができました。

おひるごはんはダム定番の「ダムカレー」

これがなかなかボリュームがあって大変おいしくいただきました。更に値段が700円と超リーズナブル。骨付き鶏のトッピングが美味しさに輪をかけていました。

最後に記念撮影

サイドケースを取り外し、トップケースのみでの運用でした。
自宅に帰ってから、最近セローに乗ってないなぁと思いまして、近所の北山公園までセローでお散歩

あたりは薄暗くなりつつありましたけど、ジョギングされている人やバーベキューを楽しまれているご家族連れで賑わっていましたよ。

そういえば

セローにフューエルワン入れてみました。エンジンが力強くなるとか言われてますけど、私は特にパワー的には変わらないように思います。が、エンジンが滑らかになったというか、エンジン音がパーシャル時に静かになったとかは実感できました。

「道の駅どうし」に行ってきました!




道の駅どうし

茨城県、しかも水戸あたりに住んでますと、東京の西側、すなわち神奈川とか山梨、伊豆といったところはどうしてもなかなか行きたくても行き難い場所です。
以前、ホームページにも書いたことがありますが、どうしても都内を通過しないといけないため、単純に遠いといったことばかりでなく、渋滞にハマる危険が高いという理由も行き難い理由の一つです。
ところが、今年になって未開通区間であった茨城県内区間の「境古河IC」と「つくば中央IC」のおよそ30㎞区間が開通し、ようやく東名高速と東関道が繋がりました。
そのためこれまで山梨や神奈川、伊豆といった東京西部に行くのに東京を通過しないで行くことができるようになりました。
一昨年の埼玉区間全通(桶川北本IC – 白岡菖蒲IC間)直後に境古河ICから海老名JCまでは走行済みでしたが、つくば中央ICから境古河ICまでが1時間近くもかかり、正直東京の西側に行くのには使いづらい道ではありました。
そのため、茨城県民としても、圏央道の開通は神奈川、山梨、伊豆方面に行くのに大変便利になるのではと期待は大きかった路線です。
なかでも山梨県の道志みちは多くのライダーが集う道として知られており、一度は行きたいと思っていたところです。圏央道(ほぼ)全線開通したことだし、山梨もしばらく行ってなかったなぁと思い、圏央道経由で行ってきました。


さすが、ライダーのメッカだけあってもの凄い数のバイクが道の駅に来てました。
でもやはり、さすがに遠いのと、首都圏から近いということもあって、道路の混雑が半端ないです。やっぱり、自分的には栃木、福島、ときどき新潟、山形っていうほうが性に合ってます。

あと、宣伝です!(笑)

MT-10納車直後に行った磐梯吾妻スカイラインのGoPro動画をようやくyoutubeにアップロードしました。良かったら見てやってください

MT-10 カスタムその3




リアキャリアとトップケース

実は、パニアを付けるときにいつも悩むのですが、トップケースとサイドパニア、どっちが良いのか??
トップケース…ホムセン箱ですが…はセローには付けてますが、ロードスポーツにはサイドケースのほうが似合うと思ってることもあり、Fazer8時代にはトップケースは付けていませんでした。
何よりも、TRaXがあまりにも優秀かつ大容量だったので、必要を感じなかったということが一番大きかったと思います。
しかし、MT-10の純正サイドケースは容量がやや小さいことと、TRaXのような頑丈なアルミケースではないため、サイドパニアに続いてトップケースも付けちゃいました。
こちらもY’S GEARのユーロヤマハ純正トップケース39Lとリアキャリアを取り付けました。

一応、Y’S GEARのカタログ等には、「トップケースとサイドケースの同時装着は走行バランスを崩すため避けてください」という記述があります。
しかーし、Y’S GEARのかカタログを見ると、リアキャリアとサイドケースステーが同時装着されている写真があります。
さすがに、箱を同時装着している写真はありませんが、キャリアとステーの同時装着が可能かつ写真が記載されているならば、いわゆる「自己責任」というヤツで装着可能だろ?ってことでやっちゃいました。
流石にメーカーがヤメロって言っていることなので、マネされる方もくれぐれも自己責任でお願いします(笑)

鹿島神宮の近くにある湖上の鳥居の前でパチリ