ヤマハMT-10買っちゃいました その3




装備について

MT-10はYZF-R1の基本コンポーネントを流用した、MTシリーズの最高峰というのはヤマハの謳い文句ですが、実際のところ、その通りです。が、R1とは決定的に違うバイクです。

一般道(高速道も含めて)をR1の技術を使って快適に走ること…を目的にしたバイクと言ったら良いのでしょうか。

そんなわけで装備関係もなかなか充実しています。

クイックシフター&スリッパークラッチ

…スリッパークラッチよりもクイックシフターの方が普段使いには嬉しい装備です。シフトアップ時は1速~2速を含めて6速までクラッチ操作は不要です。

加速時にクラッチ握らずにポンポンとシフトを掻き上げるとシフトアップしていきます。なので、クラッチ操作で加速が中断するということもなく、スロットルを開いている限りずーっと加速しっぱなし。また、エンジン音もドロップすることないので、まるで4輪のATトルコン車の加速のような音です。この音はバイク乗りにはなかなか聞く機会のない音でした。

但し、減速時などのシフトダウン時はこれまで通りクラッチ操作が必要です。とは言え、信号待ちで停車するときなどは、6速などで走っていても停車前に一気に1速やニュートラルまで落とすので、クラッチを握る回数としては1回だけですから、実質的にはクラッチ操作が半分以下とか1/3とかになってしまいます。クラッチ握りすぎて左手が腱鞘炎になることも激減するかも(笑)

ただ、加速状況によってはクイックシフトを利用してのシフトアップ時に結構な衝撃…ガツンというような…がある場合があります。唐突にガツンが来ますから、まだまだ改良の余地はあると思います。

もう1点、1速から2速にシフトアップする際、中途半端にシフトアップするとニュートラルに入ってしまう事がある…納車時にバイク屋さんから言われました。試したところ、ニュートラルになることはありませんでしたが、アタマの隅にでもおいておいた方が良いかもしれません。




クルーズコントロール

…乗用車ではおなじみの装備ですが、バイクには果たして必要?しかもR1由来のスポーツバイクに?…結論から言うと、スゲー便利です。一回経験すると今後のバイク選びではクルコンあるなしでバイクを選ぶかもしれないってほど便利です。特にバイクに乗る目的がツーリングを中心として考えるならば…絶対に欲しくなる装備でした。

動作速度は50㎞/h~100㎞/h走行時、ギアが4速、5速、6速の時にセットできます。解除はブレーキをかけるか、メインスイッチを切るか、スロットルを全閉状態から更に閉じる方向に回すかの3つのうちのいずれかの操作で解除されます。なお、メインスイッチを切ってクルコンを解除すると、再設定が必要です。なので、解除の際はブレーキをかけるかスロットルを全閉から更に戻しての解除がお勧め。この2つの方法で解除するとレジューム機能によって、解除前に設定していた速度まで復帰させることが可能です。(クルコン設定ボタンの+ボタンを押すと復帰)

なお、実際にはメーター読み105㎞でも設定可能でした。おそらくメーター誤差により実際の速度は100㎞/h以下だったので設定できたと思われます。

右手が解放されることがこんなに便利だとは思いませんでした。