ヘルメットのこと その2





GT-Air 装備について

GT-Airもこうしてみると、ずんぐりむっくりという印象です

シールドを開けた状態ノーズディフレクタが大きめですが、別体式で標準では付いていません。梱包の中に同梱されてました。

横から見ると前後長が長めなのが判りますね。また、エアロフォルムで頭頂部から後ろにかけて下がっていったあと「ドン」と落ち込んでるフォルムです。

後ろから見ても上から1/3のところで段差が付いているのがはっきりと分かります。

上から見ても、Araiと比べて長いことが判ります。

GT-Airの一番の特徴であるインナーバイザーを下げたところ。バイザーは強めのスモークで眩しさは太陽に向かって走るようなシチュエーションでもあまり眩しく感じません。バイザーの性能はかなり優秀です。

バイザーの上げ下げは、このシールド下にあるスライドスイッチで出し入れが簡単にできます。

ベンチレーションは頭頂部に大き目なインテークと高等部の大き目なアウトレット

あご部分にも大き目なデフロスタが付いています。合わせてインテークとアウトレット合計で3か所です。Astroよりも少ないのですが、性能はGT-Airの方がやや優れているように感じます。いずれのエアホールもAstroより大きいようなので、そのせいなのではないかと思います。

あと、ベンチレーションのパーツが大きくスライドさせるため、走りながらでも操作はし易いですね。

AstroProShadeとGT-Airのその他の違うところ

どちらのモデルもツーリングでの使用を想定したモデルなので、快適装備が他のモデルよりも充実しています

GT-Airの顎紐はD環ではなく、ラチェット式。安物メットでよくあるモノとは異なり金属製のしっかりしたモノ。そのためか、安物メットのスナップ式とは異なり幅広で強度的にも高そうですが、人によっては喉仏にあたって痛いという意見もネットでは見られます。

こちらはAstro ProShadeの一般的なD環。個人的にはD環の方が好きですけど、慣れというか、この辺は好みの問題だと思います。

内装やシールド

上がGT-Air、下がAstroProShade

作りが多少違いますが、いずれも頭頂部を空気が通る作りです。また、GT-Airの方がメガネをかけ易い作りです。Astroの方もメガネがかけにくいってことはありませんが。

また、AstroProShadeの方は内装材にエコピュア内装材が使われており、サラサラ感があるようです。

シールドの取り付け部は上がAstroで下がGT-Air。

根本的にAstroはシールドポストにカバーが付いていますが、GT-Airはカバーなし。これが静粛性の違いとなっているのかも知れませんが、GT-Airの方が静粛性が高く、風切り音は少なめ。Astroの方は、カバー部に隙間があるためなのか若干静粛性が劣ります。

実際、GT-Airの静粛性はかなり高く、これまでに使ったヘルメットの中でもトップクラスの静粛性だと思います。

シールドの開け閉めについては、Astroは無段階式。つまり可動範囲内ならどこでも気に入った場所で止めることができるので、曇り止めためにシールドをちょっとだけ開けたい時でも開けることができます。逆にGT-Airはラッチ式。ちょっとだけ開けておきたいというような時には不便です。全閉状態から1ノッチだけ動かしても結構開いてしまいますので、冬場などでは寒気がかなり顔面に入り込んでしまします。

最近のヘルメットなら、曇り止めのためのピンロックシートが装着可能ですが、GT-Airは同梱されており、改めてピンロックシートを購入する必要がありません。ピンロックシートって安くはないので嬉しい仕様です。

で、どっちが良いのかってことですが…

GT-Air

走行時静か。他者からはわかりずらいインナーバイザー。新しめなフォルム。ラチェット。ピンロックシート標準

AstroProShade

ちょっと厨二っぽいアウターバイザー。昔ながらのまぁるいこれぞヘルメットというフォルム。D環。エコピュア内装。帽体小さめ。安い。ピンロックシート別売り。

この辺りが判断基準になると思います。どっちが良いとかじゃなく、使用目的で選択すれば、どちらのヘルメットと満足度は高いと思います。

 

ただし、AstroProShadeは生産中止となりました。アライのホームページから消えていますので、おそらく流通在庫のみとなると思いますので、欲しい人は早目に手を打った方が良さげです