クシタニ3シーズンジャケット2017年モデル(モードスポルトジャケット)

前回記事と最初のほうの記事でクシタニテキスタイルジャケットのことを書いてますが、改めて2017春モデルのうち購入したものについて、細かく見てみます。

モードスポルトジャケット

今年の新作スポーツ系ジャケットであるモードスポルトジャケット

色はキャメルツイルっていう緑がかったキャメルカラー。今年の新作からこのモデルとチームジャケットに採用されています。

昨年ヒットしたヴィターレジャケットは併売となっていますが、実質的には後継モデルだと思います。

両腕脇は伸縮性のある素材

やや硬めの伸縮性生地で腕を伸ばしたライディングスタイルでも邪魔になりにくい

横の黒い生地全部が伸縮性生地とはなっておらず、生地を変えていますね

後ろ側のエア抜きベンチレーター

後ろ側のベンチレーターは肩のところと腰のところ、2か所。左右にあるので4か所

通気性は良さげです

ブレストパッド用のベルクロと内ポケット

ミューラージャケットやヴィターレジャケットと同様、ブレストパッド装着用のベルクロが付いています。ポケットのような生地に切り欠きがあるところは、ミシンも2重縫いしてあり、強度も確保されていそうです

お約束のフジサンマーク

左上腕部と右肩のところにプラ製のマークが張り付けられています

牛皮っぽいアクセントも

左腕の袖には「MOTO PERFORMANCE」のプリント

左腕と左肩周りにMOTO PERFORMANCEのプリントが貼付されています

ちなみに、Y’s gearブランドのOEM品にはこの文字は入っていないようです

内側のウインドストッパー

ファスナー内側のウインドストッパーはおなかのあたりがえぐれたような形になっていて、前傾姿勢の時に動きを妨げないような形状になっています。

こういった細かい工夫がクシタニらしいですね

生産国がヴェトナム

ウインターヴィターレジャケットは中国製でしたが、今年のモデルからヴェトナム製造となっていました。

決して安くはないクシタニ製品ですが、縫製の芸の細かさや、生地の立体裁断、肘や肩の生地の使い方など、こういった細かいところを見ていくと、安くはできない理由がわかったような気がします

 

クシタニ3シーズンロングジャケット2017年モデル(ミューラージャケット)

今年のロング丈、春夏秋用3シーズンジャケットを購入しました

色は落ち着いたオレンジ色のこんなヤツです

ミューラージャケット

写真だと赤味が強いですけど、実際はもっと赤味が無くて、柿色みたいな落ち着いた感じ

ブレストパッド用ベルクロ

ブレストパッド用のマジックテープが付いてて、パッドの装着ができます。

前身頃インナーポケット

反対側にはインナーポケット

ベンチレータファスナー

肩のところにはベンチレーター用のファスナーが付いてます。

フジサンマーク

カタログではわからなかったのですが、左胸のところと左肩のところにフジサンマークが目立たないようにあしらわれていました。

クシタニだなって思わされたのが、縫製のしっかり感。きちんとミシンが往復されて、ほつれにくいようになってます

安いものってこういうところが雑なんですよ

ちなみに製造国はヴェトナムです

FAZER8のハコ

メインバイクであるFAZER8にはSW-MotechのTraXっていう「ハコ」を取り付けています。

アルミ生地のハコなんですが、空間が寂しい…ならば、ステッカー貼ったろっ!

で、貼ってやりました

道の駅「かわプラザ ひたちおおみや」で入手

よくみると、「AYU ready」って書いてある(笑)

もう一つ、「GO ja pay」

茨城弁で「ごじゃっぺ」ってことで、いい加減とかだらしないとか、あんまりいい意味では使われないんです。

けど、

まさに自分の事を言われてるようで…