ヘルメットのこと その1

AraiとSHOEI

バイクに乗るのに必ず必要なのが言わずもがななヘルメット。国内ではAraiかSHOEI、OGKあたりがよく見るヘルメットだったりしますね。

私がバイクでリターンした際には、それ以前から持っていた、Arai製のAstro TRっていうモデルを被っていました。しかし、あまりに古いのと、ちょくちょく落としていたため、かなり傷だらけっていうこともあって、、Monster800ieを購入した時OGK kabutoのFF-R3っていうモデルを購入しました。しかし被ってから30分ほど経つと、右後頭部からこめかみにかけて猛烈な痛みが襲ってきて、とても被っていられる状態ではなくなり、いったん脱いで15分くらい休憩しても、一旦頭痛が始まると再装着しても、ものの5分で同じように猛烈な頭痛に襲われました。




そんなこんなで、このヘルメットを被るとバイクどころじゃありません。軽くて気に入ってはいたのですが、泣く泣く手放すことにして、以前から被っていたArai製のQuantum Jというモデルを買ってきて被ったところ、これが快適!なことこの上ない!

Astro TRもそのまま持っていましたから、通勤でAstro、ツーリングでQuantumっていう使い方をしていましたが、Astroも流石に古くなってきたので、新たにAstro IQのバリエーションモデルであるAstro ProShadeを購入。その後、オフ車用に同じAraiのTourCross3を購入したり街乗り用にSZ-RAM4を買ったりしましたが、SHOEI製のメットを使っていないことに改めて気付いて、GT-Airを購入。

現在その他のヘルメットを含めて6個のヘルメットを使用していますが、同じフルフェイスといえども、AraiとSHOEIとではかなり違うということがわかりました。

で、Astro ProShadeとGT-Airの比較

Astro ProShadeとGT-Airはいずれもツーリングモデルの上級版なので、ほぼ同クラスという感じでしょうか?実売価格はGT-Airのほうがやや高め。いずれのモデルもサンシェードを装備してます。

正面、後ろ、側面と上から写真で比較

まず、正面。

イメージ的には、SHOEIの方が若干大きいかなとも思っていましたが、並べてみるとほぼ同じ大きさ。後ろ側を見てもほぼ同じ大きさなのがお判りいただけると思います。

もっとも違うところが側面を見たとき。明らかにSHOEIの方が長い。上から見ても細長いことが判りますね。

あと、Araiの方が全体的に丸みを帯びています。

どっちがいいという問題ではなく、装備内容やカタチの好みで選んでも不満は少ないと思われます。

装備内容 Astro ProShade

グラフィックモデルなので、多少わかりにくいところがありますが、ご勘弁を!

外観はArai製の最大の特徴であるネコミミのようなベンチレーターとProShadeシステムによるアウターバイザー。シールドの上に更にスモークなシールドが被さっています。

この状態だと、夜間やトンネルなどで不自由しますので、スモークな部分は上に持ち上げることができます。

こんな感じ

横から見てもそんなに違和感はありません。帽子のツバのようにも見えます。

ただ、メインのシールドを開くと…

ちょっとお間抜けに見えます。

が、このシールドオープン状態で走行しても風にあおられる感じはほぼありません。

ベンチは、

頭頂部2か所(吸気)、後頭部2か所(排気)

口元のデフロスタ

シールド自体にもベンチレーターが付いてます。左右2か所

あと、写真撮り忘れましたが、後方の下の方には排気用の穴が開いてます。ちなみにこのベンチレーション用の穴は閉じることができません。

内装はパッドはほぼ全部取り外し可能。特に頬にあたるチークパッドが汚れやすい気がします。

また、Astro IQと異なり、抗菌・消臭内装に変更されています。が、見た目はAstro IQとまったく同じ。

オプション扱いのチンガードが標準装備されています。

Quantam Jとは帽体の見た目はほぼ同じですが、口元が若干狭く感じました。

ベンチ性能はかなり優秀な部類だと思います。以前使っていたQuantam Jよりもかなり涼しい

風切り音はまぁそれなり。というかこんなもんでしょうって感じです。ただし、GT-Airと比べるまでは…

GT-Air編に続きます

バイク用ブーツやシューズのこと

バイク用ブーツって?





バイクに乗るのに大切なことの一つとして、自分の身体は自分で守るってことがあります。

ヘルメットは着用義務がありますので、嫌でも被らなくてはいけません。

しかし、全身むき出しで公道を走るわけですから、当然ヘルメット以外にも安全装備はしないといけませんね。

頭の次に守らないといけないのは実は胸部。バイクで衝突事故を起こすと、頭部はもちろん、胸部もハンドルバーなどに強打して死亡につながることも多いそうです。

死亡事故ほどの事故はともかく、バイクは2輪で走るため、止まっている時は両足、または片足で地面に足をつけて車体を倒さないようにしないといけません。さらに2輪で走るんですから、走行中もちょっとしたきっかけで簡単に転倒してしまいますね。これも事故といえば事故。

そんな時にまずダメージを受けるのが、足や手などの四肢です。

特に足の場合、くるぶしあたりにダメージを受けると簡単に複雑骨折までいってしまいます。したがって、バイクに乗るときはくるぶしを保護するような形状の靴を使用するのが望ましいですね。

バイク用のブーツやシューズはほぼ全てくるぶしを保護するような形状となっています。これは上に記したような事情によるものです。

私は基本的にバイクの使用用途でブーツを変えています。つまりそれなりに理由があってのことですが、簡単に現在使用しているブーツについてご紹介していきます。

オフロード用ブーツ GAERNE ED-PRO art 405

言わずと知れた、林道ツーリスト御用達のド定番ブーツ。とにかく柔らかい。このモデルと異なり一般的なモトクロス用ブーツというのは転倒によるダメージを低減させるためとにかく全体を固くしています。転倒するのが当たり前という考え方なので、転倒してもダメージが少なくなるよう、全体がプラスチッキーで、足首なんてまず曲げられない。

しかし、このモデルはほぼ全体が革。そのためにオフ系ブーツとしては大変柔らかい仕上がりとなっています。さらに靴底もラグソールとなっており、林道などでの路面がぬかるんでいるようなところでもグリップが良いなどの利点があります。モトクロス用ブーツは基本靴底はフラットなので…コーナリングで足を出してスライドさせるため…ぬかるんだヌタヌタな道などでは滑ってしまい、マシンの直立状態を保持させるのも困難となりますし、足元の悪いところで転倒などしようものなら、引き起こすだけでも大変になります。なので、ぬかるんだ林道などは、モトクロスブーツのようなフラットソールよりも写真のようなタンク底なラグソールの方が向いていると思います。

AVIREX YAMATO ブーツ

セローで街乗りや林道に行かない場合は、ED-PROのような大掛かりなオフブーツは逆に扱いづらくなります。林道走行ほどのプロテクト機能は必要なく、かと言ってあまりにも普通の靴では転倒時の防御力が低すぎます。

その点、AVIREXのYAMATOブーツは見た目も悪くはなく、比較的どんなバイクでも似合うと思います。

ロングブーツというほど丈も長くはなく、脛の真ん中よりやや下あたりまではカバーしてくれますので、バイク用ブーツとしては悪くないと思います。価格もこの手のブーツとしてはリーズナブルな価格で20,000円以下で購入できますしね。

内股側サイドにジッパーとベルクロが装着されており、普段使いでは靴紐を結んだり解いたりする必要はありません。サイドジッパーを開ければ、ほぼ足元までオープンしますので、脱ぎ着は楽ですね。

ただ、見た目通り、革が非常に硬く、慣れるまでは靴擦れする可能性もあります。そのため、私は購入直後からミンクオイルを塗りたくってかなり柔らかくしました。また、サイズ感も表記サイズよりも大きく、普段26㎝の靴を履いている人は25.5㎝や25㎝のものでちょうどいいかも知れません。なので、購入する際は試着してから購入されることをお勧めします。

靴底はタンク底なので普段使いでも「ちょっと小洒落た」ブーツという認識でも大丈夫です。街中でもブーツインでジーンズを着用しても違和感は少ないと思いますね。

ただ、私の場合、ミンクオイルを塗りたくった結果、かなりフニャフニャになっています。転倒時の防御力はかなり悪化しているかもしれません。



Alpinestars SMX3 ブーツ

オフ車向けではなく、ロードスポーツ向けのショートブーツです。YAMATOブーツよりは嵩高ではなく、ツーリング用シューズよりは嵩高という絶妙なサイズ感です。

一応、SMXシリーズなのでサーキット走行も視野に入れた作りで、トゥスライダーも装備されています。

なぜこれを購入したのか?

YAMATOブーツよりも背が低く、かつ、ツーリングシューズよりも背が高いブーツを探していたところ、まさに理想的な大きさなブーツだったからなのですが、一般的なロードスポーツ用レーシングブーツではツーリングで使うにはやや使いにくいし、歩くときでもレーシングブーツよりは歩きやすい感じたから。

もうひとつの大きな理由が、あまり背が低いツーリングシューズではやはり足首を保護する効果が低いように思えることも大きな理由です。足首よりも脛までカバーしてくれた方が転倒時に足をひねったり、骨折する確率は低くなりますしね。

靴紐のようなクロージャーシステムがバックルとなっており、簡単に締め付けができますし、疲れた時には緩めの締め付けでもOKなところも気に入ってます。

このブーツもまたサイドファスナー+ベルクロ式であり、脱ぎ着もラクなところも高評価です。

靴底は一般的なレーシングブーツと同様フラットソールです。

実はこのブーツを買った一番の理由ってのが、ブーツの高さというのは前述のとおりなのですが、高さが必要な理由ってのが、パンツの裾問題なんですね

バイク乗りの方ならお分かりいただけたると思いますが、バイクに乗るときは膝を曲げた状態で乗車するのですが、ということは、バイク乗車時に膝を曲げたときに裾がずり上がるため、パンツの裾がやや長めな方が、脛が見えないってことがありますね。

普段着のジーンズやワークパンツは立った状態で裾の長さを調節していますから、これらでバイクに乗車すると、裾がずり上がり、靴下丸見えかくるぶし丸見えになってしまうのです。これがものすごくかっこ悪い。そのため高さのあるブーツを履いておけば、靴下丸見えやくるぶし丸見えってことはなくなります。

ただ、一般的なランディングシューズはくるぶしまでは隠れていても、かかと側は丸見えっていうものがほとんどです。この後に紹介しているTAICHIのRSS006DRYMASTER BOAとかAlpinestarsのFasterシューズなどもかかと側は大胆にカットしてあるデザインなので、やや裾の短いパンツをはいた状態で後ろから見ると、やはり靴下が丸見えってなってしますんですね。やや背の高いブーツを探した結果見つけたのがこれでした。履きやすさを考慮すると、これはこれでいいと思いますけどね。

左から

Alpinestars SMX3、AVIREX YAMATO、GAERNE ED-PRO Art405

3点を並べてみると高さは一目瞭然です。

RS TAICHI RSS 006 DRYMASTER BOA RIDINGSHOES

ツーリングシューズのド定番シューズです。合皮ですが、DRYMASTERを採用しているため、防水透湿機能を有しています。当然くるぶしまでしっかりガード。

一番の特徴はBOAシステムを採用しているところであり、クロージャーシステムに靴紐やベルクロを使っていません。ワイヤーで締め付けるシステムですが、外側のダイヤルを回すだけで締め付けが完了します。

脱ぐときもダイヤルを引っ張ればロックが解除され、簡単に脱ぐことができます。

もともと、スノボのブーツに採用されたシステムですが、現在かなり広範囲に使用されてるようですね。

ただ、かかと側が大胆にカットされているため、パンツの裾ずり上がり時にはここから靴下が見えちゃうんです。これがSMX3購入の大きなきっかけでした。

ソールはごく普通のフラットソール。

防水機能もあるので多少の雨でも浸水するこはないとのこと。実際、雨天走行時でも雨水が中に浸水してくることはありませんでした。もっとも大雨時には試していませんので、何とも言えませんが。

見た目も悪くはありませんし使用頻度も高く、ツーリングで一番活躍しているライディングシューズです。

ALPINESTARS FASTER SHOES

近所のにりんかんで1万円で売ってたので、衝動買いしたライディングシューズ。

いまとなっては街乗りでしか履いていませんが、さすがアルパインスターズ製だけあって、作りはしっかりしてます。

クロージャーは靴紐とベルクロのコラボレーション。表皮も合皮っぽいのですが、つま先やかかと側にはしっかりと補強対策がしてありました。

ただ、残念なのが、星マークが剝がれてくること(笑)

これまた、普通のフラットソール。ALPINESTARSのマークが大きく入っています。

現在、主にこれらのブーツやシューズを利用していますが、いずれも一長一短あり、使用目的に沿った使い方をしていますが、いずれまた、新しいブーツが出たらほしくなるんだろうなと思っています。

 

 

クシタニメッシュジャケット2017年モデル(マッドスポルトジャケット)

クシタニの新作メッシュジャケット、マッドスポルトジャケット買ってきました。

ブラック/レッドモデルです

基本的には3シーズンジャケットのモードスポルトジャケットと似たデザイン。特に後姿の腰回りがよく似ていますね

これはモードスポルトジャケット。腰回りのステッチが似た雰囲気

腕にはロゴがプリント。これもモードスポルトジャケットと似ていると感じさせる部分です

このマッドスポルトジャケットのウリである、模様入りの生地ですが、このブラック/レッドは模様が入っていません。

こっちのほうが落ち着いた雰囲気なので、自分のようなおっさんにはこっちの方がいいと思います。

お約束のブレストパッド用ベルクロも装備。内ポケットもすぐ隣にありますね。

背中と腕周りの間にはジャージっぽい伸縮性の高い素材が使われています。

また、袖口ファスナーの開ききったところには補強のためのミシンによる縫製が施されています。

ただ、あんまり意味がないと思われる。サイドのバタつき防止のタブ

メッシュジャケットやん!バタつかないでしょ?って思うのですが…。デザインのためタブですね。あくまでも。

ちなみに昨年まで使っていた某R&R製のメッシュジャケットですが…

ほつれてますがな(笑)

やっぱり某R&R社の縫製はイマイチのような気がします。

セローで山行き

今シーズン本格的な山遊びに来てます。

自宅出発後、肩慣らしを兼ねて、ビーフライン沿いにある物産センター山桜経由で関東ふれあいの道~赤沢林道へ

(関東ふれあいの道 茨城県コース2 杉並木の美しい道…赤沢林道)

その後、旧御前山村の赤橋を渡り、ビーフライン経由で国見林道へ

国見林道

まずは常陸太田市のグリーンふるさとラインの未開通区間を通る国見林道

地図上の赤いところから右下のほうにある河内小と書いてある方向に繋がっています

一応通行止めって告知はしてありますが、通れます。ただ背の高い車だと詰んでしまうかもしれません

道は比較的フラットですが、全体的にヌタってるところ多数

更に今後、夏にかけては雑草が半端なく生えてきます

なので、走るのに良い時期は今くらいから5月中旬くらいまでと、10月から12月前半くらいまで

更にこんなんなので、ワンボックスカーは多分無理

出口となるのはビーフライン(グリーンふるさとライン)未開通区間の工事を行っているところです。下の写真方向が工事中区間で、国見林道入口方向となります。

https://www.youtube.com/watch?v=VbJRFzk7qSU&t=4s

(ビーフライン未開通区間を通る国見林道)

横川林道

国見林道出口から国道349号を北上し折橋交差点を高萩方面に向かうとすぐに横川林道入口です。

横川林道は支線が数多くあり、そのいずれもが現在ではほとんど使われている様子もなく、チェーンでブロックされています。特に支線はほとんどチェーンによる規制が行われています

今回行ってきたのは入口からのチェーンによる規制は行われていないところ…だけではなく、本線と途中から規制チェーンが張られているところからさらに奥になる横川5号林道まで

なお、この林道はほかの林道よりも路面状態もよく、また、ところどころにはカーブミラーやガードレールも整備されており、初心者の方には大変走りやすいのではないかと思いますよ

また、本線入口から4㎞ほどのところにチェーンによる規制がされているのですが、竪破山への登山口があるためかどうかはわかりませんが、このチェーン、2輪であれば全く意味をなしていません(笑)

特に5号支線の途中にはこんな景色も見られるスポットがあります。

また竪破山登山口には、小さな滝があったりして、このあたりの林道の中では、なかなか楽しめる道ですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=RQojAeN2rI4&t=4s#t=286.702979

(セローで行く横川林道)