ラジエーターコアガードとオイルクーラーガード




ラジエーターコアガードを付けたい!

ってことで、以前乗っていたFazer8にはR&G製のコアガードを付けていました。
Fazer8のラジエーターコアはブラック塗装されていまして、正面から見ても目立たなくて良さげだったのですが、ケルヒャーで洗車した時に水圧でフィンが曲がってしまい、水が当たったところがシルバーになってしまいみすぼらしくなってしまいました。そんな理由で黒のコアガード付けたら目立たなくなるんじゃね?と思いまして、R&G製のコアガードを付けていました。
翻って、MT-10ですが、デザイン的にスキマや空間が多く、洗車するのも結構大変。なので、ケルヒャーで洗車することが多く、Fazer8の時と同じくラジエーターコアがまた曲がってるんじゃないかと思いますし、田舎住まいなのでインセクトアタック(要はムシ)により激突した虫の残骸がコアにびっしりってことも少なくありません。なので、MT-10にもFazer8の時と同じくR&G製のコアガード&オイルクーラーガードを取り付けました。

Fazer8と同じブラック!ラジエーターが目立たなくなりました。比較的安価なのでお財布にも優しい。

オイルクーラーガード。
こっちはもともと付いていた純正のガードと交換。純正品の上からは取り付けできません。純正品は飛び石からのガードを主目的としているようで、メッシュの目が粗め。R&G製はラジエーターコアガードと同じ目の粗さ。なのでムシが激突してもコア本体への影響は最小限だと思われます。

MT-10のラジエーターは無塗装なので、結構目立ちますが、ブラックなコアガードを取り付けたので、コアが目立たなくなり、また洗車がラクになりそうです。

タイヤ交換とアクスルスライダー





MT-10の純正タイヤであるブリヂストン:BATTLAX HYPER SPORT S20 が寿命を迎えました。8000㎞でリアが終了。フロントはもう少し使えそうでしたが、どのみちあと1000㎞くらいで交換となりそうでしたので、併せて交換としました。バイク屋のおにいちゃんが言うには、ハイグリップタイヤで8000㎞もてば十分とも。しかし、これまでのバイク歴で新品タイヤで交換まで5か月しか持たなかったのは実は初めて。なので、今回は、できるだけ安く、なおかつライフの長いツーリングタイヤということでチョイスしてみましたが、いかんせん、リアのタイヤサイズが190/55というちょっとだけ変わったサイズだったりします。このサイズのタイヤはどちらかというとスーパースポーツ系のバイクが多く、したがって、タイヤ自体もハイグリップ系のものが必然的に多いように感じます。当然価格も高めとなり、なかなか出物が無いということだったのですが、メッツラーのROADTEC Z8M INTERACTならば比較的安く入手可能でツーリングタイヤであることからライフも期待できそう!ってことで、初めてのメッツラーに交換となりました。

見るからにツーリングタイヤっていう感じのパターンですね。

フロント側もリア側と同じようなパターンです。
インプレとかも参考にしてみましたが、ライフは少なくともかなり期待できそうなインプレが多く、またウェット性能もかなり高いとの評価が多いようです。
せっかくなので、せめて10,000~12,000㎞はもって欲しいところです。

ハンドリングはS-20と比べて、ややダルい感じ。倒しこみも若干重く感じますが、変に切れ込むような素振りも見せず素直なハンドリング。ヤマハ車にありがちなリアタイヤから回っていくような走り方をするとどっしりとした感じで安定したコーナリングが楽しめます。

 

 

アクスルスライダーも取り付け

SW-MOTEC製のアクスルスライダーもタイヤ交換を機に取り付けました。

実のところ注文は6月20過ぎに注文しましたが、入荷まで2か月以上かかりました。Webikeで購入したものの、納期未定状態でようやく10月3日に届きました。

ファッション的要素が強いアイテムですが、フロントタイヤとリアタイヤ周りのアクセントとしてみてみるとなかなか良さげな商品です。取り付けも前後で私のような素人が30~40分程度で取り付け可と非常に簡単でした。

青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)

一年ぶりの国道352号




毎度おなじみの酷道…もとい国道352号

今年も行ってきました。ここ数年毎年行ってますねぇ。
自宅がある水戸インターから常磐道~北関東道~関越道小出インター、樹海ライン経由で~枝折峠~銀山平~檜枝岐と国道352号を通り~田島~塩原経由でぐるーっと回ってくるコースです。
逆回りでも回ったりもしますが、ここ最近は関越道の上り方向の渋滞を嫌い、先に高速を使うルートで回ることが多いです。
一番最初にDUCATI MONSTERで行きまして、その後DJEBEL125、FAZER8、SEROW250と乗ってたバイクはすべてこのコースを行ってきました。
今回、新たにMyBikeに加わったMT-10でお約束のように行きまして、今回の走行距離はぐる~と回って580㎞ほどと日帰りで堪能。

(枝折峠から銀山平側に下がっていったあたり)

今回行ってわかったことですが、銀山平の遊覧船乗り場にあったお土産&食堂が閉店…どころか跡形もなく無くなっていました。銀山平自体、観光客が寄らないんですよね…車ならシルバーラインを使って奥只見ダムの方に行っちゃいますし、あっちの方が賑わってますしね。残念ながらバイクだと奥只見ダムまでは行きようがありませんので。

(新潟県と福島県の県境あたり)

奥只見湖に沿ってうねうねと曲がりくねったところを過ぎて、福島県との県境である金泉橋の新潟県側手前。この区間だけ妙にきれいに整備されていますが、2011年の福島豪雨でこの辺り一帯が金泉橋を含めて土砂崩れで崩落。その後整備され今では奇麗になりましたが、道の傍らに流れる只見川を見ると未だに大きな岩石がゴロゴロと転がってます。

今回は土曜日ということと、次週に行われる「枝折峠ヒルクライムINうおぬま」のためかいつも以上に通行量が少なくやや寂しげな道となっていました。

いろいろなバイクでこの地を訪れましたが、一番楽しいのはやはりセローかなぁ…狭い道かつくねくね道だと軽さが一番の武器になりますし、かといってジェベルだと高速使えないのが厳しいですね。なにせ1周すると600㎞近くになりますから。また、ジェベルは125だったということもあって、絶対的にパワー不足です。

翻ってMT-10ですが、パワーありすぎて持て余すといったところでしょうか…Fazer8の時はMTほどパワーがないので、そんなに乗り辛いとは思いませんでしたけどね。

大笹牧場




大笹牧場名物のバニラソフトクリーム

この3連休の中日に栃木県日光市にある大笹牧場に行ってきました。

あまりいい天気とは言えませんでしたが、ライダーの方々が大勢来られてました。

ツーリングスペシャルと化したMT-10をパチリと…
ちょっと他人が映り込みましたが、個人が特定できないからいいよね?

ヘルメットがRX-7Xに代わりました!

Amazonで42,000円だったので、ついつい購入。グラスホワイトモデルです。

カスタマイズも進行中

オイルフィラーキャップをデイトナのpremiumseriesに変更。ライコランドの割引券2000円分が手に入ったので、ついつい購入。

レバー類もDimotivのアジャスタブルレバー タイプ2のブルーアルマイトに交換。
実は、納車したあと、GSで立ちごけした時にクラッチレバーを思いっきりひん曲げていたので、これを機に交換したというのが真相です。
でも納期がめちゃくちゃかかり、入荷まで1.5か月も待つハメになりました。(笑)