MT-10 カスタムその2




ようやく純正オプション到着!

車体発注と同時に発注しておりました、純正スクリーンとサイドケースが届いたとの知らせが販売店よりようやく入り、さっそく取り付けしてもらいました。

写真で見る限り、純正スクリーンは以前乗っていたFazer8とほぼ同じ高さと考えていましたが、おおむね予想通りの高さ。更にスクリーン取り付け部に近いところはもともと付いていたカウルよりも幅広くなり、おそらく全面から投影した感じでは、Fazer8とほぼ同等の防風効果が得られたと思います。

Y’S GEAR ミドルスクリーン

ミドルスクリーンとは言え、かなり大型な形状です。高さもミラーとほぼ同じ高さがあり、高速道路もかなり楽になりました。

実際に走ってみても、100㎞+α程度だと、スクリーン取り付け前はちょっと風に煽られると頭が振られる感じがありましたが、スクリーン取り付け後はそのようなことも感じられません。

ちなみに、販売店の営業さんが言うには、MTシリーズ(07、09)を購入されるお客さんはほぼ全員大なり小なりスクリーンを購入されるそうです。やはり皆さん声をそろえて「高速が~」とおっしゃる方がほとんどだそうです。

Y’S GEARエアロサイドケース

Fazer8にはSW-motec社製のパニアケースTRaXを取り付けていましたが、MT-10用のステーがないため、Y’S GEARのエアロサイドケースを取り付けています。TRaXは泣く泣くFazer君とともにドナドナされました。
TRaXは容量もでかいし、なによりもアルミ製なので強度的にもまったく問題ないし完全防水だったので雨中のツーリングでもまったく中身が濡れることはありませんでした。しかしながらY’S GEAR純正は容量も若干小さくなり、浸水の心配もしなくてはならなくなり、TRaXよりも使い勝手は悪くなりましたが、それでもサイドケースのありがたみを身をもって体感しているため、パニア装着可能であることがMT-10購入条件でしたので、多少納期はかかりましたが、付けて良かった製品ではあります。

 

MT-10カスタム始めました




MT-10納車から約1か月

そろそろカスタム始めてみようと、手頃なところから始めました。
定番のバーエンドですが、Daytonaのハンドルバーエンドプラグを取り付けてみました。

(2017,6,21追記)
なんかデイトナのは厨二っぽく感じたので、BabyFaceのステンレスバーエンド30ミリロングタイプに交換しました。

かなり印象が変わったと思います。

それと
スイングアームに取り付ける、スタンドフック。特にスタンドは持っていませんが、チェーンメンテするときにこれがあるとジャッキに引っ掛けられるので、Fazer8にも取り付けていましたが、MT-10にも取り付け。

ブルーアルマイト仕上げです。

Y’s gear純正のエンジンガード左右

実は、立ちごけしてしまいました。左側のクランクケースに思いっきり傷がつきまして、傷隠しの意味も含めて取り付けました(笑)

でも補修跡がしっかりと見えているのは内緒です

 

ヤマハMT-10買っちゃいました その5(まとめ)




勢いで買ったMT-10ですが、現在まで約800km走りました。いいとこ、わるいとこ、気に入らないとこ、などなど色々出てきました。
あくまでも個人的な感想ですが、fazer8と比べてどうかという話なので、参考になるかどうかは別として。

素直に凄いと思ったところ
1 有り余るパワー!モード3でも未だに全開にはできません!恐ろし過ぎる!

2 取り回しの軽さ!歩いて押し引きするような時でも、あまり重さは感じません。また、走り出しても、リッタークラスとは思えないほどの軽さを感じます。

3 クイックシフターとクルーズコントロール!前にも書いてますけど、クイックシフターはシフトアップ時だけではありますが、それでもクラッチを握る回数が半分以下になりますから、左手の疲れはfazer8よりも感じにくくなりました。

4 ある意味エグい面構え!最初見たときは「なんじゃこれ?」見慣れると「なんだか可愛いかも」最後は「カッコイイ」と変化しました。これは好みの問題なので、なんともかんともではありますが、意外とイケてますよ。

ちょっと残念なところ
1 足付きが厳しい…購入前から予想していましたし、実際にまたがっても、身長168㎝の私だと、両足先同時だと足の指が何とか接地する程度。更にサスも硬めなので、跨った際に車体の沈み込みも期待できません。普段乗るだけなら何とかなりますが、路面のわだちが多いところで一番高いところで信号待ちとかに引っかかると、やはり厳しくなります。

2 良くも悪くも個性的なデザイン…このバイク、今でもそうですが、かなり個性的な面構えです。私のようにハマってしまえば大好きな顔ですが…それよりも問題なのが、余計な空間をあえて多用したことから、掃除が大変!です。しかもウェスが入らないような細かい場所が結構汚れるらしく、高圧洗浄機が必須です。

3 電スロの神経質さ…Dモードを搭載していますが、1〜3モードあり、一番過激なのがモード1、一番穏やかなのがモード3なのですが、一番穏やかなモード3でもスロットルの反応が良すぎて、かなりスロットルワークに気を使います。ヤマハの開発者インタビューにも載っていますが、全てのモードで極低開度の時の挙動は同じという事で、差が出るのがおおよそ3000回転以上回した時に変わるという事。ヤマハの意図としては全てののモードを試してほしい…09のときは各モードの差が大きくモード固定で乗る人が多かったから余り差をつけていない…という事らしいですが、一番穏やかなモード3だけはもっとレスポンスがダルでもいいかなと感じます。ドン付きというほどではありませんが、6速50~60㎞で流すようなライディングをしていると余計に感じます。

最後に燃費ですが、ヤマハ公式では、WMTCモード値で14㎞/L、60㎞定値走行2名乗車時で23.4㎞/Lとなっていますが、実走値でおおよそ16~17㎞/L。慣らし中ということもあって、7000回転以上回すことはほぼありませんが、街なかを車の流れに乗って流すような走り方での数値です。Fazer8と比べるのも違いすぎますが、R1由来のエンジン、車体であることを考えるとかなり満足できる数値ではないかなと思っています。

ヤマハMT-10買っちゃいました その4




MT-10のディティール

リアスイングアーム
一般的なスイングアームと比べてかなり細い仕上がり。

ヘッドランプユニットのステー
ヤマハMT系共通デザインである浮遊感を表現した空間のあるデザイン。

ヘッドランプ下のウイング
マイナーチェンジしたMT-09と共通デザイン。やはり浮遊感を表現したデザイン。

ステアリングダンパー

テールランプ
マイナーチェンジ前のMT-09と同じデザイン。LEDです。

レギュレータレクチファイア
リアフェンダーの裏側に設置。空気の通りが良いところなので放熱も問題なさそうです。

リアフェンダー回り
棒状(とまではいかないまでも)かなり細いリアフェンダーとナンバープレートホルダー。これもかなり浮遊感のあるデザイン。リアウインカーもLED。

ステップ回り
かなり肉抜きされていて軽快感が感じられます。

トップブリッジとハンドルバー
トップブリッジもかなり肉抜きされています。またハンドルは最近のバイクらしく、テーパーハンドルとなっています。

ヘッドランプ回りの造形
改めてこうしてみるとかなり個性的な造形です。異形と言われるも無理ないかもしれません。

ガソリンタンク
YZF-R1と同様のスリットが入ってます。

クランクケース
ここだけ色違い。結構おしゃれっぽい

 

ヤマハMT-10買っちゃいました その3




装備について

MT-10はYZF-R1の基本コンポーネントを流用した、MTシリーズの最高峰というのはヤマハの謳い文句ですが、実際のところ、その通りです。が、R1とは決定的に違うバイクです。

一般道(高速道も含めて)をR1の技術を使って快適に走ること…を目的にしたバイクと言ったら良いのでしょうか。

そんなわけで装備関係もなかなか充実しています。

クイックシフター&スリッパークラッチ

…スリッパークラッチよりもクイックシフターの方が普段使いには嬉しい装備です。シフトアップ時は1速~2速を含めて6速までクラッチ操作は不要です。

加速時にクラッチ握らずにポンポンとシフトを掻き上げるとシフトアップしていきます。なので、クラッチ操作で加速が中断するということもなく、スロットルを開いている限りずーっと加速しっぱなし。また、エンジン音もドロップすることないので、まるで4輪のATトルコン車の加速のような音です。この音はバイク乗りにはなかなか聞く機会のない音でした。

但し、減速時などのシフトダウン時はこれまで通りクラッチ操作が必要です。とは言え、信号待ちで停車するときなどは、6速などで走っていても停車前に一気に1速やニュートラルまで落とすので、クラッチを握る回数としては1回だけですから、実質的にはクラッチ操作が半分以下とか1/3とかになってしまいます。クラッチ握りすぎて左手が腱鞘炎になることも激減するかも(笑)

ただ、加速状況によってはクイックシフトを利用してのシフトアップ時に結構な衝撃…ガツンというような…がある場合があります。唐突にガツンが来ますから、まだまだ改良の余地はあると思います。

もう1点、1速から2速にシフトアップする際、中途半端にシフトアップするとニュートラルに入ってしまう事がある…納車時にバイク屋さんから言われました。試したところ、ニュートラルになることはありませんでしたが、アタマの隅にでもおいておいた方が良いかもしれません。




クルーズコントロール

…乗用車ではおなじみの装備ですが、バイクには果たして必要?しかもR1由来のスポーツバイクに?…結論から言うと、スゲー便利です。一回経験すると今後のバイク選びではクルコンあるなしでバイクを選ぶかもしれないってほど便利です。特にバイクに乗る目的がツーリングを中心として考えるならば…絶対に欲しくなる装備でした。

動作速度は50㎞/h~100㎞/h走行時、ギアが4速、5速、6速の時にセットできます。解除はブレーキをかけるか、メインスイッチを切るか、スロットルを全閉状態から更に閉じる方向に回すかの3つのうちのいずれかの操作で解除されます。なお、メインスイッチを切ってクルコンを解除すると、再設定が必要です。なので、解除の際はブレーキをかけるかスロットルを全閉から更に戻しての解除がお勧め。この2つの方法で解除するとレジューム機能によって、解除前に設定していた速度まで復帰させることが可能です。(クルコン設定ボタンの+ボタンを押すと復帰)

なお、実際にはメーター読み105㎞でも設定可能でした。おそらくメーター誤差により実際の速度は100㎞/h以下だったので設定できたと思われます。

右手が解放されることがこんなに便利だとは思いませんでした。

ヤマハMT-10買っちゃいました その2




見た目はR1のカウルを取っ払ってネイキッドタイルにしただけではなく、かなり特徴的なスタイリングです。MTシリーズの特徴であるフロント廻りも他のMTシリーズと比べてかなり「ぶっ飛んでる」デザインです。

ポジションについて

見た目のデザインはかなり特徴的ですが、跨った感じはごく普通です。前のバイクである、fazer8との比較になりますが…

ハンドル…近くて高い。

ステップ…高くて後ろ。

シート…高くて硬い。

また、fazer8がハーフカウルであるため、ネイキッドであるMTはミラーが近いので、ミラーを見るために頭を向けないといけないってのがあります。

こう書くと乗りづらいようなイメージですが、まったく逆。

非常に乗り易いんです。ハンドルが近くて高いため、fazer8よりも前傾度は低くカウルもないので視界は良好。ステップも高くて後ろ側だから、ポジション的には自然なポジションになります。

シート自体は高さがありスポンジも硬いのですが、座面が広く前後長もあるので、自由度が高く疲れにくいシートです。

全体的に一言で言えば、「コンパクト」。それも無理強いするようなことではなく、全体としてうまくまとまってる…といったところでしょうか?

ヤマハMT-10買っちゃいました その1





2013年の10月に購入したFazer8、特に不満があったわけではないのですが、遂に発売されたヤマハのMT-10に買い換えました。

YAMAHA MT-10
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-10/index.html

「MTシリーズの頂点となるモデルを造る。「MT-10」の開発は、そんな当たり前で、しかしとても難しい目標を掲げてスタートしました。」
(ヤマハ MT-10ホームページ 開発ストーリーより)

ヤマハのスポーツモデルであるRシリーズの最高峰である、YZF-R1の2015年モデルを基として作られたMT-10ですが、スポーツモデルにありがちな繊細さやピーキーさといった操るのが難しいといったことはMT-10に関して言えば皆無であり、非常に乗りやすいバイクだと思います。

フレームやエンジンは「ほぼR1」。「ほぼ」というのはエンジン内部にかなり手が加えられており、R1とは別物といっても良いほどの味付けになっています。

今日(2017/5/21)納車となり、高速含めておよそ300㎞走ってきたので、インプレッションを数回の分けて書き連ねてみます。