ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

フレームスライダー





MT-10のフレームスライダー取り付け完了

SW-motecのフレームスライダーがようやく届きました。

そんなに売れてる車種じゃないので、カスタムパーツが少ないのは仕方ないんですけど、納期かかるパーツが多いですね。

アクスルスライダーも2ヶ月以上かかりましたし、今回のフレームスライダーも約2ヶ月…

でも、前後のアクスルスライダーとフレームスライダーのデザインが共通なので、バランスは良かったのかなと思っています。

納車から約半年経ちましたが、やっとカスタマイズの一応の完成形となりましたよ。とりあえずは当初の目的通りのカタチになりました!

リアアクスルとフロントアクスルのスライダー。デザインも共通です!

ラジエーターコアガードとオイルクーラーガード




ラジエーターコアガードを付けたい!

ってことで、以前乗っていたFazer8にはR&G製のコアガードを付けていました。
Fazer8のラジエーターコアはブラック塗装されていまして、正面から見ても目立たなくて良さげだったのですが、ケルヒャーで洗車した時に水圧でフィンが曲がってしまい、水が当たったところがシルバーになってしまいみすぼらしくなってしまいました。そんな理由で黒のコアガード付けたら目立たなくなるんじゃね?と思いまして、R&G製のコアガードを付けていました。
翻って、MT-10ですが、デザイン的にスキマや空間が多く、洗車するのも結構大変。なので、ケルヒャーで洗車することが多く、Fazer8の時と同じくラジエーターコアがまた曲がってるんじゃないかと思いますし、田舎住まいなのでインセクトアタック(要はムシ)により激突した虫の残骸がコアにびっしりってことも少なくありません。なので、MT-10にもFazer8の時と同じくR&G製のコアガード&オイルクーラーガードを取り付けました。

Fazer8と同じブラック!ラジエーターが目立たなくなりました。比較的安価なのでお財布にも優しい。

オイルクーラーガード。
こっちはもともと付いていた純正のガードと交換。純正品の上からは取り付けできません。純正品は飛び石からのガードを主目的としているようで、メッシュの目が粗め。R&G製はラジエーターコアガードと同じ目の粗さ。なのでムシが激突してもコア本体への影響は最小限だと思われます。

MT-10のラジエーターは無塗装なので、結構目立ちますが、ブラックなコアガードを取り付けたので、コアが目立たなくなり、また洗車がラクになりそうです。

タイヤ交換とアクスルスライダー





MT-10の純正タイヤであるブリヂストン:BATTLAX HYPER SPORT S20 が寿命を迎えました。8000㎞でリアが終了。フロントはもう少し使えそうでしたが、どのみちあと1000㎞くらいで交換となりそうでしたので、併せて交換としました。バイク屋のおにいちゃんが言うには、ハイグリップタイヤで8000㎞もてば十分とも。しかし、これまでのバイク歴で新品タイヤで交換まで5か月しか持たなかったのは実は初めて。なので、今回は、できるだけ安く、なおかつライフの長いツーリングタイヤということでチョイスしてみましたが、いかんせん、リアのタイヤサイズが190/55というちょっとだけ変わったサイズだったりします。このサイズのタイヤはどちらかというとスーパースポーツ系のバイクが多く、したがって、タイヤ自体もハイグリップ系のものが必然的に多いように感じます。当然価格も高めとなり、なかなか出物が無いということだったのですが、メッツラーのROADTEC Z8M INTERACTならば比較的安く入手可能でツーリングタイヤであることからライフも期待できそう!ってことで、初めてのメッツラーに交換となりました。

見るからにツーリングタイヤっていう感じのパターンですね。

フロント側もリア側と同じようなパターンです。
インプレとかも参考にしてみましたが、ライフは少なくともかなり期待できそうなインプレが多く、またウェット性能もかなり高いとの評価が多いようです。
せっかくなので、せめて10,000~12,000㎞はもって欲しいところです。

ハンドリングはS-20と比べて、ややダルい感じ。倒しこみも若干重く感じますが、変に切れ込むような素振りも見せず素直なハンドリング。ヤマハ車にありがちなリアタイヤから回っていくような走り方をするとどっしりとした感じで安定したコーナリングが楽しめます。

 

 

アクスルスライダーも取り付け

SW-MOTEC製のアクスルスライダーもタイヤ交換を機に取り付けました。

実のところ注文は6月20過ぎに注文しましたが、入荷まで2か月以上かかりました。Webikeで購入したものの、納期未定状態でようやく10月3日に届きました。

ファッション的要素が強いアイテムですが、フロントタイヤとリアタイヤ周りのアクセントとしてみてみるとなかなか良さげな商品です。取り付けも前後で私のような素人が30~40分程度で取り付け可と非常に簡単でした。

青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)