塩那道路(になるはずだった)に行ってきました

初めて塩原温泉に行ったとき…およそ30年前…に、塩原温泉街から、上三依方面に向かうと右側の山につづれ折れの道路が山の頂上に向かって伸びているのが見えました。
いったいどこへ繋がっているのだろうか?とか、あんな山の頂上に何があるのだろうか?とか、いろいろと妄想をしてみたりしたものです。その後、気にはなってはいたものの、すっかりと忘れていましたが、セローでどこへ行こうかなどとWebをいろいろ見ているうちにとあるサイトを見つけました。
よっきれんこと 平沼義之 さんが開いているホームページ、山さ行がねが。通称「山行が」を見つけてしまいました。一番最初に見たのは「大峠」。福島県喜多方市と山形県米沢市を結ぶ峠道です。
これを読んだところ、たちまち大ハマりしてしまい、平沼さんが掲載している旅行記を読み漁りました。すると、昔見た「あのつづれ折り」の道路を走破した!との紀行文が!それこそが、今回行ってきた(といっても一般車が入れるところまでです)伝説の塩那道路です。




ドン詰まりの道路なので、入り込んでいる車や人などいないものと思っておりましたが、意外と車も止まっており終点の土平園地のまわりがハイキングコースとなっていることや、周辺の山への登山のベースとなっているようです。

通行止めの手前にバイクを止めて周りを散策。遠くの山の頂あたりには未だ残雪が残っていました。

改めて通行止めのゲート周りを見渡してみますと、かなり強烈にブロックされています。道路部分だけではなく、ゲート左右も鉄柵があり、絶対の入れないぞ!との強烈なアピールがされています。

ゲートの向こう側には舗装された道がありました。が、通行した車両の跡は皆無。さすがにゲートを突破して突っ込んでいく人はそうそういないようです。

土平園地駐車場付近から塩原側。こちらから見える山の頂にも残雪が見えました。

最終ゲート100M手前にある通行止め看板。「歩行者も通行止めです」の記載がこの道路へ侵入を意地でもさせないぞとの強い意志を感じさせますね(笑)

MT-10 タイヤ交換




MT-10のタイヤ交換しました。新車から3セット目です。

今回も前回同様、METZELERのROADTEC Z8 INTERRACTとなりました。前後同時交換です。

まだまだ象さんまで届いていませんねぇ(笑)
前回は新車装着タイヤであった、BSのS-20から8,000㎞で交換。今回は19,000㎞で交換となりましたから、11,000㎞で寿命を迎えたことになりました。

ほぼほぼSSのエンジンとパワー、重量はむしろSSよりも重いということを考えると、11,000㎞というのは、まぁよく持ったほうかなとは思います。

さて、Z8の使用感ですが、接地感はS-20の方が上、大した違いはないと思いますが、どちらもスポーツツーリングタイヤなので、大きな差は感じられませんでした。
ライフについては、Z8の方が上。さらに言うと、S-20の時よりもバイクに慣れたせいもあって、Z8の時の方が過激な走行(あくまでもS-20時代と比べての話ですが。)や高速道路の使用比率が圧倒的に多かったにもかかわらず、ライフは長かったということからも、ツーリングメインで使用する、私のような使い方であれば、Z8で十分とも言えるわけでして、今回も190/55というSS御用達のようなサイズでもラインナップされており、かつ最安値で買えるという理由から、同じタイヤにしたというわけです。
また、特に今回感心したのが、ライフ終盤時のタイヤ特性。これまでに使ってきたタイヤたちは、残り溝が30%くらいになってくると、明らかにフロントが切れ込んでくるような挙動が急激に出始めていたのですが、Z8だと最後の最後あたりでようやくフロントの切れ込みが始まるという感じでした。そのため、タイヤライフに無頓着になってしまい、気が付けば、リア側はタイヤのベルト層がうっすらと見え隠れしているまでになっており、実のところ慌てて交換したというのが本当のところ。また、減り方も段減りや片減りもなく、きれいにまるく減っていたこともあって、気づくのが遅れたということもありました。

それだけ最後まできちんと使えるタイヤということでもあるので、次回もMETZLEREで。ということで同じタイヤとなりました。もっともいろいろなタイヤを試したほうが楽しいとは思いますけどね。


2018岩手・宮城ツーリング




そう言えば、太平洋側ってあまり行ってない…
毎年、夏のお盆休みツーリングでは、ここ数年東北地方の日本海側に行くことが多かったのですが、太平洋側ってあまり、というかほとんど行ったことがありませんでした。
しかし、今年は7月末に笹川流れから山形の酒田方面に行ったし、ということで、お盆休みは岩手宮城の太平洋側に行ってみることにしました。
一つは、八幡平アスピーテラインに行くこと。もう一つは三陸の海沿いを走ってみること。というテーマを決めて行ってきました。

八幡平アスピーテライン

道の駅やまびこ館「閉伊の郷かわい」

金成清水ふれあい森林公園(八戸川内大規模林道)

JR山田線 茂市駅

ざっと1000㎞超えのルーティングでしたが、岩手県の奥の深さを実感したツーリングとなりました。

Arai XD ORIENTAL REVEW




アライ XD オリエンタル

昨日到着した、Arai製フルフェイスヘルメット XD オリエンタル ブルーです。

やっぱり派手でした。(笑)

ちなみに、標準のクリアシールドからRX-7X用に使っていた、VAS-V用プロシェードに交換しています。プロシェードシールドって帽子のツバのように使えるからいいんだよね。

これ被ってMT-10で日光に行ってきました。

MT-10でも意外と合う!
XDはAraiのクルーザー向けモデルということでしたが、ネイキッドバイクでもイケそうです。走っていると、やはり注目度は高い!結構通行人の目線を感じますよ。

さて、実際の被り心地とか、同じAraiの他のモデルとの違いなどを少々…

XDは、Arai製のヘルメットの中ではなかなかな異端児的モデルでして、クルーザーなどの前傾度が浅い、あるいは殿様的な乗車ポジションでライディングするようなモデル向けのヘルメットという事になっており、ハーレーなどに乗るライダーに向けた製品という謳い文句です。確かに、RX-7Xのような大きなディフューザーは付いていませんし、どちらかというといかついイメージを押し出していますね。

で、同じくAraiのツーリングに適しヘルメットとしてメジャーなASTRAL-Xと比べてみました。

正面から見ると、意外や意外、あごの部分の幅広さはほぼ同じ程度。XDの方が幅広でいかついイメージがありましたが、正面から並べてみるとほぼ同じなことが良く分かりますね。

ASTRAL-Xは縁ゴムのところがかなり幅広に取り付けられており、そのため、あご部分がVDに比べて幅が狭く感じるということでした。

横から見ても、縁ゴムのところが明らかにASTRAL-Xの方が幅広になっています。じゃぁ、全体的に他と比べて明らかに違うところってどこなの?ってことなのですが、上から見比べると一目瞭然。

ディフューザーの位置が、ASTRAL-Xよりも明らかに前よりです。前傾しなくてもかなり風が通りました、

また、マウスシャッターの代わりにXDスリットに変わっているため、口元も広くなっていると同時に風の流量もコントロールしやすくなっています。そのせいか、全体的に風の流れも急激ではなくゆったりとした感じで流れていく感じです。そのため、目の乾きもあまり感じられません。また、サイドダクトも後方両側だけでなく、両耳の下あたりにも追加されているため、負圧による風の抜けが多くなっていることも影響しているように感じます。

XDのサイドスリットエアーチャンネル

一方、ASTRAL-Xにはなし

XDはAraiが提唱しているクルージングモデルという位置づけだけでは収まらない、ネイキッドバイクに乗るライダー向けでも十分機能を発揮するモデルだと感じます。

ただ、このオリエンタルというモデルはやはり派手であり、更にあまりにも目立ちます。これを使う際は盗難対策も通常モデル以上に必要かもしれません。

NEOPASA清水に行ってきました





ゴールデンウィーク前の土曜日、このところツーリングらしいツーリングに行けてなかったのですが、久しぶりに日帰りロングツーリングに行ってきました。

いつもは栃木福島方面に行くことが多いのですが、今回はNEOPASA清水のクシタニパフォーマンスストアに行ってみたいと思い、ひとっ走りしてきました。

http://www.kushitani.co.jp/shop/store_shimizu/index.html

水戸から片道およそ250㎞。往復500㎞程度。日帰りツーリングとしてはまぁまぁの走りごたえの距離です。

常磐道~首都高~東名~新東名を通り、9時前出発で途中数度の休憩をはさみながら、のんびりまったり走行で13時30分ころに到着。

NEXCOのではPAの扱いですが、かなり大きい施設で下手なSAよりも大きい施設でした。

目的の一つであるクシタニパフォーマンスショップですが、最新のウェアはもちろん、カタログ落ちした過去の製品も多少置いてあり、私が使ってる昨年モデルのモードスポルトジャケットのキャメルカラーがあったりして、地元のクシタニプロショップとは当たり前ながらすごい違いです。また、財布やパスケース、キーホルダーなどは限定モデルも数多く販売されていました。

しばらくPAエリア内をぶらぶらした後、新東名清水JCから東名に戻り、由比PAで襲い昼食。

さくらえびのかき揚げうどんとミニマグロたたき丼。さくらえびかき揚げうどんは海老の香りがなかなか利いており美味しくいただきましたよ。

PAの施設の屋上にある展望台からの景色。富士山と海のコラボ

帰りは沼津で一旦下道におりて、箱根新道~小田原厚木道路~圏央道経由で戻りました。今日の総走行距離、600㎞なり!