2018岩手・宮城ツーリング




そう言えば、太平洋側ってあまり行ってない…
毎年、夏のお盆休みツーリングでは、ここ数年東北地方の日本海側に行くことが多かったのですが、太平洋側ってあまり、というかほとんど行ったことがありませんでした。
しかし、今年は7月末に笹川流れから山形の酒田方面に行ったし、ということで、お盆休みは岩手宮城の太平洋側に行ってみることにしました。
一つは、八幡平アスピーテラインに行くこと。もう一つは三陸の海沿いを走ってみること。というテーマを決めて行ってきました。

八幡平アスピーテライン

道の駅やまびこ館「閉伊の郷かわい」

金成清水ふれあい森林公園(八戸川内大規模林道)

JR山田線 茂市駅

ざっと1000㎞超えのルーティングでしたが、岩手県の奥の深さを実感したツーリングとなりました。

Arai XD ORIENTAL REVEW




アライ XD オリエンタル

昨日到着した、Arai製フルフェイスヘルメット XD オリエンタル ブルーです。

やっぱり派手でした。(笑)

ちなみに、標準のクリアシールドからRX-7X用に使っていた、VAS-V用プロシェードに交換しています。プロシェードシールドって帽子のツバのように使えるからいいんだよね。

これ被ってMT-10で日光に行ってきました。

MT-10でも意外と合う!
XDはAraiのクルーザー向けモデルということでしたが、ネイキッドバイクでもイケそうです。走っていると、やはり注目度は高い!結構通行人の目線を感じますよ。

さて、実際の被り心地とか、同じAraiの他のモデルとの違いなどを少々…

XDは、Arai製のヘルメットの中ではなかなかな異端児的モデルでして、クルーザーなどの前傾度が浅い、あるいは殿様的な乗車ポジションでライディングするようなモデル向けのヘルメットという事になっており、ハーレーなどに乗るライダーに向けた製品という謳い文句です。確かに、RX-7Xのような大きなディフューザーは付いていませんし、どちらかというといかついイメージを押し出していますね。

で、同じくAraiのツーリングに適しヘルメットとしてメジャーなASTRAL-Xと比べてみました。

正面から見ると、意外や意外、あごの部分の幅広さはほぼ同じ程度。XDの方が幅広でいかついイメージがありましたが、正面から並べてみるとほぼ同じなことが良く分かりますね。

ASTRAL-Xは縁ゴムのところがかなり幅広に取り付けられており、そのため、あご部分がVDに比べて幅が狭く感じるということでした。

横から見ても、縁ゴムのところが明らかにASTRAL-Xの方が幅広になっています。じゃぁ、全体的に他と比べて明らかに違うところってどこなの?ってことなのですが、上から見比べると一目瞭然。

ディフューザーの位置が、ASTRAL-Xよりも明らかに前よりです。前傾しなくてもかなり風が通りました、

また、マウスシャッターの代わりにXDスリットに変わっているため、口元も広くなっていると同時に風の流量もコントロールしやすくなっています。そのせいか、全体的に風の流れも急激ではなくゆったりとした感じで流れていく感じです。そのため、目の乾きもあまり感じられません。また、サイドダクトも後方両側だけでなく、両耳の下あたりにも追加されているため、負圧による風の抜けが多くなっていることも影響しているように感じます。

XDのサイドスリットエアーチャンネル

一方、ASTRAL-Xにはなし

XDはAraiが提唱しているクルージングモデルという位置づけだけでは収まらない、ネイキッドバイクに乗るライダー向けでも十分機能を発揮するモデルだと感じます。

ただ、このオリエンタルというモデルはやはり派手であり、更にあまりにも目立ちます。これを使う際は盗難対策も通常モデル以上に必要かもしれません。

NEOPASA清水に行ってきました





ゴールデンウィーク前の土曜日、このところツーリングらしいツーリングに行けてなかったのですが、久しぶりに日帰りロングツーリングに行ってきました。

いつもは栃木福島方面に行くことが多いのですが、今回はNEOPASA清水のクシタニパフォーマンスストアに行ってみたいと思い、ひとっ走りしてきました。

http://www.kushitani.co.jp/shop/store_shimizu/index.html

水戸から片道およそ250㎞。往復500㎞程度。日帰りツーリングとしてはまぁまぁの走りごたえの距離です。

常磐道~首都高~東名~新東名を通り、9時前出発で途中数度の休憩をはさみながら、のんびりまったり走行で13時30分ころに到着。

NEXCOのではPAの扱いですが、かなり大きい施設で下手なSAよりも大きい施設でした。

目的の一つであるクシタニパフォーマンスショップですが、最新のウェアはもちろん、カタログ落ちした過去の製品も多少置いてあり、私が使ってる昨年モデルのモードスポルトジャケットのキャメルカラーがあったりして、地元のクシタニプロショップとは当たり前ながらすごい違いです。また、財布やパスケース、キーホルダーなどは限定モデルも数多く販売されていました。

しばらくPAエリア内をぶらぶらした後、新東名清水JCから東名に戻り、由比PAで襲い昼食。

さくらえびのかき揚げうどんとミニマグロたたき丼。さくらえびかき揚げうどんは海老の香りがなかなか利いており美味しくいただきましたよ。

PAの施設の屋上にある展望台からの景色。富士山と海のコラボ

帰りは沼津で一旦下道におりて、箱根新道~小田原厚木道路~圏央道経由で戻りました。今日の総走行距離、600㎞なり!

ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

フレームスライダー





MT-10のフレームスライダー取り付け完了

SW-motecのフレームスライダーがようやく届きました。

そんなに売れてる車種じゃないので、カスタムパーツが少ないのは仕方ないんですけど、納期かかるパーツが多いですね。

アクスルスライダーも2ヶ月以上かかりましたし、今回のフレームスライダーも約2ヶ月…

でも、前後のアクスルスライダーとフレームスライダーのデザインが共通なので、バランスは良かったのかなと思っています。

納車から約半年経ちましたが、やっとカスタマイズの一応の完成形となりましたよ。とりあえずは当初の目的通りのカタチになりました!

リアアクスルとフロントアクスルのスライダー。デザインも共通です!