ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

フレームスライダー





MT-10のフレームスライダー取り付け完了

SW-motecのフレームスライダーがようやく届きました。

そんなに売れてる車種じゃないので、カスタムパーツが少ないのは仕方ないんですけど、納期かかるパーツが多いですね。

アクスルスライダーも2ヶ月以上かかりましたし、今回のフレームスライダーも約2ヶ月…

でも、前後のアクスルスライダーとフレームスライダーのデザインが共通なので、バランスは良かったのかなと思っています。

納車から約半年経ちましたが、やっとカスタマイズの一応の完成形となりましたよ。とりあえずは当初の目的通りのカタチになりました!

リアアクスルとフロントアクスルのスライダー。デザインも共通です!

ラジエーターコアガードとオイルクーラーガード




ラジエーターコアガードを付けたい!

ってことで、以前乗っていたFazer8にはR&G製のコアガードを付けていました。
Fazer8のラジエーターコアはブラック塗装されていまして、正面から見ても目立たなくて良さげだったのですが、ケルヒャーで洗車した時に水圧でフィンが曲がってしまい、水が当たったところがシルバーになってしまいみすぼらしくなってしまいました。そんな理由で黒のコアガード付けたら目立たなくなるんじゃね?と思いまして、R&G製のコアガードを付けていました。
翻って、MT-10ですが、デザイン的にスキマや空間が多く、洗車するのも結構大変。なので、ケルヒャーで洗車することが多く、Fazer8の時と同じくラジエーターコアがまた曲がってるんじゃないかと思いますし、田舎住まいなのでインセクトアタック(要はムシ)により激突した虫の残骸がコアにびっしりってことも少なくありません。なので、MT-10にもFazer8の時と同じくR&G製のコアガード&オイルクーラーガードを取り付けました。

Fazer8と同じブラック!ラジエーターが目立たなくなりました。比較的安価なのでお財布にも優しい。

オイルクーラーガード。
こっちはもともと付いていた純正のガードと交換。純正品の上からは取り付けできません。純正品は飛び石からのガードを主目的としているようで、メッシュの目が粗め。R&G製はラジエーターコアガードと同じ目の粗さ。なのでムシが激突してもコア本体への影響は最小限だと思われます。

MT-10のラジエーターは無塗装なので、結構目立ちますが、ブラックなコアガードを取り付けたので、コアが目立たなくなり、また洗車がラクになりそうです。

タイヤ交換とアクスルスライダー





MT-10の純正タイヤであるブリヂストン:BATTLAX HYPER SPORT S20 が寿命を迎えました。8000㎞でリアが終了。フロントはもう少し使えそうでしたが、どのみちあと1000㎞くらいで交換となりそうでしたので、併せて交換としました。バイク屋のおにいちゃんが言うには、ハイグリップタイヤで8000㎞もてば十分とも。しかし、これまでのバイク歴で新品タイヤで交換まで5か月しか持たなかったのは実は初めて。なので、今回は、できるだけ安く、なおかつライフの長いツーリングタイヤということでチョイスしてみましたが、いかんせん、リアのタイヤサイズが190/55というちょっとだけ変わったサイズだったりします。このサイズのタイヤはどちらかというとスーパースポーツ系のバイクが多く、したがって、タイヤ自体もハイグリップ系のものが必然的に多いように感じます。当然価格も高めとなり、なかなか出物が無いということだったのですが、メッツラーのROADTEC Z8M INTERACTならば比較的安く入手可能でツーリングタイヤであることからライフも期待できそう!ってことで、初めてのメッツラーに交換となりました。

見るからにツーリングタイヤっていう感じのパターンですね。

フロント側もリア側と同じようなパターンです。
インプレとかも参考にしてみましたが、ライフは少なくともかなり期待できそうなインプレが多く、またウェット性能もかなり高いとの評価が多いようです。
せっかくなので、せめて10,000~12,000㎞はもって欲しいところです。

ハンドリングはS-20と比べて、ややダルい感じ。倒しこみも若干重く感じますが、変に切れ込むような素振りも見せず素直なハンドリング。ヤマハ車にありがちなリアタイヤから回っていくような走り方をするとどっしりとした感じで安定したコーナリングが楽しめます。

 

 

アクスルスライダーも取り付け

SW-MOTEC製のアクスルスライダーもタイヤ交換を機に取り付けました。

実のところ注文は6月20過ぎに注文しましたが、入荷まで2か月以上かかりました。Webikeで購入したものの、納期未定状態でようやく10月3日に届きました。

ファッション的要素が強いアイテムですが、フロントタイヤとリアタイヤ周りのアクセントとしてみてみるとなかなか良さげな商品です。取り付けも前後で私のような素人が30~40分程度で取り付け可と非常に簡単でした。

青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)

一年ぶりの国道352号




毎度おなじみの酷道…もとい国道352号

今年も行ってきました。ここ数年毎年行ってますねぇ。
自宅がある水戸インターから常磐道~北関東道~関越道小出インター、樹海ライン経由で~枝折峠~銀山平~檜枝岐と国道352号を通り~田島~塩原経由でぐるーっと回ってくるコースです。
逆回りでも回ったりもしますが、ここ最近は関越道の上り方向の渋滞を嫌い、先に高速を使うルートで回ることが多いです。
一番最初にDUCATI MONSTERで行きまして、その後DJEBEL125、FAZER8、SEROW250と乗ってたバイクはすべてこのコースを行ってきました。
今回、新たにMyBikeに加わったMT-10でお約束のように行きまして、今回の走行距離はぐる~と回って580㎞ほどと日帰りで堪能。

(枝折峠から銀山平側に下がっていったあたり)

今回行ってわかったことですが、銀山平の遊覧船乗り場にあったお土産&食堂が閉店…どころか跡形もなく無くなっていました。銀山平自体、観光客が寄らないんですよね…車ならシルバーラインを使って奥只見ダムの方に行っちゃいますし、あっちの方が賑わってますしね。残念ながらバイクだと奥只見ダムまでは行きようがありませんので。

(新潟県と福島県の県境あたり)

奥只見湖に沿ってうねうねと曲がりくねったところを過ぎて、福島県との県境である金泉橋の新潟県側手前。この区間だけ妙にきれいに整備されていますが、2011年の福島豪雨でこの辺り一帯が金泉橋を含めて土砂崩れで崩落。その後整備され今では奇麗になりましたが、道の傍らに流れる只見川を見ると未だに大きな岩石がゴロゴロと転がってます。

今回は土曜日ということと、次週に行われる「枝折峠ヒルクライムINうおぬま」のためかいつも以上に通行量が少なくやや寂しげな道となっていました。

いろいろなバイクでこの地を訪れましたが、一番楽しいのはやはりセローかなぁ…狭い道かつくねくね道だと軽さが一番の武器になりますし、かといってジェベルだと高速使えないのが厳しいですね。なにせ1周すると600㎞近くになりますから。また、ジェベルは125だったということもあって、絶対的にパワー不足です。

翻ってMT-10ですが、パワーありすぎて持て余すといったところでしょうか…Fazer8の時はMTほどパワーがないので、そんなに乗り辛いとは思いませんでしたけどね。

大笹牧場




大笹牧場名物のバニラソフトクリーム

この3連休の中日に栃木県日光市にある大笹牧場に行ってきました。

あまりいい天気とは言えませんでしたが、ライダーの方々が大勢来られてました。

ツーリングスペシャルと化したMT-10をパチリと…
ちょっと他人が映り込みましたが、個人が特定できないからいいよね?

ヘルメットがRX-7Xに代わりました!

Amazonで42,000円だったので、ついつい購入。グラスホワイトモデルです。

カスタマイズも進行中

オイルフィラーキャップをデイトナのpremiumseriesに変更。ライコランドの割引券2000円分が手に入ったので、ついつい購入。

レバー類もDimotivのアジャスタブルレバー タイプ2のブルーアルマイトに交換。
実は、納車したあと、GSで立ちごけした時にクラッチレバーを思いっきりひん曲げていたので、これを機に交換したというのが真相です。
でも納期がめちゃくちゃかかり、入荷まで1.5か月も待つハメになりました。(笑)

 

小山ダムと北山公園




昨日に引き続き、梅雨の真っ最中なのに天気は快晴。昨日は山梨県までのツーリングで約400㎞走行しました。
なので、今日は県内のツーリングスポットである小山ダムまで軽く走ってきました。

小山ダム、ダム提から

同じところからの下流側。

貯水量も標準的で下流への放水も見ることができました。

おひるごはんはダム定番の「ダムカレー」

これがなかなかボリュームがあって大変おいしくいただきました。更に値段が700円と超リーズナブル。骨付き鶏のトッピングが美味しさに輪をかけていました。

最後に記念撮影

サイドケースを取り外し、トップケースのみでの運用でした。
自宅に帰ってから、最近セローに乗ってないなぁと思いまして、近所の北山公園までセローでお散歩

あたりは薄暗くなりつつありましたけど、ジョギングされている人やバーベキューを楽しまれているご家族連れで賑わっていましたよ。

そういえば

セローにフューエルワン入れてみました。エンジンが力強くなるとか言われてますけど、私は特にパワー的には変わらないように思います。が、エンジンが滑らかになったというか、エンジン音がパーシャル時に静かになったとかは実感できました。

「道の駅どうし」に行ってきました!




道の駅どうし

茨城県、しかも水戸あたりに住んでますと、東京の西側、すなわち神奈川とか山梨、伊豆といったところはどうしてもなかなか行きたくても行き難い場所です。
以前、ホームページにも書いたことがありますが、どうしても都内を通過しないといけないため、単純に遠いといったことばかりでなく、渋滞にハマる危険が高いという理由も行き難い理由の一つです。
ところが、今年になって未開通区間であった茨城県内区間の「境古河IC」と「つくば中央IC」のおよそ30㎞区間が開通し、ようやく東名高速と東関道が繋がりました。
そのためこれまで山梨や神奈川、伊豆といった東京西部に行くのに東京を通過しないで行くことができるようになりました。
一昨年の埼玉区間全通(桶川北本IC – 白岡菖蒲IC間)直後に境古河ICから海老名JCまでは走行済みでしたが、つくば中央ICから境古河ICまでが1時間近くもかかり、正直東京の西側に行くのには使いづらい道ではありました。
そのため、茨城県民としても、圏央道の開通は神奈川、山梨、伊豆方面に行くのに大変便利になるのではと期待は大きかった路線です。
なかでも山梨県の道志みちは多くのライダーが集う道として知られており、一度は行きたいと思っていたところです。圏央道(ほぼ)全線開通したことだし、山梨もしばらく行ってなかったなぁと思い、圏央道経由で行ってきました。


さすが、ライダーのメッカだけあってもの凄い数のバイクが道の駅に来てました。
でもやはり、さすがに遠いのと、首都圏から近いということもあって、道路の混雑が半端ないです。やっぱり、自分的には栃木、福島、ときどき新潟、山形っていうほうが性に合ってます。

あと、宣伝です!(笑)

MT-10納車直後に行った磐梯吾妻スカイラインのGoPro動画をようやくyoutubeにアップロードしました。良かったら見てやってください

MT-10 カスタムその3




リアキャリアとトップケース

実は、パニアを付けるときにいつも悩むのですが、トップケースとサイドパニア、どっちが良いのか??
トップケース…ホムセン箱ですが…はセローには付けてますが、ロードスポーツにはサイドケースのほうが似合うと思ってることもあり、Fazer8時代にはトップケースは付けていませんでした。
何よりも、TRaXがあまりにも優秀かつ大容量だったので、必要を感じなかったということが一番大きかったと思います。
しかし、MT-10の純正サイドケースは容量がやや小さいことと、TRaXのような頑丈なアルミケースではないため、サイドパニアに続いてトップケースも付けちゃいました。
こちらもY’S GEARのユーロヤマハ純正トップケース39Lとリアキャリアを取り付けました。

一応、Y’S GEARのカタログ等には、「トップケースとサイドケースの同時装着は走行バランスを崩すため避けてください」という記述があります。
しかーし、Y’S GEARのかカタログを見ると、リアキャリアとサイドケースステーが同時装着されている写真があります。
さすがに、箱を同時装着している写真はありませんが、キャリアとステーの同時装着が可能かつ写真が記載されているならば、いわゆる「自己責任」というヤツで装着可能だろ?ってことでやっちゃいました。
流石にメーカーがヤメロって言っていることなので、マネされる方もくれぐれも自己責任でお願いします(笑)

鹿島神宮の近くにある湖上の鳥居の前でパチリ