約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…

栃木県道・福島県道350号栗山舘岩線(田代山林道)






すっかり秋らしくなってきました
今年(2017年)の関東の夏は例年になく雨続きで、なかなか林道ツーリングにも行けませんでした。
しかしようやく秋晴れの季節となり、約1年ぶりにセローで田代山林道に行ってきました。

まずはネット情報で川俣湖畔から馬坂林道に向かいますが、残念ながら通行止め表示。脇が甘くバイクが通行したような形跡は見られましたが、チキンな私は素直に撤退(笑)

一旦旧栗山村役場前まで戻り土呂部経由で田代山林道に入りました。
田代山林道側からの馬坂林道の道路情報板にも通行止め表示。


向かった日は天気も良く、田代山林道分岐のスタート地点に着いたと同時に福島側からセロー軍団に遭遇、更に林道通行中は数多くのオフ車とすれ違いました。


ただ、昨年よりも確実に舗装されている部分が増えています。
何年かするとかなりの部分が舗装されてしまうのではないでしょうか…


最近MT-10ばっかり乗ってたので、セローもたまには乗ってあげないとね。
また、紅葉もここでは始まっていました。

一年ぶりの国道352号




毎度おなじみの酷道…もとい国道352号

今年も行ってきました。ここ数年毎年行ってますねぇ。
自宅がある水戸インターから常磐道~北関東道~関越道小出インター、樹海ライン経由で~枝折峠~銀山平~檜枝岐と国道352号を通り~田島~塩原経由でぐるーっと回ってくるコースです。
逆回りでも回ったりもしますが、ここ最近は関越道の上り方向の渋滞を嫌い、先に高速を使うルートで回ることが多いです。
一番最初にDUCATI MONSTERで行きまして、その後DJEBEL125、FAZER8、SEROW250と乗ってたバイクはすべてこのコースを行ってきました。
今回、新たにMyBikeに加わったMT-10でお約束のように行きまして、今回の走行距離はぐる~と回って580㎞ほどと日帰りで堪能。

(枝折峠から銀山平側に下がっていったあたり)

今回行ってわかったことですが、銀山平の遊覧船乗り場にあったお土産&食堂が閉店…どころか跡形もなく無くなっていました。銀山平自体、観光客が寄らないんですよね…車ならシルバーラインを使って奥只見ダムの方に行っちゃいますし、あっちの方が賑わってますしね。残念ながらバイクだと奥只見ダムまでは行きようがありませんので。

(新潟県と福島県の県境あたり)

奥只見湖に沿ってうねうねと曲がりくねったところを過ぎて、福島県との県境である金泉橋の新潟県側手前。この区間だけ妙にきれいに整備されていますが、2011年の福島豪雨でこの辺り一帯が金泉橋を含めて土砂崩れで崩落。その後整備され今では奇麗になりましたが、道の傍らに流れる只見川を見ると未だに大きな岩石がゴロゴロと転がってます。

今回は土曜日ということと、次週に行われる「枝折峠ヒルクライムINうおぬま」のためかいつも以上に通行量が少なくやや寂しげな道となっていました。

いろいろなバイクでこの地を訪れましたが、一番楽しいのはやはりセローかなぁ…狭い道かつくねくね道だと軽さが一番の武器になりますし、かといってジェベルだと高速使えないのが厳しいですね。なにせ1周すると600㎞近くになりますから。また、ジェベルは125だったということもあって、絶対的にパワー不足です。

翻ってMT-10ですが、パワーありすぎて持て余すといったところでしょうか…Fazer8の時はMTほどパワーがないので、そんなに乗り辛いとは思いませんでしたけどね。

小山ダムと北山公園




昨日に引き続き、梅雨の真っ最中なのに天気は快晴。昨日は山梨県までのツーリングで約400㎞走行しました。
なので、今日は県内のツーリングスポットである小山ダムまで軽く走ってきました。

小山ダム、ダム提から

同じところからの下流側。

貯水量も標準的で下流への放水も見ることができました。

おひるごはんはダム定番の「ダムカレー」

これがなかなかボリュームがあって大変おいしくいただきました。更に値段が700円と超リーズナブル。骨付き鶏のトッピングが美味しさに輪をかけていました。

最後に記念撮影

サイドケースを取り外し、トップケースのみでの運用でした。
自宅に帰ってから、最近セローに乗ってないなぁと思いまして、近所の北山公園までセローでお散歩

あたりは薄暗くなりつつありましたけど、ジョギングされている人やバーベキューを楽しまれているご家族連れで賑わっていましたよ。

そういえば

セローにフューエルワン入れてみました。エンジンが力強くなるとか言われてますけど、私は特にパワー的には変わらないように思います。が、エンジンが滑らかになったというか、エンジン音がパーシャル時に静かになったとかは実感できました。

セロー250とパワービーム




巷で評判のヤマハ純正ともいえるY’s Gear製パーツである、パワービーム。
これほど意見の分かれるパーツもそうないと思われます。
そもそもパワービームって何?ってことなんですが…
詳しくはコチラ
https://www.ysgear.co.jp/ysgearclub/special/05/
(Y’s Gear、パワービーム紹介ページ)

要するに、制振ダンパーなのですが、これを取り付けると、車体の不要な振動がなくなり、安定性に寄与するっていうものなんですが、効果が目で見てわかるものでなく、実際乗って初めてわかるというシロモノであり、マフラーのように明らかにパワーアップするとか、音が良くなるってものではなく、体感してみて「なるほど~」って納得するようなものです。
なので、全く効果がわからないっていう人と、スゴイ効果があるって大絶賛するっていう人に分かれるようです。
で、実際取り付けてみたのですが…

取り付けた状態です。
メインフレームの左側チューブとダウンチューブを専用ステーで繋ぐだけっていうある意味お手軽チューンですね。

メインフレーム側の取り付け部。レギュレーター取り付け部に噛ますように取り付けます。ボルト2本止め

ダウンチューブ側。これで、メインフレームとダウンチューブがパワービームで繋がりました。
ちなみに、メインフレームとダウンチューブはどのように取り付けてあるかというと、

メインフレーム下端、ステップ位置あたりにボルト止めされています。

メインフレーム上側、ガソリンタンク下にボルト止め。
ちなみに、フレーム形式はごく普通のセミダブルクレードル形。すなわち、エンジンをダウンチューブ側で支えているような形になります。

すなわち、重量物であり、かつ振動の発生源であるエンジンをメインフレームに搭載しているのではなく、言葉は悪いですけどメインフレームに取り付けられているダウンチューブにエンジンを載せているという形式ですね。

なので、極論すればエンジンやミッションなどの相当な重量物や振動発生源は、ダウンチューブが取り付けられているボルトでフレーム本体に取り付けられているということも言えるわけです。ですから、エンジン本体で発生した振動はダウンチューブからメインフレームへ伝達されるのですが、その際振動などが増幅されてメインフレームに伝達されている、とも言えるわけです。

パワービームはその増幅されたであろう振動を減衰させる効果があるってことになります。

一応、理屈としてはわかるのですが、実際のところどうなの?ってことですが、

実際走り比べた動画

動画にもありますように、振動が減ったというよりも、かなりカチッとした印象になりました。
もっと具体的に言えば、直進性が上がった。風の影響で振られにくくなった。高速道路がかなり走りやすい。
などです。
しかし、林道では直進性の向上が逆に仇となることもあるようで、倒しこみが重く倒しこみスピードも遅いとか、そのため、いなしというか、ガレ場などでの細かい進路の修正がやりづらいといったネガティブなところも感じるようになりました。

決して万人にお勧めできるかというと何とも言えないのですが、少なくとも高速多用ツーリングや長距離走行などは、疲労軽減の意味からも装着には意味があると思います。
林道中心で長距離高速にも乗らないという人にはお勧めできるかといえば、微妙なところです。
それでも、感じ方の多い少ないはあると思いますが、必ず何らかの体感生えられると思います。