栃木福島を結ぶ林道の現在





久しぶりにセローの話題
結局、今シーズンはロクに林道に行くこともせず、SRばっかりに乗っていましたが、そのおかげでセローのバッテリーが怪しい状態になってしまいました。ってことをこの前のブログで書きましたが、バッテリー充電器の調子もなかなか良く、今年最後のつもりで栃木福島県境の林道の様子を見てきました。
1 県道栗山舘岩線(旧田代山林道)
こちらの道は7月29日から台風による路肩崩落により通行止めとなっていました。また、解除見込みもたっていません。
2 林道川俣檜枝岐線(旧帝釈山林道)、馬坂林道(馬坂林道のうち、栗山舘岩線分岐から川俣檜枝岐線分岐まで)
こちらもゲートによる封鎖でした。

要するに、いずれの道も通行止めという状態です。しばらく写真をとったりしていましたら、馬坂林道のほうから爆音が聞こえてきまして…

どうやら、川俣湖側から入られたCRFとWRの方々が姿を現しました。

通行止めゲートの内側から山神様の鳥居を見る。

脇、思いっきり甘いです。ここを通れと言わんばかりの甘さ。

CRF、WRのご両人としばし雑談と情報収集。川俣湖から入ってきたということは、川俣檜枝岐林道分岐部と川俣湖側入り口の間で発生した法面の大規模崩落は復旧しているということでしょうか?ちなみにご両人は大規模崩落の話には及びませんでした。おそらく道路そのものは通行可能となっているものと思われます。

いずれにしても、川俣檜枝岐林道は、砂防ダムの先で法面崩落により通行止めという情報だけは得ていましたから、せめて分岐部から砂防ダムあたりまで行くことができればラッキーくらいには考えていましたが、ご両人がおっしゃるには、分岐部の手前で倒木。簡単には通れないよ!との悲しいお知らせが!
せっかくだから、行ってみれば?というお誘い…というか誘惑もありまして、行ってみました。

無理!
確かに腕があれば行けそうですが、腕もないし、下手したら遭難だし。でも二人以上であれば行けそうですよ。確かに!

ご丁寧にスロープまで用意されていますしね。あの二人はここを超えて来たのでしょうから。でもソロで行くほど私もバカじゃないんで、今回はここまでで素直にUターンしました。

ちなみに、田代山林道の分岐点からここまでの間、野生の猿をたくさん見ました。おそらく20頭以上。なかには母猿に掴まった小猿もいましたよ。知らん顔してゆっくりと通過しましたが(笑)

3 安が森林道

こちらについても、一昨年の豪雨で路面崩壊、路面欠損、法面崩落などで通行止めになっていましたが、こちらの様子も見てきました。

以前は、単純な据え置き型バリケードのみでしたので、簡単に入れましたが、現在ではかなり強固なバリケードに変わっています。正面突破はおろか、横方向も空中部分までバリケードが飛び出ています。(写真バリケードの左側。)

ちなみに以前のバリケードはこんなものでした。

位置的には、以前のバリケードがあった場所と同じところ。
ちなみに前回来たときは、バリケードの先がこのようになっていました。


今回はこの崩落した岩やガレキは片付けられていたようですが、折れた木や細かい枝などは道路わきのスペースに寄せられており、いづれは片付けられるものと思われます。


なお、この安が森林道ですが、他の方の情報によれば福島側も路面崩落や法面崩壊などで通れなくなっており、道路自体が廃道レベルで復旧の見込みが立たないからではないかと思います。
馬坂林道がかなり「ぬるい」バリケードなのは、崩壊レベルが言うほどひどくなく、仮に入り込まれても、危険は少ないからと判断しているのではないかと考えるわけです。しかし、安が森林道の扱いを見ると、絶対に入れさせないという行政の強い意志を感じさせます。なので、本当に入り込まれては困るという決意の表れと考えてよさそうですよ。

栃木と福島山越えする3本の林道ですが、2018年現在、全て通行止めという大変残念なお話でした。

あと、気になるのは、この林道群ですけど、今後復旧するのか?ってことですが、個人的には安が森林道はこのまま廃道になるのかなと思います。

旧田代山林道は意地でも復旧させるでしょう。なにせ県道だし、これまでの舗装化を振り返るとこのまま廃道ってのは考えづらいと思うのです。また、田代山登山口への道でもあり、マイクロバスくらいまではこれまでも走ってましたし。

旧帝釈山林道は正直微妙かなと。 舗装化は全くされていませんし、途中かなり橋梁が存在しているのがネックになるのでは?と感じています。

ただ、旧田代山林道と旧帝釈山林道の福島県側は少なくとも登山道入り口までは復旧させると思います。福島側からの方がアクセスが良いというのが一番の理由だと考えています。

いずれにしても、オフローダーの聖地とまで言われているこれらの林道ですが、愛好家にとっては3本ともに完全復旧していただきたいものです。

セローのバッテリー充電





いよいよセローのバッテリーが怪しくなってきました

今年は、セローにあまり乗っていませんでしたので、1ヶ月以上放置。また最近の気温の低下もあり、通勤で乗ろうとしたら、セルが一瞬息つきを起こすようになりました。

こりゃいよいよバッテリーがヤバイかもと思い、あわててアマゾンで格安充電器を購入(ちなみに、2980円なり)

で、さっそく充電開始というわけです。

充電しているということは、まだまだバッテリーは使えそうです。この充電器、格安な割にはトリクル充電にも対応しているらしく、しばらくつけっぱなしで様子を見てみます。

本来はバッテリーを車体から取り外して充電しないといけないのでしょが、素人配線満載なので、いったん配線をバラすと元に戻すのが面倒くさそうなので、そのままワニぐちクリップで充電しています。今のところ爆発の気配もないので、そのまま2~3日放置するつもり(笑)

約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…

栃木県道・福島県道350号栗山舘岩線(田代山林道)






すっかり秋らしくなってきました
今年(2017年)の関東の夏は例年になく雨続きで、なかなか林道ツーリングにも行けませんでした。
しかしようやく秋晴れの季節となり、約1年ぶりにセローで田代山林道に行ってきました。

まずはネット情報で川俣湖畔から馬坂林道に向かいますが、残念ながら通行止め表示。脇が甘くバイクが通行したような形跡は見られましたが、チキンな私は素直に撤退(笑)

一旦旧栗山村役場前まで戻り土呂部経由で田代山林道に入りました。
田代山林道側からの馬坂林道の道路情報板にも通行止め表示。


向かった日は天気も良く、田代山林道分岐のスタート地点に着いたと同時に福島側からセロー軍団に遭遇、更に林道通行中は数多くのオフ車とすれ違いました。


ただ、昨年よりも確実に舗装されている部分が増えています。
何年かするとかなりの部分が舗装されてしまうのではないでしょうか…


最近MT-10ばっかり乗ってたので、セローもたまには乗ってあげないとね。
また、紅葉もここでは始まっていました。

一年ぶりの国道352号




毎度おなじみの酷道…もとい国道352号

今年も行ってきました。ここ数年毎年行ってますねぇ。
自宅がある水戸インターから常磐道~北関東道~関越道小出インター、樹海ライン経由で~枝折峠~銀山平~檜枝岐と国道352号を通り~田島~塩原経由でぐるーっと回ってくるコースです。
逆回りでも回ったりもしますが、ここ最近は関越道の上り方向の渋滞を嫌い、先に高速を使うルートで回ることが多いです。
一番最初にDUCATI MONSTERで行きまして、その後DJEBEL125、FAZER8、SEROW250と乗ってたバイクはすべてこのコースを行ってきました。
今回、新たにMyBikeに加わったMT-10でお約束のように行きまして、今回の走行距離はぐる~と回って580㎞ほどと日帰りで堪能。

(枝折峠から銀山平側に下がっていったあたり)

今回行ってわかったことですが、銀山平の遊覧船乗り場にあったお土産&食堂が閉店…どころか跡形もなく無くなっていました。銀山平自体、観光客が寄らないんですよね…車ならシルバーラインを使って奥只見ダムの方に行っちゃいますし、あっちの方が賑わってますしね。残念ながらバイクだと奥只見ダムまでは行きようがありませんので。

(新潟県と福島県の県境あたり)

奥只見湖に沿ってうねうねと曲がりくねったところを過ぎて、福島県との県境である金泉橋の新潟県側手前。この区間だけ妙にきれいに整備されていますが、2011年の福島豪雨でこの辺り一帯が金泉橋を含めて土砂崩れで崩落。その後整備され今では奇麗になりましたが、道の傍らに流れる只見川を見ると未だに大きな岩石がゴロゴロと転がってます。

今回は土曜日ということと、次週に行われる「枝折峠ヒルクライムINうおぬま」のためかいつも以上に通行量が少なくやや寂しげな道となっていました。

いろいろなバイクでこの地を訪れましたが、一番楽しいのはやはりセローかなぁ…狭い道かつくねくね道だと軽さが一番の武器になりますし、かといってジェベルだと高速使えないのが厳しいですね。なにせ1周すると600㎞近くになりますから。また、ジェベルは125だったということもあって、絶対的にパワー不足です。

翻ってMT-10ですが、パワーありすぎて持て余すといったところでしょうか…Fazer8の時はMTほどパワーがないので、そんなに乗り辛いとは思いませんでしたけどね。