マイニングをやってみた話

何かと世間を騒がせているBITCOIN、だいぶ前(7~8年)にも仮想通貨というキーワードで流行しました。当時、自宅サーバーを運営していたこともあり、どうせつけっぱなしのPCがあるから、という理由でサーバーを立てると同時にPCが動いていれば仮想通貨が採掘できるということで約半年間くらいやっていました。結局HDDが壊れたとかの理由でウォレットの中身が消失してしまい、採掘した仮想通貨はなくなってしまいましたが、当時、確か20万円分くらいは溜まっていたと思います。ウォレットを復活させようといろいろとやってみましたが、どうにもならずかなり残念な思いをしたことが蘇ります。

時は変わって、令和の現代、米国テスラ社のイーロンマスクさんがBITCOINに投資するという話が世界を駆け巡りました。すると、当時200万/1BITCOINだった価格が爆上げとなり最高値で600万を超える勢いで上昇し、慌てて参入する企業や個人が非常に増えてしまいました。
その後(2021年5月23日現在)イーロンマスクさんのBITCOINマイニングによる炭素排出量増大のよる温暖化の影響によりBITCOINでテスラ社製の電気自動車の購入を止めるなどの報道や、中国政府によるマイニングや仮想通貨の規制強化の報道により大暴落している状況となっています。

とはいえ、いくらかでもお小遣い稼ぎにでもなればいいやという人も少なくなく、いまだにマイニングを続けている人も少なくありません。

具体的にマイニングとはなんぞや?という仕組みについては他の詳しいサイトに譲りますが、私も久しぶりにマイニングを始めてみました。
当初マイニングを初めて行った時よりも環境の方はかなり整っており、PCにあまり詳しくない人でも参入は比較的容易になっています。

必要なものとしては、今使っているWindowsPCがあればとりあえずはマイニングそのものはできます。ただし、採掘量は極めて少ないと言わざるを得ません。採掘量を増やすために必要なものがグラフィックボードです。
私の場合、自作機を持っており、しかもグラフィックボードもそれなりの性能のものを持っているため、より簡単にマイニングができる環境があったということが一番大きな理由なのですが、グラフィックボードの性能が一番採掘量に影響を与えるため、高性能なグラフィックボードの方が採掘量も増えるということになります。以下、マイニングを行う際に気を付けたいところについてまとめてみました。

(まとめ)
1
自作機、または、メーカー機でもグラフィックボードを搭載しているWindowsPCがあればマイニングは可能。ただし、採掘量はグラフィックボードの性能に直結している

2
基本的な考え方として、マイニングによって得られる仮想通貨は日本円に換金ができる。ただし、1円=1BITCOINなどというように決められたレートはありません。

3
1BITCOINの価値は刻々と変化する。そのため、持っている仮想通貨を日本円などの現物貨幣に交換する際も日々刻々と変化する。そのため、今回のような大暴落が起こると現物貨幣に交換すると、持っているコイン数は同じでも現物貨幣に換金する際に手にできる現物貨幣の総額は大きく変わる。
例:保有BITCOIN数が1コインの場合、現在のレートではおよそ380万円。しかし、約1か月前では約650万円。

4
以上を踏まえて、マイニングを行う場合について考える。
マイニングを行う際の必要なものはPC、高性能なグラフィックボード。ほかにはPCを運用する際に発生する電気代。すると、PCやグラフィックボードなどの機器代金+電気代が経費となります。機器代金はイニシャルなコストですから、購入当初のみ必要。マイニングを行う時に必要なのが電気代。一般的には、マイニングをする際にはPC電源が入れっぱなしになると思いますので、1日あたり、あるいは1か月あたりの電気代を計算する。

5
私の場合、PC2台で運用しています。1台当たりの消費電力が約250W。(ワットチェッカーでの実測値)
なので、2台で500Wとなります。これの1か月あたりの電気代を計算してみます。すると、約1万円との計算結果となりました。

6
ランニングコストが1万円(電気代)。さらに機器代をどう判断するかということになります。趣味の延長でという考えであれば、機器代は無視でもいいかもしれません。それでも月に1万円の電気代がかかりますから、月に1万円以上の採掘量がなければ、赤字ということになります。
さらに、現状、高性能なグラフィックボードは半導体不足とマイニング需要によって非常に高価。というか、ボッタくりとも思える価格です。この部分のコストも計算するとなると、仮に採掘量が2万円/月であれば、稼ぎのうちの1万円が電気代、残りの1万円で償却するという考え方になります。
最高性能であるグラフィックボードを使用すれば採掘量は増え、回収金額も増えますが、電気代も増加しますし、バランスを考える必要があります。

7
私の場合での採掘量と経費
採掘量はおよそ0.008BITCOIN/月。現在のレートでは、約29,000円/月。
電気代が約10,000円。残り19,000円。グラフィックボードが10万円×2台=20万円
なので、償却するまで、20万÷1.9万=10.5月でグラフィックボード代の償却完了。その後は月々1万9千円の利益。
という計算が成り立ちます。

8
仮想通貨で稼ごうとするならば、この数字をどうとらえるかということにつきます。さらに、採掘量は一定ではなく、マイニングを行う人が増えれば採掘量は大きく減りますし、行う人が減れば採掘量は増えます。ただし、マイニングをする人が減ると、コインの価格も下落しますし、増えれば価格も上昇します。しかも、このコインの価格と実際の貨幣とのレートも刻々と変わりますから、単純にBITCOINの価格が暴落したといってもそれを補える分の採掘量が増えれば良いわけです。

9
なので、BITCOINなどの仮想通貨をマイニングしようとする場合は、電気代が実際の貨幣価格を上回らない限りは良いのではないかと思うようにしています。


デカトロンのデイバッグ




フランス企業であるデカトロンがついに日本進出します。何かと話題のデカトロンですが、簡単に言えば、フランスのアウトドア用品を製造販売している会社で、日本で言うところのモンベルのような会社。なお、世間的にはモンベルというよりもワークマンプラスのような会社と言う認識です。

で、何がすごいのかというと、その圧倒的な安さ!
3人用のワンタッチで展開するテントで有名になりましたが、その価格たるやドン・キホーテ真っ青の価格です。

今回何を買ったのかと言うと、デイバッグです。10L容量の小さなものなのですが、なぜ買ったのかと言うと、これまたアホくさくなるほどの低価格。ちなみに送料込みで350円でした。

これが350円(送料込み)のデイバッグ。350円とは思えない高いクオリティ。生地とか作りはそれなりですが、さすがおフランスの会社です、デザインはなど350円(送料込み)とは思えないほど。

後ろ側。バックの背中に接するところは一応パッドらしきスポンジ様のものが入っていました。ただし、肩紐(?)の作りはさすがに安っぽい。長持ちは期待できなさそうです。

細かいディティールですが、やはり350円(送料込み)なりの作りではあります。が、予想に反して、縫製などはしっかりとしており、予想以上にタフな製品かもしれませんね。

タグですが、MADE IN CHINAと書いてあります。中国製。中国とは言え最近人件費も上昇中だし、近い将来はミャンマーとかベトナムとかに変わるのでしょうか?

また製品自体はどちらかと言うと、ファッション雑誌や女性向け雑誌に付いてくる、雑誌のおまけに近いかもしれません。
今回はある意味今回購入したのは「ネタ」の部分もありましたが、単なる「ネタ」だけでは終わりそうにありません。

https://www.decathlon.co.jp/

デカトロン日本公式オンラインストア

PRISMのアルバム





今からさかのぼることおよそ40年前の1975年、日本初のフュージョンバンドとして結成されたPRISMというバンドが産声を上げました。
1976年、エリック・クラプトンの日本公演の際にオープニングアクトとして抜擢され、その名は全国に知られるようになり、伝説ともいえる目黒の杉野講堂のファーストアルバム発売記念公演では、集まったファンは目黒駅までの長蛇の列を作り、今だに語り継がれるほどです。
そんなPRISMを私が知ったのは、1979年頃でした。当時高校生だった私は良く通っていたレコード屋の店主から教えられ、サードアルバムであるPRISM3を試聴させてもらった時でした。サードアルバムの1曲目のEchoesのパーカッション、続くVirgo-9のテンポの良さ。一気にやられちゃいました。そのままレコードを購入して自宅で改めて聴き始めると一気に最後まであっけにとられながら聴いていたことを思い出します。それほどインパクトのあるバンドでした。
当時はレコードでしたので、発売されるたびにレコードを買っては聴いていましたが、いつしかレコードも買わなくなり、当時あったレンタルレコードで借りてカセットテープに録音したものを聴くようになっていました。

時は流れ、音楽自体を聴くことも少なくなりましたが、i-tunesやipodが普及してくるにつれ、昔の音楽もオンラインで購入できるようになり、PRISMのアルバムもi-tunesで買える時代になりました。
しかしながら、そうは言ってもすべてのアルバムが購入できるわけでもなく、多くのアルバムはすでに廃盤となっていることもあり、一部のアルバムはとんでもなく高価。かつ、たまにネットオークションにも出品されてもとてつもなく高価という状況。そんな状況の中、再販されたアルバムも何種類かあるようです。再版されたアルバムの中で、どうしても手に入れたいというアルバムがたまたまアマゾンに出品されており、このたび約30年ぶりに入手できました。

SURPRISE
1 FULL MOON
2 BACK STREET JIVE
3 UPSIDE DOWN
4 KARMA
5 THOUGHTS
6 IM TELLING YOU
7 SBATOTT
8 UNFORGETTABLE

VISIONS
1 Rhythm Of The Lights
2 Tearscape
3 I Know That
4 Wind
5 The First Sky And The Last Sea
6 While You Blink 8 Times
7 Footprints On Water
8 A-Ao-Bi-Ma-Sho
9 Wind
特にSURPRISEはキーボードに佐山雅弘さんを迎えており、これまでのPRISMの音楽から明らかに変容しており、インパクトがありました。かなりメロディアスな作品でJAZZっぽさが全面に出ています。
これに対して、VISIONSはSURPRISEからまたまた変容しており、一言で言うとサーカスのようにワクワクするようなPOPな感じもするも、The First Sky And The Last Seaのように壮大なイメージを受ける曲もあり特に好きなアルバムです。
30年ぶりのPRISM旧作アルバム、FUSION好きの人なら必ず気に入っていただけると思います。

クシタニ P-4444ラウンドファスナーウォレット


横浜のみなとみらいです。JR桜木町駅から赤レンガ倉庫までぶらぶらと歩いていきまして、クシタニパフォーマンスショップ横浜に行ってきました。地元のプロショップと異なり、パフォーマンスショップ限定品があったりして、ライディングウェア以外の小物なども売っていたりします。




目的があって行ったわけではなく、何となく行っただけでしたが、パフォーマンスショップ限定品のロングウォレットを買ってきました。要は長財布です。

サファイア・ヌメっていう色ですが、なかなか珍しい色で、革の財布では珍しい色だなって思って買ってきました。


しっかりとスラッシュマークが入っていてクシタニアピールしてます。
さてさて、今後どのようにエイジングしていくのか楽しみ!

只見駅に行ってきました






こちらもここ数年毎年訪れているJR只見線の只見駅です。
JR只見線は、日本有数の絶景路線としても知られており、元々は、只見ダム建設に伴い、会津若松を小出を結ぶ路線として、1962年に全線開通した比較的若い路線です。沿線は会津坂本から只見までは只見川に沿って、また途中田子倉湖を挟んで、新潟側の大白川からは破間川にそって走るいわゆる秘境路線としても知られています。
2011年福島豪雨により、只見川にかかる橋梁のうち相当数の橋梁が流出や損壊などの甚大な被害を受け、2018年現在も只見駅と会津川口間が不通のままで、この両駅間は代行バスによる代行運転が行われています。
不通となる前も秘境路線として知られているくらいですから、只見と大白川の田子倉ダムを挟んだ県境区間は上り下りとも各3本のみの運行となっており、いつ廃線になってもおかしくないと言われておりましたが、この地域は日本有数の豪雪地帯でもあり、特に南会津の只見町から新潟魚沼側につながる国道は冬季間は通行止めとなるため、それこそ只見線が命綱だったりするわけで、なんとか廃線を免れていた路線です。しかしながら、2011年の福島豪雨による被害はとてつもなく甚大であり、復旧させるだけで85億円もの巨額な費用がかかるという話です。しかもただでさえ超赤字路線だけに採算が取れるはずもなく、JRとしても廃線やむなしとして、地元自治体と協議を重ねていました。
しかし、沿線自治体、周辺自治体およびなんと福島県までも巻き込んで、JRと協議を重ねた結果、上下分離方式で施設を福島県を始めとする沿線自治体(または出資する会社など)が保有管理し、JRが第二種免許を取得した上で運行するという方法。しかも復旧費用もJRが3分の1、福島県が3分の2を負担するという驚きの内容で合意し、2021年ごろの復旧を目指すと言う内容です。
正直、個人的にも大変驚いた内容で、福島県もかなり思い切ったことをしたと思います。個人的にも会津地方には思いいれも多く、なんとか復興の足しになればとも思って、好んで会津地方に行っています。

今回行って驚いたこと。なんと駅員さんがいました。前はいなかったように思いましたが。

流石に駅員さんがいるのに勝手に構内に入るわけにもいかず、入場券を購入。

只見と越後川口が通じていた頃はホーム両側にキハ40が止まっていたものですが、さすがに現在は片面のみの運用で線路は錆びだらけ。

復旧したあかつきには、以前のように両側に列車が止まる以前の光景が戻ってくると信じています。

ちなみにこの入場券、出札窓口の反対側にある売店で入場券購入者のみに配布されるケースです。どちらかと言うとこのケース目的で入場券を買ったと言うことなのですよ(^^)