RYZENシリーズざっくり比較

手持ちのPCについてですが、ノートPCを含めて気が付けばすべてRyzenシリーズになっていました。
もちろん根っからのAMDファンっていうこともありますが、ここ最近のINTEL系のCPUには全くもって魅力を感じませんし、つい最近までホームPC用のCPUは4コアまでで十分などと、自らの製品が性能向上しないのをごまかすための詭弁を使ったりとようやく化けの皮が剥がれてきたのですが、それが証拠にLENOVOとかHPとかのメーカー製PCにおいてもAMD製CPUが搭載される機種が増加の一途となっています。

ってことで、手持ちのデスクトップPCのRyzenシリーズは現在3機種稼働中でして、
Ryzen2700Xマシン、Ryzen3950Xマシン、Ryzen3400Gマシンをそれぞれ使用しています。
3400Gマシンはもともとテレビ録画用PCのリプレイスとしたもので、強力な内蔵GPUを持っておりディスクリートGPUを使用せずとも、重めなゲームをしなければFullHD表示など楽勝なので、テレビ(東芝REGZA)につなげて使用しています。
3950XマシンはメインPCとして使用しておりますが、実は稼働率が最も低いマシンであり、実験機的な要素や動画編集などで使用しています。
2700Xマシンは以前のメインマシンで、現在では主にWeb閲覧のほかBLOGの更新やらで軽めの作業用マシン。もっとも近日中にドナドナされる運命であったりします。

で、客観的な性能差ってどうよ?ってことで、一昨日、あらためてベンチとってみたので、公開してみます。

3950Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア8881
3DMark Timespy (Radeon RX5700XT)
総合スコア9562、CPUスコア12306、Graphicスコア9201

2700Xマシン

CineBenchiR20
CPUスコア3959
3DMark Timespy (Radeon RX590)
総合スコア5264、CPUスコア8376、Graphicスコア4941

3400Gマシン

CineBenchiR20
CPUスコア1923
3DMark Timespy (GeForce GTX 1660Super)
総合スコア5604、CPUスコア4120、Graphicスコア5985

こんな具合になってます。
当然CPUもグラフィックボードも全て異なるので一概には言えませんが、CineBenchiの結果だけを見ると、圧倒的ともいえる3950Xの高スコア。
16コア32スレッドという怒涛の力技でほかのマシンを圧倒しています。その分価格も半端なく高いですが(笑)

2700Xですが、3950Xと比べて1世代前の製品ということと、8コア16スレッドという3950Xのちょうど半分のコア、スレッド数でもありCineBenchiでは妥当なところ。決して性能が低いというわけではありませんし、むしろ某INTEL社のCore i7 7700Kなどというちょっと前のハイエンドCPUよりも遥かに高い数値をたたき出しています。ちなみにi7 7700Kは2420です。

3400Gについては、グラフィックボードがミドルクラスとは言え、ハイミドルな1660Superであることもあって、予想以上に3DMarkのスコアが高め。しかしCineBenchiでは2000にも届かず1900台とやはり4コア8スレッドという他のCPUと比べては性能面で不利になるところもありいたし方ない数値ではあると思います。

これらの数字を見ただけでも、INTEL系CPUを買う理由がありません。

更に今年後半から来年初頭にかけて、次世代Ryzenが発売される見込みと言われています。次世代Ryzenは現行のZEN2世代比でも10%以上の性能アップが見込まれるということですから、当分はAMD製CPUから目が離せません。

カテゴリー: PC

Ryzen5 3400Gに入れ替え

これまでテレビにつないでいたテレビ録画機兼用マシンはkavbniコアのAthlon5150機を使用しておりました。mini-ITXマザーを使用し、かなりコンパクトなケースをテレビ台の中においておけるので、コンパクトなマシンではありましたが、いかんせん導入後6年経過していることと、ストレージがSATA SSD128GBとこれまたほかのマシンから流用したSSDでの運用であったため、そろそろ限界かなぁと思っていました。

ところで、今年の正月明けにRyzen9 3950Xに入れ替えた際、冷却の問題やメモリスピードの問題から、CPU以外のパーツも一部入れ替えており、余ったパーツを流用すれば録画機も入れ替えられるんじゃね?ということで、APUを使った新しいPCと入れ替えることができたわけです。

メモリは以前3900Xマシンを使用していた時に使っていたもので、DDR4 PC3200の8GB2枚組を流用しています。また、とりあえず、ストレージはこれまでのSATA SSDの120GBのものを流用。ケースも3900Xの時のcoolermasterのM-ATX用を流用。

さすがにマザーボードは新規購入でASUSのB-450マザー、TUFシリーズを9000円弱で購入しました。

実は、CPUですが、Ryzenシリーズはご存知の通り一部製品がいまだに入手しずらい状況が続いています。グラフィックボードを使用するCPUは比較的入手性も良くなっていますが、APUの場合、(型番の最後にGが付くものが内蔵グラフィックを搭載したAPUとなるのですが)特に3400Gがほとんど入手不可能。秋葉原のショップでも売りけれ状態のところがほとんどで、注文はできても入荷待ちといったところがほとんどだったのです。なので、Athlon5150機の組みなおしを決意はしたものの、肝心のAPUが入手できないという状態がこれまで続いていました。3200Gのほうは入手性が良かったのですが、3400Gの4コア8スレッドに対して、3200Gは4コア4スレッド。コアクロックは3400Gの3.7GHzと3200Gの3.6GHzと100MHzしか違いませんが、ブーストクロックが3200Gの3.9GHzに対し3400Gは4.2GHzと結構な違いがあったりします。そのため3400Gを候補としてずっと探していました。

で、ようやく入手できたためやっと組み換えができたというわけです。
実はこの3400Gの購入先は、地元の家電量販店。しかもおそらく初期ロットにかなり近いものでずっと売れ残っていたものだったと思われます。また、価格も税込み2万以下で購入できました。たぶん全国的にも最安価格だったと思われます。

大型家電チェーン店って、意外とPCパーツ系だと思わぬ掘り出し物があったりしますので、定期的に見に行くことは決して悪いことではないと思います。
特にメモリなどの価格の動きの大きいモノはパーツショップが値上げしていても仕入れ時のままの値段とかが普通にありますから、思わぬ安値で買えたりしますね。

CineBenchi R20
CPUスコア 1884、singleスコア 400

3D Mark Time Spy
1357

全然使えるスコアです。

また5年は戦えると思います。

カテゴリー: PC

Ryzen9 3950Xの話

昨年PC業界で最も話題となったAMD社製CPUのRyzenシリーズですが、コストパフォーマンスの良さや、INTEL社製CPUよりも高性能ということでかなり売れているようです。

自宅で使用しているPCもZENシリーズが発売されて以来アップデートしてきましたが、すでに書いているように昨年夏には3900Xを使用していましたが、今年の正月明け早々に3950Xと入れ替えておりました。

定格クロックは3.5GHz、最大ブーストは4.7GHzで、最大の特徴は16コア、32スレッドで動作する、一昔前だと100万を超えようかというようなバケモノCPUです。それが一般人にも入手できるような常識的な価格で発売されました。

2019年の7月に発売されたRyzen3000シリーズでしたが、発売当初は3950Xは発売されず、結局11月までずれ込み、その後の品薄状態…年が明けた1月にAmazonでようやく購入に至りました。

CineBenchi R20のスコア
CPUスコアがマザーボードデフォルト設定にもかかわらず、驚きの9300超え。シングルでも530台。
CineBenchi専用機CPUとかベンチ番長とかいろいろ揶揄されていましたが、なんだかんだ言っても9000超えるってスゴイことだと思います。

3D Mark のTimeSpyスコア
トータル9780ですが、CPUスコアが12000超えてますね。ゲームでもこれなら某Intel社よりも遅いといわれることはないでしょうね。

カテゴリー: PC

Ryzen9 3900X

今年の7月7日、AMDから第3世代のRyzenが発売されました。
これまで、Ryzen 7 1700、2700Xと乗り換えてきまして、その性能の高さに驚いておりましたが、第3世代Ryzenはついに12コア24スレッドに到達!更に11月には16コア32スレッドというコンシューマ向けCPUとしては過去最大のコアを搭載したCPUも発売されるとのこと。これまで、RyzenだとThreadRipperや、INTELだとXEONなどのいわゆるHEDT市場向けとも思えるCPUが一般的な価格で購入できること、マザーボードも一般的なSocketAM4なモノが使えることなど、2~3年前では考えられないような事が現実となっています。

現在(2019年11月17日現在)購入できるRyzenシリーズ最高峰であるRyzen 9 3900Xですが、実は9月中には国内Amzonで購入済みでして、ここ1か月くらい使い倒していました。

現在でも入手性が良いとは言えず、現時点でも私が購入した時よりも高値で売られています。現在だと7万円~8万円。アキバ系のPCショップでも入荷すると即完売状態が発売から3か月以上経っているにも関わらず続いています。なお、アキバ系PCショップだとほぼ定価で購入できるようです。ちなみに定価は59,800円+税となっています。私が購入した時でさえ若干高く、税込み65,200円(購入時は税8%であるため)でしたが、現在ではとてもこの値段では買えないようです。

いろいろベンチをやってみましたが、比較対象としてRyzen2700X、要は3900Xと入れ替える前のマシン。

まず、3DMarkのTIMESPY

2700X

総合スコア4386 CPUスコアが見づらいですが、8616です。

続いて3900X

総合スコア 5377 CPUスコアが大幅アップの11933

あと、マルチスレッドだと性能を発揮しやすいベンチマークソフトとして、CINE BENCHってのがありますが、CINE BENCH R20で測ってみました。

すると驚きの7000超え。シングルスレッドでも500超えも普通に出ます。

実質Windowsを使うにはINTEL(インテル)かAMDしか実質的には選択肢がなく、長年AMDにとっての目の上のたん瘤のようなINTELでしたが、今回は久しぶりにINTELがフルボッコにされているようです。

さてさて、非常に高性能というのはわかりましたが、ネガティブなところって無いのかというと、さすがに完璧なCPUというわけには行かず、問題(というほどものでもありません。(笑))も正直あります。

ネガティブなところ。
とにかく爆熱。気を抜くとあっという間にリミッターが作動。ちなみにRyzenはかなり多量のセンサーを実装しており、かなり正確な数値を拾ってくれているようです。

なお、Ryzenの場合、CPUコアの温度が95℃を超えると電圧を下げて、クロックも下げるという機構が採用されています。

で、Ryzen 9 3900Xパッケージを購入すると嫌でも付属してくるのCPUクーラーですね、このCPUクーラーなのですが、予想以上に冷えません。(笑)

Ryzenシリーズにはサーマルスロットルリングという一種の安全装置が装備されていて、CPU温度が95°Cを超えるとクロックと電圧を下げる機能が実装されています。CineBenchとかを走らせながら、HWmonitorなどでCPUコア温度とか見てるとあっという間に90°Cを超えてきます。

こりゃいかんと、CPU クーラーをCoolerMastee製のMA410Pに交換し、更にファンを排気側に追加したところ、かなりマシにはなりましたが、それでも80°Cから85°Cくらいまでは上昇します。

確かにこれまでのAMD製品とは異なり、本気でINTEL製の製品を凌ぐ性能ではありますが、本気で戦うならば、冷却にはかなり気を使わないとRyzenの真の性能を発揮できないと思われます。逆に言うと、PCケースを含めてCPUクーラーやケースファン、エアフローなど総合的に冷却を考えて組んで行くとモンスターマシンが組めると思います。

ちなみに今度発売されるRyzen9 3950XはCPUクーラーが付属せず、更に簡易水冷が推奨となっており、プロセス微細化とともに発熱の問題が大きくなってきているということなのでしょう。netburstアーキテクチャーPentiumDを彷彿とさせるような事態です。もっともPentiimDは大コケしましたが。

カテゴリー: PC

RYZEN5 PRO 2500Uのはなし2




IdeaPad720Sの直後に購入したThinkPad485ですが、前のエントリーに書き込みましたように、IdeaPad720Sとの比較をしてみます。

スペック

ThinkPad485
CPU RYZEN5 PRO 2500U
Memory 8GB DDR4 SO-DIMM Singlecannel
Strage 256GB NVMe SSD
display 14.0Inch

IdeaPad720S
CPU RYZEN7 2700U
Memory 8GB DDR4 Onboard
Strage 512GB NVMe SSD
displya 12.5Inch

と、まぁ、スペックだけ見れば720Sの方がハイスペックなのですが、ノートPCの場合、大きさ、重量、画面の大きさなども考慮する必要がありますね。

485の方がやや大きめ。ただ、液晶のベゼルは720Sの方が狭額なので、ボディに対して、液晶の比率が高く大画面感はあります。ただし、ボディの強度という点で言えば、あまりに狭額ベゼルだとちょっと心許ないですね。

720S の方が、全幅で2~3センチ小さく、奥行きでも2センチ程度小さいです。485のクシタニステッカーはあくまでも自分の趣味です(笑)

厚みの比較。これは圧倒的に720Sの圧勝。一番狭いところで485の半分くらいの厚みしかありません。

485のCPU-Z。

CrystalDiskMarkとCINEBENCH R15のスクショ。
SSDは720Sの半分くらいしか速度が出ていませんが、これはPCI-E接続の速度によるもので、485が2X接続なためだと思います。
CINEBENCH R15の方も720Sと比べても遅めです。スペックだけ見れば485よりもS720の方が優秀だと思います。しかし、実際の使用感ではあまり差は感じられません。それよりもキーボードの使いやすさ、ThinkPadにしかないタッチパッドなどは非常に所有感も高く、また、実際の打鍵感は圧倒的にThinkPadの方が使いやすく感じます。
どちらが良いのかと言えば、やはり使い方によるとしか言いようがないというのが正直なところですね。

カテゴリー: PC