RADEON RX 6800を買ってみた話

前回、WDのSN850を買ったエントリを公開しましたが、実はこの日、もう一つの大物も買っていました。

そう、われらAMD軍が誇る、最新グラフィックボード、RDNA2ことRADEON RX 6000シリーズです。

今年のAMDはこの冬に新型CPUとかグラフィックボードを立て続けにローンチしましたが、チップ製造委託先である台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)の最新製造ラインである7nmが大変ひっ迫しており、PCショップのおにいさんが言うには製造が追いつかないらしいのです。実はこのラインで製造するAMD製のCPUやGPUは、AMDはもとよりAppleやHuaweiもこのラインを使用して製造しており、また、今年発売された、SONYのPS5もAMD製のカスタムチップを採用していることから、当然TSMCで製造されているわけでして、またMicrosoftのX-BOXもAMD製カスタムチップ採用のため必然的にTSMC製造のチップとなっています。そんなわけで、大変厳しい状況はまだまだ続くようで、実際のところ、AMDのRyzen5000シリーズは5950X以下、5600XまでのCPUがまとまって入荷していません。特に5900Xは初回入荷したのみで、その後全く入荷がないとか。そこへきて、今回のRADEON RX 6000シリーズの発売となり、これまた、入手困難なグラフィックボードとなっています。現時点でもRADEON RX 6800はメーカーさえ問わなければ、ショップ巡りをするとかろうじて入手可能ですが、上位版である6800XTはほぼ入手不可。Ryzenシリーズと全く同じ状況となっています。まさにAMD製のCPUとグラフィックボードはまさに争奪戦となっています。

SN850を購入したあと、いつもの秋葉原巡回コースを巡っていましたら、偶然にもBUYMORE秋葉原本店にてGIGABYTEのRADEON RX 6800(無印)を発見。考えるいとまもなく購入していました。
詳しいスペックはいろいろなサイトで解説されていますので、そちらをご覧いただくとして、素人である私がRADEON RX 6800を試してみた結果やインプレなどを記載しておこうと思います。

買ってきたのは、RADEON RX 6800、いわゆる無印の方です。リファレンスモデル、一応GIGABAYTE製です。が、リファレンスモデルっていうのは、各PCパーツメーカーが実際に作るのではなく、AMDと関係の深い専業メーカーが作ったものをOEM扱いで出荷しているということなので、メーカーは違えど実際の製品はAMD純正と言えるようなモノです。従って、いわゆるリファレンスモデルはどのメーカーのものでも基本的に同じものです。
( 実際の製造メーカーはSapphireと言われていますね)

実際に手にすると、かなり重量級なボードです。ずっしりと重い。今までの5700XTやGeForce2060とかと比べると倍くらいの重量がありそうな感じ。PCI-Eスロットとリアブラケットのところだけの締め込みで大丈夫なのかと不安になるくらい重い。それでも2スロット占有なので、6800XTよりはマシだと思うようにしています。

取り付けたところ。奥行きがかなりありますが、まだまだ余裕があります。さすが3連ファンだとかなり大型化するのも致し方ありません。

マザーボードの全幅よりも若干はみ出るくらいです。大型ケースでなくても入りそうです。ただ、前面にHDD取り付けトレイが付いているケースだと若干干渉する可能性もありそうです。

補助電源取り付け部分。8ピンが2本必要です。電源によっては8ピン2つ分が同一ケーブルから供給されるものもありますが、一応念のため、8ピンケーブルは別系統から接続しています。AMDのサイトでは、推奨電源750W以上としています。私の場合は650W電源を使用していますが、今のところ正常動作しています。CPUが105Wなので、結構ギリかもしれません。特にHDDを大量に搭載していたり、DVDドライブなどの円盤系ドライブを搭載していたりすると足りないかも。

ブラケット部分。ここからの排熱は考慮されていません。すべての熱気がPC内部に排出されますので、PCケーズ内のエアフローを考えないと廃熱不足に陥るかも。

で、ベンチですが、とりあえず、3DMarkのFire StrikeとTime Spyをやってみました。比較対象はGeForce RTX 2060(無印)です。CPUはRyzen 7 5800X、メモリ速度は1600MHz、XMP読みで動作させています。

Fire Strike

上が2060、下が6800

Time Spy

上が2060、下が6800

数値をご覧いただければ一目瞭然ですが、RX6800はRTX2060に対して1.7倍から1.8倍程度の速度が出ています。

5700XT時代(RDNA世代)だとGeForceに太刀打ちできませんでしたが、本モデルになってようやくGeForceの背中が見えてきたというところではないでしょうか?
ただ、製品の供給不足、特に今年はコロナ禍ですので来年もまだまだ供給不足が続くのではないかと思いますね。
一時、GeForceに浮気していましたが、やはりRADEON系の発色の良さはこのモデルでも健在です。RADEONの発色が好みであれば、RADEON RX 6000系一択ですよ。

WD Black SN850 1TB導入

WDからNVMeの最新SSDであるSN850が発売されました。PCI-E GEN4対応のM2 SSDであり、PCI-E 4.0の理論値である8GB/secにかなり近づいてきた印象です。これまでの最速を謳われていた、SeagateのFirecuda 520でしたが、ついにSequentialread 7,000MB/secを誇るSSDも登場するようになってきました。おそらくPCI-E 4.0の理論値にかなり近づいてきているので、これ以上の高速化は厳しくなってくると思われます。

さて、今まで使っていたFirecuda520 500GBですが、マザーボードのBIOSをRyzen5000シリーズ対応のものにアップデートしてから、どうにも挙動がおかしくなりまして、読み込み速度は特に問題は出ていませんでしたが、書き込み速度がSATA SSD並みに落ち込むようになり、Sequentialwriteが500MB/sec台にまで落ち込むようになりました。時々はまともな数値(3,000MB/sec台)は出るのですが、どうにも落ち着きません。再起動やら、いったん取り外して再取り付けなどをやっては見ましたが、症状は改善せず。さらに、セカンダリに繋いでいた2枚目のSSD WD SN550も時々起動時に認識しなくなり、再起動すると見えるようになる、といった現象が起き始めました。いろいろと情報を漁ると、どうもマザーボードであるB550チップセットとの相性がよろしくないっぽく、もっともCPUの不具合の可能性も無きにしも非ずというよくわからない状況ではありました。ただ、定量的な再現性もないため、SSDの交換という手法でとりあえず様子見することに。
そんな中で、同じくWDのSN750は悪いうわさもなくおおむね高評価であり、ドナドナされていったB450Steel Legendマシンから抜き取ったSN750を、これまで使っていたSN550からクローン化した後にセカンダリに取り付け。更にプライマリには最新のWD SN850の1TB版をFirecuda520からクローン化、プライマリとしました。ということで、現在の構成は、プライマリにWD SN850、セカンダリにWD SN750というプチ贅沢な構成としました。

もともと取り付けていた、SeagateのFirecuda520。プライマリ側。これをsourceとして、SN850にクローン。

WDのSN850 1TB。現時点で最速のSSDです。ベンチは後半で。

ますは、セカンダリにSN850を取り付け。その後、アクロニクストゥルーイメージのWD版をWDのサイトから落としてインストール。で、クローニング実行。

クローニングしたSN850をプライマリに取り付け。こののち、Steel Legendから抜き取ったSN750も元々のSN550からクローニングして、セカンダリに取り付け。

今回使用したSSD各種。一番右側がSteel Legendから抜き取ったSN750。シートシンクが付いているためラベルが見えませんが、ヒートシンクを付けたまま運用します。

で、ベンチです。対象SSDがC:ドライブになっていたりするため、厳密な意味での公平なベンチとはいいがたいのですが、参考にはなると思います。

まずは、WD SN750

取り外す前のSN750、D:ドライブで計測しています。GEN3.0世代のSSDですから決して遅くはありません。

次は、Seagate Firecuda 520

取り外す前のC:ドライブで計測。書き込み速度がやはりやや遅い。
ほぼ読み込み5,000MB/s、書き込み2500MB/s

最後に、SN850

これはぶっちぎりの速さです。Sequentialreadは限界値に近い7,000MB/s超え。書き込みも5,000MB/sを超えてます。

また、これらのSSDを見て思うことは、よく言われる、Sequentialだけ早くても意味がないということ。
確かにその通りだと思います。いわゆる直線番長ですから。でも、シーケンシャルアクセスが早くなるにつれて、ランダムアクセスも早くなっていますよね?
つまり、直線番長であることは数値上目立ちますし、いわゆるウリにはなりますが、実使用においてはランダムアクセスの方が重要なはずです。しかし、シーケンシャルアクセススピードが速くなるにつれて、ランダムアクセス速度もそれに釣られるように高速化しています。
じつはこれが大切であると思うのですよ。シーケンシャル速度が上がることで、目立ちますからウリになります。しかし、実使用においてはランダムアクセスが早い方が快適。結果としてランダムアクセスが早くなることが重要だと思うのです。このベンチを見て、SN750のランダムアクセスの速さがわかると思いますが、やはり売れているSSDは理由があるということですよ。SN750はランダムが早い。しかも安いというメリットも大きいのですね。

しばらくはSN850などのピーク速度7,000MB/sクラスのSSDが最速SSDとして君臨するのではないかと思いますが、PCI-e 3.0世代のSSDもコスパの良さからまだまだ現役で使えるという事のようではないでしょうか?

12/6追記
このWD SN850ですが、さすが最新規格の爆速SSDだけありまして、CrystalDiskinfoにてベンチ中の動作時温度をモニターしていましたところ、最大で80℃超えを記録していました。聞きなれないアラート音がすると思ったら、CrystalDiskinfoの温度が80℃を超えてさらに上がりそうな勢いでして、正直これまでのWD SN750やSeagate Firecuda520でもこんな温度は見たことありませんでした。ヒートシンクを付けていなかったという事もありましたが、あわてて、以前Amazonで購入した、SSD用シートシンク、サーマルテープ付きで4セットで699円とかで売ってたブツを慌てて取り付け。幸い、80℃超えなどという恐ろしい数値は出なくなり、60~70℃台でなんとかなっています。

SSDの発熱はマジで舐めてかかるとヤバいです。

このヒートシンク、Amzon FireStick用として結構売れているみたいですが、SSD用としても全然OKでした。難点は一旦取り付けると、取り外しが困難、ていうかほぼ無理っぽいです(笑)
基盤を壊す勢いなら剝がせるようです。

Ryzen 7 5800Xの話2

11月に発売されたいわゆるZEN3であるRyzen5000シリーズですが、5950X、5900X等Ryzen 9シリーズは発売後から全く流通に乗らず、ときどきTwitterなどでゲリラ的に5950Xのみが極少量アキバのPCショップに入荷しているようですが、5900Xは初回入荷から全く入荷していないようで、それにつられて、Ryzen 7 5800XやRyzen 5 5600Xも店頭から蒸発しているようです。幸い、まだ5800X、5600Xが店頭に並んでいたころに私はTSUKUMO本店にて購入できたのですが、NTT-Xストアで5900Xもネット購入こそできましたが、いまだ未出荷、出荷見込みもたっていないという状況です。現在では、5000シリーズ全体で、受注停止しているECサイトも多く、購入できても非常に割高な転売ヤーからしか買えません。

とまぁ、Ryzen 5000シリーズは当面このような状況が続くと考えますが、翻って、手持ちの5800Xについてです。
色々なベンチを走らせた結果、どうにもメモリの耐性が怪しく、メモリクロック1800MHzだとOCCTでエラー出まくり、完走こそすれど気持ちいいものではありません。(TEAM製DDR4 PC3600メモリ)そこで、XMP読みメモリクロック1600MHzのものに交換したところ、安定してOCCTも完走するようになりました。現時点でこのメモリを使用していますが、(TEAM製DDR4 PC3200メモリ)ほかのベンチマークやらでも安定しているようなので、当面こちらのPC3200メモリを使うことにしました。もっともRyzenシリーズは公式ではPC3200までしかサポート対象とはなっていませんので、高速メモリが動かなくても文句は言えません。

以前公開したCineBenchiよりも高い数値が出るようになりましたので、貼っておきます。


CPUスコアが6071、CPUスコアSingle-Coreが624と前回よりも高くなりました。いろいなサイトを見ても、Single、multiともに同じような数値(Single620台、Multi5900~6000台)なので、現行メインPCのCPU周りのセッティングはほぼこれでOKだと思います。

古い3D markをやってみた

ベンチマークソフトというPCやスマホ、タブレットなどの性能を図るソフトウェアがあります。有名なところでは、PC markや本ブログでもたびたび掲出しているCineBenchなどがあります。そんな中で、ゲーミング性能を比べるソフトウェアで一番有名なのが
「3D mark」というベンチマークがあり、元々はfuturemarkという企業が開発したベンチマークで、主にはPCのグラフィック性能を図る目的で作られたソフトウェアです。歴史も比較的古く、3D mark99としてリリースされたベンチマークソフトでしたが、ほぼ毎年アップデートされ、現在でも3D markとしてリリースされています。そのときどきのAPIを採用し、常に最新機能を測ることができるソフトウェアであるため、かなり重宝しております。

では、現在のシステムで当時の3D markを走らせるとどの程度の性能が出るのか?という点が気になります。PCなどのデジタルデバイスは性能の進化も滅茶苦茶早く、下手すると5年前くらいの最高峰システムでも、現在のエントリークラス程度の性能しかないなんてこともごく当たり前だったりします。逆に当時の最高性能jのPCは、現在ではどの程度のPCで当時の最高性能を発揮できるのかということも気になります。
ということで、当時スコアを競ったいにしえの3D markを現在のPCで走らせるとどうなるのか?をやってみました。
なお、すでに当時の3D markソフトウェア持っていませんので改めてULのサイトからDLしてきました。DLしたのは、3Dmark2001SE、3Dmark03、3Dmark05の3点。ちなみに3Dmark2000と3Dmark99もDLしましたが、99は起動せず。2000は起動~最後まで完走はしました。が、システムインフォが起動できずスコア非表示。また、05はスコア表示がオンラインブラウザでしか確認できず、オンラインブラウザがNOT FOUNDで表示できません。したがって、結果として表示できるものが03と2001SEのみとなっています。なお、いまさら有償版というわけにもいかず、解像度の変更ができないためいずれも1280*1024のSXGA解像度で実行しています。

3D mark2001SE
当時はどんなに頑張っても4桁行けばいい方と思っていました。

3D mark 03
インフレ率ハンパねぇっす。驚きの6桁。何かの間違いじゃないかと思いましたが、実行中のグラフィック画面を見てますと、フレームレートが1000/secとか2000/secとかになります。これくらいの数字が出てもおかしくないのです。

確かに、実行中の画面を見ていますと、現在の3Dシーンとかとはレベルが違いすぎ。明らかにCGですよっていうのがまるわかりです。
逆に言えば、現在の3Dグラフィックがいかに作り物っぽくないっていうことが、改めてわかる結果となりました。

しかし、デジタルデバイスの進化って、改めて過去を振り返るといかに猛スピードで進んでいるかっていうことが良くわかります。あと10年、いや20年経つとどれだけ進化しているのか想像もつきません。



RYZEN 7 5800X

AMD製最新CPUである第4世代、Zen3ことRyzen5000シリーズが2020年11月6日に国内発売となりました。
当日の秋葉原はかなり賑わったようで、特にRyzen 9シリーズである、5950Xと5900Xは瞬殺、その後も時おり少数ながら入荷しているようですが、ほぼ現時点(11/17現在)でも入手困難な状況です。
同じRyzen5000シリーズでも下位の5800X、5600Xは入手困難というレベルには至っておらず、ショップやネット通販でも比較的入手しやすいようですが、それでも確実に入手可能というほどでもなく、店舗によってはいまだに買えないという状況のようです。

今回のRyzenシリーズは、これまでのCPU内部構造を大きく見直しており、CPU内部でのデータ通信の遅延を減らすことなどで、前世代であるRyzen3000シリーズからかなり大幅な性能アップを果たしています。

特にゲーム性能については、Ryzen3000シリーズまではINTEL Coreシリーズに追いつきそうで追いつけないという状況でした。肉薄はしていたのですが、追い抜くことまではなかなかできないというかなりじれったい状況でしたが、初めてINTEL製CPUをブチ抜くという快挙に至ったわけです。

これまでのRyzenシリーズは、ゲーム以外の部分については多コアに云わせてINTEL製CPUよりも有利なソフトウェアも多くありましたが、今回のRyzen5000シリーズの発売で「完全勝利」と言い切ってよいと思うほどの状況となったのです。

ということで、新型Ryzen買ってきました。左下に5000 SERIESと印字されています。今回からCPUクーラーが付属しないモデルが多くなり…というか付属するのが5600Xのみ…なので、パッケージも簡素化されています。

ラベルのところはあまり変化なし。

で、さっそく取り付け。これまで使っていた3700Xと交換しました。

マザーボードはこれまでと同じ ASUS TUF GAMING B550-PLUS。
BIOSは最新の1212にアップデートしています。ベータ扱いだけどね。

アッセンブリは中国。前世代ではマレーシア産の方が良いとか言われていましたが、今回はどうなのかは不明です。

で、さっそくCineBenchi R20での比較。

3700X
CPUスコア 4683

5800X
CPUスコア 6004

23%のアップとなりました。もっとも、比較対象が3700Xであるためクロックとかが異なるので、単純な比較にはなりませんがシングルの数値がとんでもないことになっています

CPUスコア(シングル) 614

3000シリーズはどんなに頑張っても600台は出ませんでしたが、ポン付け交換したのみで600台を記録しています。設定を詰めればあと10~20程度上乗せ可能と思われますので、620台は固いと思います。

Ryzenシリーズの凄さを垣間見ましたが、次年度以降ZEN4が予定されており、どれだけ高速化するのか、ここ数年はAMD製CPUから目が離せません。