古い3D markをやってみた

ベンチマークソフトというPCやスマホ、タブレットなどの性能を図るソフトウェアがあります。有名なところでは、PC markや本ブログでもたびたび掲出しているCineBenchなどがあります。そんな中で、ゲーミング性能を比べるソフトウェアで一番有名なのが
「3D mark」というベンチマークがあり、元々はfuturemarkという企業が開発したベンチマークで、主にはPCのグラフィック性能を図る目的で作られたソフトウェアです。歴史も比較的古く、3D mark99としてリリースされたベンチマークソフトでしたが、ほぼ毎年アップデートされ、現在でも3D markとしてリリースされています。そのときどきのAPIを採用し、常に最新機能を測ることができるソフトウェアであるため、かなり重宝しております。

では、現在のシステムで当時の3D markを走らせるとどの程度の性能が出るのか?という点が気になります。PCなどのデジタルデバイスは性能の進化も滅茶苦茶早く、下手すると5年前くらいの最高峰システムでも、現在のエントリークラス程度の性能しかないなんてこともごく当たり前だったりします。逆に当時の最高性能jのPCは、現在ではどの程度のPCで当時の最高性能を発揮できるのかということも気になります。
ということで、当時スコアを競ったいにしえの3D markを現在のPCで走らせるとどうなるのか?をやってみました。
なお、すでに当時の3D markソフトウェア持っていませんので改めてULのサイトからDLしてきました。DLしたのは、3Dmark2001SE、3Dmark03、3Dmark05の3点。ちなみに3Dmark2000と3Dmark99もDLしましたが、99は起動せず。2000は起動~最後まで完走はしました。が、システムインフォが起動できずスコア非表示。また、05はスコア表示がオンラインブラウザでしか確認できず、オンラインブラウザがNOT FOUNDで表示できません。したがって、結果として表示できるものが03と2001SEのみとなっています。なお、いまさら有償版というわけにもいかず、解像度の変更ができないためいずれも1280*1024のSXGA解像度で実行しています。

3D mark2001SE
当時はどんなに頑張っても4桁行けばいい方と思っていました。

3D mark 03
インフレ率ハンパねぇっす。驚きの6桁。何かの間違いじゃないかと思いましたが、実行中のグラフィック画面を見てますと、フレームレートが1000/secとか2000/secとかになります。これくらいの数字が出てもおかしくないのです。

確かに、実行中の画面を見ていますと、現在の3Dシーンとかとはレベルが違いすぎ。明らかにCGですよっていうのがまるわかりです。
逆に言えば、現在の3Dグラフィックがいかに作り物っぽくないっていうことが、改めてわかる結果となりました。

しかし、デジタルデバイスの進化って、改めて過去を振り返るといかに猛スピードで進んでいるかっていうことが良くわかります。あと10年、いや20年経つとどれだけ進化しているのか想像もつきません。



RYZEN 7 5800X

AMD製最新CPUである第4世代、Zen4ことのRyzen5000シリーズが2020年11月6日に国内発売となりました。
当日の秋葉原はかなり賑わったようで、特にRyzen 9シリーズである、5950Xと5900Xは瞬殺、その後も時おり少数ながら入荷しているようですが、ほぼ現時点(11/17現在)でも入手困難な状況です。
同じRyzen5000シリーズでも下位の5800X、5600Xは入手困難というレベルには至っておらず、ショップやネット通販でも比較的入手しやすいようですが、それでも確実に入手可能というほどでもなく、店舗によってはいまだに買えないという状況のようです。

今回のRyzenシリーズは、これまでのCPU内部構造を大きく見直しており、CPU内部でのデータ通信の遅延を減らすことなどで、前世代であるRyzen3000シリーズからかなり大幅な性能アップを果たしています。

特にゲーム性能については、Ryzen3000シリーズまではINTEL Coreシリーズに追いつきそうで追いつけないという状況でした。肉薄はしていたのですが、追い抜くことまではなかなかできないというかなりじれったい状況でしたが、初めてINTEL製CPUをブチ抜くという快挙に至ったわけです。

これまでのRyzenシリーズは、ゲーム以外の部分については多コアに云わせてINTEL製CPUよりも有利なソフトウェアも多くありましたが、今回のRyzen5000シリーズの発売で「完全勝利」と言い切ってよいと思うほどの状況となったのです。

ということで、新型Ryzen買ってきました。左下に5000 SERIESと印字されています。今回からCPUクーラーが付属しないモデルが多くなり…というか付属するのが5600Xのみ…なので、パッケージも簡素化されています。

ラベルのところはあまり変化なし。

で、さっそく取り付け。これまで使っていた3700Xと交換しました。

マザーボードはこれまでと同じ ASUS TUF GAMING B550-PLUS。
BIOSは最新の1212にアップデートしています。ベータ扱いだけどね。

アッセンブリは中国。前世代ではマレーシア産の方が良いとか言われていましたが、今回はどうなのかは不明です。

で、さっそくCineBenchi R20での比較。

3700X
CPUスコア 4683

5800X
CPUスコア 6004

23%のアップとなりました。もっとも、比較対象が3700Xであるためクロックとかが異なるので、単純な比較にはなりませんがシングルの数値がとんでもないことになっています

CPUスコア(シングル) 614

3000シリーズはどんなに頑張っても600台は出ませんでしたが、ポン付け交換したのみで600台を記録しています。設定を詰めればあと10~20程度上乗せ可能と思われますので、620台は固いと思います。

Ryzenシリーズの凄さを垣間見ましたが、次年度以降ZEN4が予定されており、どれだけ高速化するのか、ここ数年はAMD製CPUから目が離せません。

Wifiの高速化 その1

我が家のネット環境ですが、居室はもちろん有線LANによる接続ですが、ガレージ側にはLANケーブルを引き入れていません。居宅とガレージが別棟であるため、物理的にLANケーブルをガレージ棟に引き入れるためには外壁に穴をあける必要があることと、LANケーブル自体も土中に埋設する必要があるため、そのためどうしても無線LANを使うことになりますが、どうにもつながらないという状況でした。回線そのものはソフトバンク光を引いており、BB光ユニットというルーターを使用して居室側は有線ネットワークとしていました。


さすがにLANケーブルを這い回すしかないかとも思いましたが、Wifiの場合、このような環境は決して少なくなく、私の自宅のようなゴミのような小さな屋敷でも結構つながらないというケースは決して稀ではないようです。

そのような場合、どうするのか?
有線が引けないという前提で考えると、Wifiルーターの設置位置とガレージ側の使用位置とを最短距離にするというのが最もお金もかからず、合理的な方法ではありますが、前述の通り別棟であるため、外壁を2つほど超える必要があります。居宅内の壁と異なり、外壁ですから、壁自体の厚みはもとより、断熱材や梁、柱という電波を遮断する可能性の高いものが内壁の比ではなく多く、さらに直線距離で10M程度ではありましたが、手持ちのiPhoneで試してみても減衰が大きすぎ、ガレージ側だと2.4GHzでもなかなかつながりにくく、さらに5GHzだと絶望的につながりません。

次に試してみた方法がWifi中継器というもの。

エレコムのWTC-1167という中継器です。
これで何とか確実に繋げることはできるようになりました。
しかし、いかんせん遅すぎます。リンク速度がどんなに頑張っても11ac規格で1Mbps程度。しかも5GHzだとつながったりつながらなかったりで非常に不安定です。
とくに腹の立つことに、つながっている最中でもブチブチとリンクが途切れます。とにかく安定性皆無。

これではどうにもなりませんので、ルーター自体を買い増しする方法。
幸いソフトバンクの光BBユニットはルーター機能自体がかなり優秀ということではありましたが、Wifi機能が若干古めかしく、アンテナも最新ルーターと比べて見劣りするとのこと。そのため速度の改善とWifiエリアの拡張を兼ねて、NECのルーターを購入。4本アンテナとのことでかなり高速化とつながりやすさを重視しました。

これで、ようやく安定的につながるようになりました。

結果、ルーター+中継器というかたちでガレージ内のWifi環境が完成!

でも全然速度が出ません。頑張っても2~3Mbps程度。
Youtubeは途中で止まるし、画質は1080Pなんて無理。480Pでやっと止まらずに視聴できるレベル。

実用に耐えませんね…

Antec P120 crystal LED変更

先日新調したメインマシンですが、基本的にARGBでのLEDライティング化を行っていましたが、一部だけボトムファンのみRGBライティングとなっておりましたが、やはりARGBを使ってしまうと、RGBだとちょっと違和感を感じてしまいます。
おさらいですが、最近のヒカリモノ系PCは古くは10年くらい前に流行りまして、そのころは、光らせるといってもリアファンとかフロントファンなどのケースファンを光らせるというもの。また、光り方も赤や青などの単色で光りっぱなしというものでした。その後、ヒカリモノ系は多少衰退するのですが、e-sportsの隆盛とともに、ケースファンはもとより、CPUファンやキーボードやマウスなども光るようになってきまして、当初は12VのRGBLEDによるファン全体やLEDストリップがいろいろと変色が可能となってきまして、ただし、昔の赤だけとか、青だけとかということは無くなり、RGBLEDの発光によってかなり色々な色を出せるようになります。そのころからマザーボードに12Vの4ピンRGBヘッダーが採用されるようになり、かなり光らせることも簡単にはなります。ただ、取り付けたLED全体が同一な色を発光させるだけであり、当初はこれだけでも凄いとは思いましたが、ここ最近では、アドレッサブルRGBという5V3ピンによるヘッダーを標準装備するマザーボードもかなり増えてきました。

4ピンRGBと3ピンアドレッサブルRGBの違いは、4ピンRGBのLED素子全部が同じ色にしかならないのに対して、5V3ピンアドレッサブルRGBはアドレッサブルの名が示すとおり、LED素子一つ単位で色指定ができるということ。どういうことかというと、流れるようにLEDの色が変えられるという点です。言葉で説明するのは難しいのですが…

ということで、話は戻りますが、ボトムファンだけは非アドレッサブルLEDだったわけです。で、今回底面ファンもアドレッサブルLEDファンに変更し、さらにストリップも追加。

で、できたものがコレです。

前と変わってないように見えますが、これは12V4ピンLEDで発光させた状態(を再現しています)
しかし5V3ピンアドレッサブルLEDで発光させるとこんな感じになります

ケースファンを見てもらうとわかるように、部分的に色が違います。このように光らせられるので、色が流れるような光り方などもできるというようになります。

今回、交換したケースファンはボトムに使ったCoolerMaster製の3連ファン。これですべてのファンがCoolerMaster製になりました。メーカーを揃えていた方が発光パターンが同じになるので、結果として統一感がとれたかなと思っています。

全体がブルー発光なのに対してボトムファンの脇のところ一か所だけが黄色になっています。これこそがアドレッサブルLEDで可能になることであります。

2020/09/07 追記
YOUTUBEに動画をアップロードしました。具体的な色の変わり方がわかると思います。

カテゴリー: PC

PCケース新調と簡易水冷化

今年の夏もクソ厚いですよね。ってことで、CPUの温度もうなぎ上りです。

ということで、初めてメインPCの水冷化を行いました。もう空冷ではいくら高級なファンやクーラーを使おうとも無理!

CoolerMasterの360サイズの簡易水冷を買ってきまして、天井面に取り付けました。
しかしながら、

このケース、AntecのD601っていうゲーミングマシン用のミドルタワー。しかもかなりピカるんで気に入ってはいましたが、いかんせん前後長が短めなので、リアファンを取り付けたままだと360ミリラジエーターが天井面に取り付けられません。リアファンを外すと大丈夫なのですが…ただ、この後に購入した、ThermaltakeのVersaH26っていうこのブログでもご紹介しているRyzen3500マシンを作ったときに購入したケースと作りがほぼ同じ。っていうかおそらくOEMでデザイン違い程度のものなのだと思われます。リアパネルのネジが真っすぐに入らないところまで同じなのです(笑)

AntecのP180とかSOLOとかを使っていた世代や、私のようにMini P180を10年近く使い続けた者からすると、Antecって静音にこだわったり、作りがしっかりしていたりっていうイメージが強く、D601のコレジャナイ感がありました。

イマドキのPCケースって比較的前後長が短めなケースが多く…
(おそらくDVDドライブなどの5インチベイやHDD用の3.5インチベイなどを搭載するスペースが著しく減っていることが要因の一つであるとは思いますが…)
やたら寸足らずな印象なケースが多いと感じます。
もうひとつ
水冷化した場合、ラジエーターの搭載位置が天井部だとラジエーターに取り付けたファンが見ずらいっていうこともあります。高い位置にPCケースを設置すれば見えますが、基本的にミドルタワー以上なケースは足元に置くことが多いと思います。その場合、天井面に設置したラジエーターのファンは上から見下ろすような形となるので、ほぼ見えません。なので、新たにケースを新調しました。
条件は
1 とにかく光らせたいし見せたい
2 サイドパネルはガラス。アクリルは傷つきやすいからペケ
3 リアファン、もしくはフロントファンが最低1つはほしい
という条件でいろいろ探したところ、AntecのPシリーズでP120 crystalっていう前面と左側面が強化ガラスっていうケースを見つけました。

特徴的なのは、前面がガラスかつファンがないところ。前面がガラスとかアクリルであってもファンが付いているケースがほとんどであり、正面からケース内部が見えないものがほとんどです。しかしながら、P120 crystalは前面はガラス「のみ」という潔さ。すなわちこの形状だとDVDドライブなどの5インチベイは「あきらめる」しかありません。しかしながら、自分の使い方だと5インチベイはもう何年も取り付けておらず、必要な場合はUSBでつなげばいいやという考え方なので、それよりも思いっきりスケルトンにできることの方を優先しました。

また、360サイズのラジエーター取り付け位置は、天井には取り付けできず、底面もしくは右サイドパネルに沿った側面のいずれかとなります。
サイドパネル側にラジエーターを取り付けることができるということが購入の一番大きなところでしたが、もうひとつ大きな特徴が電源の上部配置。最近では底面配置が一般的な電源搭載位置となりますが、このケースはまるで先祖返りしたような上部配置なんです。上部配置だとケーブルの取り回しとか裏配線とかが若干不安要素ではありましたが、電源配置部から前面にかけて、ボックス状の「箱」が取り付けてあり、この「箱」の中に不要な配線を隠しておけるというのもかなり工夫されています。

まるでショーケースのようなPCケースと言っても過言ではないかと。
このようにラジエーターを側面に、底面には吸気用の120ミリファンを取り付け、リア側に排気ファンを1つ取り付けています。

ただ、2面がガラスなので取り扱いには気を使います。手垢とかつきやすく、簡単に触れません(笑)

カテゴリー: PC