マイニングの話 9月版

2021年も9月となり、今年も残すところあと4か月ほどとなりました。
当方のマイニング事情ですが、これまでコインチェックという取引所を使ってマイニングしていたBITCOINをコインチェックに送付して、日本円に一部換金し銀行口座に送金していました。しかしながら、コインチェックからの銀行送金は一律振込手数料が発生し、これが結構な金額がかかります。そこで、他の取引所を調べると、GMOコインは振込手数料が0円で出金できるようで、GMOコインに口座開設の上、一度使ってみました。
ただし、縛りもあり、保有している日本円の全額を振り込む以外は10,000円以上でないと出金できないようです。手数料がタダなので致し方ありませんが、しばらく両方の取引所を使ってみて、いずれはどちらかに固定化していくものと思います。
また、GMOコインのアプリが致命的に使いにくいのもマイナス点。GMOコインのアプリはどちらかというと、暗号資産の取引に使いやすいようで、単なる送付したBITCOINの換金所的な使い方ですと非常に使いづらく感じます。この点だけはコインチェックのほうがはるかに使いやすく感じました。

また、マイニングでの話題といえば、われらのAMDから新たなグラフィックボードが発売されました。Radon RX 6600XTというRDNA 2アーキテクチャを採用したPCゲーム向けのGPUで、3月に登場したRadeon RX 6700XTの下位モデルです。Full HDモニタに最適化されたGPUということで、高解像度のモニタでの使用は不向きということのようですが、このところのGPU高騰問題で4~6円万クラスのGPUがほとんど無い、あるいはnVIDIA製のGTX16xx世代くらいしか選択肢がない、という状況の中で発売されたGPUです。よって、価格も5万~7万、ボリュームゾーンも6万円台という最近のGPUを取り巻く環境の中では比較的安価な製品です。それでも1年前なら5700XTとかがこの価格帯で買えましたから、やはり異常な状況であることには違いありません。
8/12頃に発売開始されましたが、悲しいかな大量購入するマイナーや転売目的の人たちにたちまち刈り取られたようで、秋葉原でもあっという間に在庫がなくなりました。
Radeon RX 6700XT以下の性能なので、マイニング用途としても決して高い性能を誇っているGPUではないのですが、なぜあっという間に刈り取られたかというと、RX6600XTは予想以上にマイニング効率が抜群に高いことが挙げられます。
ならば、さっそく試してみるしかないということで、秋葉原に行ってPowerCollar製のRX6600XTを買ってきました。しかしながら、いずれの店舗でもほぼ6600XTモデル自体の在庫はなく、ツクモ本店にて2台残っていたもののうち1台購入してきました。ツクモexでは在庫なし!ちなみに価格は58,000円ほど。実は、6600XTシリーズの中でも最安だったりします。

PowerColorのHELLHOUNDシリーズ。別名「番犬」とも言われてたり。

安い製品なので、派手な虹色に光るLEDとかではなく、ライトブルーにファンが光ります。それでも派手だけどね。

基盤も短めで220ミリと小さいケースでも運用しやすそうです。ただ青く光るファンがあやしいですよ。また、6600XTシリーズの最大の特徴ともいえるのが、補助電源がPCI-E 8ピン1本のみという点。最近のグラフィックボードで補助電源なしなのはGT1030とか710とか、いわゆる映れば良いというレベルの物ばっかりです。また、8ピン1本のみというのもGTX1660でも必要であり、実質昨今のGPU事情からすれば、PCI-E補助電源が必須ともいえる状況です。また、補助電源が必要な条件が、GPUが必要とする電力量によるため、75W以上消費するグラフィックボードであれば、補助電源は必ず必要になるということでもあります。(なお、75Wというのが、PCI-Eスロットから供給できる最大の電力量。)
実際のところ、昨今のゲーミング用GPUで消費電力が75Wに収まるというGPUなどはほとんどないと思いますが、補助電源8ピン+6ピンや8ピン+8ピンという構成が標準的なイマドキのGPUですから、8ピン1本のみというのもかなり頑張った製品ということでもありますね。TSMC 7nmのRDNA2プロセス採用によることも大きいと思います。

まさに「番犬」(笑)。目玉が青く光ってます。

ゲーミング性能については、他の詳しいサイトをご覧になっていただくとして、ライバルであるnVIDIAのRTX3060とほぼ同等かそれ以上のフレームレートをたたき出していることもあって、なかなかの高評価を得ているようです。

さて、肝心のマイニング性能なのですが…このことが原因でマイナーに大量に刈られることになったのですが…

DAGGERHASHIMOTOのハッシュレートを見ますと、32.1MH/s。決して高い数字ではありません。私が運用しているグラフィックボードの中でも最も低いハッシュレートです。しかし注目はPowerの部分。なんと59Wで動いています。ちなみに、同じRDNA2を使用しているRX6800ですが、こちらは130W程度での運用。ハッシュレートが60MH/s程度なので、なんとワットパフォーマンスで考えれば、6600XTを2枚で運用すると、6800と同程度のハッシュレートが得られるうえに、電力量が110W程度と同等のハッシュレートで低電力と言われた6800系よりも、更に低消費電力が見込めるという事がマイナーの間で認識されたことが、6600XT搭載グラフィックボードが刈り取られた原因であると思われます。

なかなかの高効率を誇る6600XT、とりあえず1枚での運用になりましたが、リグの組み合わせ次第で追加投入もあり得る状況となりました。

マイニングの話 8月版その2

前回、RTX3080Tiを増設した話を書きましたが、近所のPCショップでRTX3080の非LHR版が奇跡的に残っており、しかも価格もヤフオクやメルカリで買える中古品価格の3分の2程度で販売されていました。
(ヤベー!まさか売っているとは…)
(カードの枠まだ残ってたよな…)
などと色々と考えを巡らせ、いざ店員さんに確認!
私「このRTX3080って非LHR版ですか」(ちなみに現物はヤードの中にあるためパッケージの確認はできない)
店「???LHR版?なんですかそれ?一応確認させてください…」
私(LHR版だったら買わないし一応聞くだけ聞いてみよう)
しばらくののち店員さん登場。しかも聞いた時と違う人が対応
店「大変もうしわけございません。在庫があるのはLHR版ではありません…ちなみにLHR版は今後も入荷の予定もなく、当店(比較的有名な全国チェーン店)では今後もLHR版の入荷の予定はないのです。(キッパリ)」
私(ということは今後入荷があっても非LHR版しか入らないということなのか?いやいやそんなことはないでしょう。)

どうも店員さんは私が欲しいのはLHR版だと思ったらしいのです。

私(この時点で店員さんが、マイニング需要で非LHR版が飛ぶように売れているという認識がないっぽいと判断)「いやいや、LHRと書いてないのでも構いませんので、これください…」

ってことで、無事非LHR版のRTX3080をゲットしました。これが8月の20日頃の話です。

さらに、RTX3080TiでERGOを掘っていましたが、意外と3080Tiでも行けるんじゃね?との判断で、3080Tiを1枚追加。

その結果、現在の構成は
RADEON RX6800 2枚
GeForce RTX3070 1枚
GeForce RTX3080 2枚
GeForce RTX3080Ti 2枚
合計7枚構成となりました。

ついにマイニングリグも導入。3080,3080,3070の3枚体制

なおハッシュレートですが、3080Ti以外はNiceHash Minerでアルゴリズム自動選択でマイニングしており、DAGGERHASHIMOTOでのハッシュレートはおおむね360MH/s。
3080TiはAUTOLYKOSでの採掘なので、ハッシュレートがDAGGERHASHIMOTOと同じと言わけにはいきませんが、450MH/s.。
AUTOLYKOSの半分程度がDAGGERHASHIMOTOと同等レベルのハッシュレートとなるので、実際のところ、全部で580MH/s程度のマイニングレートとなっています。

話は戻りますが、地元PCショップで買ってきた3080ですが、実は悪名高いGIGABYTE製。なぜなら、排熱が本当に酷く、メモリジャンクション温度が110℃にすぐに達してしまうのです。ジャンクション温度が110℃に達すると、サーマルスロットルリングが働いて、コアクロックや電圧を下げて、グラフィックボード自体が適正温度にしようとパワーを絞ってしまうのです。
ちなみに、この状態で使うと、ハッシュレートは低くなるし、最悪高温による寿命の低下や、故障の可能性も高くなることが予想されます。この状態でメモリジャンクションの温度を80℃台で落ち着かせるには、ハッシュレートを60~70MH/s程度に絞るようにクロックを下げたり電圧を下げたりする必要がありました。この程度ならばRADEON RX6800でも十分です。なにも高いグラフィックボードを買う必要もありませんし。
更に、もう一つのPALITの3080は110℃どころかマイニングでどんなに酷使しようとも80℃台で推移しており、そんなこともあってGIGABYTE製の3080系はこのくそ高いメモリジャンクション温度が嫌われており、マイナーの中では、GIGABYTE製品は地雷だとの話も少なくありません。
しかしながら、ネットを見ると、サーマルパッドの交換で地雷なGIGABYTE製3080もかなりできる子に変身するという話が結構目につきます。
そこで、思い切って私もサーマルパッドの交換をやってみました。
その結果、ネットで言われているようにメモリジャンクション温度が80℃台で落ち着き、地雷っ子のGIGABYTE製3080もできる子に変身!現在ようやく2枚の3080が安定的に90~100MH/sの性能を発揮するようになりました。

マイニングの話 8月版

マイニングを初めて、初めての夏を迎えました。特に今年の夏は暑いのと湿気がスゴい。ほんと、7月中にクーラーを設置してよかったと思います。

さて、前回、7月度の報酬について書きましたが、その後リグ構成も若干変更しました。

1号機(Ryzen5800X搭載機)のGPUをRADEON RX6800からGeForce RTX3080Tiに変更。
2号機(Ryzen5600X搭載機)のGPUをRADEON RX6800+RX6700XTからRX6800+RX6800に。
3号機(Ryzen3600搭載機)のGPUは変更なし
つまり、RADEON RX6700XTを退役させて、あらたにGeForce RTX3080Tiを投入という形に変えました。収益の上乗せを図ったのですが、残念ながら、RTXシリーズで現在新品入手できるものは,おそらく全てLHR版になってしまいました。新たに入手したRTX3080TiもLHR版です。
LHR版とはLowHashRateの略で、マイニング性能を本来の性能よりも制限をかけている製品に付けられている版で概ね非LHR版の60%程度のハッシュレートしか出せません。ただし、マイニングで使用するすべてのアルゴリズムに制限がかかっているというわけではなく、最も効率的にハッシュレートが出せるDAGGERHASHIMOTOというアルゴリズムにのみ制限をかけているということのようで、そのほかのアルゴリズムには特に制限はかかっていないということのようです。

今回導入したRTX3080Tiですが、DAGGERHASHIMOTOではおおよそ60~70MH/s程度のハッシュレートしか得られていません。非LHR版の3070程度かやや上あたりでしょうか?非LHR版の3080で90MH/s程度のハッシュレートなので、3080Tiの非LHR版があるとすればおそらく100MH/s程度のハッシュレートが出るものと思われます。

じゃぁなんで、わざわざ効率の悪いLHR版、しかも3080Tiなどという電力バカ食いのGPUを導入したのかということなのですが、
実は、12月にやってくる(予定)イーサリウムのPOS化に備えてのためという意味合いもあってのことです。
ちょっと長くなりますが…POS化とは簡単に言えば、仮想通貨のしくみのことなのです。詳しいことは私も知りませんが、要するに一部の仮想通貨でしかマイニングができなくなるということ。現在、主に個人が趣味プラスアルファで行っているマイニングという行為、世間ではビットコインのマイニングなどと言われていますが、実はマイニングで採掘している仮想通貨はビットコインではありません。ビットコインはその仕組み上、個人でマイニングできるとかというレベルをはるかに超えており、企業や団体などが多額の資金を突っ込んでASICと呼ばれる専用ハードウェアでマイニングを行わなければ掘れないというレベルになっています。
我々のような庶民レベルでのマイニングというのは、ビットコインではなくアルトコインといわれるビットコインから色々と派生した仮想通貨をマイニングして、それを取引所などに預けてビットコインと交換する、あるいはアルトコインをマイニングしたハッシュパワーそのものを交換所に提供してその報酬をビットコインでいただく、といった少々複雑なやり取りをしています。仮想通貨は、その仕組み上取引量が多くなれば多くなるほど暗号が複雑化していき、個人レベルのPCレベルでは解決できなくなってきます。本家のビットコインはそのようなレベルになってしまったということなのですね。その代わりにアルトコイン…これもビットコインから派生したモノではありますが…であれば個人レベルのPCでも十分マイニングが可能ということなのです。
そのアルトコインの一つにイーサリウムというコインがありまして、このコインがマイニングに非常に適しているという、すなわちそこそこの流通量で、かつ暗号難易度もそれなりのレベルという大変都合の良いコインなのですが、このコインのマイニングができるのが12月までという話が出てきています。詳細は割愛しますが、イーサリウムがマイニングできなくなるということが本当に起これば、これまで収益をもたらしていたものがすべてパーになることもあり得るわけです。今後、イーサリウムのマイニングができなくなるということは抗いようのない事実なので、その期限が本当に12月で終了となるのか、あるいは延長されるのかというのがマイナーの間では一番の興味のある所ではないでしょうか。
ということで、話は戻りますが、これまではイーサリウムをマイニングしていたことができなくなる可能性は高く、となれば、イーサリウム以外のアルトコインをマイニングすればいいのであって、そんなに悲観的にならなくてもという意見も散見されます。しかしながら、確実に言えるのはこれまでと同じ収益性が確保できるか?あるいは電気代の経費もかかるのですから、この経費もペイできるかどうか怪しいのも事実。
という前振りの後の本題です。
そのイーサリウムの後釜として有力視されているアルトコインの一つとしてエルゴ(ERG)というアルトコインがあります。
しかもこのコインを採掘するのに都合のいいことに、RTX3080Tiは制限がかけられていないという点。先ほど書いたように、3080TIにかけられているハッシュレート制限はDAGGERHASHIMOTOというイーサリウムをマイニングするためのアルゴリズムのみです。ERGをマイニングすることには何ら制限はかけられていません。

そこで、3080TiにはERGをマイニングさせてみようと思い、AUTOLYKOSというアルゴリズムを使用してマイニングしてみました。

http://kenken3.la.coocan.jp/blog/wp-content/uploads/2021/08/nicehash-e1629295470273.jpg

ちょっと見にくいですが、かなりのハッシュレートを叩き出しています。

http://kenken3.la.coocan.jp/blog/wp-content/uploads/2021/08/trex.jpg

だいたい180MH/s程度のハッシュレート。

ペイレートを見ると、3080Tiに限ってみれば、DAGGERHASIMOTOよりも1.3倍から1.5倍くらいで稼いでくれています。

ただ、ERGのハッシュレートが低いためかどうかわかりませんが、(NICEHASHのサイトでは、イーサリウムのハッシュレートに対して、ERGOのハッシュレートは10~30分の一以下のようです)ときどき応答停止するくらいハッシュレートが落ちるのが見受けられますので、安定的にマイニングができるかというと、まだまだなような感触です。
しかし、イーサリウムが終了したあと何をマイニングするのかを今から考えておく必要もあり、有望株の一つとしてERGOを今のうちから手を付けておいた方が安心はできますね。

マイニング7月度の報酬

本格的にNiceHashを使ったマイニング
(NiceHashは正しくはビットコインをマイニングしているのではなく、イーサリウムという暗号通貨をマイニングしており、そのイーサリウムのマイニングをハッシュレートという形で評価してその報酬をビットコインで受け取るという少々めんどくさい形態となっています)
を本格的に4月終わりころから始めて、紆余曲折の結果、当初予定していたハッシュレートが出るようになり7月の1か月の収益結果が出ました。

7月の収益はおおむね、¥50,000の収入となりました。
電気代ですが、おおよそ¥26,000。なので、収益としては約¥24,000。

予想以上に利益が出ないなぁ…ということで、7月後半からリグ(パソコン)の構成やらを見直して、電気代の節減を図っています。
ちなみに、現在のリグは以下の通り

1号機
もともとメインPCとして使っていた機体で、普段使いできるような構成になっています。
CPU、Ryzen 7 5800X
GPU、Radeon RX6800
想定ハッシュレートは60MH/s

2号機
マイニングを本格的に始めるにあたって導入した2号機。しかしながらまだパソコンとしても使いたいという欲求が見て取れる機体です。
CPU、Ryzen 5 5600X
GPU、RadeonRX6800、RadeonRX6700XT
想定ハッシュレートは100MH/s

3号機
完全にマイニングに割り切った機体。ただ、マイニング用リグフレームには抵抗があるためPCケースを使用しています。この機体はRadeonからGeForceに変えています。
CPU、Ryzen 5 3600
GPU、GeForce RTX3070、RTX3080
想定ハッシュレートは150MH/s

そのほかに追加したもの
エアコン、6畳用冷房専用(安定のコロナ製。冷房専用はコロナしか作っていないそうです)
サーキュレータ、3台(ホームセンターコメリで1,980円のものを3台追加)
あと、忘れてならないのが電源回路の増設とアンペア数の増量。電源回路の増設は、PC部屋への電源が共用で20Aしかなく、PC使いながらエアコンを使うとそれだけでアウト。ブレーカーが落ちることになります。なので、新たに回路を増設してもらい、その増設した回路1にエアコン専用、回路2にPCを接続することにしました。
もっともこの費用が一番コストがかかりましたが、もともとエアコンがない部屋でもあって、マイニングとは関係なくいずれはエアコンを取り付けるつもりでもあったので、その時にはどっちみち回路を増設する必要があり、完全にマイニング用の経費として考えることはできないと思います。

あと、コストダウンを図るために1000WのPC電源を2台新調しました。それまでは、リビングにおいてあるPC、1台をRadeonRX6700XTを取り付け、マイニングリグとしても併用。そのため、リビングPCもつけっぱなしとなっていたので、合計PC4台での運用を3台に減らし、電力削減を図りました。そのため、マイニング専用としていたPC電源を650Wから1000Wのものに変更しています。

あと最後に電気供給会社をみんなでんきに変える予定。供給開始が8月20日となりますので、これで電気料金のコストダウンを図ります。

なので、現在の状況は
リグ(PC)3台でGPU5台での運用。ハッシュレートがおおよそ300MH/sとなっており、これで1日の収益が2000円を確実に超えてくるようになっています。(実際のところ、300MH/sを超えることはほとんどなく、260~290MH/s程度ですね。それでもビットコインの価格が¥4,000,000/coinを超えていれば確実に利益は出るようです)

マイニングをやってみた話

何かと世間を騒がせているBITCOIN、だいぶ前(7~8年)にも仮想通貨というキーワードで流行しました。当時、自宅サーバーを運営していたこともあり、どうせつけっぱなしのPCがあるから、という理由でサーバーを立てると同時にPCが動いていれば仮想通貨が採掘できるということで約半年間くらいやっていました。結局HDDが壊れたとかの理由でウォレットの中身が消失してしまい、採掘した仮想通貨はなくなってしまいましたが、当時、確か20万円分くらいは溜まっていたと思います。ウォレットを復活させようといろいろとやってみましたが、どうにもならずかなり残念な思いをしたことが蘇ります。

時は変わって、令和の現代、米国テスラ社のイーロンマスクさんがBITCOINに投資するという話が世界を駆け巡りました。すると、当時200万/1BITCOINだった価格が爆上げとなり最高値で600万を超える勢いで上昇し、慌てて参入する企業や個人が非常に増えてしまいました。
その後(2021年5月23日現在)イーロンマスクさんのBITCOINマイニングによる炭素排出量増大のよる温暖化の影響によりBITCOINでテスラ社製の電気自動車の購入を止めるなどの報道や、中国政府によるマイニングや仮想通貨の規制強化の報道により大暴落している状況となっています。

とはいえ、いくらかでもお小遣い稼ぎにでもなればいいやという人も少なくなく、いまだにマイニングを続けている人も少なくありません。

具体的にマイニングとはなんぞや?という仕組みについては他の詳しいサイトに譲りますが、私も久しぶりにマイニングを始めてみました。
当初マイニングを初めて行った時よりも環境の方はかなり整っており、PCにあまり詳しくない人でも参入は比較的容易になっています。

必要なものとしては、今使っているWindowsPCがあればとりあえずはマイニングそのものはできます。ただし、採掘量は極めて少ないと言わざるを得ません。採掘量を増やすために必要なものがグラフィックボードです。
私の場合、自作機を持っており、しかもグラフィックボードもそれなりの性能のものを持っているため、より簡単にマイニングができる環境があったということが一番大きな理由なのですが、グラフィックボードの性能が一番採掘量に影響を与えるため、高性能なグラフィックボードの方が採掘量も増えるということになります。以下、マイニングを行う際に気を付けたいところについてまとめてみました。

(まとめ)
1
自作機、または、メーカー機でもグラフィックボードを搭載しているWindowsPCがあればマイニングは可能。ただし、採掘量はグラフィックボードの性能に直結している

2
基本的な考え方として、マイニングによって得られる仮想通貨は日本円に換金ができる。ただし、1円=1BITCOINなどというように決められたレートはありません。

3
1BITCOINの価値は刻々と変化する。そのため、持っている仮想通貨を日本円などの現物貨幣に交換する際も日々刻々と変化する。そのため、今回のような大暴落が起こると現物貨幣に交換すると、持っているコイン数は同じでも現物貨幣に換金する際に手にできる現物貨幣の総額は大きく変わる。
例:保有BITCOIN数が1コインの場合、現在のレートではおよそ380万円。しかし、約1か月前では約650万円。

4
以上を踏まえて、マイニングを行う場合について考える。
マイニングを行う際の必要なものはPC、高性能なグラフィックボード。ほかにはPCを運用する際に発生する電気代。すると、PCやグラフィックボードなどの機器代金+電気代が経費となります。機器代金はイニシャルなコストですから、購入当初のみ必要。マイニングを行う時に必要なのが電気代。一般的には、マイニングをする際にはPC電源が入れっぱなしになると思いますので、1日あたり、あるいは1か月あたりの電気代を計算する。

5
私の場合、PC2台で運用しています。1台当たりの消費電力が約250W。(ワットチェッカーでの実測値)
なので、2台で500Wとなります。これの1か月あたりの電気代を計算してみます。すると、約1万円との計算結果となりました。

6
ランニングコストが1万円(電気代)。さらに機器代をどう判断するかということになります。趣味の延長でという考えであれば、機器代は無視でもいいかもしれません。それでも月に1万円の電気代がかかりますから、月に1万円以上の採掘量がなければ、赤字ということになります。
さらに、現状、高性能なグラフィックボードは半導体不足とマイニング需要によって非常に高価。というか、ボッタくりとも思える価格です。この部分のコストも計算するとなると、仮に採掘量が2万円/月であれば、稼ぎのうちの1万円が電気代、残りの1万円で償却するという考え方になります。
最高性能であるグラフィックボードを使用すれば採掘量は増え、回収金額も増えますが、電気代も増加しますし、バランスを考える必要があります。

7
私の場合での採掘量と経費
採掘量はおよそ0.008BITCOIN/月。現在のレートでは、約29,000円/月。
電気代が約10,000円。残り19,000円。グラフィックボードが10万円×2台=20万円
なので、償却するまで、20万÷1.9万=10.5月でグラフィックボード代の償却完了。その後は月々1万9千円の利益。
という計算が成り立ちます。

8
仮想通貨で稼ごうとするならば、この数字をどうとらえるかということにつきます。さらに、採掘量は一定ではなく、マイニングを行う人が増えれば採掘量は大きく減りますし、行う人が減れば採掘量は増えます。ただし、マイニングをする人が減ると、コインの価格も下落しますし、増えれば価格も上昇します。しかも、このコインの価格と実際の貨幣とのレートも刻々と変わりますから、単純にBITCOINの価格が暴落したといってもそれを補える分の採掘量が増えれば良いわけです。

9
なので、BITCOINなどの仮想通貨をマイニングしようとする場合は、電気代が実際の貨幣価格を上回らない限りは良いのではないかと思うようにしています。