メインマシンの更新

Ryzen 5000シリーズをサポートするマザーボードはAMD B450、X470の他に3000シリーズが発表されたと同時にサポートされた新チップセットであるX570シリーズと、それからしばらくして発表されたB550シリーズです。
最新のチップセットはB550シリーズですが、PCI-E4.0をサポートするのはCPUから出ているPCI-Eであり、チップセット側はPCI-E4.0をサポートしていません。チップセット側でPCI-E4.0をサポートしているのは、X570シリーズのみでした。AMDの考えとして、ハイエンドはX570チップセット、ミドルクラスはB550チップセットを想定しています。そのため、グラフィックボードは特にRadeon RX5000シリーズで、初めてPCI-E4.0 をサポートしました。
また、最新のPCでは、ハードディスクに代わりSSD…特にNVME接続のSSDが一般的になってきており、ハードディスクは初めから搭載しないPCも増えてきています。
そのSSDもこれまでのPCI-E3.0だけでなくPCI-E4.0をサポートする機種が増えてきており、複数のNVMEのSSDを搭載するPCが一般的になってきました。どのため、ハードディスクレスのPCが多くなるにつれ、PCI-E4.0のSSDを複数搭載するPCも特別なPCではなく、ごく一般的になってきています。
ここで問題となるのが、PCI-E4.0をサポートするマザーボードの選択が重要となります。つまり、CPU側のみがPCI-E4.0をサポートするマザーボードですと、PCI-E4.0をサポートするNVMEのSSDが1台しか取り付けられないという問題が発生します。
そこで、チップセット側もPCI-E4.0をサポートするコンシューマ向けマザーボード、となるのですが、現状では、X570チップセットしかないという状況なのです。

私が使用しているPCはB450とB550のマザーボードですが、これらだと、PCI-E4.0のNVME SSDが1台しか取り付けられないため、B550マザー搭載マシンをX570マザーに入れ替えることにしました。

まずは、B550マシンの解体。CPUをはじめ、グラフィックボード、Wi-Fiボードとメモリも取り外し。
A-RGBによるLED照明もかなりこてこてに付けていたので、いったんこれらも取り外し。配線をやり直そうという思惑もあってのことですが、交換時の作業効率を良くするという意味もあります。

SSDはPCI-E4.0のWD SN850。発熱がハンパないので、アマゾンで購入したヒートシンクに20ミリ小型ファンをねじ込んで使っています。このファンがあるだけでもSSDの温度はかなり温度は下がりました。

取り外されたパーツたち。

入れ替えるマザーボード、X570チップセット搭載のASUS ROG Strix X-570F GAMINGです。
ここで問題発生。私の転用予定のSSDはサードパーティ製のヒートシンクを取り付けているのですが、このヒートシンクが邪魔となり、マザーボードのチップセットファンカバーとかSSD用ヒートシンクが取り付けできません。
SSDのヒートシンクががっつりと密着しており、とても剝がせそうもありません。しかたなく、カバー類は取り外したまま運用することにします。

と、まぁ前マシンの解体だけで疲れてしまい、本日はこれで終了
明日以降気が向けばボチボチ組み立てしていきます。

にしても疲れた~

AMD謹製のグラフィックボードホルダーとUSBケーブルが送られてきました

先日、新グラフィックボードであるRADEON RX6800を購入いたしましたところ、日本AMDによるキャンペーンが実施されており、それに応募したところ、グラフィックボードステーが送られてきました。
AMD RADEONのロゴが入っています。
ちなみに、応募者全員プレゼントだったようで、SNSやブログにRADEON RX6800シリーズのことをコメントしていれば貰えるとのこと。正月明けそうそう送っていただきさっそく取り付け。
実は、このステーは当たり前ですが、AMDが作っているものではなく、長尾製作所製のようで、Amazonでも3,000円程度で売っているものと同等の製品のようです。

また、グラフィックボードホルダーとは別に、RYZENシリーズの購入者にもUSBケーブルがプレゼントされるというキャンペーンも同時に実施されており、こちらもゲットしました。

得した気分ですね!

Ryzen 9 5900Xの話2

前回、Ryzen 9 5900Xの話で、PC MARK10のスコアで、5800Xよりも5900Xの方がスコアが低いというエントリを書きました。

上が5800X、下が5900Xです。5800Xが11237、5900Xが11022です。
個別にみてみますと…
Essential 5800X 10890、5900X 10445
Productivity 5800X 9019、5900X 8769
Digital Content Creation 5800X15139、5900X 15453
Gaming 5800X 28977、5900X 28106
と、5900XはDigital Content Creationが勝っている以外、他の項目はすべて5800Xの方が勝っています。
設定は特に両者で変えておらず、ポン付けでCPUのみ交換しています。

5900Xの方が、12コア24スレッドと5800Xよりも1.5倍のコア数スレッド数なのに何故こんなことになっているのか?という点について、考察してみます。

同じくベンチマークソフトである、CineBenchR20の結果ですが、
シングルスレッドで走らせた場合、5900Xは628、5800Xは614でした。当然マルチスレッドはそれなりに差が付いていました。CineBenchでは比較的順当と思われる数値ではあったのですが、あともう一つ、3DMarkの数値でもTimeSpyでも5900Xの方が若干低い数字が出ています。

これの理由として考えられるのが、PC Mark10のスコアに表示されているCPUクロックのログ部分ですね。上の図で紫色の横線が見えますが、5800Xはほぼ一直線なのに対して、5900Xは細かく上下しています。つまりクロックが5900Xの方が細かく変動、というかドロップしているようなのです。それに対して、5800XはほぼCPUクロックが上限で張り付いているのが見て取れます。
Windowsのスケジューラがダメなのか、ほかに原因があるのかは何とも言えませんが、可能性の一つとして、次のようなことが考えられます。
Ryzenシリーズの特徴として、かなり大量のセンサーを実装していることが挙げられます。これは、温度センサーや電圧センサー、電力センサーなのですが、Ryzenの仕様上、各種センサーのリミットまでクロックを上げようとする設定となっており、一番引っ掛かりやすいところが温度とPPTというところ。特にPPTはTDPが105WのCPUでは標準状態で142Wとなっており、この範囲内の電力消費量であれば更にクロックを上げるという設定となっています。
5800Xは8コア、5900Xは12コアなので、コアあたりで使える電力は5900Xの方が少なくなり、逆に5800Xの方が、5900Xよりもコアあたりに使える電力は多くなるというところです。クロックを上げようとすれば、その分だけ電力を消費しますから、上限値に達する前にセンサーの働きで、クロックを下げるような挙動になるのではないかと思います。そのため、5900Xの方が、クロックを上げる→PPT制限に引っかかる→クロックを下げる、を各コアごとに繰り返しているような気がしてなりません。RYZEN MASTERなどでクロック数をモニタリングしていると、クロックが結構な速さで上下しているのがわかりますが、この結果、ベンチのスコアが5800Xの方が高くなるという現象が起こるのではと考えています。

5800Xはメーカー純正でチューンナップされているCPUという気がしてなりません。3000シリーズよりはだいぶマシになったとはいえ、5800XはCPUの温度管理をきっちりとおこなえば、かなり高速なCPUと言えるのではないかと。
また、5900Xも悪いCPUではなく、マルチスレッドではきっちりとその性能を発揮できていることから、特に動画エンコードやマルチタスクを使いまくる、動画配信などで真価を発揮しやすいCPUと考えます。なお、この傾向は3000シリーズの時と同様であり、適材適所といった使い道があるのではないかと考えます。

Ryzen 9 5900Xの話 1

このブログで散々紹介している、AMD製のZEN3こと新型RYZEN5000シリーズ、発売が2020年11月6日となりましたが、速攻売り切れ続出となりRYZEN難民が多数生じました。たまたま東京出張のついでに寄った秋葉原のツクモ本店で11/9に5800Xが購入できましたが、各ネットショップでは、発売解禁直後から品切れ続出となっておりました。幸い、NTT-Xストアで11/8の夜、5900Xが偶然にも購入可能な状態となっており、速攻購入申し込みを行い、購入自体はできたのですが事前アナウンスだと早くても1月下旬~2月上旬発送の予定となっていました。しかしながら、先週12/12頃に秋葉原の各ショップにそれなりの数量の入荷があったようで、先週から今週にかけてほぼ年内絶望的と言われていた、RYZEN 9シリーズが多くのユーザーの手に渡ったようです。
幸い、NTT-Xストアに11/8に私が発注していた5900Xが入荷~発送~到着となり、12/18に自宅に届きました。
約1か月、前回の3000シリーズの時も3950Xとかの上位モデルが約1か月入手できなかったこともあって、今回も早めに動いたわけですが、結局1か月遅れで手元に届いたということになりました。幸い、5800Xを入手していたため、ZEN3シリーズの大体の傾向は掴んでいましたが、前3000シリーズよりも大幅なシングル性能のアップは5800Xでも十分感じていました。今回、5900Xが届きましたので、さっそくベンチ回してみました。

ベースクロック3.7GHz、ブースト4.8GHzの表示。CPU-Z読みだと3.6GHzなんだけど大丈夫なのか?

5800Xを取り外して、

こいつを取り付けました。

CPU-Z、3.6GHzになってます。

5900XのPC MARK10の数値。11022

同じく5800XのPC MARK10の数値。11237

5800Xの方が数値高いですねぇ…

CineBenchi R20だと明確に5900Xの方が数値的には高いです。

なんか納得できないなぁ~と思っていますが、やはり5900Xはマルチコアという性格を活かしたソフトウェアの方が良いのではないかと思います。一般的な用途では5800Xでも良いかもしれません。

いろいろとその理由を考えてみましたが、そのわけについては次回。

RADEON RX 6800を買ってみた話

前回、WDのSN850を買ったエントリを公開しましたが、実はこの日、もう一つの大物も買っていました。

そう、われらAMD軍が誇る、最新グラフィックボード、RDNA2ことRADEON RX 6000シリーズです。

今年のAMDはこの冬に新型CPUとかグラフィックボードを立て続けにローンチしましたが、チップ製造委託先である台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)の最新製造ラインである7nmが大変ひっ迫しており、PCショップのおにいさんが言うには製造が追いつかないらしいのです。実はこのラインで製造するAMD製のCPUやGPUは、AMDはもとよりAppleやHuaweiもこのラインを使用して製造しており、また、今年発売された、SONYのPS5もAMD製のカスタムチップを採用していることから、当然TSMCで製造されているわけでして、またMicrosoftのX-BOXもAMD製カスタムチップ採用のため必然的にTSMC製造のチップとなっています。そんなわけで、大変厳しい状況はまだまだ続くようで、実際のところ、AMDのRyzen5000シリーズは5950X以下、5600XまでのCPUがまとまって入荷していません。特に5900Xは初回入荷したのみで、その後全く入荷がないとか。そこへきて、今回のRADEON RX 6000シリーズの発売となり、これまた、入手困難なグラフィックボードとなっています。現時点でもRADEON RX 6800はメーカーさえ問わなければ、ショップ巡りをするとかろうじて入手可能ですが、上位版である6800XTはほぼ入手不可。Ryzenシリーズと全く同じ状況となっています。まさにAMD製のCPUとグラフィックボードはまさに争奪戦となっています。

SN850を購入したあと、いつもの秋葉原巡回コースを巡っていましたら、偶然にもBUYMORE秋葉原本店にてGIGABYTEのRADEON RX 6800(無印)を発見。考えるいとまもなく購入していました。
詳しいスペックはいろいろなサイトで解説されていますので、そちらをご覧いただくとして、素人である私がRADEON RX 6800を試してみた結果やインプレなどを記載しておこうと思います。

買ってきたのは、RADEON RX 6800、いわゆる無印の方です。リファレンスモデル、一応GIGABAYTE製です。が、リファレンスモデルっていうのは、各PCパーツメーカーが実際に作るのではなく、AMDと関係の深い専業メーカーが作ったものをOEM扱いで出荷しているということなので、メーカーは違えど実際の製品はAMD純正と言えるようなモノです。従って、いわゆるリファレンスモデルはどのメーカーのものでも基本的に同じものです。
( 実際の製造メーカーはSapphireと言われていますね)

実際に手にすると、かなり重量級なボードです。ずっしりと重い。今までの5700XTやGeForce2060とかと比べると倍くらいの重量がありそうな感じ。PCI-Eスロットとリアブラケットのところだけの締め込みで大丈夫なのかと不安になるくらい重い。それでも2スロット占有なので、6800XTよりはマシだと思うようにしています。

取り付けたところ。奥行きがかなりありますが、まだまだ余裕があります。さすが3連ファンだとかなり大型化するのも致し方ありません。

マザーボードの全幅よりも若干はみ出るくらいです。大型ケースでなくても入りそうです。ただ、前面にHDD取り付けトレイが付いているケースだと若干干渉する可能性もありそうです。

補助電源取り付け部分。8ピンが2本必要です。電源によっては8ピン2つ分が同一ケーブルから供給されるものもありますが、一応念のため、8ピンケーブルは別系統から接続しています。AMDのサイトでは、推奨電源750W以上としています。私の場合は650W電源を使用していますが、今のところ正常動作しています。CPUが105Wなので、結構ギリかもしれません。特にHDDを大量に搭載していたり、DVDドライブなどの円盤系ドライブを搭載していたりすると足りないかも。

ブラケット部分。ここからの排熱は考慮されていません。すべての熱気がPC内部に排出されますので、PCケーズ内のエアフローを考えないと廃熱不足に陥るかも。

で、ベンチですが、とりあえず、3DMarkのFire StrikeとTime Spyをやってみました。比較対象はGeForce RTX 2060(無印)です。CPUはRyzen 7 5800X、メモリ速度は1600MHz、XMP読みで動作させています。

Fire Strike

上が2060、下が6800

Time Spy

上が2060、下が6800

数値をご覧いただければ一目瞭然ですが、RX6800はRTX2060に対して1.7倍から1.8倍程度の速度が出ています。

5700XT時代(RDNA世代)だとGeForceに太刀打ちできませんでしたが、本モデルになってようやくGeForceの背中が見えてきたというところではないでしょうか?
ただ、製品の供給不足、特に今年はコロナ禍ですので来年もまだまだ供給不足が続くのではないかと思いますね。
一時、GeForceに浮気していましたが、やはりRADEON系の発色の良さはこのモデルでも健在です。RADEONの発色が好みであれば、RADEON RX 6000系一択ですよ。