RYZEN5 PRO 2500Uのはなし2




IdeaPad720Sの直後に購入したThinkPad485ですが、前のエントリーに書き込みましたように、IdeaPad720Sとの比較をしてみます。

スペック

ThinkPad485
CPU RYZEN5 PRO 2500U
Memory 8GB DDR4 SO-DIMM Singlecannel
Strage 256GB NVMe SSD
display 14.0Inch

IdeaPad720S
CPU RYZEN7 2700U
Memory 8GB DDR4 Onboard
Strage 512GB NVMe SSD
displya 12.5Inch

と、まぁ、スペックだけ見れば720Sの方がハイスペックなのですが、ノートPCの場合、大きさ、重量、画面の大きさなども考慮する必要がありますね。

485の方がやや大きめ。ただ、液晶のベゼルは720Sの方が狭額なので、ボディに対して、液晶の比率が高く大画面感はあります。ただし、ボディの強度という点で言えば、あまりに狭額ベゼルだとちょっと心許ないですね。

720S の方が、全幅で2~3センチ小さく、奥行きでも2センチ程度小さいです。485のクシタニステッカーはあくまでも自分の趣味です(笑)

厚みの比較。これは圧倒的に720Sの圧勝。一番狭いところで485の半分くらいの厚みしかありません。

485のCPU-Z。

CrystalDiskMarkとCINEBENCH R15のスクショ。
SSDは720Sの半分くらいしか速度が出ていませんが、これはPCI-E接続の速度によるもので、485が2X接続なためだと思います。
CINEBENCH R15の方も720Sと比べても遅めです。スペックだけ見れば485よりもS720の方が優秀だと思います。しかし、実際の使用感ではあまり差は感じられません。それよりもキーボードの使いやすさ、ThinkPadにしかないタッチパッドなどは非常に所有感も高く、また、実際の打鍵感は圧倒的にThinkPadの方が使いやすく感じます。
どちらが良いのかと言えば、やはり使い方によるとしか言いようがないというのが正直なところですね。

カテゴリー: PC

RYZEN5 PRO 2500Uのはなし




と言っても、ThinkPadのお話です。
昨年暮れにLenovoのIdeaPad 720Sを購入しましたが、どうしてもThinkPadが欲しくなりまして、暮れも押し迫った12月30日にまたまたLenovoのサイトからThinkPadを購入。AMDのRyzen搭載モバイルモデルは、A285とA485の2機種。A285の大きさはほぼ730Sとほぼ同じ。ただし、画面サイズは720Sの13.3インチよりもやや小さい12.5インチ。もう一つのA485は730Sよりも一回り大きい14インチ。重量はA285の約1.1㎏に対して、A485は1.5㎏オーバー。また筐体自体もA485はA285や720Sよりも一回り大きい筐体。価格はほぼ同じ構成であればA485の方が逆に安く、A285の方が高い。インターフェースもA485の方が豊富。また、中身にしても、メモリはA285のマザーボード直付けのシングルチャンネルに対してA485は一般的なSO-DIMMであるため、構成によってはデュアルチャンネル構成が可能…といった違いがあります。できれば筐体は小さいほうが好きなのですが、それでは720Sとあまり変わらないじゃないかとも思いましたので、画面が大きいということと、ほぼ同一構成であれば安価であるという理由で、A485のRyzen PRO 2500U搭載モデルを購入。ちなみに、ストレージは256GBのNVMe搭載としました。ちなみにA485の場合、ストレージは標準構成だと、128GBのNVMe接続のSSDと500GBのHDDを搭載するようになっています。もちろん、SSDだけの運用といったことも可能であり、この場合は1stドライブの128GBのストレージのみにして、500GBのHDDをレスにすることとか、逆に1stドライブの128GBSSDをレスにして、2ndドライブのみの構成にすることも可能で、かなりストレージ選択の自由度が高いモデルです。
私が今回購入した構成では1stドライブ…これは128GBSSDしか選べません…をレスとして、2ndドライブを500GBのHDDから256GBのSSDに変えています

使用感についてですが、キーボードはさすがThinkPadと思わせるデキです。キーストロークも浅すぎず、深すぎずで打鍵感を持たせながらも決して重くないといThinkPad独特のモノ。720Sは薄さを追求しているため打鍵感はやや浅く、強めにたたくとキーボード全体がたわむ感じがありますが、ThinkPadはまったくそのようにたわむこともなく、非常に疲れにくいキーボードで、これだけでもThnkPadを購入した意味があるともいます。

また、14インチということもあって、キーピッチもやや広く打ち間違いを起こしにくい配置です。ThinkPadのアイデンティティともいうべきトラックポイントとクリックキーもパッド面が広いため非常に使いやすい。

キーボード裏面にはLEDが仕込まれており、夜間でも使いやすいと思います。これについては、720Sも同じです。

筐体左側
左からUSB3.0 TYPE-C、AC入力兼用
専用ドッグ用インターフェース
ファンの排出口

本体右側
右から
ヘッドフォン用ミニジャック
USB2.0
HDMI
USB2,0
RJ45、LAN
SDカードスロット

筐体がおおきめなため、インターフェースも充実。

さて、次回は720Sとの違いをレビューしてみます。

カテゴリー: PC

RYZEN7 2700Uのはなし




RYZEN7 2000シリーズのトピックとしては、デスクトップ用だけでなくモバイルPCやノートPC用のRYZENシリーズを搭載したRYZENシリーズも充実してきていますね。

数は多くありませんが、LENOVOやHP、DELLなどの通販系メーカー数社からもRYZEN搭載ノートPCが発売されていますが、手持ちのHP製モバイルノートPCが購入後5年ほど経過し画面の小ささや解像度も低いため、老眼にはきついためようやく買い替えました。

購入したのはLENOVO製モバイルノートPC、ideapad 720Sと言うモデルでして、当然RYZEN7 2700U搭載モデルです。

ideapadシリーズなので、どちらかと言うと、ビジネス用というよりは個人で使用するような使い方に適したモデルです。

ボディはシルバーでなかなかスタイリッシュ。

キーボードは一般的なモバイルノートとそんなに変わりませんが、キーボードの右側部分が特養的で、Enterキーと」キーが重なっているようなレイアウト。」キー自体あまり使わないので、意外に違和感はありませんでした。

電源ボタンも一番右上のDelキーの隣り合わせになっているため、一瞬電源ボタンの場所が分かりにくいかもしれません。また、間違って押してしまう可能性もないとは言えない微妙な位置です。

左側面。USB3.0 Type-Cが2か所。挟まれるようにUSB3.0 Type-A。なお、USB3.0 Type-CはいずれもACアダプターから充電可能となっているのと同時に手前側のUSB3.0 Tyape-Cポートはディスプレイポート兼用となっています。

右側面。USB3.0 Type-Aとヘッドフォンジャック。インターフェースはこれだけです。

ちょっとわかりにくいのですが、厚みは実測で11ミリちょっと。後ろ側に向かうほど厚みが増していくので、スペック上は13.6ミリとなっていますが、一番薄いところでおよそ11ミリとはちょっと驚きの薄さです。

実際の性能について

CrystalDiskMark

まず、CrystalDiskMarkの数値ですが、まさに「爆速」ちなみに同じくRYZEN2700X搭載自作機のCrystalDiskMarkの数値は以下の通りです

CrystalDiskMark RYZEN2700X

最初は何かの間違いかと思いましたよ!

NVMe接続なので、当然と言えば当然の結果なのですが、一昔前のハードディスクに比べれば、PCI-E接続のSSDでも十分早いのですが、ideapadのSSDを見てしまうと、自作機もNVMe接続に交換しようかと思ってしまうほどの爆速っぷりです。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15の結果ですが、CPUが576cb。OpenGLが27.33fps

デスクトップ版RYZEN2700Xと比べると大幅に低い数値ですが、一昔前のCore-i7 3770が662、Core-i7 3720QMが590だったことを考えると、大健闘といったところではないでしょうか?

OpenGLの数値がやや低いのは、メモリがシングルチャネル接続なため、デュアルチャネルアクセス可能なCPUとしては、やや残念な結果。せっかくVega10を搭載しているのだから、この辺りを改善していただけると大幅に性能アップが期待できるのですが。

CPU-Z

総括

スタイリッシュなモバイルPCで、そこそこの作業もサクサクこなす性能があります。ただ、同機種でINTEL系搭載モデルとの比較だと、性能は良いけれど、バッテリーのもちが良くない(メーカー公称値は6.8時間。IntelCPU搭載モデルでは12時間)

モバイル用途としてはバッテリー使用時間が短いのは致命的とまでは言えませんが、やや難ありと言わざるを得ないでしょう。しかしながら、いつも持ち歩くわけではなく、たまに外出時に使うといった程度であれば、これだけの性能を持ち運べると割り切って使うことを前提とすればバッテリーの使用時間の短さも気にはならないと思います。ガシガシ外で(充電できない環境で)使い倒すという使用方法であれば端からIntelモデルを使えば良いだけの話であると考えます。

バッテリーの短さ以外のところで言えば、軽いしスタイリッシュだし、なにより薄いというのも大きなポイントです。そのため実際めちゃくちゃ軽いですし。また、かなり狭額なベゼルであるため、ボディサイズの大きさの割に13.3インチのFullHD画面というのも大きなポイント。また、安いモデルにありがちなTNパネルではなくIPSパネルというのも高評価です。

最後にThinkpadと比べての話ですが、アレは完全にビジネス用途に特化したモデルと考えた方が、ideapadを購入した人からすれば幸せになれると思います。

実は、コレを買うときにThinkpad A285と最後まで迷いました。最終的にはスペックと価格のバランスでideapadとなったのですが、実機で比べると、A285の良さが際立ちます。例えばインターフェースの豊富さとかはA285に軍配が上がるのですが、何よりもボディの剛性の高さは圧倒的にThinkpadの方が上。決してideapad780Sがダメという事ではありませんが、Thinkpadと比べると…という話なのですね。

それでもこのスペックで8万を切る価格(2018年12月25日現在)というのは、大変魅力的ですし、自宅で使うことがほとんど、あるいは外でもACアダプターをつなげて使うことを前提としていれば大変お買い得なPCであると思います。

カテゴリー: PC

RYZEN7 2700Xのはなし




久しぶりのPC関連の投稿です。

初めてPCに触ったのが、Windows95の頃でしたから、もう20年以上も経っていますが、自作PCに足を踏み入れたのがそのあとのWindows98 の発売前。Celeron300Aのオーバークロックが大流行したころでしたから、これまた20年以上PC自作を趣味としてきましたが、最初期に作ったPCがINTEL系だった以外、ほぼずーっとAMD一筋で今に至っております。そのAMDですが、最近はRYZENでINTELに一矢報いたZENアーキテクチャが2018年前半にZEN⁺となりRYZENシリーズも2000シリーズにアップデートがなされています。

一昨年RYZENシリーズが発売されて、RYZEN7 1700を購入し、久しぶりにPCを新調しましたが、いまさらながらCPUのアップデートとして、RYZEN7 1700からRYZEN7  2700Xに入れ替えました。

その際、これまで使用していたPCケースである、ANTECのmini P-180があまりにも古くなり、ネジも錆びまみれ。ケース本体もところどころ錆びが出始めており、併せてケースも新調。サイズのシリウスというド派手なケースに換装しました。今更ながらのヒカリモノケースです(笑)。

今回は2700Xに交換するだけでしたが、ついでにCPUクーラーもCoolermasterのMasterAir MA410PというLED付のクーラーに 換装。ド派手さに磨きがかかっています(笑)

肝心の性能ですが、

CINEBENCHI R15

1700がだいたい1450~1455。2700Xが1750~1777。多少ブレているのは、CPUクロックが変動するため若干動いてしまっているのだと思いますが、それにしても20パーセント程度上昇しています。1700の通常クロックが3.0Ghz。2700Xの通常クロックが3.7Ghz。だいたい1.2倍なのでおおよそクロックアップ分の性能アップと考えて間違いないと思います。

正直、微妙な性能アップなので、もし待てるのであればRyzen3000シリーズ(ZEN2)まで待ってみるのも良いかもしれません。

カテゴリー: PC

Ryzen1700の実力




Ryzenの話がなかなか出てきませんが、それなりに使ってますよ

HWモニタで見たCPU項目ですが、Core0からCore7まできちんと認識されてますね。最高Clockは定格で3.2GHz、ブーストが効くと3.7GHzまで上昇しますけど、全コア3.7GHzではなく、使っているCoreが1~2個の場合にだけClockが上昇しますが、定格運用でも十分早い!

エンコとかにPCをよく使う人には某INTEL系CPUよりも良さがわかりやすい!と思いますよ!