セロー250で行く奥久慈パノラマライン




茨城県大子町にある奥久慈パノラマラインは茨城県大子町にある林道なのですが、全線舗装されており、いわゆる未舗装路である「林道」を期待するとやや残念なことになるかもしれません。また、パノラマという割には開けた景色が見える場所も限られており、これまたちょっと期待はずれかも。

そんな「いわゆる林道大好きライダー」にはやや残念な道ですが、現地は完全に林業地域であり、今でも普通に林業従事者の方々が道路っ端で材木の切り出しや運びだしなどを行っている、「生きた」林道です。

いわゆる悪路とか未舗装路とか廃道などではなく、今なおここに生活がある道路であり、現代の林道とはこのような道のことをいうのではないかと思います。

撮影は2016年5月、昨年ですが、これまでほったらかしにしてましたが、Ryzen1700を導入したことで、動画編集も再びやる気モードになってきました。そこでMovieStudioの編集テストを兼ねてyoutubeにアップしました。

全編でおよそ22分程度の動画(GoProによる動画撮影)でしたが、エンコ時間はほぼ実時間と同じ。MP4からMP4での編集です。設定はかなり画質優先でしたので、それなりに時間がかかってしまっています。

WindowsMoviemakerが公開中止となったのが痛い…

 

Ryzen1700の実力




Ryzenの話がなかなか出てきませんが、それなりに使ってますよ

HWモニタで見たCPU項目ですが、Core0からCore7まできちんと認識されてますね。最高Clockは定格で3.2GHz、ブーストが効くと3.7GHzまで上昇しますけど、全コア3.7GHzではなく、使っているCoreが1~2個の場合にだけClockが上昇しますが、定格運用でも十分早い!

エンコとかにPCをよく使う人には某INTEL系CPUよりも良さがわかりやすい!と思いますよ!

AMD RYZEN7 1700

AMDのRYZEN7 1700!

AMDから久しぶりにワクワクするCPUが発売されました!

その名もRYZENシリーズ。

ここ数年AMDは某INTEL社製のCoreシリーズにやられっぱなしで、数年前に起死回生と思われたFXシリーズを発売するも、性能はCore i7に遠く及ばず、実質Core i5と勝負するのが精一杯という、なんとも悲しい状況でした。

しかし!

2017年3月に「ついに」Core i7を凌駕するようなすんごいCPUが発売!

現行のCore i7最新CPUである7700kよりも早いのでは?というトンデモないシロモノです。

実は、過去2年くらい自作から遠ざかっていたこともあって、最新CPUのINTEL VS AMDの状況がわからないまま過ぎ去っており、先月たまたまアキバに行った際、ドスパラでRYZENの存在を知るに至ったわけですが、店員さんがノリノリで「深夜販売」やったんですよ~」なんて仰っていたんですが、「へぇ~」なんて軽く聞いていたんです。しかし、その後久々のAMD製CPUだってこともあって、ネット情報を漁ってみると…

物理コア数8!論理コア数16!

まるで、INTEL製のBroadwell-Eのような超ハイエンドCPU並みの構成じゃぁありませんか!

しかもRYZENは最も安い1700で約39,000円、RYZENと同じコア構成であるBroadwell-Eの8コア16スレッドの6900kは100,000円超え!しかも性能はほぼ互角、あるいはアプリケーションによってはRYZENのほうが早いとか!

さすがわれらの味方AMDです

ってことで、こりゃぁAMDファンなら買わずにはいられないとばかりに鯖機の中身そうとっかえの勢いでCPUだけではなく、当然板も必要となるので、板とメモリと電源も買ってきて、入れ替えしてみました。

板はASUS製のm-ATX、B350チップセットのPRIME B350M-Aっていうエントリークラス程度のヤツ。これにDDR4メモリ(Crucial製のDDR4-2400を8GB×2枚)

リテールクーラーはこれまでのリテンションじゃなくてねじ止め式。これまでのクーラーとは異なり、INTEL用のクーラーでも取り付けできません。幸い1700はリテールクーラー付属なので、新たにファンを購入することなく板に取り付けできました。

しかもLED照明付き(笑)

 

さっそくCinebench回してみましたけど…CPUスコアは1404!こりゃぁスゲェわ