クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニの2021春夏モデルの第一弾、K-0701 レギュレーターライトジャケット、オフホワイトです。
たまたま行きつけのクシタニプロショップに春夏モデルの詳細を聞きに行きましたら、まだ、詳細は未公開ということでした。しかし、カタログ入荷前に新作が入荷しており、その新作その第一弾として入荷したものがこのK-0701 レギュレーターライトジャケットという革ジャケットでした。
最近のクシタニはYOUTUBEで先行公開したのち、カタログ入荷と同時くらいに順々に春夏モデルの入荷というようにニューモデルが公開されていくのですが、人気モデルですと入荷と同時に売り切れとなるモデルも少なくなく、このジャケットも1/20にYOUTUBEで公開、その週の金曜日である1/22に入荷、その後の土日でほぼ完売となったそうで、お店に伺った昨日で最後の1着となっていたものを購入しました。
実は、お店に行ったのは、このジャケットを買うためではなく、アクアジャケットの予約をしようと思い行ったのですが、情報が全くと言ってよいほどに公開されておらず、YOUTUBEで公開されていることしかお知らせできないとのことでした。それではまた来ますと言ってお店を出ようとしたときに、このジャケットが目に入り、試着してみますか?という悪魔のささやきが…速攻購入と相成ったという具合でした。

前側と後ろ側。このジャケットはこれまでのレギュレータージャケットと同様、フード付き、パーカースタイルの革ジャケットです。レギュレータージャケットが出た当初は、革ジャケでフード??って思ってまして、特に興味も湧かなかったのでしたが、このモデルがYOUTUBEで紹介された時は多少「おっ?」っとはなりました。まず、色合い。これまでのジャケットは黒とかグレーとかシックな色合いのものがほとんどであり、また、明るい色や派手な色合いのものはレザースーツ系やSSなどを乗りこなすいわゆる走り屋系を対象としたモデルが多かったように思います。そのため、色合いもさることながら、派手なワッペンやデカデカとしたロゴなどを腕や背中に大きく貼り付けたようなジャケットが多く、逆にシンプルな作りの革ジャンはというと、前述のとおりの黒とかグレーとかのダーク系ばかりでしたので、このK-0701 レギュレーターライトジャケットは、この色使いで派手じゃない。でもパーカースタイルだから比較的気軽に使える、とゴリゴリのレザーというイメージを真っ向から否定したデザインだと思います。

もう一つ、革ジャンなのですが、テキスタイルの使用部位が多いってこと。脇から腕の内側など、転倒時に直接ダメージがかかりにくいところはあえて布を使用しています。写真のグレー部分ですね。これも革ジャンのイメージをを大きく変えています。クシタニの他のモデルでも実はテキスタイルを使用している部分が多い革ジャンは以前からありましたが、これまではあえてテキスタイルを使用している部位を隠そうとしていたような使い方が多かったように思います。転倒時にダメージがいかないようなところへテキスタイルを使用することの実害はほぼありませんからね。さらに重量を軽くするという、あるいは運動性能を妨げないなどのメリットも多いですから。ただ、購入する側からすると、革ジャンを買ったのに、なんで一部に布っ切れが使われてるの?って思うかもしれません。そんなこともあってかどうかはわかりませんが、これまでは布っ切れを隠す方向性での革ジャンづくりだったのではないかと思われます。
しかし、このモデルはあえてテキスタイルを見せることで、革ジャンのイメージを大きく変えてきています。これまでの「重い」「暗い」「いかつい」といったイメージをまるっきりひっくり返しにかかっているように思えてなりません。
まず、私がこのジャケットを見て思ったことは、普段着で使えるんじゃないか?ということでした。さらに試着してみると、まず最初に感じることは「軽い」ってこと、次に「柔らかい」ってこと。皮革自体も一般的なホルス、牛革ではなく、ゴートスキン、つまりヤギ革を使用しており、ご存じのとおり、ゴートスキンはバイク用ですと、おもにグローブなどで使われている皮革であり、とても柔らかいことが特徴な皮革ですね。そんなこともあってか、とにかく軽くて柔らかいジャケットです。イメージ的にはややごわっとしたテキスタイルジャケット程度の感覚。ただし、皮革ですから、ごわっとしたテキスタイルのように変に突っ張る感じもありません。

両脇のファスナー。上下にファスナーの持ち手がありますが、上からも下からも開けられる構造です。
これは上半分が風のインテーク側

中がメッシュ構造となっています。また入ってきた風は背中側から抜けていける構造です。

このフラップ部分がファスナーで開閉できるようになっており、

風を通したくない時には閉めておくことが可能。これはアロフトジャケットでも見られた構造ですね。

両脇のファスナーの下半分がポケットとなっています。

これは胸ポケット。止水ファスナーでした。ちなみに両脇のファスナーも止水ファスナーとなっています。

内側。一般的なインナーですが、純正の防寒ベストやメッシュベストが装着できるようになっています。また、胸部パッドの取付用のベルクロも装備されています。右側にはインナーポケットも装備。

フードの内側にはバタつき防止用のベルクロ。フードを使うときはこのようにベルクロをたたんでおけるようになっています。

最後に色合いの比較。左側のレザージャケットはK-0662 キャプチャージャケットのホワイトですが、このホワイトはほぼ真っ白なのに対して、レギュレーターライトジャケットのオフホワイトは若干グレーがかったホワイト。写真ではわかりにくいのですが、明らかにやや暗め。なので、ホワイトとはいえかなり落ち着いた感じのホワイトです。このあたりもテキスタイルジャケットを意識しているのではと感じますし、普段使いでも浮いた感じがなく好感が持てる色合いだと思います。

このジャケット、かなり評判が高く、クシタニの各店舗ブログを見てみましても、サイズによってはすでに売り切れとなっている店舗も多く、興味のある方は早めに店舗で確認したほうが良いと思いますよ。
でも試着したら絶対欲しくなるという、ある意味麻薬のようなジャケットですから、迷っている人は試着をしない方が良いかも(笑)

クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニテキスタイルジャケットの最高峰と言われるアロフトジャケットを買ってきました。
アロフトジャケットは、以前のゴアテックスオールウェザージャケットの実質後継モデルであり、装備内容もほぼゴアテックスオールウェザージャケットとほぼ同じです。
「防水」「透湿」に加えて「防寒」性能も一応クシタニテキスタイル系ジャケットでは最高性能と謳われております。

バックスタイル。肩のところがフラップ構造となっており、この部分から外側にエアが抜けるような構造。

ファスナーで開け閉めできるため、暑いときは開けることで熱気を外側に排出しやすい構造となっています。もっとも冬場だと開けることはほぼないと思います。

袖の外気インテーク部分。ここを開くと、空気がジャケット内部に入りやすくなり、こもった熱気を背中側から排出できる、という構造ですね。

開けた状態です。ホックで開けた状態で留めることができますので積極的に外気導入がしやすい構造となっています。

前身頃の雨どい構造。生地の折で雨水がジャケット内部に入りにくい構造。防水ジャケット定番の作りです。ここの折り目が無いとどんな防水生地を使おうと雨水が内部にガンガン入ってきてしまいます。

生地表面。杢調のデザイン。色は派手ですね。交通整理の警備員と間違われるかも(笑)
でも嫌いじゃないですよ。昨今のライディングウェアは以前よりはだいぶ明るい色も増えてきましたが、これくらい派手でも全然アリだと思います。ライダーなんだから、事故防止のためにも目立ってナンボってところもありますし。

インナージャケット。昨年までのモデルから大きく変わりました。以前は色はブラックだったのですが、今年モデルからは暗いグレー色になっています。

質感もアップしていますね。昨年までのインナーはこれ単体で着用しても着れなくはありませんでしたが、真っ黒だったことや、ややテカテカとしたデザインだったこともあって、あまりカッコいいとは言いづらかったのですが、今年モデルからは、これ単体での着用も、より自然な感じとなりました。

ただし、内側は相変わらずの赤色。ここの部分だけは何とかして欲しいいぃ


これ、買ったお店なんですが、店長がかなり良い方で(北関東のU店)ゴアテックス系ジャケットも持ってるっていう話をしたところ、いろいろなお話をしてくれました。

まず、クシタニのゴア製品の取り扱いについて。
一昨年からクシタニのゴアテックス系製品が軒並みディスコンとなりました。これについては、皆さんおっしゃる通り諸般の問題で扱わなくなったという認識で良いのですが、大きな認識の違いとして、「扱なくなった」ということであり、「扱なくなった」のではないのだとか。どういうことかと言いますと、ゴア社が要求する購入量がこれまでの倍のゴア製品を使用するように求めてきたことが一番の原因とのことで、決してクシタニがゴア社から買えなくなったのではないということ。
これは、クシタニがゴアテックスファブリクスを使わなくても同等性能が維持できる生地を調達できたからこそ、ゴア社の要求を突っぱねたということのようです。その同等性能が維持できる生地こそが、このアロフト系ジャケットに採用されている生地なのだとか。
たしかに、カタログ上は、以前このブログでも書いていますように、ゴアテックスは耐水性45,000㎜以上、透湿性20,000g/ml/24hと圧倒的な性能を持ってはいますが、アロフト系の生地も決して遜色はないとのことでした。(アロフト系の生地は、耐水性30,000㎜以上、透湿性17,000g/ml/24h) 数値だけ見ると、耐水性はゴアの方がアロフト系の生地よりも1.5倍の耐水性があるのにもかかわらず、同等と言い切っているのですが、この数字、実はかなり誇張されている部分もあるようなのですが、あまり書くとヤヴァイかもしれないので、これ以上はやめときます。
また、ゴアテックスもアロフト系の生地も共通なのですが、ゴアテックスだから暖かいというのは真っ赤なウソだそうです。ゴアテックスもアロフト系の生地も所詮数十ミクロンのメンブレンでしかありません。そんなものに防寒性能などは無い!とはっきりと仰ってました。
なぜ、ゴア系の生地が暖かいと評されるのかと言うのは、ゴアテックスをはじめとする、防水性や防風性のある生地だからこそ、インナージャケットなどの防寒性能に優れるインナー系のものを着用することで、初めて「寒くならない」ジャケットができるのだそうです。
確かに、以前のエントリでゴアテックスショートジャケットのことを書きましたが、その時も、思ったよりも暖かくないというようなことを書いています。その時はこうも書きました。そう、寒くならない!ってこと。これがゴア系ジャケットの最大のメリットなのですね。いくら防寒性能の高いインナーを着用していても、防風性が高くなければ、暖かい空気は冷えてしまいますし、透湿性が低ければ暖かいインナーを着ていても発汗による気化熱で体温が下がってしまうから。ゴアやアロフト系で凄いのは、防風、透湿の高いアウターに防寒性の高い、ダウン素材を使用したインナーを合わせ技で着用することで、初めて効果の高い防寒性能が発揮できるということなのです。なので、どっちかが劣っていれば最高性能なジャケットではなくなるということ。

かなり脱線してしまいましたが、アロフトジャケットですが、実のところ、ゴアテックスオールウェザージャケットと装備的には変わりません。そりゃそうですよ。ゴアテックス系の後釜なのですからね。

最後に、その店長さんがおっしゃっていたことで興味深いお話。
ゴアテックスショートジャケットを持っているというお話をしたところ、かなり強力に手放すな!っておっしゃっていました。
理由:ゴアテックスファブリクス、実はほぼ永久保証。ただし、その条件はかなり厳しい。また、耐久性については、ゴアテックスファブリクス以上の性能を持つ化繊はこれまで見たことがない。以前、某メーカーのファブリクスを試験的に採用したところ、性能は確かに素晴らしいが、耐久性がほぼ無い。これには理由があって、この防水層を壊してしまう一番の原因は人間の皮脂だそうです。よって、高機能な化繊はどんどん洗濯してください、とのこと。ゴアテックスだけは、皮脂だろうがなんだろうがほぼ崩壊することがなく、極めて安定しているとのこと。なので、クシタニのゴアテックス系ジャケットをお持ちの方は、一生もののつもりで使い続けた方が良いかもしれません。
アロフト系ジャケットは、まだそこまでの実績がないため、将来的にどれくらい長持ちするかは何とも言えないとはおっしゃっていましたが、長く使うのならば、間違いなく、洗濯してください!とおっしゃっていたので、こまめに洗濯機に突っ込もうとは思っています。もちろん、洗濯ネットと弱洗いで。(笑)

クシタニのツーリングブーツ その3 K-4518Z ガルドシューズIV

前回、ネオブーツのについてインプレなどを書いてみましたが、引き続きブーツのお話です。
今回は、ガルドシューズlVについて。
ガルド「シューズ」という名前ですが、実際はシューズというよりもブーツです。一般的な認識では、くるぶしをすっぽりと被せる履物がブーツでくるぶしがあらわしとなるものがシューズというイメージですが、ネットを漁ってみても明確な定義は無いようです。
ネオブーツと比べて明確に違うのは、トゥ部分とアッパー部分で、ガルドシューズは明確にトゥ部分があるのに対して、ネオブーツは明確なトゥ部分が無く、アッパー部分がそのままトゥに繋がっているとなっている点ですね。靴の専門家でもありませんので、この辺の違いが名称に関係するのかはわかりませんが、少なくとも、ガルドシューズの方がトゥがあるだけに先端部分がネオブーツよりも高くなっています。これはその後ろ側のアッパー部分が高くなることを容易にできます。そのため、ガルドシューズの方が足の甲部分が高く、履いた時に余裕があるという作りになっています。元々日本人は甲高の人が多く、外国製のブーツなどだと、足の甲の部分がキツイという話をよく聞きますが、ガルドシューズの場合は、足型を日本人の足からとっているということのようなので、典型的な日本人にはガルドシューズの方がフィット感が高いとのことだそうです。

真横と斜め後ろから。ガルドシューズは踵の立ちがほぼ垂直。ネオブーツはやや後ろ側に「寝ている」ように見えます。また、開口部も外側です。なおネオブーツは内側。

正面から。チェンジパッドが付いてなく、皮革の2重構造での対応。そのため左右でのデザインでの差異はありません。また足首の部分はシャーリング加工がされており、足首の動きは妨げられません。これはネオブーツも同じです。

後ろ側。後ろ側にもシャーリング加工。ナイロン部分はなく、すべて皮革で作られています。

斜め上から。ガルドシューズにはネオブーツと異なりベロが付いています。ネオブーツと異なり、外側はすべてが牛革です。ネオブーツは一部にナイロンが使われています。

一番違うところがソールです。ガルドシューズはフラットソール。かなり滑りそうなソールですが、かなり防滑性は高いとのことで、相当テストしたとのことです。実際、使ってみても、見た目とは裏腹にツルっと滑るような感触はありませんでした。
また、ソールがフラットであるため、ステップのポジションの自由度はかなり高く、結果疲労も少なく感じました。

ソール部分ですが、後ろ側はかなり細かい凹凸が付いていますので、防滑性の高さの一因となっているかもしれません。

ベロ部分の内側にはKWPのタグ。MADE IN JAPANのタグも付いています。

ガルドシューズとネオブーツは以前であれば、ネオブーツは完全防水、ガルドシューズは完全防水ではなく撥水というところで差が付いていましたが、今年モデルのネオブーツから完全防水ではなくなりました。そのため、両者の違いは単にデザインだけという事になるようです。いずれの製品も撥水牛革、いわゆるKWPレザーを使用していますので、そこそこの耐水性は確保していると思いますが、長い時間雨天走行する場合ではブーツカバーが必要になると思います。
ただし、クシタニを擁護するわけではありませんが、他のメーカーで完全防水を謳うライディングブーツやライディングシューズを使ってきましたが、いずれの製品もやはり長時間雨天走行すると雨水が内部に浸入しました。
構造的にも、完全防水を謳うわりには、ベロの部分が一体でなく、明らかにここから水が入るんじゃね?という作りのものばかりで、確かに生地そのものは防水生地かもしれませんが、構造的に防水ではないよね?という製品が多いように感じます。
しかし、クシタニの製品の場合、完全防水を謳うアドーネシューズを見てもらうと良くわかるのですが、ベロの部分が外皮と一体成型されており、これなら雨水の浸入もかなり防げるような作りになっています。今回紹介した両製品はともにベロの部分などの開口部が外皮と一体となっているため、かなり雨水の浸入を防げる構造になっており、それだけを見てもクシタニ製品の品質の高さや誠実さが感じられるところでもあり、同社の信頼性の高さにもつながっていると思います。

クシタニのツーリングブーツ その2 K-4535 ネオブーツ

前回のエントリでお知らせのとおり、本来、クシタニのネオブーツをご紹介しようと思いましたが、状況が変わってしまい、クシタニのツーリングブーツとしてご紹介しようと思います。

先日、初めてネオブーツを履いてロングツーリングに行ってきました。軽いし、柔らかいし、フィット感も抜群。こりゃぁいいや!って思いながら、ツーリングを楽しんでいたのですが、10月後半となる今日この頃だと、朝晩の冷え込みが結構厳しくなります。冬装備でツーリングを楽しんでいたのですが、ジャケットの袖口から入り込む冷気によって、ジャケットの中もかなり冷えてしまいますね。
こりゃたまらん!とばかりに、翌日、地元クシタニショップに行きまして、袖口を覆うようにカバーできるK-5586 アウトドライブラストグローブを買いに行ってきました。ついでに(どうせ品切れだろうな)って思いながら、何気なく店長さんに「ガルドシューズIVの26㎝ありますかぁ?」って聞いたのが運の尽き。あっさりとありますよとお返事が!
「やべっ」って思いましたが、もともとガルドシューズIVを他店に買いに行って無かったので、ネオブーツを買ってきたのですが、なんと地元ショップにあるなんて!なんてことでしょう!
もう買うしかありませんでしたよ。笑うしかないですね。

この際、クシタニの2大ツーリングブーツの比較でもやってしまおうかと思いまして、今回のエントリに至ります(笑)

ってことでクシタニ ネオブーツとガルドシューズについて
その1 ネオブーツ編です。

左側がネオブーツ、右側がガルドシューズです。

まずはネオブーツから

典型的なライディングブーツの形をしています。つま先側の形状などは、まんまライディングブーツの形です。また、全体としてやや甲の部分が低めでカッコいい!

脛の内側がやや高くバイクをホールドしやすい形状なのと、内側がファスナーとなっており、内側から大きく開く構造です。

こんな感じ。ファスナーとベルクロ2か所で固定。また、ファスナー自体もバイク側に傷が付きにくいように内側にオフセットされています。

踵部分。踵上から向う脛あたりまでが皮革ではなくナイロン生地でリフレクター付きですね。

その上側。ベルクロで足首の太さ調整ができるようになっています。また、この一番上の皮革のところはパンチング加工されています。

甲部分。左側のみチェンジパッド装備。チェンジパッドは皮革ではなくTPR(熱可塑性プラスティック)素材です。

ソール部分。ビブラムソールのADVENTURE TRAVELっていういわゆるタンクソールです。

さて、使い心地。
GOOD 軽い!柔らかい!疲れない。抜群のフィット感!
NEGATIVE 甲部分がややきつい
ネガティブなところはこれくらいしかありません。あと、防水機能が省かれましたから、雨天時の浸水状況が気になるところ。いろいろな人のブログやお店の店長さんなどに聞く限りでは、短時間ならば浸水の心配はないとのことなので、これまでの自分の状況から考えるとほぼ問題ないと思います。

長くなりましたので、本エントリはここまで。次回はガルドシューズIVについて書いていきます

クシタニのツーリングブーツ その1

クシタニのツーリング用ライディングブーツであるK-4535ネオブーツです。
これまでずっと使っていた、アルパインスターズのFASTERシューズがついに壊れまして、その代わりにこのツーリングブーツを購入しました。
インプレ等はまだまだですが、第一印象は滅茶苦茶柔らかい!となります。もちろん従来の革製ブーツと比較しての話ではありますが。

ガルドシューズとネオブーツ、特にネオブーツは今年モデルからアウトドライメンブレンが省かれまして、これまでの完全防水ではなくなり、撥水牛革という仕様に変わっています。あまり…というかほとんど機能的な差異はなくなりました。ほぼガルドシューズのデザイン違いの製品と思っていただければ間違いないと思われます。
完全防水のブーツやシューズはこれまで同じクシタニのアドーネシューズしか持っていませんでしたが、特に雨の中を走るというシチュエーションがほぼありませんでしたので、特に完全防水でなくても大丈夫との判断での購入です。
実際の使用感などは後に書くとして、デザイン面や他製品との比較画像を貼っておきますので、サイズ感などをご確認いただければと思います。

AVIREXのYAMATOブーツとの比較。高さはほぼ同じ。なので、意外とネオブーツは大柄なのです。

GAERNE タフギアとの比較。タフギアの方がやや低いようですが、ソールの高さはほぼ同じかややタフギアの方が気持ち低いくらいです。どちらの製品もブロックパターンなので、歩行感は柔らかめ

クシタニアドーネシューズとの比較。アドーネシューズの方が明らかに低い。ただしこちらについてもいずれの製品でもブロックパターンのソールを採用しており、街中を歩くときなどは滑りにくく普段使いとして使用しても違和感は少ないと感じます。

バイク用ブーツではありませんが、レッドウィングのベックマンとの比較です。カテゴリが全く異なる製品なので、単純に大きさだけを比べてみました。ちなみにベックマンはフラットソールです。

いずれ近いうちにインプレなどご紹介しようと思います。

*追記
本来、このエントリはクシタニ K-4535 ネオブーツとしてエントリしましたが、ちょっと状況が変わりまして、表題を変えました。
その理由については次回以降のエントリで…