クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その2)




前回に続き、クシタニ2019春夏モデルのカジュアル系ジャケットのインプレです。前回のフルメッシュパーカージャケットに続いて、同時に購入したほぼ普段着の見た目でプロテクターが装備されており、きちんとライディングジャケットとしての機能も十分なベクトルジャケットのインプレです。
生地そのものもジャージのような生地で着用感も大変柔らかい素材で作られています。見た目はほぼジャージ生地のパーカーです。

今回購入したものは、ブラック。しかし実際の見た目は黒というよりも濃いグレー色。また、単純な色ではなくグレー生地ではありますが、シルバーグレーと言っても良いようななかなか高級感(笑)も感じられる生地です。また、このベクトルジャケットはこのブラックのほかに、ネイビー、オレンジとシルバーの全4色展開ですが、このブラックだけはフロントファスナーがホワイトの設定で、ブラック生地にホワイトのファスナーやスラッシュフジサンマークがポイントとして使われているため、メリハリが付いており、今回展開されている4色の中では最も落ち着いたデザインでありながら、ライジャケアピールも高い製品だと感じます。

後ろ側。フードのループ部分にレッドが差し色として使用。これまた単に落ち着いた色使いというわけでもなさそうです。肩側のMOTO PERFORMANCEロゴもさりげなく目立ちます。

背中側のレーザーホール
フロント…というか脇の下のレーザーホール

大きな穴ではありませんが、前と後ろにベンチレーション用のレーザーホールが開けられており、それなりにベンチレーションは効きます。また普段使いしていてもこの穴があるだけで、体が蒸れ難く通気性は感じられますので、バイクでの走行中にはそれなりに効果は発揮すると思われます。

フード部分。フードは背中のタブに留められるようになっており、バタつきも多少は低減できると思います。タブもしっかりとした生地で作られており、実用性も確保されています。

肩のリフレクトテープ。普段は生地とほぼ同色ですが、フラッシュ撮影するとご覧のとおり。視認性は問題なさそうです。

フロントファスナーの上部にもMOTO PERFORMANCEロゴ。この手のジャケットは完全にファスナーを上まで閉じることは少ないと思いますので、このロゴもあえて見えるような位置に付けられているのではないかと思われます。

ある意味、一番驚いたところでもありますが、インナー側には裏地がしっかりとありました。所詮ジャージ生地なんだから…と思っていただけに裏地もきちんと作られており…プロテクター装着をするうえで、裏地は必須なのでしょうが、ライジャケとしての基本はきちんと押さえられています。

さて、このジャケットのインプレですが…
これ、ライジャケとして使うよりも普段着として使う方が幸せになれるように思います。または街乗り用。着心地も生地が柔らかいため大変優しく、ゆったりとした気分になれるでしょう。しかし、ライディングジャケットとしては、生地が柔らかいため、生地での保護機能は期待できません。また柔らかい素材であるため、プロテクターも装着はされていますが、転倒時や事故時にはプロテクターが大きく動いてしまい、プロテクターでの身体保護もやや怪しいかもしれません。

ただ、着用感は大変すばらしく、ストレスを感じないという点では、ライディングにプラスに働くかもしれません。

なので、あえて言うなら、普段使いとして着用し、ちょっとバイクに乗るとか、という時に使うようなジャケットだと感じます。

逆に、MOTO PERFORMANCEロゴとかスラッシュフジサンマークとかが比較的目立つように付いていますので、着用する人が一般の人などに対して「ライダーアピール」する時に着用すると、逆に良いかもしれません。
とにかく、おしゃれなパーカーとして普段使いすると周りに人の見る目が変わるかもしれません。

クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その1)




昨日、クシタニオンラインから大きな荷物が届きました。3月の初旬に予約していた2019年春夏モデルのジャケットがようやく届いたというわけです。
今年の春夏モデルは昨年モデルと同じようなラインナップで、昨年買おうかどうしようか散々悩んだフルメッシュパーカージャケットとベクトルジャケットが2019年も継続となり、基本的には昨年モデルと同じでカラーチェンジのみのモデルです。
特に今年のモデルはなかなかカラーもおしゃれで、ネイビーのフルメッシュパーカージャケットと、ブラックのベクトルジャケットの2着を購入しました。

K-2337 フルメッシュパーカージャケット

ネイビーモデルです。つくりはかなりライトなイメージで、色も昨年モデルと異なり落ち着いたイメージで、ネイビーと言うだけあって濃紺に近い色合いですが、近くで見るとスラブ柄が入っており、安っぽいイメージは皆無です。

濃紺というよりほぼ黒と明るいブルーのストライブ柄で遠目で見ると濃紺に見えるといういつものクシタニパターンです。

機能を見てみますと、まずはパーカー部分。後ろ側にはフードを留めるタブが付いており、走行時のフードのバタつきを防ぎます。また、フードの前側とジャケット内側の首のところにもタブが付いており、この部分もジャケット本体に留めることができます。両側のタブをジャケット本体側にホックで留めることで、より一層フードのバタつきを防ぐことが可能です。

フードの首側まわりにはドローコードが付いているため、よりいっそうバタつき防止にも役立ちます。またフードインナー側の裏はきちんとチェック柄の裏地もきちんと装備されており、着用時にフードの裏側が見えてもメッシュ生地がそのまま見えるということもありません。

ファスナー裏側には定番のブレストパッド取付用のタブ。

胸ポケット。かなり小ぶりな大きさですが、小物やカード程度なら問題なく入りますね。ただ、デザインは後付け感が出ており、あえてこういったデザインにしているのか、それともコストの問題なのかは不明。個人的にはこのデザインは大いにありだと思いますが。

首回り。ファスナーの最後の部分にはタブが付いており、一番上までファスナーを閉めなくても良いようなデザインとなっています。

着用感はやや硬めな生地ですが、それだけ防御力が高いと思えば納得できるところではあります。
デザインそのものは定番中の定番のデザインで、奇をてらっているわけでもなく、安心して着用できるデザイン。どちらかというと若者向けのデザインではありますが、濃いめなネイビー色ということもあって落ち着いた色合いですから、比較的年齢も選ばないと思います。

昨年末の秋冬用ジャケットであるアドーレジャケットとおそろいのデザインですね。

クシタニ AK-L1901-18 AK/フロントジップパーカー01




先日クシタニパフォーマンスストア横浜店に行ってきましたが、その時に買ってきたのが、横浜店オープン時に限定商品として入荷していたパーカーです。SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ製品であるAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー-01です。どちらかというと、ライディングウェアというよりも街着として使っています。今の時期、まだまだ寒い日々が続いているのでちょっと寒い朝夕などで羽織るとちょうどいい感じになります。生地自体は薄いのですが、コットン100%と言う事もあってなのか予想以上に防寒効果があります。昨年買った同じくクシタニのMIDパーカーよりも暖かく感じます。一緒にK-1922楕円ロングTシャツと一緒に買ってきましたが、今回はAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー01のお話です。

SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ商品なので、昨今のクシタニ製品のようにデカデカとロゴが入っていることもなく、街着としても全く違和感はありません。胸のところに富士山マークとKUSHITANIのロゴが控えめに入っているのと、バックには右下にこれも控えめにロゴが入っている程度です。

バック側左下の控えめな富士山マークとロゴ

クシタニっ製品なので、一応ライディングウェアとしても使えるような配慮も感じられるところが3点ほどあります。

一つ目 フードに穴が開いています。

走行中、フードがバタつかないように穴が開いており、フードに巻き込まれた走行風がこの穴から排出されていくという仕組み。実際、雨よけフードとしての機能は落ちるかもしれませんが、雨よけとしてはほぼ使わないと思われますので、このような配慮は嬉しいと思います。また、穴自体も走行時のフードのバタつきと雨よけとしての機能の両立を図ったと思われる絶妙な大きさです。

二つ目 お腹から腰にかけての位置に「マチ」が付いている

これもライディングウェアらしい配慮なのですが、バイク乗車中は前傾ポジションとなることも多く…もっともバイクにもよりけりではありますが…前傾時にウェア自体からのストレスを感じないように配慮しているところでもあります。

あと、もう一つはフロントファスナーが下からも開くタイプのものが付いています。これもまた、ライディング時に前傾姿勢をとると、お腹周りが締め付けられるように感じることがあるのですが、下からもファスナーが開くと下側をすこし上げることで、お腹周りにかかるテンションを下げる効果があります。これもまたライディングウェアとしての機能ですね。

唯一のネックは価格なのですが、有名デザイナーが手掛けた製品と思えば、納得の価格かもしれません。個人的には街着としてもライディングウェアとしてもバランスが取れている商品であると思います。

唯一のネックはパフォーマンスストア限定品なので、クシタニプロショップやクシタニオンラインでは購入できないということが難点ではあります。

クシタニ K-5191 ライダースグローブとK-5321 ライダースメッシュグローブ




クシタニ製のグローブは以前から評判も良く、これまでもウィンドストップグローブとかアウトドライグローブとか使ってましたが、昨年、SR購入した後にシンプルで安いグローブでいいかなと思い、地元のクシタニショップに行った時のことに見つけたのがK-5191 ライダースグローブでした。価格もリーズナブルでデザインもシンプル。SR乗るときとか、革ジャン着るときとかに重宝しておりました。

右がライダースグローブ

しかも、このグローブかなり使い勝手が良く、まずは革が柔らかくて、手のフィット感が半端なくいいんです。プロテクター類も派手なものではなく、ウレタンっぽい柔らかい素材で作られています。

で、このライダースグローブのメッシュ版が左側のライダーズメッシュグローブ。クシタニの店舗に入荷しているというような記事を見まして、地元ショップで買ってきました。

カタチはどちらもシンプルなものですが、左側のメッシュグローブは全体にパンチング加工が施されており、見るからに涼しそうなグローブです。

手元部分にもメッシュが入っています。パンチングが入っているかいないかだけの違い。デザインもロゴマークを含めて同じ。

裏側。親指の付け根のところにもきちんとパッドが入っているのがさすがと思わせるところ。また、メッシュグローブの方は指のところにも穴が開いてます。

ちなみに、このグローブですが、メッシュグローブが8,000円。メッシュじゃない方が7,700円とリーズナブルな価格です。

このグローブ、いずれも先ほど書いたように非常に柔らかい革で作られていますので、操作感が素晴らしくストレスを感じません。硬いグローブやプロテクターがごついグローブは確かに安全性は高いとは思いますが、指が痛くなったりしますのでSRに乗るとき以外でも結構使っています。安いので使い倒しても惜しげもありません。これマジでおすすめのグローブです

SHOEI Z-7と他のヘルメットとの比較




SHOEI Z-7の使用感です。

先日の日曜日にZ-7を被ってかる~く走ってきました。
小さいってことは前にも書きましたが、被っている限りは正直大きい小さいは気にはなりません。また、Z-7の特徴でもある、「軽さ」については、GT-Airに比べては軽さは実感できます。またAraiのRX-7Xと比べても軽い!
確かに、長距離ツーリングなどではこの軽さが大きなアドバンテージとなりえると感じました。

風切り音について
確かに静かです。が、しかし、GT-Airと比べればややうるさい。Araiの各製品と比べてはほぼ同等かもしくは若干Z-7の方が静かと感じました。ただ、Arai各製品とは大差ないと思います。もっともGT-Airが静かすぎるのだと思います。
静か…煩い
GT-Air>Z-7≧ASTRAL-X=RX-7X≧XD

ベンチレーションについて
圧倒的にGT-Airの方がベンチが効きます。AraiのASTRAL-Xと比べてはほぼ同等と感じました。RX-7XとはRX-7Xの方が優秀。
涼しい…暑い
GT-Air>RX-7X>Z-7=ASTRAL-X=XD

これらの性能だけで言えば、GT-Airが一番よさげなのではありますが、GT-Airは実際に使ってみないとわからないところが一つだけあります。
それは視界。GT-Airはインナーバイザーが付いており、シールドの内側のいわゆるおでこの部分にインナーバイザーが仕込まれていますが、そのため、この部分の帽体に厚みがあります。厚みがある分だけ、上側の視界が遮られ気味となるのですね。特にSSなどの前傾度の強いバイクだと、頭部が下を向く形となるため、帽体の厚みが仇となり上の方の視界が悪くなるのです。気にしなければ気にならないと思いますが、私の場合、どうしても上が見えづらい…信号や道路標識の青看が見えづらいというだけでもかなりストレスに感じます。

その点、AraiのProShadeシステムは理にかなっていると考えます。帽体自体は変えずにシールド側でシェードを追加するという方法ですね。
恰好が良くないとか、風切り音がうるさいとか巷では言われているようですが、視界という安全性に直結する部分ですから、一番合理的であると考えます。

ただ、インナーバイザーが悪いとは思っていません。例えばクルーザーやほぼ直立で乗るアドベンチャー系、ネイキッド系では前傾度もかなり緩やかですし、特にクルーザー系では直立どころか殿様乗りに近いものがありますので、上側の視界はほぼ無視できるレベルではないかと思います。更に、インナーバイザーですから、普段は帽体の中に仕込まれており、使うときだけ出す、ということは、普段は帽体の中ですから、バイザー自体に虫が張り付いたりして汚れる可能性が限りなくゼロになるということも十分メリットになり得ますね。

やはり、どれがいいとか、どれが悪いという話ではなく、自分の乗っているバイクや用途に合ったヘルメットを選択するというのが一番良いことですし、視界は気にならないから、静かさを優先するとかベンチ性能を優先するとかっていう決め方で良いのではないでしょうか?

さて、Z-7ですがさっそくシールドをスモークに交換しました。
当然PIN-LOCKシートも購入してスモークシールドに取り付けました。