クシタニ ストレッチウィンドブレーカー




これから夏に向かって季節は移り替わりますが、メッシュジャケットが活躍する季節も近づいてきました。しかし、早朝や日が暮れてくるころになると普通であれば何ともありませんが、バイクに乗っているとさすがに寒かったりします。特にツーリングなどで朝早く出発するような時、通常の春夏ジャケットを着たくなりますが、日中の暑いさなかでは春夏ジャケットと言えどもかなり体も暑くなり、ツーリングどころではなくなってしまいます。なので、メッシュジャケットを着て早朝から出かけるわけですが、そんな時に活躍するのがウィンドブレーカー。ウィンドブレーカーならば生地は薄いけれども防風性能があるわけで、何より暑くなったら脱げば良いだけなので、メッシュジャケットの中にウィンドブレーカーをレイヤードするだけで、夏のツーリングが快適になるわけです。

クシタニ K2327 ストレッチウィンドブレーカー
市販されているウィンドブレーカーはダボダボで主に一番外側に着用する事が多いように感じますが、バイク用として使うと走行風でかなり煽られること請け合いです。そこで、インナータイプのウィンドブレーカーの出番となります。
今回、購入したK2327 ストレッチウィンドブレーカーはインナーとして使う前提なこと。しかもアウターとしてこれだけを着用しても普通のアウターとしても使えそうなこと、また、いかにもな「ザ・ウインドブレーカー」というデザインではないことが決め手となり購入しました。

背中側。肩のところに大きなエアアウトレットが設けられています。ウインドブレーカーなので、風は通さないことが前提ですが、どちらかというと、春から秋の時期の使用が前提なので、ムレ防止ということだと思います。

背中のレーザーホール。ここからもエア抜けが期待できます。インナーとして着込むとアウターとぴったりくっついてしまうかもしれないので、後ろ側のエア抜け部分はむしろ多い方がいいのかもしれません。アウターにメッシュを着ていれば問題ないかもしれませんが、アウターが春秋ジャケットだとこのようなエアホールは特に有利だと思います。

クシタニ製品お約束のクシタニコネクション。背中と袖口にタブが付いてます。メッシュジャケットだけでなく、春夏ジャケットにも使えますね。

横から見た感じ。腕にはお約束のmoto performanceの文字がでっかく入ってます。また、色合いもえんじ色に近い赤であまり派手さはありませんし、インナーとしてだけではなく、これだけでもアウターとしても使えそうです。

インナー側。内側のインナーはきめの細かい生地で、肌触りもかなり良さそうで、かなり柔らかい生地を使用。

ドローコード。防風ジャケットなので、裾側を締め込む事ができます。やはりこれだけを単独で使用しても大丈夫な感じです。また、両脇のポケットのところもメッシュ生地でなく、普通の生地になってます。

お約束の富士山マークと赤白のマーク。

インナー側には消臭テープ。

使わない時は、この袋に入れておけば持ち運びもカンタン。普段はこの袋に入れっぱなしで大丈夫だと思います。特にメッシュジャケットを使用するような時期には早朝とか夜間の寒い時だけ使用して、日中の暑い時間帯はこの袋に入れておいて、普段はタンクバックやシートバックに忍ばせておくのが正しい運用方法だと思いますね。

実際の使用感ですが、一般的なウィンドブレーカーよりもかなり生地がしっかりしている印象で、普段のアウターとしても使える多機能性が魅力です。

ストレッチウィンドブレーカーという名前の通り、脇の黒い部分がジャージのような伸縮性のある素材で作られており、着用した感じでもかなり体を動かしやすいのにもかかわらず、体へのフィット感も高く、かと言って防風性能が劣っているということもありません。なので、ウィンドブレーカーとしての性能は大変優秀であると感じました。

ただ、ウィンドブレーカーとして見た場合の価格はどうなのか?という点はあります。たしかにウィンドブレーカーとして見た場合、15,000円という価格は決して安くはありません。これらの機能…多機能ではありますので、これらの機能に価値を見出せれば、決して高いとは思えないのですよ。個人的には高機能だし、お洒落だし決して高いとは思いません。

 

クシタニ エアコンテンドジャケット




クシタニ K-2321 エアコンテンドジャケット

2018年、春夏モデルの中のメッシュジャケットです。通常の春夏モデルであるコンテンドジャケットのメッシュ版ととらえてもらって間違いないでしょう。昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同じく、スポーツライディングに適したメッシュジャケットというのがウリです。ブラック、ホワイト、ネイビーの3色と今回購入したレッドの4色構成。

後側。前と同様メッシュじゃないコンテンドジャケットと同じようなデザインで、デザインの統一感が見て取れます。

生地のデザインも見ての通り昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同様のエッジ柄が入っています。基本的には前後のメインの生地(写真の赤の部分)がメッシュ素材で黒いところが伸縮性の高い素材で、通気性と運動性能を両立させた構成となっていました。エッジ柄については派手な雰囲気ではありますが、逆に赤一色よりも黒っぽい柄が入ることで全体として彩度が抑えられるため、意外と落ち着いた雰囲気になっています。

腕の背中側のメッシュ生地ですが、一見、黒の生地に見えますが、よく見ると黒ではなく濃紺に近い色合いで、かつスラブ調の模様が入っています。実は、この部分の生地がエアコンテンドジャケットの黒と同じ生地となっており、エアコンテンドジャケットの黒が真っ黒に見えないのは、この生地の色合いとスラブ調プリントによるものだということが良くわかります。実のところ、このジャケットを購入する際に赤か黒かで最後まで迷いまして、黒のスラブ調プリントがかなりデザイン的にも落ち着いた感じがしたのですが、昨年モデルのマッドスポルトジャケットが黒であったことから、赤を購入したのです。昨年モデルを持っていなければ、間違いなく黒を買っていたと思います。

腕の「MOTO PERFORMANCE」のロゴ。かなりデカいロゴですが…コンテンドジャケットよりは小さいのです。下の写真を見てもらうと良くわかるのですが…

(左から「マッドスポルトジャケット」、「モードスポルトジャケット」、「エアコンテンドジャケット」、「コンテンドジャケット」)

コンテンドジャケットと比べて3/4くらいの大きさのロゴです。これを撮影していてふと気付いたのですが、昨年モデルもメッシュジャケットであるマッドスポルトジャケットの方が、モードスポルトジャケットよりもロゴが小さいのですね。メッシュ生地を使用しているため、ロゴプリントがメッシュ生地のところには悪影響を与える…プリントすることで空気が通らなくなる…ことからロゴが小さくなっているものと思われます。

前身頃の上の富士山マークも黒地に黒プリントなので目立たなくなっています。ただ、昨年モデルよりもタブ自体は大型化しています。これは、コンテンドジャケットとモードスポルトジャケットの関係でも同じでした。今年度モデルの方が大きくなっています。

ブレストパッド取り付け用のベルクロと内側ポケット。このあたりは変更はありませんね。

裏地は昨年モデルとほぼ同じです。また、メッシュ生地も昨年モデルと同様、かなり柔らかい生地を使用しています。おそらく生地そのものは昨年モデルと同じものと思われます。

さて、昨年モデルと比べて大きく変わったところは特にないようですが、ただ、デザインに関して言えば、賛否両論あるデザインであることは否めないと思います。しかし、自分が買った印象では、「そんなに派手じゃないよ」ってこと。色合い自体がかなり落ち着いた赤色で、かつ、エッジ調プリントが施されていることで、赤の派手さがかなり抑えられているという印象を持ちました。
肩のところのMOTO PERFORMANCEの文字自体もコンテンドジャケットと同様、意外と目立たないことも派手さを抑える一因となっているようです。

テキスタイルジャケットとして見ると、決してお手頃価格とは言いづらいのですが、作り自体はかなりしっかりとしているように見えます。特に黒のスラブ調プリントはかなりおしゃれ度が高いと感じました。昨年買ったマッドスポルトジャケットが黒じゃなかったら、間違いなく黒を買っていたと思います。それほどまでにこのモデルの黒の質感は高いと感じます。

ライディングシューズについて考えてみた その2




前回の続きです。持っているライディングライディングシューズはすべてくるぶしをガードできる高さのあるものばかりですが、一番最近買ったのがタフギアです。

ガエルネ タフギア

タフギアは締め込み方法にバックルを使用したライディングシューズです。他にバックルを採用したライディングシューズは、ELFのシンテーゼなどがよく見るシューズですね。タフギアもバックルを採用しておりますが、バックル式って元々モトクロス用のオフ系ブーツでは標準的に採用されています。元々ガエルネのED-PRO art405を持っており、バックル式の締め付け感も個人的には好きなので愛用しています。特にタフギアの場合、靴底がフラットではなくED-PROと同様タンク底のビブラムソールを採用しており、セローでちょっとした林道に行くときにも使えるため、何かと重宝しています。また、靴底がフラットではなくやや厚底となるため、足付き性の改善にも有効です。

バックル式の良いところは、バックルを外すと完全にフロント側がフリー状態となり、大きく開くことができます。そのため、脱ぎ着が非常にラクになることもメリットの一つです。また、タフギアはバックルが2つあるので、前方を緩めで後方をきつめなどと締め付け具合がBOAタイプや靴紐タイプよりも自由度が高い点も使い勝手が良いと思います。また、タフギアはかかと側のえぐれがほとんどありません。そのため安全性はアルパインスターズのファスターシューズやタイチのRS006よりも高いのですが、足首を動かすという点ではやや不利となります。特にMT-10の場合、私にはやや足付きが厳しいのですが、足首の自由度が低いタフギアはつま先立ちがやりにくいという点が他のライディングシューズと比べてネガティブな部分となります。しかし靴底が厚いため、実際のところ他のシューズとあまり変わらないというのも事実です。

アルパインスターズ SMX-3

ちょっと山を攻めたり、高速主体のハイスピードツーリングなどに履いているアルパインスターズのSMX-3です、これについては、ライディングシューズと言うよりも、ほぼライディングブーツです。これまでのライディングシューズとは根本的に異なり、実際のところ、ライディングブーツと言うよりも、それもサーキット走行も意識した製品で、トゥスライダーが装備されており見た目は完全に本気走りするぞって言うレーシングブーツですね。とは言え、実際にサーキット走行するわけでも無く、現在ではほぼ上下革装備…革パン革ジャケット…の時に主に使用しています。

締め込み方法はバックルと内側のファスナーの併用式。バックルはベルト側の長さを調整するのではなく、ベルトの先端をバックルに通して最後にバックルのシーソー形状のタブを使って締め込むかなり特殊な方法です。締め込みの強さはBOAと同じようにその時の条件で強めから弱めまで自由に調整可能です。ただ、サイド部分にファスナーを使っているため、ファスナーでシューズを閉じた以上に緩めることはできません。

ただ、レーシングブーツを意識した作りだけあって、足首をガチガチに締め込むようにブーツそのものもかなり硬めな作りです。転倒時の安全性は多分これが一番高いと思われます。ただ、普段使いとして使うのは厳しいかも。足首の動きも一番制限されますし、最低限の締め込みでもそれなりにキツめなので、特にバイクを降りたあと歩き回るような使い方をすると、かなり疲れるかもしれません。

で、どれがオススメかと言うと、ツーリングがメインならタイチのRS006、バイクを降りたあとも歩き回ったりするような時にはタフギア、と言うことになります。仮にこの中から一つだけを選べということなら、タイチのRS006が最も汎用性が高いと思います。

ライディングシューズについて考えてみた その1






バイクに乗るときに履く靴、いわゆるライディングシューズですげど、昔はほぼ紐で編み上げるというような作りのモノが多かったような気がします。しかしながら、紐で編み上げるとなるとほどける可能性も少なからずあると思います。また履くとき脱ぐときもいちいち紐を解いたりする必要もあるわけで、結構めんどくさいんです。
最近では、紐で編み上げるといったことだけで絞めこむという製品はあまり多くはないと思います。ただ、昔ながらの定番と呼べれるブーツ系のモノではまだまだ結構あります。私も持っている、AVIREXのYAMATOブーツはミドルカットのブーツですが、締め込みは基本的には編み上げ。ただ脱ぎ着に便利なようにブーツの内側部分にファスナーが付いていまして、ファスナーを開けることで大きくブーツが前後方向に開いてくれます。そのため、脱ぎ着は大変ラクです。
昨今のライディングシューズも単に紐で編み上げで締め付けるのみ、という製品はほぼ見なくなりました。確かに紐は絡まる可能性もあることや、最悪絡まることによってシフト操作ができなくなる可能性も否定できないでしょう。そのため、紐だけという製品も無くなってきたのだと思います。


現在使用中のライディングシューズ。どれも現役

現在我が家には、4足ものライディングシューズがあるのですが、基本的にはサイド部分がくるぶしの高さ以上のものしか使っていません。仮に転倒したり事故った時に一番ダメージを被るのがくるぶしのところになりますし、くるぶしのところを骨折しようものなら、最悪歩行不能になるかもしれませんので、最低でもくるぶしが保護できる高さのものしか使ってはいません。

その上で、どれがいいのかということになります。

アルパインスターズ ファスターシューズ

もう5年くらい前に2りんかんの爆安セールで買ったモノ。かなり使い込んでいますが、未だに現役です。締め込み方法は編み上げ+ベルクロです。いちいち紐の締め込みは行わず、かなり緩めで締め込んだ上で、ベルクロで締めています。紐の結目のところとベルクロの位置がほぼ同じなので、結目の上からベルクロで挟み込むようにしています。一応、この方法でずっと使っていますが、結目かほつれたことはありません。

ただ、結目の上からベルクロ固定なのでたまにベルクロ自体が剥がれていることがあります。ベルクロ自体の圧着面積が、結目の分だけ減ってしまうため固着力が弱くなってしまうためだと思います。

また、かかと側が大きくえぐれているため、足首の自由度はかなり高めです。ただ、その分防御力は低くなり、事故った時に腱にダメージが加わりやすくなるかもしれません。

脱ぎ着については、紐の締め込み強さ次第です。私はかなり緩めているので、脱ぎ着には特に不便は感じません。

RSタイチ 006ドライマスターBOAシューズ

今のところ一番使用頻度が高いシューズで、街乗りからロングツーリングまで万能にこなせる優れものです。

締め込みにBOAシステムを採用したタイチ製のライディングシューズです。くるぶし部分はアルパインスターズのファスターより若干高さがありますが、逆にかかと側のカットはかなり大胆にカットされています。肝心の「紐」にあたる部分がBOAシステムとなっており、外側についてるダイヤル型のロックシステムを回すだけという、超簡単にシューズを締め込むことができます。回すだけで締め込み強さを調整できますので、ギッチギチに締め込み可能ですが、逆に疲れた時などは緩めに締める事もでき、それが大変簡単にできてしまいます。

防水透湿を謳ってはいますが、結構ムレます。

BOAシステムの悪いところも正直あります。まず、靴紐代わりにワイヤーを使用していますが、全体的にギッチギチにすりかダルダルにするかしかできません。BOAシステム故の不便さではありますが、もっと足首側だけ締め込みたいとか足の甲の部分だけ緩めにしたいということができないのです。また、ワイヤー故にシューズの甲の部分の開き方に限界があり、靴紐なら最悪紐を全部取る事も可能ですが、ワイヤー自体を取り外すことができません。そのため、実際のところ脱ぎ着は一番しんどいかも…です。またかかと側のえぐれも一番大きく何かアクシデントがあった時は一番ダメージが大きいかもしれません

でも一番使用頻度が高いのが、このBOAシステムをア採用している006シリーズだったりします。

つづく

クシタニ コンテンドジャケット





クシタニ K-2316 コンテンドジャケット

クシタニの2018年春夏モデルのうち、もっともスポーティなジャケット、コンテンドジャケットが発売されました。一昨年のヴィターレジャケット、昨年のモードスポルトジャケットに続く過去のパドックジャケットの流れに沿ったスポーティなジャケットです。

左が2018年モデルのコンテンドジャケット。右は2017年モデルのモードスポルトジャケット

モードスポルトジャケットと変わった点ですが
一番の違いは派手になったこと。モードスポルトジャケットも左肩と腕の部分にMOTO PERFORMANCEの文字が入っていますが、生地と同色の色でリフレクター替わりとしてプリントされていましたが、コンテンドジャケットでは白で思いっきり目立つようになっています。

かなり派手な感じですねぇ~
でも実物はそんなに派手な感じはしません。実際この格好で電車に乗ったら目立つと思いますが、バイクに乗ってツーリングとか山に走りに行ったときなどは意外と派手な感じはしないかもしれません。色合いもあるとは思いますが、今回購入したブルーは差し色として赤を使っておらず、逆にホワイトとかブラックだと差し色に赤が入っているので、かえって派手な印象を与えるかもしれません。

胸元のポケットは両側に配置。モードスポルトジャケットは片側だけでした。また、肩の文字の脇のストライプ部分はリフレクターになっています。

背中側。他のメーカー品は背中にも大きくロゴが入っているものもありますが、背中側のロゴは腰回りにMOTO PERFORMANCEの文字が控えめに入っているのみ。両脇の白い部分もリフレクターです。

二の腕のところのタブが革からジャケットと同素材に変わっています。またモードスポルトジャケットでは革をアクセントとして使っている部分がこの他タブ部分のほかに肩回りにも使用されていますが、コンテンドジャケットでは革は未使用です。

ファスナーの前身頃の中。コンテンドジャケットの方が大型化していました。防風と言うことであれば改善されているのかもしれません。

生地自体も変わっているようで、モードスポルトジャケットの方が柔らかめな生地。どちらかと言うとコットン素材にコーティングされているような柔らかい印象ですが、コンテンドジャケットは比較的硬い生地でパリッとした印象です。裏地もコンテンドジャケットの方がしっかりとしている印象で、モードスポルトジャケットは裏地のメッシュが大き目でした。

動きやすさや操作性については違いはないとは思いますが、モードスポルトジャケットの方が柔らかい印象です。

また今回購入していませんが、エアコンテンドジャケットも見てきましたが、コンテンドジャケットとは色合いも風合いもかなり違います。特に黒のエアコンテンドジャケットはスラブ柄が入っているため見方によっては青っぽく見えたりします。真っ黒ではないので、意外と黒も良いかもしれません

クシタニ ジョカーレジャケット






今年のクシタニオンライン福袋に入っていた K-2236ジョカーレジャケット

昨年末に購入した3万円の福袋に入っていたジャケットです。2016年モデルでして、現在はすでにカタログからはディスコンになっている製品でした。パーカー風のフードが付いており、クシタニ製品の中では比較的対象年齢が若い人向けの製品っぽいです。

春夏モデルなので、いまだ未着用。試着だけはしてみましたが、第一印象は生地がめちゃくちゃ柔らかい。また、色合いもムラ染めっぽく、落ち着いた雰囲気な製品。

クシタニの春夏モデルは肩、腕、背中にCE LEVEL2のプロテクターが標準で装着済みですが、この製品についても標準装備されています。

かなりカジュアルに振ったジャケットですが、ライディングウェアだけあって、それなりの機能も装備されています。

背中側のベンチレーター、左右両脇の下側に2箇所

腕のベンチレーター。肘上の両腕に2箇所。吸気側2箇所と廃棄側2箇所で、一般的なベンチレーション構成です。

後ろ側から。背中の辺りに皮革をあしらっており、おしゃれな感じです。

写真で見ると、作業着に見えなくもないのですが、実物は生地自体に高級感があり、ムラ染めの雰囲気もなかなかのモノです。

あと、この製品の特徴と言えるところは、スポーツ系ジャケットであれだけMOTO PERFORMANCE推しなのに対して、クシタニロゴはおろか、富士山マークも表からは一切見えません。普段着として着用しやすいようなデザインです。

フードはドローコードで閉めることが可能ですね。また、前身ごろのファスナーの一番上のところは生地が折り返されていて、ファスナーの持ち手のところを入れ込むことが可能で、かなり丁寧なつくりであることがわかります。

唯一見える富士山マーク。ファスナーの裏側の生地が2重になっていて暴風性能を確保していますが、その上の端っこにかわいく富士山マークが隠れています。

実際にまだ使用していませんので、使用感のインプレはこれからですが、街乗りなどの普段着風な使い方に適しているように思います。しかしながら、セローなどのオフ車などにも合うかもしれません。ミューラージャケットはロング丈なので、オフ車向けにいいかもと思いましたが、意外とジョカーレジャケットとEライドパンツなどとの組み合わせで林道ツーリングにも合いそうです。

(2018年3月5日 追記)

春めいた気候になってきたので、セローでお散歩に行った時に着用してみました。春めいたとは言え、気温15度くらいだとまだ少し寒いので、ウィンターモードスポルトジャケットのインナーを着用してのインプレ。第一印象は軽くて柔らかい。この系統の割とカジュアルなものだとだいたい柔らかい素材のものが多いと思いますが、期待に違わず柔らかく着心地もふんわりとした感じ。また、防風ラミネート加工がされているため風の侵入もあまり感じられませんでした。一番気になったフードですが、背中のタブでバタつきを防止できます。タブでフードを留めた状態で走りましたが、全く影響は感じられません。素直によくできてるなぁと感心。

見た目カジュアル系ですし、普段着としても使えそうなデザインなので、今年の通勤シーンで活躍しそうです。

クシタニ ウィンターモードスポルトジャケット






2017秋冬モデル、クシタニ製のK-2670ウィンターモードスポルトジャケット

実は、この冬はGORE-TEXジャケットを買ったりしたので、冬用ジャケットは買うつもりは無かったのですが、今年のモデルからスポーツライディング系ジャケットがインナー別体式に変わりまして、一体式のウィンタージャケットがウィンターチームジャケットのみとなりました。インナーが別体式だと当然単独でインナージャケットのみを使用することができるわけですが、クシタニのインナージャケットって何となくオシャレっぽいんですよ。

当初はインナージャケット単独で使用、あるいは夏用ジャケットのミューラージャケットとかを冬でも使いたい!って思ってましたので、今年の年明け早々、地元のクシタニショップに行ってホワイトグースダウンジャケットを見に行ったのですが、あいにく目的のサイズが完売状態。しかたなくクシタニオンラインでホワイトグースダウンジャケットをぽちって見たのです。しかしながら、どうみても小さい…他のウィンタージャケットのインナーよりも明らかにタイトなんですね。

仕方なくインナージャケット目的で、またまた地元のクシタニショップに行き、試着の上、きちんと着用できることを確認した上で普通のウィンタージャケットを購入することになってしまったというのが本当のところではあります。

せっかく買ったので、インナーのみで使用するのももったいないので、これも使うことにして、さっそくインプレ。

2017年春夏モデルのモードスポルトジャケットと並べてみました。デザインはほぼ同じです。どちらにも肩から胸にかけて、ジャケット本体の色と同系色で「MOTO PERFORMANCE」の文字が入っていて、一応リフレクター的な扱いとなっていますね。

生地については、秋冬用のほうが防風性確保のためかややゴワゴワした質感ですが、バリバリに硬いということはありません。あくまでも春夏用と比較しての話です。

また、賛否両論なのが、腕のロゴ。

これ、かなり派手です。(笑) 嫌いじゃぁないですけど。
クシタニ製のジャケットってどちらかと言えば、ちょっと落ち着いた感じで、見るからにライディングウェア然としてないところがある意味特徴だったりしたのですが、昨年モデルあたりから、スポーツ系ジャケットは「MOTO PERFORMANCE」推しが半端ないですよ(笑)嫌いじゃぁないですけど。胸にガッツリとSIM○SONとかYE○○WCONEとかが入っているよりはよっぽどいいとは思います。最近ではあのGOLDWINも「GWN」などというロゴを胸のところに入れてますからね。

他の部分はというと、

肩と腰のところの富士山マーク。これも定番のアイコンです。背中にも特に派手なロゴとかは入っていませんね。クシタニがおしゃれと感じるのもこんなところです。

さて、問題のインナージャケットですが、

今シーズンの他のウィンタージャケットと同様、キルティング生地がX型に縫い目が入っています。中綿が落ちにくいということなのですが、細かい模様の方が確かに中綿は落ちにくいでしょう。しかし、保温のカナメともいうべき中綿の絶対量はやや少なめかも。あまり中綿を増やすとアウターとのバランスがが崩れますし、なによりもモコモコになってしまい、体を大きく動かすシチュエーションでは動きにくくなることを嫌ってのことだと思います。両サイドにもポケットがあり、普段使いには全く問題なさそうなのですが…

内側はすげード派手でした。嫌いじゃないですけどね(笑)

問題の性能は結論から先に言いますと、正直言って昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットの方が防寒性能は高いと思われます。

気温6℃、着衣はウィンドストッパーインナーシャツのみ着用し、コイツを着て走ってきました。天気は晴れでしたが、かなり強風が吹き荒れるような天気でした。
まず、感じるのはウィンターヴィターレと比べると、全体的に冷えやすい…何となくですが、防寒性は明らかに劣化しているように感じました。また、ウィンターヴィターレと比べて全体的にタイトな仕上がり。腕周りもきついように感じました。そのため、保温空気層が確保されにくく全体的に寒く感じるのではないかと思われます。また、ゴアテックスショートジャケットと比べてみてもゴアテックスショートジャケットの方が明らかに暖かいのですが、インナーがゴアジャケはダウンなのに対して、ウィンターモードスポルトジャケットが化繊ということでの違いが出ているのかもしれません。ただ、防風性はタイトなだけあって寒風が中に入りにくいということが挙げられます。防風性能は他のジャケットよりも優れているように感じます。

あと、このレッドツイルという色なんですが、改めて投稿した写真を見てみると、かなり派手な赤色に見えますが、実物はかなり落ち着いた赤色でえんじ色に近い色味で、決して派手ではありませんよ。逆に若者が着るとおっさん臭いと言われかねないような色味です。

Arai ASTRAL-X






アライのツーリング向けヘルメット、ASTRAL-X
同じくアライヘルメットの最高峰であるRX-7Xも持っていますが、RX-7XとASTRAL-Xとどう違うのか?

ASTRAL-XはASTRO-IQやASTRO-PRO SHADEの後継として2016年に発売された、ツーリングでの使用がメインであるライダー向けのトップクラスの製品です。発売からすでに2年近く経過しており今更感も否めないのですが、普段使いしているアストロプロシェードの後継モデルということで、気にはなっていましたが、なかなか購入には踏み切れませんでしたし、気になるグラフィックモデルが発売された後も、Amazonなども時々はチェックしていました。しかし、なかなか価格も下がらないし、そうこうするうちに、欲しかったグラフィックモデルが、ひょっとするとディスコンになるかもしれない…という噂も耳にすることもあったりして、思い切って近くのライコランドで購入。なお、在庫分はサイズも限られており、XLサイズも無いかもしれないという状況で、代理店を何店舗かあたってもらい、ようやく入手することができました。

このCURVE BLUEというカラーリングにある意味一目ぼれしたので、思い切って購入したわけですが、実はフルフェイスヘルメットのグラフィックモデルってあまり買ったことがありません。これまではほぼ単色モデルばっかり買っていたのですが、カッコいいグラフィックモデルが発売されたから買ったというのが本音のところです。

プロシェードを下げた状態。新型シールドのVAS-Vプロシェードシールドシステムと比べてアストロプロシェードのスーパーアドシスIプロシェードシステムよりもアウターバイザーが大型化、形状も丸みがなくなりやや角ばった形状になっています。そのため、前作よりもアウターバイザーが被る範囲が広がり、よりバイザーとしての効果は高くなっています。
また、アウターバイザーを動かす際もいったん手前に引き出すという手間がなくなり、ラッチで止まった位置でロックがかかるようになっています。前作ではバイザーを動かした際は手前側にグッと押し込まないとロックがかかりませんでしたから、使い勝手も良くなっています。



帽体は、パッと見た目はRX-7Xと同じに見えますがややRX-7Xの方がやや小さく、シェル自体もこれまでのPB cLcからPB SNC2というRX-7Xと同じものに変更されています。おそらく帽体はほぼ同じものと思います。

一番の違いはベンチレーションの形状で、よりツーリングに適した形状に変更されています。
アストロ系と同じような形状ですが、ダクトの開閉機構がシーソー式(ボタン式)からスライド式に変更され、エアーの入り口がシャッター形状になっています。RX7-RR5はシーソー式でしたが、RX-7Xも形状こそ異なりますが、同じくスライド式に変更になっています。確かにシャッター付き形状の方が、閉めている限りは走行中に虫とかゴミとかがインテークに入りこんでくる事はなくなりますから、ある意味理にかなっているのかもしれません。しかし、一番のメリットはシーソー式だとインテークの穴を上から蓋で抑えているだけなのに対して、シャッター式だと空気自体がインテークに入り込むこともないので、蓋が浮き上がることもありませんし、ノイズの低減にも効果がありそうです。

ASTRAL-Xの内装

RX-7Xの内装

内装に関してもRX-7XとAstralではほぼ同じで、外観からの違いは判らないレベルです。

実際の使用では、RX-7XがSSなどのかなり前傾したバイクに乗ることを想定している作りで、実際、MT-10のようなネイキッドバイクで比較的前傾度が弱いバイクに乗っていると、頭部ベンチレーションの効きが今一つ。やや下向きに顔を向けた姿勢だと、かなりエアーが入ってきます。
逆にASTRAL-Xはと言うと、ネイキッドバイクのような直立に近い姿勢でもかなりインテークから風が入ってきます。ASTRAL-Xはさすがツーリングモデルだけあって、ネイキッドバイクやツアラー、アメリカンなどの前傾度の弱いバイクに向けたモデルだと思います。

ただ、頭頂部のエアインテークのスライド方式は正直言ってあまり使い勝手が良いとは思えません。シーソー式だと走行中でもボタンを押すだけなので比較的簡単に開け閉めしやすいのですが、スライド式は操作レバーがやや硬めということもあるのと、指で前後に動かすという操作なので、ワンタッチというわけにはいかないのです。なので、走行中に開け閉めするのはお勧めできません。ボタン式でシャッターが開け閉めできるような形式の方が使い勝手は良いのではないかと思われます。

これまでASTRAL-XはASTRO PROSHADEの後継モデルかと思っていましたが、実際使ってみると、単純な後継モデルではなくRX-7Xのツーリング向けモデルであると改めて認識しました。SSのような前傾度の強いバイクに乗っていないというのであれば、ASTRAL-Xの方が絶対お勧めです。

ヘルメット改修






ヘルメット改修!
長年使用しているフルフェイスヘルメット、Arai ASTRO PROSHADE COMMANDモデルですが、まだまだ現役で使うために若干改修しました。
帽体のトップ部分には水抜き穴があるのですが、通常ですとプラパーツで塞がれています。このプラパーツを外して通気口とし、シャッターを付けました。
同じくAraiのRX-7Xには標準で付いていますが、そのRX-7X用パーツを取り付けました。

天辺にちょんまげが付いたような(笑)
このヘルメット、帽体がほかのAraiのフルフェイスヘルメットと比べて若干小さいようで、なかなかベンチレーションも優秀なのです。とは言え、RX-7Xよりはベンチレーション性能が劣るような気がしないでもないので、更にベンチレーション機能を高めるための改造でした。

ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)