MT-10 タイヤ交換




MT-10のタイヤ交換しました。新車から3セット目です。

今回も前回同様、METZELERのROADTEC Z8 INTERRACTとなりました。前後同時交換です。

まだまだ象さんまで届いていませんねぇ(笑)
前回は新車装着タイヤであった、BSのS-20から8,000㎞で交換。今回は19,000㎞で交換となりましたから、11,000㎞で寿命を迎えたことになりました。

ほぼほぼSSのエンジンとパワー、重量はむしろSSよりも重いということを考えると、11,000㎞というのは、まぁよく持ったほうかなとは思います。

さて、Z8の使用感ですが、接地感はS-20の方が上、大した違いはないと思いますが、どちらもスポーツツーリングタイヤなので、大きな差は感じられませんでした。
ライフについては、Z8の方が上。さらに言うと、S-20の時よりもバイクに慣れたせいもあって、Z8の時の方が過激な走行(あくまでもS-20時代と比べての話ですが。)や高速道路の使用比率が圧倒的に多かったにもかかわらず、ライフは長かったということからも、ツーリングメインで使用する、私のような使い方であれば、Z8で十分とも言えるわけでして、今回も190/55というSS御用達のようなサイズでもラインナップされており、かつ最安値で買えるという理由から、同じタイヤにしたというわけです。
また、特に今回感心したのが、ライフ終盤時のタイヤ特性。これまでに使ってきたタイヤたちは、残り溝が30%くらいになってくると、明らかにフロントが切れ込んでくるような挙動が急激に出始めていたのですが、Z8だと最後の最後あたりでようやくフロントの切れ込みが始まるという感じでした。そのため、タイヤライフに無頓着になってしまい、気が付けば、リア側はタイヤのベルト層がうっすらと見え隠れしているまでになっており、実のところ慌てて交換したというのが本当のところ。また、減り方も段減りや片減りもなく、きれいにまるく減っていたこともあって、気づくのが遅れたということもありました。

それだけ最後まできちんと使えるタイヤということでもあるので、次回もMETZLEREで。ということで同じタイヤとなりました。もっともいろいろなタイヤを試したほうが楽しいとは思いますけどね。


セロータイヤ交換




セローのリアタイヤが3分山になってしまいましたので、交換しました。前回と同じ、IRCのGP-22です。このタイヤは、HONDAのCRF250Fの純正タイヤにも採用されているオンオフ両方でそこそこ使えるタイヤとしても有名なタイヤです
なお、この手のタイヤとしては、DUNLOPのD605とか、BRIDGESTONEのTW302あたりが同等品で、ちなみにセローの新車装着タイヤはBRIDGESTONEのTW302ですね。また、セローの特徴である、リアタイヤがチューブレス仕様であるという点についても一般的に入手しやすいのが、この3点ということになります。

いずれのタイヤについてもセローに装着してきましたが、これらの中で、オンロードとオフロードのいずれもで比較的使いやすく、かつ、ライフもそこそこといったことから、今回もIRCのGP-22を選択しました。ちなみに、私のようなほぼオンロードでときどき林道といった使い方では、どのタイヤを選んでも大差はないと思います。ちなみに、交換前のGP-22のライフですが、約7,000㎞で3分山といったところでしょうか?GP-22の前のD605ではライフはほぼ同じでした。ガチのトラ車的な走りをするのであれば、IRCのTOURIST一択となるのでしょうが、コンパウンドがかなりやわらかいため、一般道で走るとリアがふにゃふにゃと左右に暴れるように感じてしまうことと、タイヤの形状の問題から、無理なバンクをかけられないといった問題もあり、私のようなオンロードメイン、ときどきオフロードというような使い方では、TOURISTは宝の持ち腐れというものです。

交換したリアタイヤ。IRCのGP-22。まだタイヤにマーキングが残っています。

GP-22の特徴である、左右非対称パターン。この位置から見るとよくわかります。

ヒゲ取りも行っていません。来週あたりにでも近所の林道に行って慣らし兼ヒゲ取りに行ってこようと思います。

クシタニ2019年の福袋




今年も買ってしまった…というか昨年末ですね。クシタニのオンライン福袋の発売は。これまでは5万円、3万円の福袋でも発売開始から数時間程度は買えましたし、10万のものは2日~3日はまだ買えたのですが、昨年末は事前告知があったためか、瞬殺でした。幸い私は5万円のものを買えましたが、いったん決済してもう一度他のものを買おうかと思って再度のぞくとすでに全品全サイズ売り切れ!おそらく5分以内には売り切れたと思われます。
なんでそんなに人気があるのか?
当たり前ですが、通常価格で買うより圧倒的に安いからなんですが、おそらく転売ヤーあたりも跋扈しているのでしょうね。
ちなみに、クシタニ製品は現在東南アジアで大人気だそうで、特にインドネシアとか台湾あたりでは、クシタニ製品を着ていることがある種のステータスなんだそうです。

話は戻りますが、購入した5万円福袋、以下のものが入っていました。

k-0678 ステムジャケット…70,000円
k-1886 Eワークウォームパンツ…21,000円
k-1897 Eワークコーデュラパンツ…18,000円
k-4410motogp マフラータオル…2,500円
kg-11c ステッカーキット…1,000円
k-4093 富士山レザーキーホルダー…1,000円
合計113,500円

以上のものが入っておりました。5万円で2倍以上の価格のものが入っているのですから、お得って言えばお得ですね。特に今回、5万円にもかかわらず、レザージャケットが入っていたのでアタリだったと思います。

k-0678 ステムジャケット
k-1886 Eワークウォームパンツ
k-1897 Eワークコーデュラパンツ

テキスタイルジャケットが入っていなかったのですが、正直テキスタイルジャケットはあまり必要としていなかったので、本当にラッキーでした。

またパンツが春夏用と冬用の2本入っていたので、これまたラッキーでした。このパンツはライディングパンツらしからぬスタイルなので、普段履きとしても重宝しています。
色合いが派手めなのですが、デザインともどもカジュアルな感じなので、結構気に入ってます。

クシタニ P-4444ラウンドファスナーウォレット


横浜のみなとみらいです。JR桜木町駅から赤レンガ倉庫までぶらぶらと歩いていきまして、クシタニパフォーマンスショップ横浜に行ってきました。地元のプロショップと異なり、パフォーマンスショップ限定品があったりして、ライディングウェア以外の小物なども売っていたりします。




目的があって行ったわけではなく、何となく行っただけでしたが、パフォーマンスショップ限定品のロングウォレットを買ってきました。要は長財布です。

サファイア・ヌメっていう色ですが、なかなか珍しい色で、革の財布では珍しい色だなって思って買ってきました。


しっかりとスラッシュマークが入っていてクシタニアピールしてます。
さてさて、今後どのようにエイジングしていくのか楽しみ!

栃木福島を結ぶ林道の現在





久しぶりにセローの話題
結局、今シーズンはロクに林道に行くこともせず、SRばっかりに乗っていましたが、そのおかげでセローのバッテリーが怪しい状態になってしまいました。ってことをこの前のブログで書きましたが、バッテリー充電器の調子もなかなか良く、今年最後のつもりで栃木福島県境の林道の様子を見てきました。
1 県道栗山舘岩線(旧田代山林道)
こちらの道は7月29日から台風による路肩崩落により通行止めとなっていました。また、解除見込みもたっていません。
2 林道川俣檜枝岐線(旧帝釈山林道)、馬坂林道(馬坂林道のうち、栗山舘岩線分岐から川俣檜枝岐線分岐まで)
こちらもゲートによる封鎖でした。

要するに、いずれの道も通行止めという状態です。しばらく写真をとったりしていましたら、馬坂林道のほうから爆音が聞こえてきまして…

どうやら、川俣湖側から入られたCRFとWRの方々が姿を現しました。

通行止めゲートの内側から山神様の鳥居を見る。

脇、思いっきり甘いです。ここを通れと言わんばかりの甘さ。

CRF、WRのご両人としばし雑談と情報収集。川俣湖から入ってきたということは、川俣檜枝岐林道分岐部と川俣湖側入り口の間で発生した法面の大規模崩落は復旧しているということでしょうか?ちなみにご両人は大規模崩落の話には及びませんでした。おそらく道路そのものは通行可能となっているものと思われます。

いずれにしても、川俣檜枝岐林道は、砂防ダムの先で法面崩落により通行止めという情報だけは得ていましたから、せめて分岐部から砂防ダムあたりまで行くことができればラッキーくらいには考えていましたが、ご両人がおっしゃるには、分岐部の手前で倒木。簡単には通れないよ!との悲しいお知らせが!
せっかくだから、行ってみれば?というお誘い…というか誘惑もありまして、行ってみました。

無理!
確かに腕があれば行けそうですが、腕もないし、下手したら遭難だし。でも二人以上であれば行けそうですよ。確かに!

ご丁寧にスロープまで用意されていますしね。あの二人はここを超えて来たのでしょうから。でもソロで行くほど私もバカじゃないんで、今回はここまでで素直にUターンしました。

ちなみに、田代山林道の分岐点からここまでの間、野生の猿をたくさん見ました。おそらく20頭以上。なかには母猿に掴まった小猿もいましたよ。知らん顔してゆっくりと通過しましたが(笑)

3 安が森林道

こちらについても、一昨年の豪雨で路面崩壊、路面欠損、法面崩落などで通行止めになっていましたが、こちらの様子も見てきました。

以前は、単純な据え置き型バリケードのみでしたので、簡単に入れましたが、現在ではかなり強固なバリケードに変わっています。正面突破はおろか、横方向も空中部分までバリケードが飛び出ています。(写真バリケードの左側。)

ちなみに以前のバリケードはこんなものでした。

位置的には、以前のバリケードがあった場所と同じところ。
ちなみに前回来たときは、バリケードの先がこのようになっていました。


今回はこの崩落した岩やガレキは片付けられていたようですが、折れた木や細かい枝などは道路わきのスペースに寄せられており、いづれは片付けられるものと思われます。


なお、この安が森林道ですが、他の方の情報によれば福島側も路面崩落や法面崩壊などで通れなくなっており、道路自体が廃道レベルで復旧の見込みが立たないからではないかと思います。
馬坂林道がかなり「ぬるい」バリケードなのは、崩壊レベルが言うほどひどくなく、仮に入り込まれても、危険は少ないからと判断しているのではないかと考えるわけです。しかし、安が森林道の扱いを見ると、絶対に入れさせないという行政の強い意志を感じさせます。なので、本当に入り込まれては困るという決意の表れと考えてよさそうですよ。

栃木と福島山越えする3本の林道ですが、2018年現在、全て通行止めという大変残念なお話でした。

あと、気になるのは、この林道群ですけど、今後復旧するのか?ってことですが、個人的には安が森林道はこのまま廃道になるのかなと思います。

旧田代山林道は意地でも復旧させるでしょう。なにせ県道だし、これまでの舗装化を振り返るとこのまま廃道ってのは考えづらいと思うのです。また、田代山登山口への道でもあり、マイクロバスくらいまではこれまでも走ってましたし。

旧帝釈山林道は正直微妙かなと。 舗装化は全くされていませんし、途中かなり橋梁が存在しているのがネックになるのでは?と感じています。

ただ、旧田代山林道と旧帝釈山林道の福島県側は少なくとも登山道入り口までは復旧させると思います。福島側からの方がアクセスが良いというのが一番の理由だと考えています。

いずれにしても、オフローダーの聖地とまで言われているこれらの林道ですが、愛好家にとっては3本ともに完全復旧していただきたいものです。