クシタニ EX-5213 EXハイドグローブ

クシタニ製のグローブは比較的ユーザーからの評価も高く、特にツーリンググローブなどでは、派手なプロテクターも装備されているわけでもありませんが、縫製の丁寧さや絶妙なプロテクター配置などとあわせて操作性の良さも高評価の要因ですね。
ライダースグローブなどは特に価格もリーズナブルで派手なプロテクターも装着されておらず、地味な存在であるにもかかわらず、素材自体の柔らかさと絶妙なフィット感などから、ほかのメーカー製グローブと比較しても勝るとも劣らないと思います。

また、クシタニには旅するライダー向けのブランドである「EXPLORER」というものがあり、エクスプローラージーンズなどがこのブランドのメイン製品となっています。
エクスプローラージーンズはこのブログで何度も紹介してますが、洗える革パンとしてクシタニを代表する製品ですね。そのエクスプローラージーンズに使用している皮革を使用したグローブがあり、それがこのEXハイドグローブです。
なお、このグローブにはバリエーションモデルとしてOutDryメンブレンを追加しているEXアウトドライグローブと、メッシュ生地を組み合わせたEXエアーエフェクトグローブというものも販売しています。

購入したEXハイドグローブはご覧の通り目立ったプロテクターも装備されていませんが一番の特徴は前述の通りエクスプローラージーンズの生地を使用しているということ。
どういうことかと言いますと、雨に濡れても大丈夫という事に尽きると思います。
一般的な皮革製グローブは雨に濡れることがご法度なのに対して、このグローブは雨に濡れることを前提として設計されていることという点です。
グローブで一番求められる性能は操作性と転倒時の安全性の確保ということになると思いますが、この製品は雨に濡れても操作性が悪化することもないし、濡れた後のメンテナンスも通常の皮革を使用したグローブよりもはるかに簡単…というか放っておいても大丈夫というところだと思います。
更にエクスプローラージーンズの生地で作られているということですので、洗濯機で丸洗い可能という事なのです。

インプレッションですが、革グローブなので防風性はバツグン。手のひら側には小ぶりながらプロテクターも装備されていますので、転倒時も製品自体が皮革製とあって安心感も高め。
人差し指先端と親指先端には導電性のある皮革を採用しているので、スマホなどもそのまま使えます。
とにかく、エクスプローラージーンズの生地を使用したグローブということで、一般的なツーリンググローブとして使えるほかレイングローブとしても使えるので、天候を気にせず使い続けられるという事が一番のメリットとなるのではないかと思います。
ただし、レイングローブとしても使えるといっても、内部に水が入らない「完全防水仕様」ではないという点だけは注意が必要かもしれません。

クシタニ EX-2271 エクスプローラージャケット

クシタニ製の「ジーンズのような見た目で実は革パン」というエクスプローラージーンズ。この製品のコンセプトに合わせたライディングャケットがEX2271 エクスプローラージャケットです。

エクスプローラーシリーズのコンセプトは「冒険者」とのこと。バイクに乗るということは何もレースなどでコンマ1秒を削ったり、単に移動手段としてバイクに乗るということだけでなく、特に趣味としてのバイクに乗るという事を考えるとツーリングといういわゆる「旅」をするというのを目的とする人たちも多いと思います。特にここ数年では大型バイクに乗る人も多くなり、非日常を味わうためにバイクに乗るという人も多くなってきたと思います。

エクスプローラーシリーズの製品群を見てみると、いかにもライディングギアといったようなジャケットやパンツではなく、普段着からの延長、または「旅」するにあたってのギアといったようなラインナップとなっていると思います。

特に注目したいところが、日常性といった普段使いしても違和感のないウェアとしての機能と防水性や皮革としての身体保護性などのライディングウェアとしての機能を融合させているところがポイントとなっていると思います。

エクスプローラージーンズについてはこれまでにご紹介しましたが、エクスプローラージーンズに合わせたジャケットとして発売されている EX-2271 エクスプローラージャケットを購入しましたので、今回改めてインプレッションをご紹介してみます。

EX-2271 エクスプローラージャケット

見た目はライディングジャケットというよりは、ちょっと大き目なジャケットといった感じです。ただ、ほかのクシタニ製ライディングジャケットとは異なり、防水機能に結構工夫がされています。

胸ポケット

腰ポケット

いずれのポケットもタブだけではなくファスナーが付いており、雨水の浸入をできるだけ防ぐような工夫がされています

前身頃の首回り

ファスナーで閉まる構造ですが、ベルクロとホックでファスナー裏と表を留める構造、かつ一番表側生地は雨水の浸入を防ぐ返しが装備されています。これだけを見ても合わせからの浸水にはかなり入念な対策が施されているように見えます。

袖回り

ホックで留める作りですが、

半分はゴム入り。なので袖口からの浸水対策もなされています。

背中のエアアウトレット。蒸れを排出できるような作り。ただ、この部分についてはゴアテックスジャケットのようにファスナーで塞げるようにしてほしいと思います。ただし、ゴアテックスジャケットに装備されている腕周りのインレットがエクスプローラージャケットにはありませんので、省いたとも考えられます。

ドローコード部分。

他のクシタニ製ライディングジャケットと比較してもかなり大き目な作りなので、腰回りをドローコードで絞め込むことができる作りとなっています。

また、かなりサイズ感が大きいと書きましたが、中にインナーとして冬用ミッドダウンなどを着こみやすく、ウィンタージャケットとしても十分使えると思います。

実際の使用感ですが
かなりサイズ感が大きいので、ゆったりとした着心地。また、デザインも「いかにも」といった感じではないので、普段使いでも通用します。
生地は比較的薄めですので、軽い着心地で体も動かしやすいです。また防風性はあまり高いとは感じません。これは後ろ側のエアアウトレットが閉じられないことと、首回りがゆったりとしているので、風が通りやすいのかもしれません。
ただ、非常にゆったりとしていますし、中に着こみやすいことから使い勝手は良好です。さらに、デザインもオーソドックスなデザインであるため、どんなバイクでも合わせやすいと思います。
やはり、エクスプローラージーンズと組み合わせた時が一番しっくりとくる一着であると思います。


一つだけ気になった点ですが、ほかのクシタニの防水を謳っているジャケットには、初期耐水圧とか透湿性というのが記載されており、アクアジャケットだと初期耐水圧30,000㎜、透湿性19,000g/㎡/24h。コンテンドジャケットやフィンジャケットでも、初期耐水圧10,000㎜、透湿性3,000g/㎡/24hなどと記載されていますが、このエクスプローラージャケットには記載がありません。防水性にこだわった製品なので、問題ない数字だろうと期待はしていますが、ちょっと気になりますね。

おまけ
ちなみに、以前売られていた、私が購入したクシタニ最後のゴアテックスショートジャケットとかだと初期耐水圧45,000㎜以上、透湿性20,000g/㎡/24hとカタログには記載されています。

クシタニEX-1216M エクスプローラーメッシュジーンズ




昨年、クシタニの代表的な製品でありますエクスプローラージーンズを購入しましたが、これが予想以上に快適でありまして、革パンの安心感とジーンズの普段着感、更には、革製品ならではの防風性や透湿性、またこの製品独自の防水性など、プライスタグを見ると決して安くはないのですが、製品そのものの品質は間違いなく、買って大正解な製品でした。

ただ、所詮革パンですから、風を通すことはなく、昨年も真夏の暑い時期では普通のメッシュパンツやらライディング用ジーンズであるクシタニ、エドウィンコラボ製のEコーデュラパンツなどを履いていましたが、エクスプローラージーンズの快適さには敵わず今年も奮発してエクスプローラージーンズのメッシュ版を購入。

安くはありませんが、繰り返しになりますが、革パンであること、再染色ができること、カジュアル感が強いこと、特に、この製品は非常に長持ちすることでも有名で、10年以上使い続けることも可能なので、革パンとして考えても決して高い商品ではないと思います。

右が昨年から使っているエクスプローラージーンズで、左側がエクスプローラーメッシュジーンズ。サイズはいずれも36インチサイズ。いずれもオールドブラックという濃紺色です。右側のエクスプローラージーンズはやや色あせしていますが、いい感じでエイジングされているといったところでしょうか。ガンガン洗濯機にぶち込んでいるので色あせもやや早めかもしれません(笑)
再染色可能なので色あせは気にしていません。
見た目は同じです。サイズ感も全く同じ。メッシュの方はやや裾を長めにしています。

裾の調整は購入店で購入時に多少時間があればその場で修正してくれます。なお革パンなので、一般的な洋服のリフォーム屋さんに持ち込んでもできないと言われる可能性が高いので、購入時に裾上げを頼んだ方が手間がかかりません。

裾の仕上げと裾の内側からの見た感じと外側から見た感じ。結構細かくメッシュが入ってます。そのため皮革自体の強度は多少落ちているかもしれませんが、気にするほどのこともないと思います。逆にメリットとして通常のモノよりも一段と革が柔らかく感じます。もっとも通常のエクスプローラージーンズも十分柔らかいのですがね。

前回も書きましたが、デザインはご覧のように昔ながらのジーンズそのものです。なので、全体的に幅広でぼてっとした感じ。ザ・ジーンズといったところでしょうか?昨今の流行からするとスキニー系が大流行ですが、そのようなモノがお好みの方用にエクスプローラーネオジーンズっていうのが今年に発売されました。おしゃれに着こなすのであればそちらの方が良いかもしれません。

でもまぁ、最近のライダーは高齢化が進んでいるので、昔ながらのカタチの方が中高年には似合うっているのではと我ながら思ってしまいます。特に私のようなメタボな人も中高年には多いですし(ちなみに私もバリバリの中高年です…笑)

色合いを比べてみました。奥側が1年半使用、洗濯機でガシガシ洗った通常のエクスプローラージーンズ。手前側がまだ未使用状態のメッシュ。
こうしてみると、結構色あせしてますね。それがまた良いのですが。

エクスプローラージーンズを購入する際に注意していただきたいことがあります。それはサイズ感。私は普段ユニクロとかエドウィンとかの一般的なジーンズを買う時は34インチでちょうどいい具合で35インチだとかなり大きめで、ベルトできっちり締めても生地が余るくらいでみっともないことになってしまいます。なので初めて購入した時は35インチでも良いかなと思っていたのですが、クシタニ水戸店の店長さんに36でも怪しいかもと言われました。
え~!?と思ったのですが、実際のところ35では全然ダメで36でジャストサイズ。
まぁ痩せろってことではありますが、エクスプローラージーンズに関して言えば、普段履きしているジーンズ…特にユニクロとかエドウィンとか…よりも確実にタイトです。ちなみに、同じクシタニで売っているクシタニエドウィンコラボのパンツに関しても一般的なエドウィン製品と同じで、エドウィンとのコラボ製品だと35インチでもかなりブカブカという状態です。
また、股下寸法についても一般的なジーンズよりもかなり短め。私のような胴長短足な、ザ・日本人という体形の人ならまだしも、昨今のモデルのような体形な人(やせ型、高身長)だと股下の長さが寸足らずとなる可能性もあります。
あともう一つ。裏情報として。オンラインショップにもカタログにも記載されていませんが、37インチの製品も実は存在しています。今回も購入時に通常版の37インチも試着しましたが、これだと私には大きすぎでした。36インチが履けない~って人ももしかしたら履けるかもしれません。
なので、初めて購入される方は絶対に試着されることを強くお勧めしておきます。

ただ、何度も言うようにモノ自体は非常に良く出来ており、10年~15年普通に使えるクオリティなので、買って損は絶対ないと思います。

クシタニ エクスプローラージーンズ






クシタニ エクスプローラージーンズ

ある意味クシタニ製品の代名詞となっている、エクスプローラージーンズです。見た目は普通のジーンズですが、実は表皮が牛革でフッ素加工が施されています。一番の特徴は革なのに防水性があること、自宅で丸洗いができることです。使い勝手は一般的なジーンズと同じですが、当然革なので、一般的なデニムと比較しても強度が全く異なりますし、ライディングパンツとしても革ならではのニーグリップしやすく結果として疲れない優れモノ…などと言われています。

ボタンのEXロゴだけでなく、ファスナーにもEXのロゴが入っています。

このように見た目は普通のジーンズです。

しかし、裏側を見ると、完全に皮革です。また、画像でわかるように、かなり丁寧な鞣しが施されています。

後ろポケットはクシタニらしく、富士山を模ったステッチが入っています。ただ、デザインそのものはやや古さを感じさせます。しかしながら、この写真で見てもお判りのように、表皮はデニムそのものに見えます。

購入したのはオールドブラックという色ですが、かなり濃いブルーに見えます。

後ろ側は膝裏のあたりで上下に生地を繋いでいますね。

こっちのほうが分かりやすいかも。

良い点と悪い点ですが、

良い点としては、さすが牛革を使用しているだけあって、一般的なジーンズよりも信頼性があります。万が一転倒したとしても、簡単にはボロボロになることもありません。また、エクスプローラージーンズ最大の特徴である、水濡れしても染み込まないため、一般的な革パンに比べて色むらや色落ちないことが挙げられますが、一番はやはり長持ちすること、それと再染色可能なことでしょう。ユーザーのブログとかを見ても、エクスプローラージーンズの前身であるカントリージーンズを5年10年使い続けておられる方が大変多いと言う点でしょう。革はやはり長く使い込むことでより使いやすくなりユーザーにフィットするという特徴がありますので、多少高くても良いものを長く使うということが、一番の特徴であると思います。

逆に悪い点、というか気になった点ですが、革を使用しているということで仕方ないのですが、まず最初に感じるのは全体的に重いこと。使っている革が厚みがあるということも大きな理由ではあると思います。しかしその分頑丈であると割り切ったほうが良いかもしれません。なにせ10年スパンで使うことを想定していますので、どうしても革の厚みは仕方ないと思います。次に、単純に高いこと。悪く言えばたかだかジーンズに6万円もかけるのか?という点。これは考え方次第なので、私は内容を考えればむしろ安いと思います。10年使うことを考えれば年間6000円で安全と快適さが買えると思えばむしろ安いのかもしれません。最後は好みなのでなんともいえませんがデザインが全体的に古臭いと言う点。それこそ昔のザ・ストレートというダボっとしたやや昔風のデザインです。ただ、長期間使う前提であれば流行り廃りを追わない、定番とも言えるデザインが逆に新鮮に写るかもしれませんが。

ただ、やはり、とどのつまりジーンズですから、どんなバイクでもそれなりに似合うというのは大きいと思います。SSでもネイキッドやクルーザーでもオフ車でもこれを履いておけばとりあえずは間違いありませんし、ジャケットもよほどのものでない限り、違和感を感じないということは日ごろからバイクを使っているユーザーからしたら、大変ありがたいことだとも言えますね。