NEOPASA清水に行ってきました





ゴールデンウィーク前の土曜日、このところツーリングらしいツーリングに行けてなかったのですが、久しぶりに日帰りロングツーリングに行ってきました。

いつもは栃木福島方面に行くことが多いのですが、今回はNEOPASA清水のクシタニパフォーマンスストアに行ってみたいと思い、ひとっ走りしてきました。

http://www.kushitani.co.jp/shop/store_shimizu/index.html

水戸から片道およそ250㎞。往復500㎞程度。日帰りツーリングとしてはまぁまぁの走りごたえの距離です。

常磐道~首都高~東名~新東名を通り、9時前出発で途中数度の休憩をはさみながら、のんびりまったり走行で13時30分ころに到着。

NEXCOのではPAの扱いですが、かなり大きい施設で下手なSAよりも大きい施設でした。

目的の一つであるクシタニパフォーマンスショップですが、最新のウェアはもちろん、カタログ落ちした過去の製品も多少置いてあり、私が使ってる昨年モデルのモードスポルトジャケットのキャメルカラーがあったりして、地元のクシタニプロショップとは当たり前ながらすごい違いです。また、財布やパスケース、キーホルダーなどは限定モデルも数多く販売されていました。

しばらくPAエリア内をぶらぶらした後、新東名清水JCから東名に戻り、由比PAで襲い昼食。

さくらえびのかき揚げうどんとミニマグロたたき丼。さくらえびかき揚げうどんは海老の香りがなかなか利いており美味しくいただきましたよ。

PAの施設の屋上にある展望台からの景色。富士山と海のコラボ

帰りは沼津で一旦下道におりて、箱根新道~小田原厚木道路~圏央道経由で戻りました。今日の総走行距離、600㎞なり!

ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…

栃木県道・福島県道350号栗山舘岩線(田代山林道)






すっかり秋らしくなってきました
今年(2017年)の関東の夏は例年になく雨続きで、なかなか林道ツーリングにも行けませんでした。
しかしようやく秋晴れの季節となり、約1年ぶりにセローで田代山林道に行ってきました。

まずはネット情報で川俣湖畔から馬坂林道に向かいますが、残念ながら通行止め表示。脇が甘くバイクが通行したような形跡は見られましたが、チキンな私は素直に撤退(笑)

一旦旧栗山村役場前まで戻り土呂部経由で田代山林道に入りました。
田代山林道側からの馬坂林道の道路情報板にも通行止め表示。


向かった日は天気も良く、田代山林道分岐のスタート地点に着いたと同時に福島側からセロー軍団に遭遇、更に林道通行中は数多くのオフ車とすれ違いました。


ただ、昨年よりも確実に舗装されている部分が増えています。
何年かするとかなりの部分が舗装されてしまうのではないでしょうか…


最近MT-10ばっかり乗ってたので、セローもたまには乗ってあげないとね。
また、紅葉もここでは始まっていました。

青森ツーリング





今年の夏(2017年)は1993年の「米騒動」と言われた冷夏を彷彿とさせるような天候でした。
とは言え、今年も例年のごとくお盆休みにはいつも通り泊まりツーリングに青森に行ってきました。

昨年は同じ青森とは言え、竜飛岬と白神山地の2泊。今年は2泊の予定を1泊に短縮し八甲田と奥入瀬に。





以前CB-1で同じコースを逆回りで回りましたが、約10年ぶりに訪れた奥入瀬は以前と変わることなく豊かな自然の中をMT-10でのんびり走ってきました。
但し、今年は異常な冷夏と雨。結局、ツーリング中、雨に降られなかったのは青森市内だけ。あとはずーっと雨。


更にお盆休み中ということもあって、帰りには東北道で50㎞の渋滞にハマり、南相馬ではガス欠になりそうになって高速を降りたところ、GSが軒並み閉店という非常に厳しい状況にもなりました。(結局相馬まで戻って何とか給油はできました(笑)