2018岩手・宮城ツーリング




そう言えば、太平洋側ってあまり行ってない…
毎年、夏のお盆休みツーリングでは、ここ数年東北地方の日本海側に行くことが多かったのですが、太平洋側ってあまり、というかほとんど行ったことがありませんでした。
しかし、今年は7月末に笹川流れから山形の酒田方面に行ったし、ということで、お盆休みは岩手宮城の太平洋側に行ってみることにしました。
一つは、八幡平アスピーテラインに行くこと。もう一つは三陸の海沿いを走ってみること。というテーマを決めて行ってきました。

八幡平アスピーテライン

道の駅やまびこ館「閉伊の郷かわい」

金成清水ふれあい森林公園(八戸川内大規模林道)

JR山田線 茂市駅

ざっと1000㎞超えのルーティングでしたが、岩手県の奥の深さを実感したツーリングとなりました。

山形ツーリング




SRで長距離ツーリングに行きたい!
ってことで、新潟~山形の庄内地域にツーリングに行ってきました。

水戸を出発して、下道オンリーで目指すは酒田市。途中福島の白河~会津を経由して喜多方の道の駅きたかたに到着。今年の夏は異常気象で日中はどこに行っても35℃超えです。

喜多方から大峠を越えて米沢へ。米沢から小国町を経由して村上市に向かいますが、途中「道の駅田沢」で休憩

国道121号経由で小国町を通り、村上市に到着。いよいよツーリングのハイライトである笹川流れに向かいます。
笹川流れはここ数年、ほぼ毎年訪れている場所で、特に夕日がきれいな場所です。今回の目的地である、「道の駅笹川流れ」に到着。

道の駅笹川流れは、JR羽越線桑川駅に併設されています。






JR羽越線は新潟から秋田にかけて日本海沿いに沿って走る路線ですが、特に村上以北は笹川流れに沿って線路が敷かれており、日本有数の風光明媚な路線としてもしられていますね。

さすがに下道オンリーでここまで来ると遠くに来たもんだと実感します。今回はSRで来ることが最大の目的でもあったので、まずは目的達成となりました。

さて、SRでの長距離ツーリングですが…
下道で走るのに限れば、おそらく最強のバイクと言えると思います。特に今回のような、通行量も多くなく、60km~80kmで巡航するようなシチュエーションであればなおさらです。シングル特有のパルス感は言うに及ばず、ゆったりとしたコーナリングや、やや心許ないフレームの剛性などすべてがゆったりとした感じであり、バイク自体が「あわてずのんびり行こうよ」と語りかけてくるようです。その気になればそれなりのスピードは出せますが、スピード感とは最も遠い位置にあるバイクであるとも言えますね。

さて、笹川流れを後にして、あとは海沿いを走って本日の宿である酒田に向かいます。

NEOPASA清水に行ってきました





ゴールデンウィーク前の土曜日、このところツーリングらしいツーリングに行けてなかったのですが、久しぶりに日帰りロングツーリングに行ってきました。

いつもは栃木福島方面に行くことが多いのですが、今回はNEOPASA清水のクシタニパフォーマンスストアに行ってみたいと思い、ひとっ走りしてきました。

http://www.kushitani.co.jp/shop/store_shimizu/index.html

水戸から片道およそ250㎞。往復500㎞程度。日帰りツーリングとしてはまぁまぁの走りごたえの距離です。

常磐道~首都高~東名~新東名を通り、9時前出発で途中数度の休憩をはさみながら、のんびりまったり走行で13時30分ころに到着。

NEXCOのではPAの扱いですが、かなり大きい施設で下手なSAよりも大きい施設でした。

目的の一つであるクシタニパフォーマンスショップですが、最新のウェアはもちろん、カタログ落ちした過去の製品も多少置いてあり、私が使ってる昨年モデルのモードスポルトジャケットのキャメルカラーがあったりして、地元のクシタニプロショップとは当たり前ながらすごい違いです。また、財布やパスケース、キーホルダーなどは限定モデルも数多く販売されていました。

しばらくPAエリア内をぶらぶらした後、新東名清水JCから東名に戻り、由比PAで襲い昼食。

さくらえびのかき揚げうどんとミニマグロたたき丼。さくらえびかき揚げうどんは海老の香りがなかなか利いており美味しくいただきましたよ。

PAの施設の屋上にある展望台からの景色。富士山と海のコラボ

帰りは沼津で一旦下道におりて、箱根新道~小田原厚木道路~圏央道経由で戻りました。今日の総走行距離、600㎞なり!

ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…