元ビーフラインの未開通区間が開通

茨城県笠間市から、城里町、常陸大宮市、常陸太田市、日立市、高萩市を経由して、北茨城市に至る元「ビーフライン」、現「ビーフライン~グリーンふるさとライン」の一部未開通区間である常陸太田市上大門町から常陸太田市西河内下町のおよそ3kmの区間がようやく開通となりました。この間の十国峠は十国トンネルで峠越えしています。
開通したのは2020年6月27日。私が訪問したのは7月11日で開通から2週間ほど経過した時点でした。開通したばかりで、また案内の青看も不十分で分かりづらい道ではありますが、ようやく一応当初予定されていた「ビーフライン」が不完全ではありますが一応の全線開通となったようです。
以前にもご紹介しましたが、この道は「緑資源公団」が計画、建設を行ってきましたが、のちの「緑資源機構」が官製談合事件を起こして同機構は解散、林道事業は地元自治体に継承され地元自治体により建設が続けられ、ようやくこの日を迎えました。そのため、青看板や途中にある案内板などには計画図が残されていますが、やや当時の計画とはルートが異なっています。が、おおむね計画通り建設が進められてきました。

SRで走ってきましたが、訪問日はあいにくの天気ということもあって、ほぼ通行車両はありません。しかし、これまで開通してきた道とほぼ同じ規格で作られており、比較的走りやすい道です。

2020/8/23追記

その後、MTで走ってきました。写真の左側の道を行くと以前ご紹介した国見林道です。

今回の開通区間は3.6kmほどと短い道ですが、ほぼ利用価値の無かった旧水府からの区間を含めると使い勝手がかなり良くなりました。

奥只見ツーリング2019年版




ここ数年毎年訪問している奥只見湖をめぐる酷道…もとい国道352号に自宅(水戸)~塩原~南会津~檜枝岐~南魚沼を回ってきました。
例年、いろいろなバイクで行っていますが、今年はNC-700Xで突撃。お盆休み中の倉敷ツーリングに引き続いての出番となりました。長距離ツーリングはやっぱりNCが楽じゃね?ってことです。

例年と異なるのは、いつもなら素通りしているのですが、今年初めて、野岩鉄道の男鹿高原駅に行ってみました。

周りに何にもない駅として有名であり、実際のところどうよ?ってことで寄ってみたのですが、まさに秘境駅。写真に写っている駅のほかには写真の左隣に野岩鉄道の変電所があるだけ。さらに左に行くとヘリポートがありますが、ここ雑草が生い茂っていました。商店はおろか民家すら無いところにある駅でして、なんでこんなところに?って感じの駅です。
おそらく、変電所があることと、このあたりは栃木福島の県境でもあり、相当辺鄙なところには違いないのですが、駅から300Mくらい林道を走ると国道121号、352号、400号の重複区間の部分でして、多少なりとも民家もありますので、災害時の緊急対策用としてヘリポートを整備したのではないかと思われますのでその関係で駅も作られたのではないかと。また、男鹿高原駅自体は栃木県なのですが、となりの会津高原尾瀬口駅は福島県となりますので、境界駅という側面も持ち合わせているのではないかと思います。ちなみに、この駅を通る野岩鉄道ですが、となりの会津高原尾瀬口駅は当初野岩鉄道の管理駅だったのですが現在では会津鉄道の管理駅となります。

男鹿高原駅を後にして、南会津を経由して檜枝岐に向かいます。

つぎに寄ったのは道の駅ひのえまた。
檜枝岐村は尾瀬への入り口としても有名で、また福島県で最も南西部に位置する自治体。ただし、人口減少も半端なく、2019年の推計で561人(Wikipediaより)と福島県内で最も少なく、また人口密度では全国一低い自治体です。まさに秘境。

さてここからが酷道の本領発揮。延々と1.5車線の道が70km以上にわたって続きます。しかも奥只見湖に沿って貼りつくように作られている道なので、くねくねがこれでもかというほどに続きます。

福島新潟の県境である金泉橋。

しばらく走ると、蕎麦の花が咲いていました。

このあたり、冬季は完全に道路が封鎖されますので夏の短い期間しか訪れることができませんし、ここで農業の営んでいる人も普段はここで生活しておらず、夏場だけここで農業を営むそうです。なにせ日本有数の豪雪地帯ですからね。積雪3Mとか4Mとかが普通らしいので。

道端にNCを停めて記念撮影。ここも夏場しか人が住んでいません。案山子がちょっと怖いのですが(笑)

そんなこんなで銀山平到着。

しかし、ここ数年、毎年訪れていますが、ここは本当に良いところですよ。なかなか来づらい場所なので、秘境感もまた半端ないです。

ってことで、日帰りツーリングとしてはやや走りごたえのある500㎞/日となりました。
NCで走ってみて感じたこと。
DCTなので楽って言えば楽ではありますが、タイトコーナーかつ上り下りが続く今回のような道では、かえってマニュアルの方が走りやすいかもしれません。
また、MT-10のような重さは感じませんが、それでもやはり重い。MT-10は重いのですが、運動性能が高いだけあって、ヒラヒラ感が強いため、意外と乗りやすいのですが、NCはただただ鈍重という感じ。これはエンジン特性によることも大きく、4000回転以上が使い物にならないことから、上り坂などでもうひと踏ん張りというのが思うようにいきません。また下り坂では勾配がきついと勝手にシフトアップしてしまうこともたまにあるため、フロントブレーキを多用することになりやすく、そのための姿勢の変化で疲れやすいと言う点があります。やはりNCは一般道や高速メインでの長距離ツーリング、ただし飛ばさないという条件付きで。というのが一番しっくりくると思います。

これまでにこのルートで訪れたバイクたちで一番乗りやすいのはやはりセロー。次にDJEBEL125。その次にSRかな?やはり重量級バイクでこのコースはしんどいってのが本音です。

倉敷ツーリング




今年(2019年)のお盆休みは約5年ぶりの倉敷にツーリングに行ってきました。

倉敷は、学生時代に住んでいた町でありますが、当時は瀬戸大橋はおろか山陽自動車道も開通しておらず、当時の記憶だけでは倉敷インターチェンジから倉敷駅へすら行けません。完全に浦島太郎状態。写真は倉敷駅側から岡山方面に向けた大島交差点の青看、旧国道2号線のモノですが、昔ここの交差点に玉姫殿があったのを覚えている人はそうそういないのではないでしょうか(笑)

駅前のホテルにバイクを置いて、駅前のアーケード街を散策しましたが、アーケード街は残っているものの、店舗が大幅に変わっており、それこそ昔はいろいろな服屋とか雑貨屋とか洋品店などがあったのですが、ほぼほぼ壊滅しており、飲み屋さんや飲食店に変わっていました。

そんなアーケード街の中にある、倉敷らしいお店は健在。そう、あのぶっかけうどんのふるいち。ここは昔ながらのお店として残っていました。

ぶっかけうどんと言えば、今では丸亀製麺が有名ですが、元祖ぶっかけうどんはこのふるいちですね。やや甘めの濃密な「たれ」をうどんにほんの少しだけ「ぶっかけ」てずるずるとすするのですが、やっぱりぶっかけうどんと言えばふるいちが一番だと今でも思いますよ。

その後現地の友人と久しぶりの再会を祝して、近くのスナックで軽く一杯ひっかけてホテルにて就寝となりました。

翌日は、朝早くに起きだして、美観地区に向かいました。

美観地区の倉敷川沿いにNCを止めて記念撮影。その後、水島地区(当時住んでいたところ)や児島地区(学校があったところ)などを回って帰途につきました。

走行データ
8月11日~8月13日
総走行距離1,949㎞
使用燃料量66.6L
総合燃費29.26㎞/L

おまけ

帰り道ですが、グーグルマップに指示されるままバイクを走らせていましたが、名神高速が例のごとく大渋滞。グーグルマップが名神高速を避けたルートを選択してくれたおかげで、関西最大のバイクのメッカである道の駅「針テラス」に寄ることができました。(名阪国道を通るルートを選んだためですが)

せんとくんにも会えたしね

クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました




去る5月11日、箱根の大観山にあるアネスト岩田スカイラウンジで開催された、クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました。

ただ、コーヒーを飲むだけというイベントなのですが、ツーリングがてらに寄るライダーも多く、ただでさえ混んでいるスカイラウンジですが、この日はいつも以上に混んでいました。
しかしながら、当日は天気も良く、富士山も大変きれいに見えました。

富士山を見るとワクワクするのはなんででしょうかねぇ…日本人なんだからかな(笑)

塩那道路(になるはずだった)に行ってきました

初めて塩原温泉に行ったとき…およそ30年前…に、塩原温泉街から、上三依方面に向かうと右側の山につづれ折れの道路が山の頂上に向かって伸びているのが見えました。
いったいどこへ繋がっているのだろうか?とか、あんな山の頂上に何があるのだろうか?とか、いろいろと妄想をしてみたりしたものです。その後、気にはなってはいたものの、すっかりと忘れていましたが、セローでどこへ行こうかなどとWebをいろいろ見ているうちにとあるサイトを見つけました。
よっきれんこと 平沼義之 さんが開いているホームページ、山さ行がねが。通称「山行が」を見つけてしまいました。一番最初に見たのは「大峠」。福島県喜多方市と山形県米沢市を結ぶ峠道です。
これを読んだところ、たちまち大ハマりしてしまい、平沼さんが掲載している旅行記を読み漁りました。すると、昔見た「あのつづれ折り」の道路を走破した!との紀行文が!それこそが、今回行ってきた(といっても一般車が入れるところまでです)伝説の塩那道路です。




ドン詰まりの道路なので、入り込んでいる車や人などいないものと思っておりましたが、意外と車も止まっており終点の土平園地のまわりがハイキングコースとなっていることや、周辺の山への登山のベースとなっているようです。

通行止めの手前にバイクを止めて周りを散策。遠くの山の頂あたりには未だ残雪が残っていました。

改めて通行止めのゲート周りを見渡してみますと、かなり強烈にブロックされています。道路部分だけではなく、ゲート左右も鉄柵があり、絶対の入れないぞ!との強烈なアピールがされています。

ゲートの向こう側には舗装された道がありました。が、通行した車両の跡は皆無。さすがにゲートを突破して突っ込んでいく人はそうそういないようです。

土平園地駐車場付近から塩原側。こちらから見える山の頂にも残雪が見えました。

最終ゲート100M手前にある通行止め看板。「歩行者も通行止めです」の記載がこの道路へ侵入を意地でもさせないぞとの強い意志を感じさせますね(笑)