クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました




去る5月11日、箱根の大観山にあるアネスト岩田スカイラウンジで開催された、クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました。

ただ、コーヒーを飲むだけというイベントなのですが、ツーリングがてらに寄るライダーも多く、ただでさえ混んでいるスカイラウンジですが、この日はいつも以上に混んでいました。
しかしながら、当日は天気も良く、富士山も大変きれいに見えました。

富士山を見るとワクワクするのはなんででしょうかねぇ…日本人なんだからかな(笑)

塩那道路(になるはずだった)に行ってきました

初めて塩原温泉に行ったとき…およそ30年前…に、塩原温泉街から、上三依方面に向かうと右側の山につづれ折れの道路が山の頂上に向かって伸びているのが見えました。
いったいどこへ繋がっているのだろうか?とか、あんな山の頂上に何があるのだろうか?とか、いろいろと妄想をしてみたりしたものです。その後、気にはなってはいたものの、すっかりと忘れていましたが、セローでどこへ行こうかなどとWebをいろいろ見ているうちにとあるサイトを見つけました。
よっきれんこと 平沼義之 さんが開いているホームページ、山さ行がねが。通称「山行が」を見つけてしまいました。一番最初に見たのは「大峠」。福島県喜多方市と山形県米沢市を結ぶ峠道です。
これを読んだところ、たちまち大ハマりしてしまい、平沼さんが掲載している旅行記を読み漁りました。すると、昔見た「あのつづれ折り」の道路を走破した!との紀行文が!それこそが、今回行ってきた(といっても一般車が入れるところまでです)伝説の塩那道路です。




ドン詰まりの道路なので、入り込んでいる車や人などいないものと思っておりましたが、意外と車も止まっており終点の土平園地のまわりがハイキングコースとなっていることや、周辺の山への登山のベースとなっているようです。

通行止めの手前にバイクを止めて周りを散策。遠くの山の頂あたりには未だ残雪が残っていました。

改めて通行止めのゲート周りを見渡してみますと、かなり強烈にブロックされています。道路部分だけではなく、ゲート左右も鉄柵があり、絶対の入れないぞ!との強烈なアピールがされています。

ゲートの向こう側には舗装された道がありました。が、通行した車両の跡は皆無。さすがにゲートを突破して突っ込んでいく人はそうそういないようです。

土平園地駐車場付近から塩原側。こちらから見える山の頂にも残雪が見えました。

最終ゲート100M手前にある通行止め看板。「歩行者も通行止めです」の記載がこの道路へ侵入を意地でもさせないぞとの強い意志を感じさせますね(笑)

栃木福島を結ぶ林道の現在





久しぶりにセローの話題
結局、今シーズンはロクに林道に行くこともせず、SRばっかりに乗っていましたが、そのおかげでセローのバッテリーが怪しい状態になってしまいました。ってことをこの前のブログで書きましたが、バッテリー充電器の調子もなかなか良く、今年最後のつもりで栃木福島県境の林道の様子を見てきました。
1 県道栗山舘岩線(旧田代山林道)
こちらの道は7月29日から台風による路肩崩落により通行止めとなっていました。また、解除見込みもたっていません。
2 林道川俣檜枝岐線(旧帝釈山林道)、馬坂林道(馬坂林道のうち、栗山舘岩線分岐から川俣檜枝岐線分岐まで)
こちらもゲートによる封鎖でした。

要するに、いずれの道も通行止めという状態です。しばらく写真をとったりしていましたら、馬坂林道のほうから爆音が聞こえてきまして…

どうやら、川俣湖側から入られたCRFとWRの方々が姿を現しました。

通行止めゲートの内側から山神様の鳥居を見る。

脇、思いっきり甘いです。ここを通れと言わんばかりの甘さ。

CRF、WRのご両人としばし雑談と情報収集。川俣湖から入ってきたということは、川俣檜枝岐林道分岐部と川俣湖側入り口の間で発生した法面の大規模崩落は復旧しているということでしょうか?ちなみにご両人は大規模崩落の話には及びませんでした。おそらく道路そのものは通行可能となっているものと思われます。

いずれにしても、川俣檜枝岐林道は、砂防ダムの先で法面崩落により通行止めという情報だけは得ていましたから、せめて分岐部から砂防ダムあたりまで行くことができればラッキーくらいには考えていましたが、ご両人がおっしゃるには、分岐部の手前で倒木。簡単には通れないよ!との悲しいお知らせが!
せっかくだから、行ってみれば?というお誘い…というか誘惑もありまして、行ってみました。

無理!
確かに腕があれば行けそうですが、腕もないし、下手したら遭難だし。でも二人以上であれば行けそうですよ。確かに!

ご丁寧にスロープまで用意されていますしね。あの二人はここを超えて来たのでしょうから。でもソロで行くほど私もバカじゃないんで、今回はここまでで素直にUターンしました。

ちなみに、田代山林道の分岐点からここまでの間、野生の猿をたくさん見ました。おそらく20頭以上。なかには母猿に掴まった小猿もいましたよ。知らん顔してゆっくりと通過しましたが(笑)

3 安が森林道

こちらについても、一昨年の豪雨で路面崩壊、路面欠損、法面崩落などで通行止めになっていましたが、こちらの様子も見てきました。

以前は、単純な据え置き型バリケードのみでしたので、簡単に入れましたが、現在ではかなり強固なバリケードに変わっています。正面突破はおろか、横方向も空中部分までバリケードが飛び出ています。(写真バリケードの左側。)

ちなみに以前のバリケードはこんなものでした。

位置的には、以前のバリケードがあった場所と同じところ。
ちなみに前回来たときは、バリケードの先がこのようになっていました。


今回はこの崩落した岩やガレキは片付けられていたようですが、折れた木や細かい枝などは道路わきのスペースに寄せられており、いづれは片付けられるものと思われます。


なお、この安が森林道ですが、他の方の情報によれば福島側も路面崩落や法面崩壊などで通れなくなっており、道路自体が廃道レベルで復旧の見込みが立たないからではないかと思います。
馬坂林道がかなり「ぬるい」バリケードなのは、崩壊レベルが言うほどひどくなく、仮に入り込まれても、危険は少ないからと判断しているのではないかと考えるわけです。しかし、安が森林道の扱いを見ると、絶対に入れさせないという行政の強い意志を感じさせます。なので、本当に入り込まれては困るという決意の表れと考えてよさそうですよ。

栃木と福島山越えする3本の林道ですが、2018年現在、全て通行止めという大変残念なお話でした。

あと、気になるのは、この林道群ですけど、今後復旧するのか?ってことですが、個人的には安が森林道はこのまま廃道になるのかなと思います。

旧田代山林道は意地でも復旧させるでしょう。なにせ県道だし、これまでの舗装化を振り返るとこのまま廃道ってのは考えづらいと思うのです。また、田代山登山口への道でもあり、マイクロバスくらいまではこれまでも走ってましたし。

旧帝釈山林道は正直微妙かなと。 舗装化は全くされていませんし、途中かなり橋梁が存在しているのがネックになるのでは?と感じています。

ただ、旧田代山林道と旧帝釈山林道の福島県側は少なくとも登山道入り口までは復旧させると思います。福島側からの方がアクセスが良いというのが一番の理由だと考えています。

いずれにしても、オフローダーの聖地とまで言われているこれらの林道ですが、愛好家にとっては3本ともに完全復旧していただきたいものです。

2018岩手・宮城ツーリング




そう言えば、太平洋側ってあまり行ってない…
毎年、夏のお盆休みツーリングでは、ここ数年東北地方の日本海側に行くことが多かったのですが、太平洋側ってあまり、というかほとんど行ったことがありませんでした。
しかし、今年は7月末に笹川流れから山形の酒田方面に行ったし、ということで、お盆休みは岩手宮城の太平洋側に行ってみることにしました。
一つは、八幡平アスピーテラインに行くこと。もう一つは三陸の海沿いを走ってみること。というテーマを決めて行ってきました。

八幡平アスピーテライン

道の駅やまびこ館「閉伊の郷かわい」

金成清水ふれあい森林公園(八戸川内大規模林道)

JR山田線 茂市駅

ざっと1000㎞超えのルーティングでしたが、岩手県の奥の深さを実感したツーリングとなりました。

山形ツーリング




SRで長距離ツーリングに行きたい!
ってことで、新潟~山形の庄内地域にツーリングに行ってきました。

水戸を出発して、下道オンリーで目指すは酒田市。途中福島の白河~会津を経由して喜多方の道の駅きたかたに到着。今年の夏は異常気象で日中はどこに行っても35℃超えです。

喜多方から大峠を越えて米沢へ。米沢から小国町を経由して村上市に向かいますが、途中「道の駅田沢」で休憩

国道121号経由で小国町を通り、村上市に到着。いよいよツーリングのハイライトである笹川流れに向かいます。
笹川流れはここ数年、ほぼ毎年訪れている場所で、特に夕日がきれいな場所です。今回の目的地である、「道の駅笹川流れ」に到着。

道の駅笹川流れは、JR羽越線桑川駅に併設されています。






JR羽越線は新潟から秋田にかけて日本海沿いに沿って走る路線ですが、特に村上以北は笹川流れに沿って線路が敷かれており、日本有数の風光明媚な路線としてもしられていますね。

さすがに下道オンリーでここまで来ると遠くに来たもんだと実感します。今回はSRで来ることが最大の目的でもあったので、まずは目的達成となりました。

さて、SRでの長距離ツーリングですが…
下道で走るのに限れば、おそらく最強のバイクと言えると思います。特に今回のような、通行量も多くなく、60km~80kmで巡航するようなシチュエーションであればなおさらです。シングル特有のパルス感は言うに及ばず、ゆったりとしたコーナリングや、やや心許ないフレームの剛性などすべてがゆったりとした感じであり、バイク自体が「あわてずのんびり行こうよ」と語りかけてくるようです。その気になればそれなりのスピードは出せますが、スピード感とは最も遠い位置にあるバイクであるとも言えますね。

さて、笹川流れを後にして、あとは海沿いを走って本日の宿である酒田に向かいます。