クシタニ エクスプローラージーンズ






クシタニ エクスプローラージーンズ

ある意味クシタニ製品の代名詞となっている、エクスプローラージーンズです。見た目は普通のジーンズですが、実は表皮が牛革でフッ素加工が施されています。一番の特徴は革なのに防水性があること、自宅で丸洗いができることです。使い勝手は一般的なジーンズと同じですが、当然革なので、一般的なデニムと比較しても強度が全く異なりますし、ライディングパンツとしても革ならではのニーグリップしやすく結果として疲れない優れモノ…などと言われています。

ボタンのEXロゴだけでなく、ファスナーにもEXのロゴが入っています。

このように見た目は普通のジーンズです。

しかし、裏側を見ると、完全に皮革です。また、画像でわかるように、かなり丁寧な鞣しが施されています。

後ろポケットはクシタニらしく、富士山を模ったステッチが入っています。ただ、デザインそのものはやや古さを感じさせます。しかしながら、この写真で見てもお判りのように、表皮はデニムそのものに見えます。

購入したのはオールドブラックという色ですが、かなり濃いブルーに見えます。

後ろ側は膝裏のあたりで上下に生地を繋いでいますね。

こっちのほうが分かりやすいかも。

良い点と悪い点ですが、

良い点としては、さすが牛革を使用しているだけあって、一般的なジーンズよりも信頼性があります。万が一転倒したとしても、簡単にはボロボロになることもありません。また、エクスプローラージーンズ最大の特徴である、水濡れしても染み込まないため、一般的な革パンに比べて色むらや色落ちないことが挙げられますが、一番はやはり長持ちすること、それと再染色可能なことでしょう。ユーザーのブログとかを見ても、エクスプローラージーンズの前身であるカントリージーンズを5年10年使い続けておられる方が大変多いと言う点でしょう。革はやはり長く使い込むことでより使いやすくなりユーザーにフィットするという特徴がありますので、多少高くても良いものを長く使うということが、一番の特徴であると思います。

逆に悪い点、というか気になった点ですが、革を使用しているということで仕方ないのですが、まず最初に感じるのは全体的に重いこと。使っている革が厚みがあるということも大きな理由ではあると思います。しかしその分頑丈であると割り切ったほうが良いかもしれません。なにせ10年スパンで使うことを想定していますので、どうしても革の厚みは仕方ないと思います。次に、単純に高いこと。悪く言えばたかだかジーンズに6万円もかけるのか?という点。これは考え方次第なので、私は内容を考えればむしろ安いと思います。10年使うことを考えれば年間6000円で安全と快適さが買えると思えばむしろ安いのかもしれません。最後は好みなのでなんともいえませんがデザインが全体的に古臭いと言う点。それこそ昔のザ・ストレートというダボっとしたやや昔風のデザインです。ただ、長期間使う前提であれば流行り廃りを追わない、定番とも言えるデザインが逆に新鮮に写るかもしれませんが。

ただ、やはり、とどのつまりジーンズですから、どんなバイクでもそれなりに似合うというのは大きいと思います。SSでもネイキッドやクルーザーでもオフ車でもこれを履いておけばとりあえずは間違いありませんし、ジャケットもよほどのものでない限り、違和感を感じないということは日ごろからバイクを使っているユーザーからしたら、大変ありがたいことだとも言えますね。

REV’IT!のアドヴェンチャーバイクに向けた秋冬ジャケット






アドヴェンチャーバイク…例えば、BMWで言えばGSシリーズとか、ホンダのアフリカツインとか…って今ではどちらかと言うと、昔のアルプスローダー系…ホンダのバラデロとかヤマハのスッテネとか…とは異なり、どちらかと言うと長距離ツーリングに使うようなバイクが昨今では多いように感じます。SSとか純粋なツアラーとかって、バイクに乗る人が高齢化してきていることもあって、楽な姿勢で乗る、すなわち前傾度が弱く、直立姿勢に近い状態で乗る…とは言え、長距離ツーリングにも使えるような風除けのような大型スクリーンも欲しい…となると、今のアドヴェンチャーバイクって、昔のツアラーとかのポジションでもあるわけです。本格的なオフロードは走らないけど、高速道路を東京から青森までひとっ走り!とかやろうと思うと、必然的にBMWのR1200GSとかが非常に魅力的なバイクになるわけですね。
本当にオフロードを走りたくてオフ車を買おうと思うのならば、それこそセローとかCRF RALLYとかがもっとバカ売れしても良い筈なんですけど、ツーリング先ではそんなに見ませんよね。こんなところからもアドヴェンチャー系バイクってやはり長距離ツーリングをメインに使っているバイクではないかと思うわけですよ。

また、外車系ディーラーは、ハーレーダビッドソンの日本市場での成功を見てもわかるように、バイクを売るのではなく、バイクに乗ることを中心とした、トータルで見たライフスタイルを売ることが最近の傾向ではありますが、特にBMWなどはGS系では、GSがある生活を提案するような売り方に変わってきていますね。そんなバイクに乗るという行為そのものを売ってしまえということもあり、外車ディーラーではバイクのみならず、ヘルメットはおろかバイクウェアやアパレル全般、更にはアウトドア用品までディーラーで売っていたりします。特にBMWでは「制服」と揶揄されるようなアドヴェンチャースタイルのラリースーツを売ってますね。

ところが、こういったアドヴェンチャースタイルのライディングウェアって、地方の用品店ではほぼ売っていません。また、国内メーカーも限られたところしか作っておらず、否応なしに海外メーカーのものが多くなってしまいます。

有名どころではアルパインスターズとかが多いのですが、アルパインスターズはあまりにも多くの人が着ているので、セロー用に今回はLEV’ITの安い奴を買ってみました。

REV’IT SAFARI 3

REV’ITのアドヴェンチャースタイルジャケットの中では、比較的安価な部類です。有名どころでは、SANDシリーズがありますが、このSAFARI 3はSANDシリーズの半額以下。機能的には劣る部分もありますが、普段使いにはちょうど良い価格帯です。

リフレクターも視認性が良く、かなり目立ちます。

胸のところのファスナーはポケットではなく、ベンチレーション用の通気口です。

ポケットかと思いますが、エアインテーク。胸元にあるのでエアインテークとしてはかなり優秀です。
が、背中側にはエアアウトレットがありません。まぁ秋冬ジャケットとして考えれば、これだけでも十分なのかもしれませんし、今の時期通勤で使った感じでは朝晩のやや涼しい時間帯であればこれで十分とも言えます。

首元のホックですが、位置の調整が可能。首元から入ってくる風を調整可能で、ベルクロよりも安心感があります。これはかなりイイと思いました。

腕まわりの調整機構。一応絞め込むことは可能ですが、腕周りはかなりタイトな仕上がりなので、あまり必要性は感じません。

裾回りもバタつき防止のために締め込み可能。しかもベルクロの長さを見てもわかるように、かなりタイトにできます。

背中側ポケット。インナーを取り外したときにここに入れておくことができるようです。

肘のシャーリング。細かいところですが、こういったところがイイと思わせるところです。国産テキスタイルジャケットではあまり見ない装備です。

ショートタイプではありますが、REV’ITのパンツとジョイントが可能。パンツのずり下がりが防止できます。

クシタニのジャケットにも同じような装備がありますが、この装備は非常に便利。ただし、同じメーカーのモノに限られるとはいえ、ジョイントできることで、かなりライディングが快適になります。

インナージャケット。インナー自体は短めですが、必要にして十分です。一応ポケットも装備されています。ただし、インナー自体にファスナーは付いていませんので、インナー単独で使うのは難しいと思います。アウターとはファスナーで取り付けるようになっています。

購入後、主に通勤で使用していますが、防寒性能は高めだと思われます。また、生地はアウターに600Dのものを使用しているようで、かなり強度は高そうです。サイズ感も海外メーカーのものだけあって、国内物よりも一回り大きめ。普段LLとかを使っている人はLサイズでちょうどいいかもしれません。なので、できれば試着してから購入した方がベターです。田舎の用品店ではなかなか見かけないので、通販利用の人はある意味博打になるかも。

気になった部分は、この手のジャケットとしてはポケットが少ないこと、エアアウトレットが無いことによる通気性の状況…生地自体の防風性はかなり高いので、秋~冬~春用とは言え暑い時のベンチレーション機能がどの程度なのか?という点が気にはなりますが、REV’IT製品、特にベストセラーともいうべきサンドシリーズの半分の価格ですので、割り切って使うというのが正解なのでしょう。また、この手のアドベンチャー系ジャケットの入門品として考えれば、全然アリな製品だと思います。

クシタニ ストレッチウィンドブレーカー




これから夏に向かって季節は移り替わりますが、メッシュジャケットが活躍する季節も近づいてきました。しかし、早朝や日が暮れてくるころになると普通であれば何ともありませんが、バイクに乗っているとさすがに寒かったりします。特にツーリングなどで朝早く出発するような時、通常の春夏ジャケットを着たくなりますが、日中の暑いさなかでは春夏ジャケットと言えどもかなり体も暑くなり、ツーリングどころではなくなってしまいます。なので、メッシュジャケットを着て早朝から出かけるわけですが、そんな時に活躍するのがウィンドブレーカー。ウィンドブレーカーならば生地は薄いけれども防風性能があるわけで、何より暑くなったら脱げば良いだけなので、メッシュジャケットの中にウィンドブレーカーをレイヤードするだけで、夏のツーリングが快適になるわけです。

クシタニ K2327 ストレッチウィンドブレーカー
市販されているウィンドブレーカーはダボダボで主に一番外側に着用する事が多いように感じますが、バイク用として使うと走行風でかなり煽られること請け合いです。そこで、インナータイプのウィンドブレーカーの出番となります。
今回、購入したK2327 ストレッチウィンドブレーカーはインナーとして使う前提なこと。しかもアウターとしてこれだけを着用しても普通のアウターとしても使えそうなこと、また、いかにもな「ザ・ウインドブレーカー」というデザインではないことが決め手となり購入しました。

背中側。肩のところに大きなエアアウトレットが設けられています。ウインドブレーカーなので、風は通さないことが前提ですが、どちらかというと、春から秋の時期の使用が前提なので、ムレ防止ということだと思います。

背中のレーザーホール。ここからもエア抜けが期待できます。インナーとして着込むとアウターとぴったりくっついてしまうかもしれないので、後ろ側のエア抜け部分はむしろ多い方がいいのかもしれません。アウターにメッシュを着ていれば問題ないかもしれませんが、アウターが春秋ジャケットだとこのようなエアホールは特に有利だと思います。

クシタニ製品お約束のクシタニコネクション。背中と袖口にタブが付いてます。メッシュジャケットだけでなく、春夏ジャケットにも使えますね。

横から見た感じ。腕にはお約束のmoto performanceの文字がでっかく入ってます。また、色合いもえんじ色に近い赤であまり派手さはありませんし、インナーとしてだけではなく、これだけでもアウターとしても使えそうです。

インナー側。内側のインナーはきめの細かい生地で、肌触りもかなり良さそうで、かなり柔らかい生地を使用。

ドローコード。防風ジャケットなので、裾側を締め込む事ができます。やはりこれだけを単独で使用しても大丈夫な感じです。また、両脇のポケットのところもメッシュ生地でなく、普通の生地になってます。

お約束の富士山マークと赤白のマーク。

インナー側には消臭テープ。

使わない時は、この袋に入れておけば持ち運びもカンタン。普段はこの袋に入れっぱなしで大丈夫だと思います。特にメッシュジャケットを使用するような時期には早朝とか夜間の寒い時だけ使用して、日中の暑い時間帯はこの袋に入れておいて、普段はタンクバックやシートバックに忍ばせておくのが正しい運用方法だと思いますね。

実際の使用感ですが、一般的なウィンドブレーカーよりもかなり生地がしっかりしている印象で、普段のアウターとしても使える多機能性が魅力です。

ストレッチウィンドブレーカーという名前の通り、脇の黒い部分がジャージのような伸縮性のある素材で作られており、着用した感じでもかなり体を動かしやすいのにもかかわらず、体へのフィット感も高く、かと言って防風性能が劣っているということもありません。なので、ウィンドブレーカーとしての性能は大変優秀であると感じました。

ただ、ウィンドブレーカーとして見た場合の価格はどうなのか?という点はあります。たしかにウィンドブレーカーとして見た場合、15,000円という価格は決して安くはありません。これらの機能…多機能ではありますので、これらの機能に価値を見出せれば、決して高いとは思えないのですよ。個人的には高機能だし、お洒落だし決して高いとは思いません。

 

クシタニ エアコンテンドジャケット




クシタニ K-2321 エアコンテンドジャケット

2018年、春夏モデルの中のメッシュジャケットです。通常の春夏モデルであるコンテンドジャケットのメッシュ版ととらえてもらって間違いないでしょう。昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同じく、スポーツライディングに適したメッシュジャケットというのがウリです。ブラック、ホワイト、ネイビーの3色と今回購入したレッドの4色構成。

後側。前と同様メッシュじゃないコンテンドジャケットと同じようなデザインで、デザインの統一感が見て取れます。

生地のデザインも見ての通り昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同様のエッジ柄が入っています。基本的には前後のメインの生地(写真の赤の部分)がメッシュ素材で黒いところが伸縮性の高い素材で、通気性と運動性能を両立させた構成となっていました。エッジ柄については派手な雰囲気ではありますが、逆に赤一色よりも黒っぽい柄が入ることで全体として彩度が抑えられるため、意外と落ち着いた雰囲気になっています。

腕の背中側のメッシュ生地ですが、一見、黒の生地に見えますが、よく見ると黒ではなく濃紺に近い色合いで、かつスラブ調の模様が入っています。実は、この部分の生地がエアコンテンドジャケットの黒と同じ生地となっており、エアコンテンドジャケットの黒が真っ黒に見えないのは、この生地の色合いとスラブ調プリントによるものだということが良くわかります。実のところ、このジャケットを購入する際に赤か黒かで最後まで迷いまして、黒のスラブ調プリントがかなりデザイン的にも落ち着いた感じがしたのですが、昨年モデルのマッドスポルトジャケットが黒であったことから、赤を購入したのです。昨年モデルを持っていなければ、間違いなく黒を買っていたと思います。

腕の「MOTO PERFORMANCE」のロゴ。かなりデカいロゴですが…コンテンドジャケットよりは小さいのです。下の写真を見てもらうと良くわかるのですが…

(左から「マッドスポルトジャケット」、「モードスポルトジャケット」、「エアコンテンドジャケット」、「コンテンドジャケット」)

コンテンドジャケットと比べて3/4くらいの大きさのロゴです。これを撮影していてふと気付いたのですが、昨年モデルもメッシュジャケットであるマッドスポルトジャケットの方が、モードスポルトジャケットよりもロゴが小さいのですね。メッシュ生地を使用しているため、ロゴプリントがメッシュ生地のところには悪影響を与える…プリントすることで空気が通らなくなる…ことからロゴが小さくなっているものと思われます。

前身頃の上の富士山マークも黒地に黒プリントなので目立たなくなっています。ただ、昨年モデルよりもタブ自体は大型化しています。これは、コンテンドジャケットとモードスポルトジャケットの関係でも同じでした。今年度モデルの方が大きくなっています。

ブレストパッド取り付け用のベルクロと内側ポケット。このあたりは変更はありませんね。

裏地は昨年モデルとほぼ同じです。また、メッシュ生地も昨年モデルと同様、かなり柔らかい生地を使用しています。おそらく生地そのものは昨年モデルと同じものと思われます。

さて、昨年モデルと比べて大きく変わったところは特にないようですが、ただ、デザインに関して言えば、賛否両論あるデザインであることは否めないと思います。しかし、自分が買った印象では、「そんなに派手じゃないよ」ってこと。色合い自体がかなり落ち着いた赤色で、かつ、エッジ調プリントが施されていることで、赤の派手さがかなり抑えられているという印象を持ちました。
肩のところのMOTO PERFORMANCEの文字自体もコンテンドジャケットと同様、意外と目立たないことも派手さを抑える一因となっているようです。

テキスタイルジャケットとして見ると、決してお手頃価格とは言いづらいのですが、作り自体はかなりしっかりとしているように見えます。特に黒のスラブ調プリントはかなりおしゃれ度が高いと感じました。昨年買ったマッドスポルトジャケットが黒じゃなかったら、間違いなく黒を買っていたと思います。それほどまでにこのモデルの黒の質感は高いと感じます。

クシタニ コンテンドジャケット





クシタニ K-2316 コンテンドジャケット

クシタニの2018年春夏モデルのうち、もっともスポーティなジャケット、コンテンドジャケットが発売されました。一昨年のヴィターレジャケット、昨年のモードスポルトジャケットに続く過去のパドックジャケットの流れに沿ったスポーティなジャケットです。

左が2018年モデルのコンテンドジャケット。右は2017年モデルのモードスポルトジャケット

モードスポルトジャケットと変わった点ですが
一番の違いは派手になったこと。モードスポルトジャケットも左肩と腕の部分にMOTO PERFORMANCEの文字が入っていますが、生地と同色の色でリフレクター替わりとしてプリントされていましたが、コンテンドジャケットでは白で思いっきり目立つようになっています。

かなり派手な感じですねぇ~
でも実物はそんなに派手な感じはしません。実際この格好で電車に乗ったら目立つと思いますが、バイクに乗ってツーリングとか山に走りに行ったときなどは意外と派手な感じはしないかもしれません。色合いもあるとは思いますが、今回購入したブルーは差し色として赤を使っておらず、逆にホワイトとかブラックだと差し色に赤が入っているので、かえって派手な印象を与えるかもしれません。

胸元のポケットは両側に配置。モードスポルトジャケットは片側だけでした。また、肩の文字の脇のストライプ部分はリフレクターになっています。

背中側。他のメーカー品は背中にも大きくロゴが入っているものもありますが、背中側のロゴは腰回りにMOTO PERFORMANCEの文字が控えめに入っているのみ。両脇の白い部分もリフレクターです。

二の腕のところのタブが革からジャケットと同素材に変わっています。またモードスポルトジャケットでは革をアクセントとして使っている部分がこの他タブ部分のほかに肩回りにも使用されていますが、コンテンドジャケットでは革は未使用です。

ファスナーの前身頃の中。コンテンドジャケットの方が大型化していました。防風と言うことであれば改善されているのかもしれません。

生地自体も変わっているようで、モードスポルトジャケットの方が柔らかめな生地。どちらかと言うとコットン素材にコーティングされているような柔らかい印象ですが、コンテンドジャケットは比較的硬い生地でパリッとした印象です。裏地もコンテンドジャケットの方がしっかりとしている印象で、モードスポルトジャケットは裏地のメッシュが大き目でした。

動きやすさや操作性については違いはないとは思いますが、モードスポルトジャケットの方が柔らかい印象です。

また今回購入していませんが、エアコンテンドジャケットも見てきましたが、コンテンドジャケットとは色合いも風合いもかなり違います。特に黒のエアコンテンドジャケットはスラブ柄が入っているため見方によっては青っぽく見えたりします。真っ黒ではないので、意外と黒も良いかもしれません