クシタニ ストレッチウィンドブレーカー




これから夏に向かって季節は移り替わりますが、メッシュジャケットが活躍する季節も近づいてきました。しかし、早朝や日が暮れてくるころになると普通であれば何ともありませんが、バイクに乗っているとさすがに寒かったりします。特にツーリングなどで朝早く出発するような時、通常の春夏ジャケットを着たくなりますが、日中の暑いさなかでは春夏ジャケットと言えどもかなり体も暑くなり、ツーリングどころではなくなってしまいます。なので、メッシュジャケットを着て早朝から出かけるわけですが、そんな時に活躍するのがウィンドブレーカー。ウィンドブレーカーならば生地は薄いけれども防風性能があるわけで、何より暑くなったら脱げば良いだけなので、メッシュジャケットの中にウィンドブレーカーをレイヤードするだけで、夏のツーリングが快適になるわけです。

クシタニ K2327 ストレッチウィンドブレーカー
市販されているウィンドブレーカーはダボダボで主に一番外側に着用する事が多いように感じますが、バイク用として使うと走行風でかなり煽られること請け合いです。そこで、インナータイプのウィンドブレーカーの出番となります。
今回、購入したK2327 ストレッチウィンドブレーカーはインナーとして使う前提なこと。しかもアウターとしてこれだけを着用しても普通のアウターとしても使えそうなこと、また、いかにもな「ザ・ウインドブレーカー」というデザインではないことが決め手となり購入しました。

背中側。肩のところに大きなエアアウトレットが設けられています。ウインドブレーカーなので、風は通さないことが前提ですが、どちらかというと、春から秋の時期の使用が前提なので、ムレ防止ということだと思います。

背中のレーザーホール。ここからもエア抜けが期待できます。インナーとして着込むとアウターとぴったりくっついてしまうかもしれないので、後ろ側のエア抜け部分はむしろ多い方がいいのかもしれません。アウターにメッシュを着ていれば問題ないかもしれませんが、アウターが春秋ジャケットだとこのようなエアホールは特に有利だと思います。

クシタニ製品お約束のクシタニコネクション。背中と袖口にタブが付いてます。メッシュジャケットだけでなく、春夏ジャケットにも使えますね。

横から見た感じ。腕にはお約束のmoto performanceの文字がでっかく入ってます。また、色合いもえんじ色に近い赤であまり派手さはありませんし、インナーとしてだけではなく、これだけでもアウターとしても使えそうです。

インナー側。内側のインナーはきめの細かい生地で、肌触りもかなり良さそうで、かなり柔らかい生地を使用。

ドローコード。防風ジャケットなので、裾側を締め込む事ができます。やはりこれだけを単独で使用しても大丈夫な感じです。また、両脇のポケットのところもメッシュ生地でなく、普通の生地になってます。

お約束の富士山マークと赤白のマーク。

インナー側には消臭テープ。

使わない時は、この袋に入れておけば持ち運びもカンタン。普段はこの袋に入れっぱなしで大丈夫だと思います。特にメッシュジャケットを使用するような時期には早朝とか夜間の寒い時だけ使用して、日中の暑い時間帯はこの袋に入れておいて、普段はタンクバックやシートバックに忍ばせておくのが正しい運用方法だと思いますね。

実際の使用感ですが、一般的なウィンドブレーカーよりもかなり生地がしっかりしている印象で、普段のアウターとしても使える多機能性が魅力です。

ストレッチウィンドブレーカーという名前の通り、脇の黒い部分がジャージのような伸縮性のある素材で作られており、着用した感じでもかなり体を動かしやすいのにもかかわらず、体へのフィット感も高く、かと言って防風性能が劣っているということもありません。なので、ウィンドブレーカーとしての性能は大変優秀であると感じました。

ただ、ウィンドブレーカーとして見た場合の価格はどうなのか?という点はあります。たしかにウィンドブレーカーとして見た場合、15,000円という価格は決して安くはありません。これらの機能…多機能ではありますので、これらの機能に価値を見出せれば、決して高いとは思えないのですよ。個人的には高機能だし、お洒落だし決して高いとは思いません。

 

クシタニ エアコンテンドジャケット




クシタニ K-2321 エアコンテンドジャケット

2018年、春夏モデルの中のメッシュジャケットです。通常の春夏モデルであるコンテンドジャケットのメッシュ版ととらえてもらって間違いないでしょう。昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同じく、スポーツライディングに適したメッシュジャケットというのがウリです。ブラック、ホワイト、ネイビーの3色と今回購入したレッドの4色構成。

後側。前と同様メッシュじゃないコンテンドジャケットと同じようなデザインで、デザインの統一感が見て取れます。

生地のデザインも見ての通り昨年モデルのマッドスポルトジャケットと同様のエッジ柄が入っています。基本的には前後のメインの生地(写真の赤の部分)がメッシュ素材で黒いところが伸縮性の高い素材で、通気性と運動性能を両立させた構成となっていました。エッジ柄については派手な雰囲気ではありますが、逆に赤一色よりも黒っぽい柄が入ることで全体として彩度が抑えられるため、意外と落ち着いた雰囲気になっています。

腕の背中側のメッシュ生地ですが、一見、黒の生地に見えますが、よく見ると黒ではなく濃紺に近い色合いで、かつスラブ調の模様が入っています。実は、この部分の生地がエアコンテンドジャケットの黒と同じ生地となっており、エアコンテンドジャケットの黒が真っ黒に見えないのは、この生地の色合いとスラブ調プリントによるものだということが良くわかります。実のところ、このジャケットを購入する際に赤か黒かで最後まで迷いまして、黒のスラブ調プリントがかなりデザイン的にも落ち着いた感じがしたのですが、昨年モデルのマッドスポルトジャケットが黒であったことから、赤を購入したのです。昨年モデルを持っていなければ、間違いなく黒を買っていたと思います。

腕の「MOTO PERFORMANCE」のロゴ。かなりデカいロゴですが…コンテンドジャケットよりは小さいのです。下の写真を見てもらうと良くわかるのですが…

(左から「マッドスポルトジャケット」、「モードスポルトジャケット」、「エアコンテンドジャケット」、「コンテンドジャケット」)

コンテンドジャケットと比べて3/4くらいの大きさのロゴです。これを撮影していてふと気付いたのですが、昨年モデルもメッシュジャケットであるマッドスポルトジャケットの方が、モードスポルトジャケットよりもロゴが小さいのですね。メッシュ生地を使用しているため、ロゴプリントがメッシュ生地のところには悪影響を与える…プリントすることで空気が通らなくなる…ことからロゴが小さくなっているものと思われます。

前身頃の上の富士山マークも黒地に黒プリントなので目立たなくなっています。ただ、昨年モデルよりもタブ自体は大型化しています。これは、コンテンドジャケットとモードスポルトジャケットの関係でも同じでした。今年度モデルの方が大きくなっています。

ブレストパッド取り付け用のベルクロと内側ポケット。このあたりは変更はありませんね。

裏地は昨年モデルとほぼ同じです。また、メッシュ生地も昨年モデルと同様、かなり柔らかい生地を使用しています。おそらく生地そのものは昨年モデルと同じものと思われます。

さて、昨年モデルと比べて大きく変わったところは特にないようですが、ただ、デザインに関して言えば、賛否両論あるデザインであることは否めないと思います。しかし、自分が買った印象では、「そんなに派手じゃないよ」ってこと。色合い自体がかなり落ち着いた赤色で、かつ、エッジ調プリントが施されていることで、赤の派手さがかなり抑えられているという印象を持ちました。
肩のところのMOTO PERFORMANCEの文字自体もコンテンドジャケットと同様、意外と目立たないことも派手さを抑える一因となっているようです。

テキスタイルジャケットとして見ると、決してお手頃価格とは言いづらいのですが、作り自体はかなりしっかりとしているように見えます。特に黒のスラブ調プリントはかなりおしゃれ度が高いと感じました。昨年買ったマッドスポルトジャケットが黒じゃなかったら、間違いなく黒を買っていたと思います。それほどまでにこのモデルの黒の質感は高いと感じます。

クシタニ コンテンドジャケット





クシタニ K-2316 コンテンドジャケット

クシタニの2018年春夏モデルのうち、もっともスポーティなジャケット、コンテンドジャケットが発売されました。一昨年のヴィターレジャケット、昨年のモードスポルトジャケットに続く過去のパドックジャケットの流れに沿ったスポーティなジャケットです。

左が2018年モデルのコンテンドジャケット。右は2017年モデルのモードスポルトジャケット

モードスポルトジャケットと変わった点ですが
一番の違いは派手になったこと。モードスポルトジャケットも左肩と腕の部分にMOTO PERFORMANCEの文字が入っていますが、生地と同色の色でリフレクター替わりとしてプリントされていましたが、コンテンドジャケットでは白で思いっきり目立つようになっています。

かなり派手な感じですねぇ~
でも実物はそんなに派手な感じはしません。実際この格好で電車に乗ったら目立つと思いますが、バイクに乗ってツーリングとか山に走りに行ったときなどは意外と派手な感じはしないかもしれません。色合いもあるとは思いますが、今回購入したブルーは差し色として赤を使っておらず、逆にホワイトとかブラックだと差し色に赤が入っているので、かえって派手な印象を与えるかもしれません。

胸元のポケットは両側に配置。モードスポルトジャケットは片側だけでした。また、肩の文字の脇のストライプ部分はリフレクターになっています。

背中側。他のメーカー品は背中にも大きくロゴが入っているものもありますが、背中側のロゴは腰回りにMOTO PERFORMANCEの文字が控えめに入っているのみ。両脇の白い部分もリフレクターです。

二の腕のところのタブが革からジャケットと同素材に変わっています。またモードスポルトジャケットでは革をアクセントとして使っている部分がこの他タブ部分のほかに肩回りにも使用されていますが、コンテンドジャケットでは革は未使用です。

ファスナーの前身頃の中。コンテンドジャケットの方が大型化していました。防風と言うことであれば改善されているのかもしれません。

生地自体も変わっているようで、モードスポルトジャケットの方が柔らかめな生地。どちらかと言うとコットン素材にコーティングされているような柔らかい印象ですが、コンテンドジャケットは比較的硬い生地でパリッとした印象です。裏地もコンテンドジャケットの方がしっかりとしている印象で、モードスポルトジャケットは裏地のメッシュが大き目でした。

動きやすさや操作性については違いはないとは思いますが、モードスポルトジャケットの方が柔らかい印象です。

また今回購入していませんが、エアコンテンドジャケットも見てきましたが、コンテンドジャケットとは色合いも風合いもかなり違います。特に黒のエアコンテンドジャケットはスラブ柄が入っているため見方によっては青っぽく見えたりします。真っ黒ではないので、意外と黒も良いかもしれません

クシタニ ジョカーレジャケット






今年のクシタニオンライン福袋に入っていた K-2236ジョカーレジャケット

昨年末に購入した3万円の福袋に入っていたジャケットです。2016年モデルでして、現在はすでにカタログからはディスコンになっている製品でした。パーカー風のフードが付いており、クシタニ製品の中では比較的対象年齢が若い人向けの製品っぽいです。

春夏モデルなので、いまだ未着用。試着だけはしてみましたが、第一印象は生地がめちゃくちゃ柔らかい。また、色合いもムラ染めっぽく、落ち着いた雰囲気な製品。

クシタニの春夏モデルは肩、腕、背中にCE LEVEL2のプロテクターが標準で装着済みですが、この製品についても標準装備されています。

かなりカジュアルに振ったジャケットですが、ライディングウェアだけあって、それなりの機能も装備されています。

背中側のベンチレーター、左右両脇の下側に2箇所

腕のベンチレーター。肘上の両腕に2箇所。吸気側2箇所と廃棄側2箇所で、一般的なベンチレーション構成です。

後ろ側から。背中の辺りに皮革をあしらっており、おしゃれな感じです。

写真で見ると、作業着に見えなくもないのですが、実物は生地自体に高級感があり、ムラ染めの雰囲気もなかなかのモノです。

あと、この製品の特徴と言えるところは、スポーツ系ジャケットであれだけMOTO PERFORMANCE推しなのに対して、クシタニロゴはおろか、富士山マークも表からは一切見えません。普段着として着用しやすいようなデザインです。

フードはドローコードで閉めることが可能ですね。また、前身ごろのファスナーの一番上のところは生地が折り返されていて、ファスナーの持ち手のところを入れ込むことが可能で、かなり丁寧なつくりであることがわかります。

唯一見える富士山マーク。ファスナーの裏側の生地が2重になっていて暴風性能を確保していますが、その上の端っこにかわいく富士山マークが隠れています。

実際にまだ使用していませんので、使用感のインプレはこれからですが、街乗りなどの普段着風な使い方に適しているように思います。しかしながら、セローなどのオフ車などにも合うかもしれません。ミューラージャケットはロング丈なので、オフ車向けにいいかもと思いましたが、意外とジョカーレジャケットとEライドパンツなどとの組み合わせで林道ツーリングにも合いそうです。

(2018年3月5日 追記)

春めいた気候になってきたので、セローでお散歩に行った時に着用してみました。春めいたとは言え、気温15度くらいだとまだ少し寒いので、ウィンターモードスポルトジャケットのインナーを着用してのインプレ。第一印象は軽くて柔らかい。この系統の割とカジュアルなものだとだいたい柔らかい素材のものが多いと思いますが、期待に違わず柔らかく着心地もふんわりとした感じ。また、防風ラミネート加工がされているため風の侵入もあまり感じられませんでした。一番気になったフードですが、背中のタブでバタつきを防止できます。タブでフードを留めた状態で走りましたが、全く影響は感じられません。素直によくできてるなぁと感心。

見た目カジュアル系ですし、普段着としても使えそうなデザインなので、今年の通勤シーンで活躍しそうです。

クシタニ ウィンターモードスポルトジャケット






2017秋冬モデル、クシタニ製のK-2670ウィンターモードスポルトジャケット

実は、この冬はGORE-TEXジャケットを買ったりしたので、冬用ジャケットは買うつもりは無かったのですが、今年のモデルからスポーツライディング系ジャケットがインナー別体式に変わりまして、一体式のウィンタージャケットがウィンターチームジャケットのみとなりました。インナーが別体式だと当然単独でインナージャケットのみを使用することができるわけですが、クシタニのインナージャケットって何となくオシャレっぽいんですよ。

当初はインナージャケット単独で使用、あるいは夏用ジャケットのミューラージャケットとかを冬でも使いたい!って思ってましたので、今年の年明け早々、地元のクシタニショップに行ってホワイトグースダウンジャケットを見に行ったのですが、あいにく目的のサイズが完売状態。しかたなくクシタニオンラインでホワイトグースダウンジャケットをぽちって見たのです。しかしながら、どうみても小さい…他のウィンタージャケットのインナーよりも明らかにタイトなんですね。

仕方なくインナージャケット目的で、またまた地元のクシタニショップに行き、試着の上、きちんと着用できることを確認した上で普通のウィンタージャケットを購入することになってしまったというのが本当のところではあります。

せっかく買ったので、インナーのみで使用するのももったいないので、これも使うことにして、さっそくインプレ。

2017年春夏モデルのモードスポルトジャケットと並べてみました。デザインはほぼ同じです。どちらにも肩から胸にかけて、ジャケット本体の色と同系色で「MOTO PERFORMANCE」の文字が入っていて、一応リフレクター的な扱いとなっていますね。

生地については、秋冬用のほうが防風性確保のためかややゴワゴワした質感ですが、バリバリに硬いということはありません。あくまでも春夏用と比較しての話です。

また、賛否両論なのが、腕のロゴ。

これ、かなり派手です。(笑) 嫌いじゃぁないですけど。
クシタニ製のジャケットってどちらかと言えば、ちょっと落ち着いた感じで、見るからにライディングウェア然としてないところがある意味特徴だったりしたのですが、昨年モデルあたりから、スポーツ系ジャケットは「MOTO PERFORMANCE」推しが半端ないですよ(笑)嫌いじゃぁないですけど。胸にガッツリとSIM○SONとかYE○○WCONEとかが入っているよりはよっぽどいいとは思います。最近ではあのGOLDWINも「GWN」などというロゴを胸のところに入れてますからね。

他の部分はというと、

肩と腰のところの富士山マーク。これも定番のアイコンです。背中にも特に派手なロゴとかは入っていませんね。クシタニがおしゃれと感じるのもこんなところです。

さて、問題のインナージャケットですが、

今シーズンの他のウィンタージャケットと同様、キルティング生地がX型に縫い目が入っています。中綿が落ちにくいということなのですが、細かい模様の方が確かに中綿は落ちにくいでしょう。しかし、保温のカナメともいうべき中綿の絶対量はやや少なめかも。あまり中綿を増やすとアウターとのバランスがが崩れますし、なによりもモコモコになってしまい、体を大きく動かすシチュエーションでは動きにくくなることを嫌ってのことだと思います。両サイドにもポケットがあり、普段使いには全く問題なさそうなのですが…

内側はすげード派手でした。嫌いじゃないですけどね(笑)

問題の性能は結論から先に言いますと、正直言って昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットの方が防寒性能は高いと思われます。

気温6℃、着衣はウィンドストッパーインナーシャツのみ着用し、コイツを着て走ってきました。天気は晴れでしたが、かなり強風が吹き荒れるような天気でした。
まず、感じるのはウィンターヴィターレと比べると、全体的に冷えやすい…何となくですが、防寒性は明らかに劣化しているように感じました。また、ウィンターヴィターレと比べて全体的にタイトな仕上がり。腕周りもきついように感じました。そのため、保温空気層が確保されにくく全体的に寒く感じるのではないかと思われます。また、ゴアテックスショートジャケットと比べてみてもゴアテックスショートジャケットの方が明らかに暖かいのですが、インナーがゴアジャケはダウンなのに対して、ウィンターモードスポルトジャケットが化繊ということでの違いが出ているのかもしれません。ただ、防風性はタイトなだけあって寒風が中に入りにくいということが挙げられます。防風性能は他のジャケットよりも優れているように感じます。

あと、このレッドツイルという色なんですが、改めて投稿した写真を見てみると、かなり派手な赤色に見えますが、実物はかなり落ち着いた赤色でえんじ色に近い色味で、決して派手ではありませんよ。逆に若者が着るとおっさん臭いと言われかねないような色味です。

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その4





実際のところ、どうなんでしょう?

ゴアウィンドストッパーインナーの上下と

ゴアテックスショートジャケットを直接インナーの上に着用し、

更にゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで気温10℃の中走ってきました。

状況は曇り。
あれ?思ったよりも暖かくない!
とは正直思いました。
が、
10分も走ると全く違った感じで、寒くならない!普通バイクでちょっとハイスピードで走ると比較的早く寒くなってくるものですが、なかなか寒くならない…というか全然変わらない!
なので冷えないんですね。ウィンターグローブとかだと指先が冷たくなっては来ますが、この組み合わせだと身体は冷えてこないんですね。
晴れてくると普通は暑くなるので、晴れた時に使ってみて保温状態がどうなるのかが気にはなるところですが、第一印象としてはかなり良さげでした。

(追記)奥日光の戦場ヶ原まで走ってみました。おそらく気温は6℃程度でしたが、上ゴアジャケットと下ゴアパンツ、インナーは上下ともにゴアウィンドストッパー。寒さは感じませんでしたが、高速走行時に胸のあたりが若干寒いかな?って程度でした。

むしろ、下に降りてきて15℃程度の気温の時のほうが暑くなり、特に晴れ間が出てると明らかに暑い感じです。

昨年モデルのウィンターヴィターレも相当優秀でしたが、ゴアウィンドストッパーインナーをアンダーに着用してゴアテックスショートジャケットとゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで、この冬は乗り切れそうですよ

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その3




ライディングウェアって、ジャケットは結構いろいろ考えてシーズンごとの製品、例えば夏なら通気性に富んだメッシュジャケットや冬なら防寒を目的としたウィンタージャケットなどを購入されたりすると思いますし、実際、洋品店に行くとジャケットは革ジャケットやテキスタイルジャケットなど所せましと陳列されていますが、一方パンツはと言うと、3分の一から4分の一程度しか陳列されていません。
実際、街を走るライダーやツーリング先で見かけるライダーなどは、ライディングジャケットはしっかりしたものを着用されていても、パンツはジーンズと言ういで立ちの方々を多く見ます。ジーンズでもバイクに乗ることには何ら問題はないわけで、むしろジーンズで乗っている方々もきちっとしたジャケットを着用されていれば違和感も感じませんね。

しかし、バイクに乗るということは常に事故のことや、転倒というアクシデントも想定しないといけないと思うわけで、そうなると、ジャケット並みのプロテクション効果があるパンツを着用した方が、より安全ということになります。
私も最近までは、ジャケットはしっかりとしたものを着用していても、下はジーンズというスタイルで過ごしてきましたが、プロテクションのことを考えたり、季節に応じたパンツも持っていた方がより疲れないし、快適であることもわかってきました。

ライディングパンツを履くようになり、オーバーパンツだけではなくウィンターパンツもあった方が快適ということもあり、クシタニさんのところのライディングパンツを購入しました。

K-2669 ゴアテックスオールウェザーパンツ

ということで、ゴアテックスパンツですね。

ゴアテックスジャケットと同様、昨年モデルとほぼ同じ。違うのは、脛部分の色が昨年モデルはシルバーだったのが、ガンメタに変わっているのと、裾のところの三角のステッチが革になっていることくらい。カラーチェンジ程度のマイナーチェンジ版といったところですね。

決して安くはないのですが、さすがと思わせたのが、インナーパンツでした。

インナーパンツは脱着式。また、インナーパンツ自体、相当工夫されていました。まず、アウターとのコネクト方法は腰部分のファスナーで装着しています。クシタニさんをはじめ、サーキット走行を考慮したメーカーの革ジャケットと革パンツなどはファスナーで上下をジョイントできるような製品が多いのですが、ゴアパンツでは、インナーパンツとアウターパンツをファスナーで繋いでいるという点が画期的。他のメーカー製品では、ボタン留めがほとんどだと思われますが、インナーパンツをゴアパンツ専用とすることで、ジョイント時の収まりがかなり自然な感じをうけました。また、インナーを専用化することで、インナーの前身頃が相当えぐれたような形状をしています。この形状だとトイレが非常にラクですね。

踝側。ストームガードとなるゴムが縫いつけられています。また、足首が細い人向けにボタンで調整可能。これもなかなか無い装備です。

内股部分。シートと擦れてストレスが加わる部分には革による補強がなされています。これも高感度アップ装備。

逆に踵側はエンジンに触れても大丈夫なように厚手のクロスが重ね縫いされています。実際エンジン回りは冬と言えどもかなり高温になっているケースも多々あり、火傷防止の観点から見ても有用な処置と言えると思います。

膝パッドの固定用ベルト。プロテクターは立っている時よりも座っている時、すなわちライディング時にパッドがずれ落ちないよう位置固定することが可能です。

装備内容はジャケットと同様かなり豪華なのですが、実際に着用してみてどうか?

つづく

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その2




来年度モデルからクシタニさんのところのゴアテックス系ジャケットが廃盤になるかも…ということなので、クシタニさんのところのゴアテックス系ジャケット上下を思い切って買いました。

前回書いたように、ゴアテックスはアウトドアスポーツ系ウェアとしては大変有名かつ優れた素材なのはご存知のとおりですね。最初はゴアテックスオールウェザージャケットというロング丈のものを狙っていましたが、今年モデルはインナーのダウンがかなりタイトで、LL寸だとアウターはイケてもインナーを着るとキツキツ。XL寸も考えましたが、サイズ自体は問題なさそうなのですが、袖丈がかなり長くなり手のひらの半分近くまで袖があるためオールウェザージャケットを諦め、ゴアテックスショートジャケットのほうに変更。バイク的にはショート丈のほうが合いそうということもあって、ゴアテックスショートジャケットK-2668に変更しました。

クシタニ ゴアテックスショートジャケット K-2668

色はブラックではなく、ガンメタ。昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットのアーバングレーよりも一回り濃いグレー色です。昨年モデルの同じくゴアテックスショートジャケットK-2657とデザインはあまり変わっていませんが、左胸のところのKをかたどったラインがなくなりましたが、袖のバタつき防止タブや肩周りのステッチなどに牛革があしらわれています。

後ろ側は全くと言っていいほどK-2657と同じですが、腰回り左右の三角のステッチが牛革に変わっているくらいです。

アウター後ろのベンチレーション。ファスナーで開閉可能かつベルクロ止め併用なので、真冬でもかなり保温性が高められています。他のメーカーではファスナーのみが多く、ベルクロ併用してるのはほぼないと思います。

インナージャケット。クシタニさんの今年の冬モデルはほぼ全てインナージャケット付きタイプに変わりましたが、ゴアテックス系のみダウンジャケット。ほかのモデルは化繊です。これだけを単体で買ってもそこそこの値段になりそうなクオリティです。

クシタニさんのインナーではお約束の少しオフセットされたファスナー。アウターのファスナーと干渉するのを防ぐためとのことですが、確かに理にかなっていますね。

後ろ側。肩のところに見えるタブのようなものはクシタニコネクション用のタブ。アウターとインナーを繋ぐ装備。インナーを付けたままジャケットを脱ぎ着するときに便利。あと袖口にもタブが付いています。

袖と内側に「MOTO PERFORMANCE」の文字。ここらあたりは好みがわかれるかも。ちなみに地元クシタニプロショップの店長は、これくらい派手な方が目立ってイイって言ってましたけどね。

ジャケットは機能的には、ほかのメーカーと大きく違わないのですが、パンツの方はかなり工夫が凝らされていました。

つづく

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その1





WLゴア&アソシエイツが開発したゴアテックスですが、アウトドアウェアとしてあまりにも有名ですね。ゴアテックスは防水性、透湿性、防風性を兼ね備えた素材で、登山用ウェアなどの雨や風など過酷な条件でも、快適な着心地や発汗による蒸れを防ぎながらも防水性も兼ね備えているため、多少の雨でも内部に雨水が浸入することを防ぐ、極めて有名な素材です。

ウエアにとどまらず、シューズやグローブ、更には医療用品などでもゴアテックス系の素材は幅広く利用されていますね。

(ゴアテックス Wikipedia)

これに対して、ゴアウィンドストッパーはゴアテックスの機能から防水性を省き、透湿性と防風性のみに特化した素材で、主にゴアテックスがアウターに使用されるのに対して、インナーウェアで使用されることが多い生地です。

バイク用ウェアのインナー系ウェアはここ数年で大きく進化した分野で、特に夏場のコンプレッション系の冷感インナーなどは急激に普及してきたと思います。

ゴアウィンドストッパーを使用したインナーウェア

クシタニさんのところのゴアウィンドウトッパーを使用したインナーウェアです。

上の写真…ウィンドストッパーインナーパンツ K1864
下の写真…左 ウィンドストッパーインナーシャツ k1863
下の写真…右 ウィンドストッパーインナーシャツ k1812

k1812は一昨年の冬の時期から使用しておりましたが、防寒性がかなり良くなるため、昨年k1863とk1864を買い増ししました。
一般的なインナーウェアと比べてふわふわ感はありませんし、内側に起毛加工などもされていませんので、単純にあったかいという感じはしませんし、どちらかといえば素材が厚めで特に柔らかくもありません。しかし、最近はやりのコンプレッション系防寒インナーと比べると、あきらかに暖かさが違います。
一般的なインナーウェアは裏起毛などで暖かくは感じますが、バイクに乗っているとジャケットやライディングパンツを履いていてもどうしても風が侵入してきます。そのため、裏起毛と言えども保温された空気層が侵入してきた冷たい風と入れ替わってしまい、遅かれ早かれ体が冷えてきてしまうのです。ところがウィンドストッパーを使用したインナーウェアだと、風が通る流量が圧倒的に少なく感じます。そのため、体がなかなか冷えてきません。また、透湿性があるので、体に汗がまとわりつく感触も少ないので蒸れない。そのため裏起毛系インナーよりも暖かくは感じないのだと思いますが、一番裏起毛系インナーと違うのがウィンドストッパー系インナーは体が冷えないという点が一番のメリットだと思います。

ところで、今年のクシタニさんのところのウィンターインナーウェア、k1908とk1909ですが

商品名が従来の「ウィンドストッパー」ではなく「ウィンドストップ」に変わっています。同社のwebを見ても、これまでのウィンターインナーウェア製品のページに記載があった
「WIND STOPPER」
の商標表示と説明文も無くなっており、明らかに素材を変えてきています。ウィンドストッパーに変わる新たな高機能素材を採用したのかどうかはわかりません。が、噂によるとゴア社の方針でゴアテックス系の素材出荷先を限定するという噂があり、来年あたりからバイクウエアメーカーでゴアテックス系素材が使えるのがゴールドウィンだけになるという噂が飛び交っています。なので、クシタニさんのゴアウィンドストッパーを使用したインナーは今後は発売されないのでは?
あくまでも噂なので真偽はわかりませんが、今年からインナーウェアの素材を変えてきたということは、まんざらでもないかもしれません。

ということなので、クシタニさんのところのゴアテックスを使用したジャケット、パンツ類は今年モデルが最終かもしれませんね…
来年モデルからはクシタニさんのところのゴアテックスジャケットが買えなくなるかも…

つづく

気が付けば…





気が付いたら…
クシタニのジャケットやらパンツがいっぱいになってる
左から…
マッドスポルトジャケット(夏用メッシュジャケット)
モードスポルトジャケット(スリーシーズンジャケット)
ミューラージャケット(ロング丈スリーシーズンジャケット)
ウィンターヴィターレジャケット(冬用ジャケット)
ブリンクジャケット(ライダース革ジャケ)
キャプチャージャケット(スポーツライディング用革ジャケ)
ファクトプロパンツ2(スポーツライディング用革パン)
(ゴールドウィン)GWSベンチレータパンツ(スリーシーズンパンツ)
サイドフルオープンオーバーパンツ(冬用オーバーパンツ)
(RSタイチ)クロスオーバーメッシュパンツ(夏用メッシュパンツ)
(ノーブランド)革パンツ(ヤフオクで入手した格安革パン)

意識的にクシタニで揃えてきましたが、ちとやりすぎたか