クシタニ K-2810 ホワイトグースダウンジャケット

クシタニのウィンタージャケットの多くは防寒インナーが別体式であり、しかもこのインナーの防寒性能はかなり優秀です。以前某メーカーの防寒性能最強を謳う冬ジャケット(しかも5万円ちかいかなり高価格)を購入しましたが、使用当時はまぁまぁ防寒性能も高いジャケットだなと思っておりました。しかし、同時期にクシタニのウィンターヴィターレジャケットを購入。ウィンターヴィターレジャケットも5万近い価格でしたが、防寒性能は雲泥の差ほどあり、この一件をもってしてライディングウェアはクシタニ製品に限る!となってしまったほど衝撃的な出来事でした。

そんなわけで、同社製品には絶大な信頼を置いておりますが、ウィンターヴィターレジャケットの次の製品である、ウィンターモードスポルトジャケット以降、インナー別体式が標準的となり、インナージャケットだけでも着用できるようになりました。ただ、基本的にウィンタージャケットは名前の通り寒い時期に使うものであるため、インナー別体式とはいえ、ほぼアウターと連結した状態で使う前提となっており、よく言われるインナーを外してアウターだけなら春秋用としても使えるんじゃね?という疑問も生じるわけですが、実際のところ、サイズ感が春秋ジャケットと冬ジャケットとでは全く異なりますので、実用的とは言えません。そのため、クシタニ製冬用ジャケットは現時点で5~6着所有しておりますが、その全てでインナーとアウターを連結した状態でしか使用していません。逆に言えば、春秋用ジャケットに冬用インナーを取り付ければ冬用ジャケットになるかと言えば、やはりアウターのサイズ感が異なるため実際のところ大変厳しいと思います。

ところが唯一といってよいほど、一般的なクシタニジャケットとサイズ感が異なるクシタニジャケットがあります。実は、エクスプローラージャケットがそんなジャケットでして、元々の作りがかなり大柄で、さらにほぼ完全防水仕様。基本的には春秋ジャケットに分類はされますが、コイツにインナーを取り付けたらオールシーズンジャケットとして使えるんじゃね?ってことで、冬用ジャケットのインナージャケットであるダウンライクミッドとかと連結させて防水オールシーズンジャケットとして使えないかと考えました。実際のところ、元々の冬用ジャケットの方が当然冬用として作られているので、防寒性能についてはエクスプローラージャケットは冬用ジャケットの足元にも及びません。さらにエクスプローラージャケットは防水性もさることながら予想以上に通気性もかなり良いのです。
ところが、特に今の時期(10月から11月ころと、3月から5月初旬まで)って朝晩はそれなりに冷え込みますし、かといって日中はそこそこ暖かいし、また山に行けば標高が高くなれば高くなるほど寒くなるというジャケット選びが難しい時期でもあります。完全な冬用ジャケットでは朝晩は丁度良くても日中は暑くなりすぎますし。逆に春秋ジャケットだと朝晩と標高が高いところに行くと間違いなく寒すぎるという事になります。

なので、そこそこの防寒性が確保できれば良いわけで、そんな時期にぴったりなのが、今回購入したホワイトグースダウンジャケットなのです。

ホワイトグースダウンジャケットは、かなり長期間にわたり定番商品として販売されており、通常の冬用ジャケットのインナージャケットと異なり、これ単体でも見栄え良く着用できるようかなりデザイン的にもアウターとしての使用を意識したデザインです。

後ろ側もリフレクターが装備されていたり、肩回りや背中のラインなどデザイン面でも単独着用を前提とした作りとなっています。

腕と胸の「MOTO PERFORMANCE」ロゴと胸のスラッシュフジサンマーク

内側。冬用インナーと同様「MOTO PERFORMANCE」のロゴ入りです。

袖口には親指を通せるサムホールが装備。冷気が袖口から入り込みにくいような配慮がなされています。

さて、この「ホワイトグースダウンジャケット」、暖かさを求めて購入すると失望します(笑)
単純に暖かさを求めるなら、K-2696 グレーダックダウンミッドや、K-2697 ダウンライクミッドなどの冬用ジャケットのインナー単体製品の方が間違いなく優秀です。
(ただし、今年のカタログからはディスコンとなっています。昨年分の在庫を探すしかないかもしれません。まぁそんなに売れるような製品群ではないと思われますので、店舗に問い合わせてみれば意外と在庫はありそうですが。)

ではなぜ、ホワイトグースダウンジャケットが未だに売られているのか?

冬用ジャケット標準装備のインナーと比べて明らかに違う点。それは「薄い」という点。さらに言えば「タイト」である点。
すなわち、このジャケットは春秋ジャケットにインナーとして追加して着用する、あるいは標準装備のインナーを装備した冬用ジャケットに更に追加して着用するインナージャケットだからです。
なので、当初書きました、春秋用ジャケットである「エクスプローラージャケット」にこのホワイトグースダウンジャケットをプラスして着用する、するとこの時期本当に重宝するのです。しかも、このジャケットは薄いと書きましたが、だから薄いからこそ可能なのですが、バイク用のカッパのような保管袋が標準で付いてきます。なので、普段は保管袋に入れたままでリアバッグとかトップケース、あるいはタンクバッグなどに入れておいて、寒くなったら着足すという使い方が一番しっくりくる使い方だと思います。

そういった使い方のほかにも、ホワイトグースダウンジャケットを着た上に春秋ジャケットを着用してバイクに乗る、その後バイクを降りた後、春秋ジャケットのみを脱いで、食事をするとか、街中を歩くとかといったシーンでもホワイトグースダウンジャケットだけを着用して街中を歩くといった場合でも違和感が無いようにアウタージャケットとしてのデザインを意識した作りとなっているのだと思います。


クシタニ K-2807 ガルジャケット その2

ガルジャケットの続きです。
他にも変わっているところとしては、袖口の形状が変わりました。手の甲側が長めとなっています。アドーレジャケットは袖口が特に変わった形状ではありませんでしたが、ガルジャケットは防寒性を上げるための形状変更と思われます。

腰回りのストームガード。継続採用です。このストームガードって寒いときは結構使えますよ。腰下から入ってくる風は意外と馬鹿にできません。これがあるだけでも防寒性能が1ランク上がると思います。

腰回りのドローコード。これも防寒性能アップにつながっています。これも継続採用。

二の腕のところの袖幅調整のタブ。スポーツ系ジャケットには装備されていますが、これはガルジャケットから採用。アドーレジャケットにはありませんでした。

左腕の上腕部のポケット。実用的とは言えませんが、ワンポイントアクセントとしての意味合いが強いと思います。

腕の関節部分の立体縫製。腕を曲げたときにストレスがかかりにくい縫製となっています。これもガルジャケットからの装備。ただ、アドーレジャケットは肘のところが2重生地となっていました。

インナージャケット。ダウンではありません。化繊綿ですね。クシタニではダウンライクボールと呼んでいますが、要するにダウンと同じような形状をもつ化繊を中綿として使用しているのです。そのため、保温性はダウンと比べても遜色はないとのこと。ただし、インナーの内側がまたしても赤くなっています。

さて、今期モデルのガルジャケットですが、昨年までのアドーレジャケットよりも若干大きく感じます。なので、普段着として使ってもキツさは感じにくいかもしれません。
またアドーレジャケットよりもかなり落ち着いたデザインとなっておりますので、比較的バイクを選ばないかもしれません。またフードも少しだけ大きさを変えてきています。やや大きめになりました。フロントファスナーの最も上の部分でも若干収まりが変わっています。

このモデルの最大の特徴である普段着風というところについて…
着用している人の年齢層も選ばなくなりましたし、アドーレジャケットとの一番の違いはデザインに尽きると思います。どんな年齢層でも受け入れやすいデザインとライディングウェアとしての機能性の両立を高い次元でかなえているモデルではないかと思います。
正直今年度(2020秋冬)モデルの中でも人気が高く、私が購入した際も店舗に在庫はなく、ほかの店舗から融通させていただき購入したものです。したがって、サイズや色によっては早くも売り切れとなっている可能性尾も高く、いつものクシタニジャケットのようにあっという間に売り切れとなっている可能性が高いモデルです。
おそらく本格的な着用シーズンが来る頃には入手できないという可能性も高いため、ほしい人は早めにショップに足を向けた方がよろしいかと思います。

クシタニ K-2807 ガルジャケット その1

クシタニ2020年の秋冬テキスタイルジャケットが発表、発売されました。今年の大きなトピックはウィンターテックジャケットがディスコン、ウィンターウィルジャケットがウィンターアメニタジャケットに変更(復活?)。ウィンタークラリティジャケットが大きくモデルチェンジ、そしてアドーレジャケットがディスコンとなり替わりにガルジャケットが新登場となりました。

基本的なコンセプトはアドーレジャケットと大きくは変わっていませんが、デザイン面は完全に別モデルと言ってもいいくらいの大幅なイメージチェンジを図りました。
御覧のとおり、アドーレジャケットのカジュアルさが一転してシックな大人びたデザインへと変わりました。

色目はこの写真が一番近いと思いますが、ブラックツイルです。ほかにブラックアウトとネイビーの3色展開。今回、ブラックツイルのXLサイズを購入しました。

第一印象では、アドーレジャケットと変わらないね~と思っていたのですが、一番の違いは生地の印象です。アドーレジャケットの生地は防水性や撥水性といったところを重視していたのか、比較的見た目よりもツルっとした印象の生地でしたが、ガルジャケットは一転して、コットンっぽい生地に代わっています。
こればっかりは実際の製品を触ってみて感じていただくしかありませんが、かなり好印象な生地です。ウィンターチームジャケットのような生地って言えば良いのかもしれません。(ショップではチームジャケットよりもかなり高級な生地を使用しているとは言ってましたが)実際購入後、ウィンターチームジャケットと触り心地などを比較してみましたが、実際のところ全く別物という感じでした。あくまでも触り心地の印象がアドーレジャケットとは全く異なるということなのでご理解ください(笑)

あと、インナージャケットもかなり色目を変えてきています。昨年モデルまではブラックと赤の差し色でしたが、今年モデルはブラックではなくグレーに変わっており襟元にスラッシュフジサンマークも入りました。これも普段使いする人にとっては好印象ではないかと思います。

前身頃のおなか回りのベロは引き続き食い込み防止のカットが入っています。
また、左右のポケットのファスナーが一般的な長さになりました。アドーレジャケットはこれの倍くらいの長さのファスナーが付いていましたから。個人的にはアドーレジャケットのファスナー長のほうが良かったかなと思います。長い方がグローブしたままでポケットに手を突っ込めますからね。

全体的な印象はこんな感じです。次回は引き続きガルジャケットの続きです。

クシタニ A-2344 メッシュパーカージャケット

暑い日が続きますね。
クシタニウェアの話題ですが、この暑さのおかげか、ライディング用メッシュジャケットもどこも品薄とのことで、例年でもこの時期になるとメッシュジャケットは品薄になり、人気商品などはすでに完売ということも少なくなりません。
クシタニのテキスタイルウェアは、例年でも各シーズン前にそのシーズン用ウェアが特に人気商品だと完売となる製品が多いのですが、今年はその傾向が一段と凄いらしく、すでにメッシュジャケットは定番モデルはほぼ完売しているとのこと。
しかし、一番売れるシーズン中に売るべき商品が無いっていうのもユーザーからしたらがっかり感もハンパないですし、お店からしてみれば販売機会の逸失ということですよね。

そんな中、クシタニホームページにある世田谷店とかのブログを見てみると、急遽メッシュジャケットを緊急輸入したとかっていうエントリがありまして、ほかの店舗のブログを見てみると、数店舗にだけ入荷しているとのことでした。よくよくそのブログを見てみますと、アジア向けモデルを緊急輸入とのことで、ちょっと興味が湧いてきましたので、仕事ついでに「その数店舗」の中の一店舗に寄ってみました。

で、買ってきたのが、A-2344 メッシュパーカージャケットっていう製品。

これまでのフルメッシュパーカージャケットやフルメッシュジャケット、エアコンテンドジャケットなどの国内メッシュモデルとはそもそもデザインが全く別物でした。

正面のMOTO PERFORMANCEロゴもかなりデカデカと入ってます。

後ろ側。
生地のカットラインなどは国内モデルとほぼ一緒。背中の一本線は最近の国内モデルでも見られるデザインです。

前身頃のクシタニロゴ。このあたりもデザインは同じ。

ブレストパッド用のベルクロも付いていました。

背中側のフジサンロゴマークと最近のクシタニ製品ではおきまりのリフレクターです。

パーカーのフード部分。裏地はありません。このあたりは国内モデルと違うところです。

袖のフジサンロゴマーク。また前身頃のロゴ脇にある胸ポケットっぽい仕上げの部分ですが、胸ポケットは装備されていません。

実際の商品について
アジア向けモデルということですが、デザインは国内モデルよりも派手めですね。
また、国内モデルと比べると、いろいろとコストダウンしている部分が見えてきます。
1立体裁断がかなり限定的。腕の肘の部分などは1枚の生地で成り立っています。実は、国内向けモデルではこの部分は2~3枚の生地を縫い合わせており、プリーツが付けられていたり、補強がされていたりします。
2裏地がメッシュ。国内向けでは裏地は透け防止のためメッシュではなく薄い生地なのですが、現地の気温に合わせているのかもしれませんが、裏地も表地と同じようなメッシュ素材です。
3一部メッシュ生地でないところの生地がちょっと貧弱な感じ。腕の内側と体側の脇腹部分なのですが、この部分の生地が国内モデルと比べてちょっと薄い。問題はないのでしょうが。
4フード部分の裏地もメッシュ。国内モデルのフルメッシュパーカージャケットは裏地がデザインされた裏地を使っていますが、このモデルは裏地もメッシュなので特に特徴的なところではなくなっています。
5袖口の部分がきつめ。国内向けはファスナーやベルクロで絞め込むようにかなり緩いのですが、そういったような緩い作りではありませんし、ファスナーやホック、ボタン等で留めるのではなく、Tシャツのように単に輪っかになっています。また、国内向けよりも腕全体もタイトですし、腕の仕上げも長めです。
6肩幅のところもややタイト気味と、全般的にタイトな作りです。

というように、いろいろとコストダウンされているところやデザイン面でちょっと派手め、サイズ感もちょっと違うかなっていう部分があります。

これについては、お店の方からお話をうかがうことができました。
まず、国内に投入されるモデルとは根本的に異なるという点。デザインは国内なのですが、ターゲット層がそもそも国内向けとは異なるとのこと。また、欧州向でもクシタニブランドの製品は販売されているのですが、こちらは現地企業の企画によりクシタニ本社は製品そのものにはほぼ関知していないとのこと。まぁいわば日本国内でシンプソンモデルのジャケットやシューズを作っていたフラッグシップや広島化成のようなものと考えればわかりやすいですね。それはさておき、アジアモデルと国内モデルとではどう違うのか?あるいはコストダウンしているのか?ということについてもスタッフさんがおっしゃっていたことから自分なりに考えてみたものが以下の通りとなります。
第一に、経済的なものです。いくら東南アジアの地位が向上したとはいえ、やはり国内と同じ価格で現地で売るのは厳しいとのこと。国内モデルと同じ仕様にするとおそらく買えない金額になるとのことでした。クシタニは東南アジアでも超一流メーカーとして認識されており、ある意味クシタニ製品を着ていること自体がステータスなのだそうです。これはネットで同じような話を結構見ますので、やはり現地ではかなりな高額製品なのでしょう。したがって、現地のライダーが少しでも買いやすいような価格設定とするためのコストダウンと考えれば納得ができます。
実際今回のアジアモデルは、国内モデルの最安モデルであるフルメッシュジャケットよりも安い25,000円と比較的高額製品が多いクシタニ製品の中では実は最安だったりします。
また、東南アジアはまだまだスポーツバイクって一般人にとってはかなり高額な製品ではありますが、70年代の日本がそうであったように、スポーツバイクは若い人たちのあこがれでもあるそうです。ということは、国内とは異なりターゲット層がまだまだ若年層となるので、デザインも国内向けよりも若い人向けなデザインに振る必要があるのだと思います。

今年は異常な暑さと予想以上のメッシュジャケットの売れ行きのための緊急措置ということのようですので来年以降も同じようなアジアモデル投入ってことはないかもしれませんとのこと。

また、全部で100着くらいしか入荷していないそうです。
ちなみに私がうかがった店舗では通常のアジアメッシュパーカージャケットのXLサイズは完売。アジアメッシュジャケットは一部の色しかXLサイズが残っていませんでした。
ほしい人は早めにブログを確認した方がよさそうです。

クシタニ EX-5213 EXハイドグローブ

クシタニ製のグローブは比較的ユーザーからの評価も高く、特にツーリンググローブなどでは、派手なプロテクターも装備されているわけでもありませんが、縫製の丁寧さや絶妙なプロテクター配置などとあわせて操作性の良さも高評価の要因ですね。
ライダースグローブなどは特に価格もリーズナブルで派手なプロテクターも装着されておらず、地味な存在であるにもかかわらず、素材自体の柔らかさと絶妙なフィット感などから、ほかのメーカー製グローブと比較しても勝るとも劣らないと思います。

また、クシタニには旅するライダー向けのブランドである「EXPLORER」というものがあり、エクスプローラージーンズなどがこのブランドのメイン製品となっています。
エクスプローラージーンズはこのブログで何度も紹介してますが、洗える革パンとしてクシタニを代表する製品ですね。そのエクスプローラージーンズに使用している皮革を使用したグローブがあり、それがこのEXハイドグローブです。
なお、このグローブにはバリエーションモデルとしてOutDryメンブレンを追加しているEXアウトドライグローブと、メッシュ生地を組み合わせたEXエアーエフェクトグローブというものも販売しています。

購入したEXハイドグローブはご覧の通り目立ったプロテクターも装備されていませんが一番の特徴は前述の通りエクスプローラージーンズの生地を使用しているということ。
どういうことかと言いますと、雨に濡れても大丈夫という事に尽きると思います。
一般的な皮革製グローブは雨に濡れることがご法度なのに対して、このグローブは雨に濡れることを前提として設計されていることという点です。
グローブで一番求められる性能は操作性と転倒時の安全性の確保ということになると思いますが、この製品は雨に濡れても操作性が悪化することもないし、濡れた後のメンテナンスも通常の皮革を使用したグローブよりもはるかに簡単…というか放っておいても大丈夫というところだと思います。
更にエクスプローラージーンズの生地で作られているということですので、洗濯機で丸洗い可能という事なのです。

インプレッションですが、革グローブなので防風性はバツグン。手のひら側には小ぶりながらプロテクターも装備されていますので、転倒時も製品自体が皮革製とあって安心感も高め。
人差し指先端と親指先端には導電性のある皮革を採用しているので、スマホなどもそのまま使えます。
とにかく、エクスプローラージーンズの生地を使用したグローブということで、一般的なツーリンググローブとして使えるほかレイングローブとしても使えるので、天候を気にせず使い続けられるという事が一番のメリットとなるのではないかと思います。
ただし、レイングローブとしても使えるといっても、内部に水が入らない「完全防水仕様」ではないという点だけは注意が必要かもしれません。