クシタニ K-1951 ミッドジャケット




クシタニの2020年秋冬ウェアが発表され、続々と店舗に入荷しているようです。

例年ならば、8月後半から秋冬ウェアの発表と予約が始まるのですが、今回発表された秋冬モデルは昨年モデルのカラーチェンジが多く、がらっと変わった、あるいは新たに発表されたモデルがあまりなく、今年のモデルはスルーかなぁと思っていましたが、カタログを見てみると今シーズンから、これまでの秋冬モデルのジャケットのうち、インナージャケットのみを単体で発売するようで、ちょっと驚き。クシタニのインナーはかなり評判も良いらしく、以前から単体での販売を希望されるユーザーが非常に多かったともショップの店長さんも言ってました。そのためなのでしょうが、インナージャケットの単体売りっていうのが今年の大きなトピックです。

あともうひとつ、新モデルとして発売されたのが、今回購入したミッドジャケットというインナージャケット。カタログで見た限りでは、普段使いでも十分使えそうってことと、フードが無いってことも大きなポイントです。
昨年購入したミッドパーカーは今年も若干デザインが変わりましたが、継続販売されており、こちらも新モデルとして購入可能。ただ、フード付きってのが、純粋にインナーとしてみた場合、非常に邪魔くさい。ミッドパーカーだけでも着用可能なのがこの製品のウリなのでしょうが、ミッドレイヤーとして見た時にはフードは邪魔でしかありません。実際、昨年購入したミッドパーカーはほぼ普段着としてしか着用しませんでしたし、普段着としての使い勝手も申し分ないってことも大きな理由でした。

で、今年のミッドジャケットですよ。純粋にインナーとして使うのを前提とした作りになっており、もちろん普段着として使っても違和感ないデザインではありますが、作りがミッドパーカーとは全くことなります。

外観ですが、腕のところに小ぶりなポケットが付いています。あまり実用的とは言えないと思いますが。容量も小さいですし。それと、胸のところのスラッシュフジサンマーク。このあたりは普段着として着用しても違和感無いようなデザインだと思いますし、あえて、アウターとして使われることも想定しているなによりの証拠でしょう。

背中側。レーザーアウトレットホールが装備されているのと、腰のところにリフレクターが付いています。これらを見てもアウターとしても使ってね!というメッセージでしょう。

このモデルはブラック、ホワイトモデルで部分的に白い生地とファスナー類が白。もう一つ、全部ブラックのブラック仕様もあり2色展開ですね。
袖口がジャージっぽい生地で、手首にかかる負荷もかなり低減されているようです。ちなみに、サムホールも付いており、極寒時にはかなり有効な装備。

ここからは、さすがクシタニと思えるところ。まず、肘の部分は腕の曲がりに合わせてプリーツが3か所入っています。そのため、最初からライディングスタイルに合わせた腕のカタチになるような工夫がされており、腕へのストレスをなるべくかけないような形状になっています。

ファスナーの襟のところ。生地で折り返しがあり、直接ファスナーの持ち手のところがのどに当たらないようになっています。ここの部分って首に当たるとかなりウザいんですけど、このような工夫はさすがです。ちなみに逆の下側も同じように折り返しがあります。

前身ごろを開いての内側。
赤いところが縫製されているところですが、かなり複雑な形状になっていることが判ります。これって、できるだけ身体にフィットさせるように立体的な縫製がなされていることが判りますね。実際に着て見ると、タイトだけど動きを妨げないっていう非常に凝った作りになっています。こればっかりは着て見ないとわかりません。

最後に生地はどんな感じか?というと、これまでのクシタニの冬用インナー…わりと肉厚でゴワゴワとした感じ…が一番近い。なので、防風性はかなり良好だと思われます。また、防風性が高いが故にレーザーホールを付けたのではないかとも思います。
ちなみに、クシタニの冬用インナー…最近のはわかりませんが…ゴアウインドストッパーインナーの頃のモノをイメージしてもらうと一番近いと思います。
だとしたら、防風性、保温性もかなり期待ができるのではないかと。実際に着用できる季節が来るのが楽しみになります。

クシタニEX-1216M エクスプローラーメッシュジーンズ




昨年、クシタニの代表的な製品でありますエクスプローラージーンズを購入しましたが、これが予想以上に快適でありまして、革パンの安心感とジーンズの普段着感、更には、革製品ならではの防風性や透湿性、またこの製品独自の防水性など、プライスタグを見ると決して安くはないのですが、製品そのものの品質は間違いなく、買って大正解な製品でした。

ただ、所詮革パンですから、風を通すことはなく、昨年も真夏の暑い時期では普通のメッシュパンツやらライディング用ジーンズであるクシタニ、エドウィンコラボ製のEコーデュラパンツなどを履いていましたが、エクスプローラージーンズの快適さには敵わず今年も奮発してエクスプローラージーンズのメッシュ版を購入。

安くはありませんが、繰り返しになりますが、革パンであること、再染色ができること、カジュアル感が強いこと、特に、この製品は非常に長持ちすることでも有名で、10年以上使い続けることも可能なので、革パンとして考えても決して高い商品ではないと思います。

右が昨年から使っているエクスプローラージーンズで、左側がエクスプローラーメッシュジーンズ。サイズはいずれも36インチサイズ。いずれもオールドブラックという濃紺色です。右側のエクスプローラージーンズはやや色あせしていますが、いい感じでエイジングされているといったところでしょうか。ガンガン洗濯機にぶち込んでいるので色あせもやや早めかもしれません(笑)
再染色可能なので色あせは気にしていません。
見た目は同じです。サイズ感も全く同じ。メッシュの方はやや裾を長めにしています。

裾の調整は購入店で購入時に多少時間があればその場で修正してくれます。なお革パンなので、一般的な洋服のリフォーム屋さんに持ち込んでもできないと言われる可能性が高いので、購入時に裾上げを頼んだ方が手間がかかりません。

裾の仕上げと裾の内側からの見た感じと外側から見た感じ。結構細かくメッシュが入ってます。そのため皮革自体の強度は多少落ちているかもしれませんが、気にするほどのこともないと思います。逆にメリットとして通常のモノよりも一段と革が柔らかく感じます。もっとも通常のエクスプローラージーンズも十分柔らかいのですがね。

前回も書きましたが、デザインはご覧のように昔ながらのジーンズそのものです。なので、全体的に幅広でぼてっとした感じ。ザ・ジーンズといったところでしょうか?昨今の流行からするとスキニー系が大流行ですが、そのようなモノがお好みの方用にエクスプローラーネオジーンズっていうのが今年に発売されました。おしゃれに着こなすのであればそちらの方が良いかもしれません。

でもまぁ、最近のライダーは高齢化が進んでいるので、昔ながらのカタチの方が中高年には似合うっているのではと我ながら思ってしまいます。特に私のようなメタボな人も中高年には多いですし(ちなみに私もバリバリの中高年です…笑)

色合いを比べてみました。奥側が1年半使用、洗濯機でガシガシ洗った通常のエクスプローラージーンズ。手前側がまだ未使用状態のメッシュ。
こうしてみると、結構色あせしてますね。それがまた良いのですが。

エクスプローラージーンズを購入する際に注意していただきたいことがあります。それはサイズ感。私は普段ユニクロとかエドウィンとかの一般的なジーンズを買う時は34インチでちょうどいい具合で35インチだとかなり大きめで、ベルトできっちり締めても生地が余るくらいでみっともないことになってしまいます。なので初めて購入した時は35インチでも良いかなと思っていたのですが、クシタニ水戸店の店長さんに36でも怪しいかもと言われました。
え~!?と思ったのですが、実際のところ35では全然ダメで36でジャストサイズ。
まぁ痩せろってことではありますが、エクスプローラージーンズに関して言えば、普段履きしているジーンズ…特にユニクロとかエドウィンとか…よりも確実にタイトです。ちなみに、同じクシタニで売っているクシタニエドウィンコラボのパンツに関しても一般的なエドウィン製品と同じで、エドウィンとのコラボ製品だと35インチでもかなりブカブカという状態です。
また、股下寸法についても一般的なジーンズよりもかなり短め。私のような胴長短足な、ザ・日本人という体形の人ならまだしも、昨今のモデルのような体形な人(やせ型、高身長)だと股下の長さが寸足らずとなる可能性もあります。
あともう一つ。裏情報として。オンラインショップにもカタログにも記載されていませんが、37インチの製品も実は存在しています。今回も購入時に通常版の37インチも試着しましたが、これだと私には大きすぎでした。36インチが履けない~って人ももしかしたら履けるかもしれません。
なので、初めて購入される方は絶対に試着されることを強くお勧めしておきます。

ただ、何度も言うようにモノ自体は非常に良く出来ており、10年~15年普通に使えるクオリティなので、買って損は絶対ないと思います。

クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その2)




前回に続き、クシタニ2019春夏モデルのカジュアル系ジャケットのインプレです。前回のフルメッシュパーカージャケットに続いて、同時に購入したほぼ普段着の見た目でプロテクターが装備されており、きちんとライディングジャケットとしての機能も十分なベクトルジャケットのインプレです。
生地そのものもジャージのような生地で着用感も大変柔らかい素材で作られています。見た目はほぼジャージ生地のパーカーです。

今回購入したものは、ブラック。しかし実際の見た目は黒というよりも濃いグレー色。また、単純な色ではなくグレー生地ではありますが、シルバーグレーと言っても良いようななかなか高級感(笑)も感じられる生地です。また、このベクトルジャケットはこのブラックのほかに、ネイビー、オレンジとシルバーの全4色展開ですが、このブラックだけはフロントファスナーがホワイトの設定で、ブラック生地にホワイトのファスナーやスラッシュフジサンマークがポイントとして使われているため、メリハリが付いており、今回展開されている4色の中では最も落ち着いたデザインでありながら、ライジャケアピールも高い製品だと感じます。

後ろ側。フードのループ部分にレッドが差し色として使用。これまた単に落ち着いた色使いというわけでもなさそうです。肩側のMOTO PERFORMANCEロゴもさりげなく目立ちます。

背中側のレーザーホール
フロント…というか脇の下のレーザーホール

大きな穴ではありませんが、前と後ろにベンチレーション用のレーザーホールが開けられており、それなりにベンチレーションは効きます。また普段使いしていてもこの穴があるだけで、体が蒸れ難く通気性は感じられますので、バイクでの走行中にはそれなりに効果は発揮すると思われます。

フード部分。フードは背中のタブに留められるようになっており、バタつきも多少は低減できると思います。タブもしっかりとした生地で作られており、実用性も確保されています。

肩のリフレクトテープ。普段は生地とほぼ同色ですが、フラッシュ撮影するとご覧のとおり。視認性は問題なさそうです。

フロントファスナーの上部にもMOTO PERFORMANCEロゴ。この手のジャケットは完全にファスナーを上まで閉じることは少ないと思いますので、このロゴもあえて見えるような位置に付けられているのではないかと思われます。

ある意味、一番驚いたところでもありますが、インナー側には裏地がしっかりとありました。所詮ジャージ生地なんだから…と思っていただけに裏地もきちんと作られており…プロテクター装着をするうえで、裏地は必須なのでしょうが、ライジャケとしての基本はきちんと押さえられています。

さて、このジャケットのインプレですが…
これ、ライジャケとして使うよりも普段着として使う方が幸せになれるように思います。または街乗り用。着心地も生地が柔らかいため大変優しく、ゆったりとした気分になれるでしょう。しかし、ライディングジャケットとしては、生地が柔らかいため、生地での保護機能は期待できません。また柔らかい素材であるため、プロテクターも装着はされていますが、転倒時や事故時にはプロテクターが大きく動いてしまい、プロテクターでの身体保護もやや怪しいかもしれません。

ただ、着用感は大変すばらしく、ストレスを感じないという点では、ライディングにプラスに働くかもしれません。

なので、あえて言うなら、普段使いとして着用し、ちょっとバイクに乗るとか、という時に使うようなジャケットだと感じます。

逆に、MOTO PERFORMANCEロゴとかスラッシュフジサンマークとかが比較的目立つように付いていますので、着用する人が一般の人などに対して「ライダーアピール」する時に着用すると、逆に良いかもしれません。
とにかく、おしゃれなパーカーとして普段使いすると周りに人の見る目が変わるかもしれません。

クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その1)




昨日、クシタニオンラインから大きな荷物が届きました。3月の初旬に予約していた2019年春夏モデルのジャケットがようやく届いたというわけです。
今年の春夏モデルは昨年モデルと同じようなラインナップで、昨年買おうかどうしようか散々悩んだフルメッシュパーカージャケットとベクトルジャケットが2019年も継続となり、基本的には昨年モデルと同じでカラーチェンジのみのモデルです。
特に今年のモデルはなかなかカラーもおしゃれで、ネイビーのフルメッシュパーカージャケットと、ブラックのベクトルジャケットの2着を購入しました。

K-2337 フルメッシュパーカージャケット

ネイビーモデルです。つくりはかなりライトなイメージで、色も昨年モデルと異なり落ち着いたイメージで、ネイビーと言うだけあって濃紺に近い色合いですが、近くで見るとスラブ柄が入っており、安っぽいイメージは皆無です。

濃紺というよりほぼ黒と明るいブルーのストライブ柄で遠目で見ると濃紺に見えるといういつものクシタニパターンです。

機能を見てみますと、まずはパーカー部分。後ろ側にはフードを留めるタブが付いており、走行時のフードのバタつきを防ぎます。また、フードの前側とジャケット内側の首のところにもタブが付いており、この部分もジャケット本体に留めることができます。両側のタブをジャケット本体側にホックで留めることで、より一層フードのバタつきを防ぐことが可能です。

フードの首側まわりにはドローコードが付いているため、よりいっそうバタつき防止にも役立ちます。またフードインナー側の裏はきちんとチェック柄の裏地もきちんと装備されており、着用時にフードの裏側が見えてもメッシュ生地がそのまま見えるということもありません。

ファスナー裏側には定番のブレストパッド取付用のタブ。

胸ポケット。かなり小ぶりな大きさですが、小物やカード程度なら問題なく入りますね。ただ、デザインは後付け感が出ており、あえてこういったデザインにしているのか、それともコストの問題なのかは不明。個人的にはこのデザインは大いにありだと思いますが。

首回り。ファスナーの最後の部分にはタブが付いており、一番上までファスナーを閉めなくても良いようなデザインとなっています。

着用感はやや硬めな生地ですが、それだけ防御力が高いと思えば納得できるところではあります。
デザインそのものは定番中の定番のデザインで、奇をてらっているわけでもなく、安心して着用できるデザイン。どちらかというと若者向けのデザインではありますが、濃いめなネイビー色ということもあって落ち着いた色合いですから、比較的年齢も選ばないと思います。

昨年末の秋冬用ジャケットであるアドーレジャケットとおそろいのデザインですね。

クシタニ AK-L1901-18 AK/フロントジップパーカー01




先日クシタニパフォーマンスストア横浜店に行ってきましたが、その時に買ってきたのが、横浜店オープン時に限定商品として入荷していたパーカーです。SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ製品であるAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー-01です。どちらかというと、ライディングウェアというよりも街着として使っています。今の時期、まだまだ寒い日々が続いているのでちょっと寒い朝夕などで羽織るとちょうどいい感じになります。生地自体は薄いのですが、コットン100%と言う事もあってなのか予想以上に防寒効果があります。昨年買った同じくクシタニのMIDパーカーよりも暖かく感じます。一緒にK-1922楕円ロングTシャツと一緒に買ってきましたが、今回はAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー01のお話です。

SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ商品なので、昨今のクシタニ製品のようにデカデカとロゴが入っていることもなく、街着としても全く違和感はありません。胸のところに富士山マークとKUSHITANIのロゴが控えめに入っているのと、バックには右下にこれも控えめにロゴが入っている程度です。

バック側左下の控えめな富士山マークとロゴ

クシタニっ製品なので、一応ライディングウェアとしても使えるような配慮も感じられるところが3点ほどあります。

一つ目 フードに穴が開いています。

走行中、フードがバタつかないように穴が開いており、フードに巻き込まれた走行風がこの穴から排出されていくという仕組み。実際、雨よけフードとしての機能は落ちるかもしれませんが、雨よけとしてはほぼ使わないと思われますので、このような配慮は嬉しいと思います。また、穴自体も走行時のフードのバタつきと雨よけとしての機能の両立を図ったと思われる絶妙な大きさです。

二つ目 お腹から腰にかけての位置に「マチ」が付いている

これもライディングウェアらしい配慮なのですが、バイク乗車中は前傾ポジションとなることも多く…もっともバイクにもよりけりではありますが…前傾時にウェア自体からのストレスを感じないように配慮しているところでもあります。

あと、もう一つはフロントファスナーが下からも開くタイプのものが付いています。これもまた、ライディング時に前傾姿勢をとると、お腹周りが締め付けられるように感じることがあるのですが、下からもファスナーが開くと下側をすこし上げることで、お腹周りにかかるテンションを下げる効果があります。これもまたライディングウェアとしての機能ですね。

唯一のネックは価格なのですが、有名デザイナーが手掛けた製品と思えば、納得の価格かもしれません。個人的には街着としてもライディングウェアとしてもバランスが取れている商品であると思います。

唯一のネックはパフォーマンスストア限定品なので、クシタニプロショップやクシタニオンラインでは購入できないということが難点ではあります。