クシタニ K-2675 ウィンターチームジャケット




クシタニ K-2675ウィンターチームジャケットです。

これ、実は昨年モデル。今年のモデルはK-2683と型番も変わっており、デザインも若干変わっています。

このモデルは毎年ほぼ形は変わらず、デザインだけは少しずつ変わっているという、言わばクシタニのウィンタージャケットの中でも定番品とも言えるモデルです。

また、比較的高額な商品が多いクシタニ製品ですが、このウィンターチームジャケットがウィンタージャケットの中で最も安価な製品でもあります。

後ろ側。肩から背中にかけて生地が重ね合わせになっています。ゴアテックスジャケットだと、ここから内部の熱気が抜かせられるようになっていましたが、このジャケットにはそう言った機能はありません。ただ、このモデルの最大の特徴であるオリジナルプリントが可能という点が、このようなデザインとする必要があるのだと思います。

このモデルは他のクシタニ製ウィンタージャケットと異なり、インナーがありません。ウォームデバイス一体式です。とは言え、前身頃もダブルファスナーとなっており、防寒性能は高め。しかも、インナー側ファスナーが少しオフセットされているため、アウター側のファスナーと干渉しない工夫がされています。

安価な製品にもかかわらず、ブレストパッド装着用のベルクロも装備。この辺りはクシタニの良心でしょう。

インナー側ファスナーの上部には風の侵入防止のためのフラップが付いています。これがある意味クセモノなのですが…

背中側の腰回りにはずり上がり防止用のパンツのベルトに装備するタブも付いています。

この装備、他のウィンタージャケットには付いていないんだよね。もっとも他のモデルにはストームガードや、インナー側で腰回りを絞れるようにドローコードが付いているので困ることもないのですが(笑)

襟周り。全周ボア。これでかなり首周りからの風の侵入は防げます。

もっともこのボアのおかげで、ドカジャンのようにも見えてしまうんですけどね。あと、このボア部分、襟を立てることもできます。が、首が短い私としては、襟を立てると逆に顎まで覆われてしまい、大変不格好になるので、このままの方が適正位置なのです。

袖口。ゴムとベルクロの合わせ技で絞り込みます。

インプレですが、まず最初にジャケット自体がデカい。かなり…と言うか、相当デカいです。普段使っているジャケットよりも確実に一回り以上ゆとりがあります。なので、このジャケットは普段使っているジャケットよりもワンサイズ小さいものを購入しています。

この前オープンしたばかりの横浜店で購入しましたが、店員のおねいさんに、中にミドルウェアを着込易いですよって言われました。(笑)

あとネガなところ

袖口かデカいためなのか、袖口の処理がベルクロ+ゴムと言う構造上の問題なのか、ベルクロで絞め込んでも冷気が袖口から入ってきます。他のモデルはインナー別体なのでインナー側の袖口が全周ほぼゴムな為、冷気が入ることはないのですが、このジャケットは袖口かゴムとベルクロの合わせ技なため、どうしても皮膚と密着しないところがでてくるようです。そのため、ロング丈のグローブでも冷気か入り込んでくるようです。この辺は何か対策しないと厳冬期は厳しいかも。同じインナー一体式だった一昨年冬モデルのウィンターヴィターレジャケットではなんともなかったので、袖口の絞り方が違うためだと思います。

次に、インナー側のファスナーの一番上側がちょうど襟の折り返しの部分と同じ位置に来るためか、風巻き込み防止タブにファスナーが噛み込みやすい…首の長い人ならそんなことにはならないっぽいのですが、首短い族の私としては、ちょうど顎の下側までインナー部分がくるので、ファスナーが無理やり顎に沿って急カーブを描くように閉まるため、タブが邪魔してしまうようです。そのため何度かファスナーが開けられなくなるという事態に陥りました。あまり上まで閉めなければ大丈夫なのですが、そうすると寒風が首から入り込んでくるというジレンマに襲われます。

肝心の防寒性については、ウィンターヴィターレジャケットやウィンターモードスポルトジャケットに比べてやや落ちるかなっていう程度です。それこそパフォーマンスショップのおねいさんの言う通り、サイズ感が大きい分、ミッドレイヤーを着たすことで寒さは解消できる程度の防寒性は確保されています。

まぁ、安いとはいえ、定価35,000円ですから、他社製品に比べると十分高いとは思いますが、そこはブランド料ということを考えればお買い得な製品ではあると思います。

更にデザインはド定番モデルならではのシンプルさがあるため、バイクやライダーを選ばないという点かいちばんのメリットではないかなと思います。

おまけ

横浜店オープン記念でもらったキーホルダー。スラッシュ富士山キーホルダー横浜店限定版。フジサンロゴと裏面には別に横浜店独自デザインが刻印されていました。

 

クシタニ K-2681 アドーレジャケット





クシタニライディングウェアの2019秋冬モデルが続々と発売されています。
これまではスポーツ系バイクに似合うモデルである、ウィンターヴィターレジャケットとかウィンターモードスポルトジャケットを購入してきましたが、今期SRを購入したことから、ややカジュアルなモデルも欲しくなり、ワイズギアブランドのヤマハ版レイジャケットであるスタイルジャケットを格安で購入してきました。
さて、いよいよ冬に向かい、SRに乗るのにウィンターモードスポルトジャケットとかだと似合わないかなぁなどと考え、もっと街乗りとかカジュアルに振ったモデルも1着くらいは持っていてもいいかなぁ…などと考えておりました。
秋冬モデルの発表と同時に、いつも行くクシタニプロショップに出向き、カタログを見てしばし悩むことに。今年のモデルで比較的カジュアルっぽいものは、アニフェス、ウィンターウィル、アドーレの3種類。アニフェスジャケットはミューラージャケットのモコモコ版にしか見えず、ウィンターウィルジャケットは、昨年までのモデルとほぼ同じの色違い。ということは激細仕様の可能性高し。アドーレジャケットは見た目がかなり派手ですが、この春夏モデルのフルメッシュパーカージャケットと似たデザイン。かなりカジュアルな雰囲気なジャケット。
ということで、アドーレジャケット、しかもオレンジ色に狙いを定めました。さっそく店長さんに予約をしようとすると、なんと店長さんが言うにはオレンジの入荷はナシとのこと。サックスだったら入るかもしれないと言われましたが、実はこの店舗、以前ミューラージャケットを予約したのですが、結局入荷せず…ってことがありましたので、この時点で嫌な予感しかしませんでした。

その後しばらく経って、サンプル品が各店舗をまわるという話をブログで見つけ、世田谷店に入荷した時点で、現物確認に行き実物を確認した上で、その場で世田谷店で予約を入れました。それが8月後半の話。店長さんに話を聞くと、今年の秋冬モデルの一番人気がこのアドーレジャケットとのこと。

昨日(10/19)ようやく入荷の連絡がありまして、買ってきました。

インナー別体式の秋冬ジャケットです。実際に見ると予想通り派手。ですが、スラブ調のプリントがデザインとして入っているため、思っていたほど派手ということもありません。

後ろ側。なんとなくスラブ調プリントが入っているのがわかると思います。また、両サイドの裾にはデザインされたリフレクターが入っています。

中央の縫い合わせのように見えるところにはドローコードが仕込まれています。

肘のところ。生地と同色で縫い目が入っていますが、これはプロテクターを仕込むためのもの。

両サイドのポケットのファスナーが異常に長くなっていますが、ドローコードを仕込んでいるため、どうしてもこれくらいの長さになってしまうのでしょう。

そのドローコードの取り付け位置。ファスナーの丁度中間くらいの位置に仕込まれています。

肩と腕以下のところの色の切り返しで使われている白い部分。手に取るまでは白い生地だと思っていましたが、実際は白と言うよりもシルバーに近い色合いです。

ストームガード。昨年モデルのゴアテックスショートジャケットにも装備されていました。ロング丈のジャケットだからこその装備ですね。ショートジャケットだと、裾回りが絞り込まれていることが多いため、あまり必要とは感じませんが、ロング丈だとかなり有用な装備です。

次にインナージャケットですが、これはアドーレジャケットに付属しているもの。

これは昨年モデルのウィンターモードスポルトジャケットに付属していたもの。

若干デザインが異なりますが、今年モデルの一番のウリがこのインナージャケット。ダウンライクと呼ばれるシンサレート素材を使用しており、昨年モデルよりも高性能というのがウリです。なんでもダウンと同じ形状をしているということのようです。写真で見る限りでは今年モデルの方がふわっとしているようにも見えます。サイズ感はほぼ昨年モデルと同じでした。

こちらは昨年モデル。今年モデルよりもクシャッとしているように見えます。

相変わらず腕にはMOTO PERFORMANCEの文字が入っています。が、同色プリントなので良く見ないとわかりません。このインナーだけの着用でも違和感はないと思います。

インナージャケットの高機能化とアウタージャケットの3層レイヤーっていう構造、更には昨年モデルにはほぼ採用されていないストームガードも装備されていますので、昨年モデルよりも高い防風、防寒性が期待できますね。唯一心配なのが、PUの使用量が13%と多いこと。長期間使えるかどうかは何とも言えませんね。

ということで、アドーレジャケットのお話でした。

ところで、このアドーレジャケット。

おそらくこの秋冬モデルで一番の人気モデルになっていると思われます。というのも、本家クシタニオンラインでは、発売前の時点で全色、全サイズ売り切れになっています。また、クシタニ世田谷店の店長が言うには、一番予約が多かった製品ということ、他店のブログを見ても、一部を除いて予約だけで完売などというエントリーが見られます。

ここで思い出すのが、今年の春夏モデルでの出来事。フルメッシュパーカージャケットは早々に完売。ベクトルジャケットも発売即完売という状況でした。しかもいずれの製品も追加生産も行っています。(その追加生産分もあっという間に完売だったそうです。)

おそらく、この製品、店頭に並ぶと同時にほぼ完売となるような気がします。

じゃぁもっと作ればいいじゃん!とはいかないのが、この業界と言うことのようです。世田谷店の店長さんとも話しましたが、追加生産するにも生地の手配、工場の手配、などなど、とにかく生産、出荷までかなり時間がかかるとのこと。今回の製品も、8月後半にサンプル品が販売店を巡っているのですから、発注はそれよりも以前。おそらく6~7月の時点で各店舗は発注しているものと思います。そりゃそうだよね。今回の製品もアウターはミャンマー、インナーはベトナムとそれぞれ生産国も異なりますし、まして、ライディングウェアというかなり特殊、というか極めてユーザーが絞られる業界なので、生産数量もかなりシビアに見極めないと、大量在庫の山ともなりかねないということのようです。一種の飢餓商法とも言えますが、ブランド力を維持する方法としてはこういったやり方が合理的ともいえると考えるわけです。例えば、量販店に並ぶウェアはシーズン終わりに一斉値下げ、下手すりゃ50%オフとかをやるわけでして、そうすると、ユーザーとしては、安くなったタイミングで買おうとしますし、世間のイメージも安物ブランドといったイメージにもつながりかねないと思うわけですよ。良いか悪いかはともかくブランド力、あるいはブランドイメージと言ったことを考えるいい機会になりました。

 

クシタニ K-1929 MIDパーカー




今年の夏は記録的な高温であちらこちらで最高気温の記録更新が相次ぎましたが、10月も中盤になると急激に秋らしい時節柄となりましたね。

この時期になると、朝夕と日中の気温の寒暖の差が大きくなり、バイクに乗るときもどんなウェアを着用するのか悩みます。

流石にウィンタージャケットだと日中暑すぎますし、かと言って春秋ジャケットだと朝夕が寒いし。

そこで活躍するのがインナージャケットとなりますが、クシタニさんのMIDパーカーを買いました。

ちょっと派手かなと思いましたが、パッと見は派手ですが、現物はそうでもないといういつものクシタニウェアらしい製品。

パーカーなのでフードが付いてます。パーカータイプのジャケットと異なり、フードを止めるループは付いてません。

フードを締める紐もロゴ入り。なかなか洒落てますよ。

袖口は親指を通すことができるサムホール。なので、全体的に袖がかなり長めの設定です。私が着用すると、袖が手のひらの半分以上が隠れるくらい長いんです。インナーだから気にはならないけどね(笑)

フード部分。大き過ぎることもなく小さ過ぎることもなく、実用的な大きさ。実際に使うことはないと思いますが、寒いときの防寒用としては十分アリだと思います。

胸ポケットと脇ポケット。止水ファスナーではないので、やはりアウターとして使うのは厳しそう。ただ、ポケットそのものは防水生地が裏地に使われており、ポケット内の物が汗などで濡れることを極力防いでいます。

生地のアップ。単なるマスタードカラーじゃなくて、スラブ調プリントがなされているために、安っぽく見えないんですよ。

使用感ですが、朝夕のやや寒い時間帯に春秋ジャケットのインナーとして使うと非常に満足感が高い。冬用ジャケットを着用する時期と春秋ジャケットを着用する時期の中間、ちょうど今の時期に最適です。暑けりゃ脱げばいいだけですからね。

気になる点。丈が長めです。コンテンドジャケットのようなスポーティ系ジャケットだとジャケットの裾から、MIDパーカーがはみ出します。

カジュアル系なジャケットであれば、はみ出しも気にはならないレベルにはなります。

またデザインも普段着としても使えるレベルなので、バイクに乗るとき以外でも活躍しそうですよ

 

クシタニ レースツナギTシャツ




たまたま行きつけのクシタニショップのブログを見てましたら、「レースツナギTシャツ」入荷しましたのエントリーが!
以前、数量限定で販売したら好評だったとのことで、再販となった模様です。

前側はごく普通のTシャツですが、バックプリントは昭和の香りがプンプンとしてました。クールインナーの上に羽織るのに丁度いいかも。

クシタニって時々やらかしますね。悪い意味じゃなくいい意味でです。
昨年の正月にお店に行ったら、こんなものも貰えたしね。

ワイズギア YAS36-K スタイルジャケット




Y’S GEAR YAS36-K スタイルジャケット
ヤマハ純正ライディングウェアと言えば、泣く子も黙るワイズギア。アパレルに限らず、ヤマハ車純正パーツも多数リリースしています。私も既にMT-10ではサイドケースやトップケース、セローでもパワービームを取り付けていますがいずれもワイズギアブランド。
ヤマハ純正品という扱いですが、実のところ、大多数の製品は専業メーカーのOEM品だったりするわけですが、ヤマハ純正アパレルは以前からクシタニやRSタイチの製品をヤマハ向けにアレンジしたりデザインを変えたりして売っていますので、ヤマハブランドではありますが、実際はクシタニやRSタイチの製品だったりするわけです。
本家であるクシタニやRSタイチとの違いは、扱い店舗が違ったりしますが、特にクシタニ製品だと、本家はクシタニプロショップや取り扱い店、クシタニウェブショップくらいでしか買えないのに対して、ライコランドや南海部品などの量販店でも購入可能だということ。当然ワイズギアが扱うので、流通経路がかなり制約がなくなるということでしょう。具体的にユーザーにどのようなメリットがあるかというと、在庫処分として投売りされる可能性が高くなりますね。当然、本家本元で定価で買うのが普通なのでしょうが、ワイズギア製品の場合、ワイズギアの製品という扱いですから、在庫処分とか、セールとかで投売り対象となると、とんでもなく安く買える場合もあります。

で、今回購入した、ワイズギア YAS36-Kスタイルジャケットは、本家クシタニではレイジャケットという製品なのですね。本家で買うと定価40,000円ですが、ワイズギアブランドということで、定価は42,000円です。しかし、今回はライコランドの数量限定セールで半額以下の税込み19,800円というありえないほど安く購入できました。

後ろ側。基本的にレイジャケットですから、クシタニ製品と同じなのですが、肩周りのステッチ、クシタニマークである赤白マークが青白に変わっています。

タグはしっかりと「KUSHITANI」のロゴが入っています。当たり前ではありますが。

胸周り。両側に胸ポケット。クシタニ製品らしいところです。生地自体は防風ラミネート加工がされており、本家レイジャケット2018年モデルとは若干異なるようです。本家レイジャケットも2017年モデルでは防風ラミネート加工がされていたようなので、このモデルは実質2017年モデルと同等と言えると思います。

胸周りの内側にはレーシングブレスとパッド装着用のベルクロ。裏地が思いっきり派手なのはお愛嬌と言ったところでしょうか。


両袖脇と袖口はネオプレーンによる伸縮素材が使われており、体を大きく動かす時でもストレスなく着用できそうです。


このYAMAHAの刺繍が本家製品にはないところ。YAMAHA製品であることを主張していますね。

背中のディンプル加工がされた革のステッチ。右側マークの青白がYAMAHA製品であることをアピールしています。純正品は赤白ですね。

タグですが、MADE IN JAPANの文字が!クシタニテキスタイルジャケットで日本製はかなり珍しいですよ。
クシタニ本家を含めて製造国がイマドキ日本製というのはかなり珍しいと思います。19,800円で日本製のライディングジャケットが買えるということ自体かなりレアだと思います。