クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その2)




前回に続き、クシタニ2019春夏モデルのカジュアル系ジャケットのインプレです。前回のフルメッシュパーカージャケットに続いて、同時に購入したほぼ普段着の見た目でプロテクターが装備されており、きちんとライディングジャケットとしての機能も十分なベクトルジャケットのインプレです。
生地そのものもジャージのような生地で着用感も大変柔らかい素材で作られています。見た目はほぼジャージ生地のパーカーです。

今回購入したものは、ブラック。しかし実際の見た目は黒というよりも濃いグレー色。また、単純な色ではなくグレー生地ではありますが、シルバーグレーと言っても良いようななかなか高級感(笑)も感じられる生地です。また、このベクトルジャケットはこのブラックのほかに、ネイビー、オレンジとシルバーの全4色展開ですが、このブラックだけはフロントファスナーがホワイトの設定で、ブラック生地にホワイトのファスナーやスラッシュフジサンマークがポイントとして使われているため、メリハリが付いており、今回展開されている4色の中では最も落ち着いたデザインでありながら、ライジャケアピールも高い製品だと感じます。

後ろ側。フードのループ部分にレッドが差し色として使用。これまた単に落ち着いた色使いというわけでもなさそうです。肩側のMOTO PERFORMANCEロゴもさりげなく目立ちます。

背中側のレーザーホール
フロント…というか脇の下のレーザーホール

大きな穴ではありませんが、前と後ろにベンチレーション用のレーザーホールが開けられており、それなりにベンチレーションは効きます。また普段使いしていてもこの穴があるだけで、体が蒸れ難く通気性は感じられますので、バイクでの走行中にはそれなりに効果は発揮すると思われます。

フード部分。フードは背中のタブに留められるようになっており、バタつきも多少は低減できると思います。タブもしっかりとした生地で作られており、実用性も確保されています。

肩のリフレクトテープ。普段は生地とほぼ同色ですが、フラッシュ撮影するとご覧のとおり。視認性は問題なさそうです。

フロントファスナーの上部にもMOTO PERFORMANCEロゴ。この手のジャケットは完全にファスナーを上まで閉じることは少ないと思いますので、このロゴもあえて見えるような位置に付けられているのではないかと思われます。

ある意味、一番驚いたところでもありますが、インナー側には裏地がしっかりとありました。所詮ジャージ生地なんだから…と思っていただけに裏地もきちんと作られており…プロテクター装着をするうえで、裏地は必須なのでしょうが、ライジャケとしての基本はきちんと押さえられています。

さて、このジャケットのインプレですが…
これ、ライジャケとして使うよりも普段着として使う方が幸せになれるように思います。または街乗り用。着心地も生地が柔らかいため大変優しく、ゆったりとした気分になれるでしょう。しかし、ライディングジャケットとしては、生地が柔らかいため、生地での保護機能は期待できません。また柔らかい素材であるため、プロテクターも装着はされていますが、転倒時や事故時にはプロテクターが大きく動いてしまい、プロテクターでの身体保護もやや怪しいかもしれません。

ただ、着用感は大変すばらしく、ストレスを感じないという点では、ライディングにプラスに働くかもしれません。

なので、あえて言うなら、普段使いとして着用し、ちょっとバイクに乗るとか、という時に使うようなジャケットだと感じます。

逆に、MOTO PERFORMANCEロゴとかスラッシュフジサンマークとかが比較的目立つように付いていますので、着用する人が一般の人などに対して「ライダーアピール」する時に着用すると、逆に良いかもしれません。
とにかく、おしゃれなパーカーとして普段使いすると周りに人の見る目が変わるかもしれません。

クシタニ K-2337 フルメッシュパーカージャケットとK-2339 ベクトルジャケット(その1)




昨日、クシタニオンラインから大きな荷物が届きました。3月の初旬に予約していた2019年春夏モデルのジャケットがようやく届いたというわけです。
今年の春夏モデルは昨年モデルと同じようなラインナップで、昨年買おうかどうしようか散々悩んだフルメッシュパーカージャケットとベクトルジャケットが2019年も継続となり、基本的には昨年モデルと同じでカラーチェンジのみのモデルです。
特に今年のモデルはなかなかカラーもおしゃれで、ネイビーのフルメッシュパーカージャケットと、ブラックのベクトルジャケットの2着を購入しました。

K-2337 フルメッシュパーカージャケット

ネイビーモデルです。つくりはかなりライトなイメージで、色も昨年モデルと異なり落ち着いたイメージで、ネイビーと言うだけあって濃紺に近い色合いですが、近くで見るとスラブ柄が入っており、安っぽいイメージは皆無です。

濃紺というよりほぼ黒と明るいブルーのストライブ柄で遠目で見ると濃紺に見えるといういつものクシタニパターンです。

機能を見てみますと、まずはパーカー部分。後ろ側にはフードを留めるタブが付いており、走行時のフードのバタつきを防ぎます。また、フードの前側とジャケット内側の首のところにもタブが付いており、この部分もジャケット本体に留めることができます。両側のタブをジャケット本体側にホックで留めることで、より一層フードのバタつきを防ぐことが可能です。

フードの首側まわりにはドローコードが付いているため、よりいっそうバタつき防止にも役立ちます。またフードインナー側の裏はきちんとチェック柄の裏地もきちんと装備されており、着用時にフードの裏側が見えてもメッシュ生地がそのまま見えるということもありません。

ファスナー裏側には定番のブレストパッド取付用のタブ。

胸ポケット。かなり小ぶりな大きさですが、小物やカード程度なら問題なく入りますね。ただ、デザインは後付け感が出ており、あえてこういったデザインにしているのか、それともコストの問題なのかは不明。個人的にはこのデザインは大いにありだと思いますが。

首回り。ファスナーの最後の部分にはタブが付いており、一番上までファスナーを閉めなくても良いようなデザインとなっています。

着用感はやや硬めな生地ですが、それだけ防御力が高いと思えば納得できるところではあります。
デザインそのものは定番中の定番のデザインで、奇をてらっているわけでもなく、安心して着用できるデザイン。どちらかというと若者向けのデザインではありますが、濃いめなネイビー色ということもあって落ち着いた色合いですから、比較的年齢も選ばないと思います。

昨年末の秋冬用ジャケットであるアドーレジャケットとおそろいのデザインですね。

クシタニ AK-L1901-18 AK/フロントジップパーカー01




先日クシタニパフォーマンスストア横浜店に行ってきましたが、その時に買ってきたのが、横浜店オープン時に限定商品として入荷していたパーカーです。SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ製品であるAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー-01です。どちらかというと、ライディングウェアというよりも街着として使っています。今の時期、まだまだ寒い日々が続いているのでちょっと寒い朝夕などで羽織るとちょうどいい感じになります。生地自体は薄いのですが、コットン100%と言う事もあってなのか予想以上に防寒効果があります。昨年買った同じくクシタニのMIDパーカーよりも暖かく感じます。一緒にK-1922楕円ロングTシャツと一緒に買ってきましたが、今回はAK-L1901-18 AKフロントジップパーカー01のお話です。

SHINICHIRO ARAKAWAとのコラボ商品なので、昨今のクシタニ製品のようにデカデカとロゴが入っていることもなく、街着としても全く違和感はありません。胸のところに富士山マークとKUSHITANIのロゴが控えめに入っているのと、バックには右下にこれも控えめにロゴが入っている程度です。

バック側左下の控えめな富士山マークとロゴ

クシタニっ製品なので、一応ライディングウェアとしても使えるような配慮も感じられるところが3点ほどあります。

一つ目 フードに穴が開いています。

走行中、フードがバタつかないように穴が開いており、フードに巻き込まれた走行風がこの穴から排出されていくという仕組み。実際、雨よけフードとしての機能は落ちるかもしれませんが、雨よけとしてはほぼ使わないと思われますので、このような配慮は嬉しいと思います。また、穴自体も走行時のフードのバタつきと雨よけとしての機能の両立を図ったと思われる絶妙な大きさです。

二つ目 お腹から腰にかけての位置に「マチ」が付いている

これもライディングウェアらしい配慮なのですが、バイク乗車中は前傾ポジションとなることも多く…もっともバイクにもよりけりではありますが…前傾時にウェア自体からのストレスを感じないように配慮しているところでもあります。

あと、もう一つはフロントファスナーが下からも開くタイプのものが付いています。これもまた、ライディング時に前傾姿勢をとると、お腹周りが締め付けられるように感じることがあるのですが、下からもファスナーが開くと下側をすこし上げることで、お腹周りにかかるテンションを下げる効果があります。これもまたライディングウェアとしての機能ですね。

唯一のネックは価格なのですが、有名デザイナーが手掛けた製品と思えば、納得の価格かもしれません。個人的には街着としてもライディングウェアとしてもバランスが取れている商品であると思います。

唯一のネックはパフォーマンスストア限定品なので、クシタニプロショップやクシタニオンラインでは購入できないということが難点ではあります。

クシタニ2019年の福袋




今年も買ってしまった…というか昨年末ですね。クシタニのオンライン福袋の発売は。これまでは5万円、3万円の福袋でも発売開始から数時間程度は買えましたし、10万のものは2日~3日はまだ買えたのですが、昨年末は事前告知があったためか、瞬殺でした。幸い私は5万円のものを買えましたが、いったん決済してもう一度他のものを買おうかと思って再度のぞくとすでに全品全サイズ売り切れ!おそらく5分以内には売り切れたと思われます。
なんでそんなに人気があるのか?
当たり前ですが、通常価格で買うより圧倒的に安いからなんですが、おそらく転売ヤーあたりも跋扈しているのでしょうね。
ちなみに、クシタニ製品は現在東南アジアで大人気だそうで、特にインドネシアとか台湾あたりでは、クシタニ製品を着ていることがある種のステータスなんだそうです。

話は戻りますが、購入した5万円福袋、以下のものが入っていました。

k-0678 ステムジャケット…70,000円
k-1886 Eワークウォームパンツ…21,000円
k-1897 Eワークコーデュラパンツ…18,000円
k-4410motogp マフラータオル…2,500円
kg-11c ステッカーキット…1,000円
k-4093 富士山レザーキーホルダー…1,000円
合計113,500円

以上のものが入っておりました。5万円で2倍以上の価格のものが入っているのですから、お得って言えばお得ですね。特に今回、5万円にもかかわらず、レザージャケットが入っていたのでアタリだったと思います。

k-0678 ステムジャケット
k-1886 Eワークウォームパンツ
k-1897 Eワークコーデュラパンツ

テキスタイルジャケットが入っていなかったのですが、正直テキスタイルジャケットはあまり必要としていなかったので、本当にラッキーでした。

またパンツが春夏用と冬用の2本入っていたので、これまたラッキーでした。このパンツはライディングパンツらしからぬスタイルなので、普段履きとしても重宝しています。
色合いが派手めなのですが、デザインともどもカジュアルな感じなので、結構気に入ってます。

クシタニ K-2675 ウィンターチームジャケット




クシタニ K-2675ウィンターチームジャケットです。

これ、実は昨年モデル。今年のモデルはK-2683と型番も変わっており、デザインも若干変わっています。

このモデルは毎年ほぼ形は変わらず、デザインだけは少しずつ変わっているという、言わばクシタニのウィンタージャケットの中でも定番品とも言えるモデルです。

また、比較的高額な商品が多いクシタニ製品ですが、このウィンターチームジャケットがウィンタージャケットの中で最も安価な製品でもあります。

後ろ側。肩から背中にかけて生地が重ね合わせになっています。ゴアテックスジャケットだと、ここから内部の熱気が抜かせられるようになっていましたが、このジャケットにはそう言った機能はありません。ただ、このモデルの最大の特徴であるオリジナルプリントが可能という点が、このようなデザインとする必要があるのだと思います。

このモデルは他のクシタニ製ウィンタージャケットと異なり、インナーがありません。ウォームデバイス一体式です。とは言え、前身頃もダブルファスナーとなっており、防寒性能は高め。しかも、インナー側ファスナーが少しオフセットされているため、アウター側のファスナーと干渉しない工夫がされています。

安価な製品にもかかわらず、ブレストパッド装着用のベルクロも装備。この辺りはクシタニの良心でしょう。

インナー側ファスナーの上部には風の侵入防止のためのフラップが付いています。これがある意味クセモノなのですが…

背中側の腰回りにはずり上がり防止用のパンツのベルトに装備するタブも付いています。

この装備、他のウィンタージャケットには付いていないんだよね。もっとも他のモデルにはストームガードや、インナー側で腰回りを絞れるようにドローコードが付いているので困ることもないのですが(笑)

襟周り。全周ボア。これでかなり首周りからの風の侵入は防げます。

もっともこのボアのおかげで、ドカジャンのようにも見えてしまうんですけどね。あと、このボア部分、襟を立てることもできます。が、首が短い私としては、襟を立てると逆に顎まで覆われてしまい、大変不格好になるので、このままの方が適正位置なのです。

袖口。ゴムとベルクロの合わせ技で絞り込みます。

インプレですが、まず最初にジャケット自体がデカい。かなり…と言うか、相当デカいです。普段使っているジャケットよりも確実に一回り以上ゆとりがあります。なので、このジャケットは普段使っているジャケットよりもワンサイズ小さいものを購入しています。

この前オープンしたばかりの横浜店で購入しましたが、店員のおねいさんに、中にミドルウェアを着込易いですよって言われました。(笑)

あとネガなところ

袖口かデカいためなのか、袖口の処理がベルクロ+ゴムと言う構造上の問題なのか、ベルクロで絞め込んでも冷気が袖口から入ってきます。他のモデルはインナー別体なのでインナー側の袖口が全周ほぼゴムな為、冷気が入ることはないのですが、このジャケットは袖口かゴムとベルクロの合わせ技なため、どうしても皮膚と密着しないところがでてくるようです。そのため、ロング丈のグローブでも冷気か入り込んでくるようです。この辺は何か対策しないと厳冬期は厳しいかも。同じインナー一体式だった一昨年冬モデルのウィンターヴィターレジャケットではなんともなかったので、袖口の絞り方が違うためだと思います。

次に、インナー側のファスナーの一番上側がちょうど襟の折り返しの部分と同じ位置に来るためか、風巻き込み防止タブにファスナーが噛み込みやすい…首の長い人ならそんなことにはならないっぽいのですが、首短い族の私としては、ちょうど顎の下側までインナー部分がくるので、ファスナーが無理やり顎に沿って急カーブを描くように閉まるため、タブが邪魔してしまうようです。そのため何度かファスナーが開けられなくなるという事態に陥りました。あまり上まで閉めなければ大丈夫なのですが、そうすると寒風が首から入り込んでくるというジレンマに襲われます。

肝心の防寒性については、ウィンターヴィターレジャケットやウィンターモードスポルトジャケットに比べてやや落ちるかなっていう程度です。それこそパフォーマンスショップのおねいさんの言う通り、サイズ感が大きい分、ミッドレイヤーを着たすことで寒さは解消できる程度の防寒性は確保されています。

まぁ、安いとはいえ、定価35,000円ですから、他社製品に比べると十分高いとは思いますが、そこはブランド料ということを考えればお買い得な製品ではあると思います。

更にデザインはド定番モデルならではのシンプルさがあるため、バイクやライダーを選ばないという点かいちばんのメリットではないかなと思います。

おまけ

横浜店オープン記念でもらったキーホルダー。スラッシュ富士山キーホルダー横浜店限定版。フジサンロゴと裏面には別に横浜店独自デザインが刻印されていました。