クシタニ K-2363 アクアジャケット

クシタニの2021 春夏モデルがほぼ発売開始されました。毎年恒例ですが、だいたい3月終り頃までにはすべてのモデルが出そろいますが、今年は特にメッシュ系ジャケットの発売が例年以上に早く、メッシュ系ではないモデルのほうが遅く入荷なんてこともありましたが、2021モデルのラインナップも順調に進んでいるようです。

で、今年はアクアジャケットを購入。1月にはレギュレーターライトジャケットも購入してしまったのですが本命はコチラのアクアジャケットが本命でした。

いつものように、まだ本格的に着用できる気温とまではなかなかいきませんので、とりあえず、外観と機能のチェック、多少使ってみたインプレなどを公開していきます。

クシタニ K-2363 アクアジャケット

テキスタイル系ジャケットの中でもフラッグシップ扱いの防水ジャケットです。秋冬モデルのアロフトジャケットとほぼ同じコンセプトの製品で、クシタニ製品群の中では雨を気にせず、カッパ着用なしで長時間走れるジャケットというカテゴリの製品で、特に防水機能が優れているという製品です。
秋冬モデルのアロフトジャケットと同様、かなり防水、浸水対策が施されていながら、通気性にも配慮がされています。

防水性は生地に由来しますので、縫製や機能的な方法での浸水対策がかなりなされていますので、そのあたりから。

襟元

襟元。コンテンドジャケットのような襟ではなく、ぐるっと回りこむような作りで浸水防止を狙った形状。ただし、アロフト系が大き目な襟元なのに対して、アロフト系よりもやや小ぶりな作りです。アロフト系は浸水防止性重視もありますがそれよりも防寒性が重視されるため、小ぶりな作りになっているものと思います。

襟元を回り込まなくさせなくてもタブ上の襟を収めるためのベルクロが装備されています。雨が降っていないときなどは、このような止め方の方が風を通しやすく、ジャケット内の熱気を逃がしやすく、理にかなっていますね。

襟のタブを収める前の状態。ベルクロの位置がお分かりいただけるかと思います。

前身頃

前身頃の構造。生地が折り返されており、雨水がジャケット内に入りづらい構造。

ベルクロの内側にYKK製のファスナー。2重構造で雨水を防いでいます。

おなか回りの切れ込み。前傾姿勢でもおなか回りへのジャケット食い込みが少なくなるような形状ですね。クシタニ製品は他のジャケットでもこのような作りになっており、SS系などの前傾の強いバイクに乗る場合でもお腹への負担を減らす工夫がされています。

袖口

袖口のタブ。タブを絞め込む位置と絞め込まない位置とでベルクロの位置を変えています。

絞め込まない場合のタブを留める位置。タブのベルクロが他の前身頃のベルクロにくっつきづらい作りです。洗濯時などに重宝しますね。

ポケットの水抜き穴

両脇ポケット下部のドレンホール。ポケット内部が防水仕様であり、内部に水が浸入しにくい構造ですが、まったく入らないわけではなく、ポケット内部に水が入り込んだ時の水抜き穴です。防水構造のジャケットやバッグではごく普通の仕様です。ゴアテックス系のジャケットなどでもこのような作りになっているものが多いですね。

内ポケット

ジャケット内のインナーポケット。左胸側に装備されています。

お腹周りの締め込み部分と袖の締め込み部分

脇腹部分の締め込み調整タブと上腕部。両側ともにバタつき防止用タブが付いています。が、上腕部の袖に留めるホックの他にメス側のホックが余分に付いているように見えますが、実はこれが袖のエアインテークを開放させるためのホックです。

開くところはベルクロでびっちりと密着していますが…バリバリと剥がすと

ファスナーが出てきます。これを開けることでエアインテークとしているのですが、ベルクロ併用なので、簡単に塞がってしまいます。しかし、このファスナーの内側には更にホックが隠れています。

中のホックをタブのホックにくっつけることで、パカっと開きます。こうすることで、走行中はしっかりと風が腕に入り込んでくるのです。

この構造の偉いところは、単にファスナーで開閉するだけだと、雨水をファスナーのみでで防がなくてはなりませんが、ファスナーの上から防水生地をかぶせることで、防水効果を高めるだけではなく、確実にエアインテークの役割を果たせることです。

走行風エアの排出側

一方、入ってきた風はどこから逃がすのかと言いますと、この背中の大型フラップから風を排出する仕組みです。ゴア系ジャケットやエクスプローラージャケットと同様ですね。ただし、エクスプローラージャケットと根本的に違うところが大型フラップ内部にファスナーが有るか、無いかの違い。

見てのとおり、アクアジャケットには内部にファスナーが仕込まれています。積極的に風を取り込みたくない時には、このファスナーを閉じておけます。雨天走行時は結構寒くなりますしね。このファスナーの存在は大きいですよ。

ファスナーを開けた状態。二の腕から入ってきた風はこの背中側から抜けていく構造。これがあるとなしとでは、走行時のバタつきが顕著に違いますね。

デザイン

デザインについては、コンテンド系のような派手な感じもなく、かといってアメニタやクラリティのようなカジュアル感も薄く、正統派のライディングジャケットといったデザインです。

左肩と左胸のところにスラッシュフジサンマーク。

背中側にデザインされたリフレクター。この形のリフレクターはここ数年のクシタニ製品では定番となっているマークですね。

左側の裾まわりに小さく「MOTO PERFORMANCE」ロゴ
このMOTO PERFORMANCEロゴですが、一部ユーザーからは思いっきり嫌われているようで、某巨大掲示板などでは、このロゴを無くせ!と声高に書き込んでいるユーザーを見ますが、ライディングジャケットなのですから、これくらいアピールがあってもいいと思うのですが。むしろ、アクアジャケットのそれは非常に小さく書かれています。
逆に、そういうことを言う人たちは、ユニクロとかGUのジャケットを着ればいいじゃんなどと某巨大掲示板では言われていますが(笑)

着用感について

本日は、風が強かったものの、天気そのものは晴れており、気温も寒すぎず暑すぎずといった非常に恵まれたツーリング日和。で、早速着用してきました。
気温は13℃から15℃程度。やや寒めでしたが、冬用インナー着用でちょうどいい感じでした。
ジャケットそのものは、軽い着心地で特にストレスを感じることなく着用できました。実際のところ、降雨時にどうなのかについては何とも言えませんが、少なくとも縫製と機能を見る限りはかなり期待できそうです。
やや気になった点ですが、生地自体が柔らかく軽いのは良いのですが、何となく薄く感じました。防御力はパッド類に依存する方が多いとは思いますが、コンテンド系などと比較しての薄いという感じなので、ひょっとすると、防水機能との兼ね合いでそう感じるのかもしれません。
ただ、さすがクシタニと思わせる縫製や立体裁断、機能面などはこのモデルでも健在であり、これからの本格的なツーリングシーズンには欠かせないジャケットとなりそうです。

クシタニ レギュレーターライトジャケットを着用して走ってみた

今シーズンの春秋新作レザージャケットである、レギュレーターライトジャケットですが、ようやく着用できる気温となりましたので、さっそく走ってみました。
この日は最高気温20℃と5月初旬のころの気温。ですが、朝晩は5℃程度とまだまだ冬の気温です。したがって、冬用インナーにミドルレイヤーとしてミッドジャケットを着用した上にレギュレーターライトジャケットを着用。ボトムは定番のエクスプローラージーンズで。

ざっくりこんな感じとなります。ボトムはもうちょっと明るい色のライディングパンツでも合うかも。

ミドルレイヤーのミッドジャケット。いつもは普段着として使っていますが、今回はまともにミドルレイヤーとして使用しました。

インプレ
今日の気温くらいが一番気持ちいい着心地。これ以上の気温であればミッドジャケットはいらないと思います。
ジャケットそのものは、前回記載の通り、大変軽い着心地かつ柔らかい。ほんとテキスタイルと同じ感覚で着用できます。かる~い着心地と柔らかい皮革のおかげで、テキスタイルジャケットの着心地と皮革の安心感。さらにもともとカジュアルなデザインなので、ぱっと見だとライディングジャケット然としておらず、街歩きなどのバイクを降りた時でも違和感を感じませんでした。

ただ、私が購入したモデルはアイボリーなので、いずれ汚れが気になるのではないかと危惧するところではありますね。こればっかりは汚れ落としなどはこまめに行っていかなければと感じます。
いずれにしても、今年の春秋はこのジャケットと過ごすことが多くなると思います。

クシタニ K-2801 アロフトジャケットの使用適性温度

先日購入したアロフトジャケットですが、実際のところ防寒性能はどんなものなのか?ということで、ここ数回使用した感想を書いていきます。

本日(2021/2/6)のような最高気温15度、晴れの天気ですと正直かなり暑いと感じました。インナーはゴアウィンドストッパーインナーシャツを使用。その前の週に使用した際は気温10度程度でしたが、ちょうどいい感じ。ちなみにインナーはおたふくのボディタフネス極厚を使用しての状況。
なので、おそらく温度適性は上の方で10℃~15℃くらいまでが限界と思います。やはり真冬での着用が適しているのではと感じますね。
下の方はインナーで何とでもなりますから、道路が凍結さえしなければこれ1着で真冬も乗り切れると思いますね。ただ、気温が上がった時がやはり問題となります。同じく今年モデルのガルジャケットも適性気温は同じようなものだと思いますが、ガルジャケットは風のインテークがありません。暑ければ標準装備のインナーを外すことしかできませんが、アロフトジャケットは二の腕のところに走行風のインテーク、背中側にはジャケット内部の熱気を排出するためのアウトレットがありますので、これを開けるだけでもかなり熱気を逃がすことができます。
実は、冬用ジャケットでインテークとアウトレットは本当に必要なのかという疑問も多少持っていたのですが、今日のツーリングで「やっぱ必要だよね」という思いを強くしたのでした。

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニの2021春夏モデルの第一弾、K-0701 レギュレーターライトジャケット、オフホワイトです。
たまたま行きつけのクシタニプロショップに春夏モデルの詳細を聞きに行きましたら、まだ、詳細は未公開ということでした。しかし、カタログ入荷前に新作が入荷しており、その新作その第一弾として入荷したものがこのK-0701 レギュレーターライトジャケットという革ジャケットでした。
最近のクシタニはYOUTUBEで先行公開したのち、カタログ入荷と同時くらいに順々に春夏モデルの入荷というようにニューモデルが公開されていくのですが、人気モデルですと入荷と同時に売り切れとなるモデルも少なくなく、このジャケットも1/20にYOUTUBEで公開、その週の金曜日である1/22に入荷、その後の土日でほぼ完売となったそうで、お店に伺った昨日で最後の1着となっていたものを購入しました。
実は、お店に行ったのは、このジャケットを買うためではなく、アクアジャケットの予約をしようと思い行ったのですが、情報が全くと言ってよいほどに公開されておらず、YOUTUBEで公開されていることしかお知らせできないとのことでした。それではまた来ますと言ってお店を出ようとしたときに、このジャケットが目に入り、試着してみますか?という悪魔のささやきが…速攻購入と相成ったという具合でした。

前側と後ろ側。このジャケットはこれまでのレギュレータージャケットと同様、フード付き、パーカースタイルの革ジャケットです。レギュレータージャケットが出た当初は、革ジャケでフード??って思ってまして、特に興味も湧かなかったのでしたが、このモデルがYOUTUBEで紹介された時は多少「おっ?」っとはなりました。まず、色合い。これまでのジャケットは黒とかグレーとかシックな色合いのものがほとんどであり、また、明るい色や派手な色合いのものはレザースーツ系やSSなどを乗りこなすいわゆる走り屋系を対象としたモデルが多かったように思います。そのため、色合いもさることながら、派手なワッペンやデカデカとしたロゴなどを腕や背中に大きく貼り付けたようなジャケットが多く、逆にシンプルな作りの革ジャンはというと、前述のとおりの黒とかグレーとかのダーク系ばかりでしたので、このK-0701 レギュレーターライトジャケットは、この色使いで派手じゃない。でもパーカースタイルだから比較的気軽に使える、とゴリゴリのレザーというイメージを真っ向から否定したデザインだと思います。

もう一つ、革ジャンなのですが、テキスタイルの使用部位が多いってこと。脇から腕の内側など、転倒時に直接ダメージがかかりにくいところはあえて布を使用しています。写真のグレー部分ですね。これも革ジャンのイメージをを大きく変えています。クシタニの他のモデルでも実はテキスタイルを使用している部分が多い革ジャンは以前からありましたが、これまではあえてテキスタイルを使用している部位を隠そうとしていたような使い方が多かったように思います。転倒時にダメージがいかないようなところへテキスタイルを使用することの実害はほぼありませんからね。さらに重量を軽くするという、あるいは運動性能を妨げないなどのメリットも多いですから。ただ、購入する側からすると、革ジャンを買ったのに、なんで一部に布っ切れが使われてるの?って思うかもしれません。そんなこともあってかどうかはわかりませんが、これまでは布っ切れを隠す方向性での革ジャンづくりだったのではないかと思われます。
しかし、このモデルはあえてテキスタイルを見せることで、革ジャンのイメージを大きく変えてきています。これまでの「重い」「暗い」「いかつい」といったイメージをまるっきりひっくり返しにかかっているように思えてなりません。
まず、私がこのジャケットを見て思ったことは、普段着で使えるんじゃないか?ということでした。さらに試着してみると、まず最初に感じることは「軽い」ってこと、次に「柔らかい」ってこと。皮革自体も一般的なホルス、牛革ではなく、ゴートスキン、つまりヤギ革を使用しており、ご存じのとおり、ゴートスキンはバイク用ですと、おもにグローブなどで使われている皮革であり、とても柔らかいことが特徴な皮革ですね。そんなこともあってか、とにかく軽くて柔らかいジャケットです。イメージ的にはややごわっとしたテキスタイルジャケット程度の感覚。ただし、皮革ですから、ごわっとしたテキスタイルのように変に突っ張る感じもありません。

両脇のファスナー。上下にファスナーの持ち手がありますが、上からも下からも開けられる構造です。
これは上半分が風のインテーク側

中がメッシュ構造となっています。また入ってきた風は背中側から抜けていける構造です。

このフラップ部分がファスナーで開閉できるようになっており、

風を通したくない時には閉めておくことが可能。これはアロフトジャケットでも見られた構造ですね。

両脇のファスナーの下半分がポケットとなっています。

これは胸ポケット。止水ファスナーでした。ちなみに両脇のファスナーも止水ファスナーとなっています。

内側。一般的なインナーですが、純正の防寒ベストやメッシュベストが装着できるようになっています。また、胸部パッドの取付用のベルクロも装備されています。右側にはインナーポケットも装備。

フードの内側にはバタつき防止用のベルクロ。フードを使うときはこのようにベルクロをたたんでおけるようになっています。

最後に色合いの比較。左側のレザージャケットはK-0662 キャプチャージャケットのホワイトですが、このホワイトはほぼ真っ白なのに対して、レギュレーターライトジャケットのオフホワイトは若干グレーがかったホワイト。写真ではわかりにくいのですが、明らかにやや暗め。なので、ホワイトとはいえかなり落ち着いた感じのホワイトです。このあたりもテキスタイルジャケットを意識しているのではと感じますし、普段使いでも浮いた感じがなく好感が持てる色合いだと思います。

このジャケット、かなり評判が高く、クシタニの各店舗ブログを見てみましても、サイズによってはすでに売り切れとなっている店舗も多く、興味のある方は早めに店舗で確認したほうが良いと思いますよ。
でも試着したら絶対欲しくなるという、ある意味麻薬のようなジャケットですから、迷っている人は試着をしない方が良いかも(笑)

クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニ K-2801 アロフトジャケット

クシタニテキスタイルジャケットの最高峰と言われるアロフトジャケットを買ってきました。
アロフトジャケットは、以前のゴアテックスオールウェザージャケットの実質後継モデルであり、装備内容もほぼゴアテックスオールウェザージャケットとほぼ同じです。
「防水」「透湿」に加えて「防寒」性能も一応クシタニテキスタイル系ジャケットでは最高性能と謳われております。

バックスタイル。肩のところがフラップ構造となっており、この部分から外側にエアが抜けるような構造。

ファスナーで開け閉めできるため、暑いときは開けることで熱気を外側に排出しやすい構造となっています。もっとも冬場だと開けることはほぼないと思います。

袖の外気インテーク部分。ここを開くと、空気がジャケット内部に入りやすくなり、こもった熱気を背中側から排出できる、という構造ですね。

開けた状態です。ホックで開けた状態で留めることができますので積極的に外気導入がしやすい構造となっています。

前身頃の雨どい構造。生地の折で雨水がジャケット内部に入りにくい構造。防水ジャケット定番の作りです。ここの折り目が無いとどんな防水生地を使おうと雨水が内部にガンガン入ってきてしまいます。

生地表面。杢調のデザイン。色は派手ですね。交通整理の警備員と間違われるかも(笑)
でも嫌いじゃないですよ。昨今のライディングウェアは以前よりはだいぶ明るい色も増えてきましたが、これくらい派手でも全然アリだと思います。ライダーなんだから、事故防止のためにも目立ってナンボってところもありますし。

インナージャケット。昨年までのモデルから大きく変わりました。以前は色はブラックだったのですが、今年モデルからは暗いグレー色になっています。

質感もアップしていますね。昨年までのインナーはこれ単体で着用しても着れなくはありませんでしたが、真っ黒だったことや、ややテカテカとしたデザインだったこともあって、あまりカッコいいとは言いづらかったのですが、今年モデルからは、これ単体での着用も、より自然な感じとなりました。

ただし、内側は相変わらずの赤色。ここの部分だけは何とかして欲しいいぃ


これ、買ったお店なんですが、店長がかなり良い方で(北関東のU店)ゴアテックス系ジャケットも持ってるっていう話をしたところ、いろいろなお話をしてくれました。

まず、クシタニのゴア製品の取り扱いについて。
一昨年からクシタニのゴアテックス系製品が軒並みディスコンとなりました。これについては、皆さんおっしゃる通り諸般の問題で扱わなくなったという認識で良いのですが、大きな認識の違いとして、「扱なくなった」ということであり、「扱なくなった」のではないのだとか。どういうことかと言いますと、ゴア社が要求する購入量がこれまでの倍のゴア製品を使用するように求めてきたことが一番の原因とのことで、決してクシタニがゴア社から買えなくなったのではないということ。
これは、クシタニがゴアテックスファブリクスを使わなくても同等性能が維持できる生地を調達できたからこそ、ゴア社の要求を突っぱねたということのようです。その同等性能が維持できる生地こそが、このアロフト系ジャケットに採用されている生地なのだとか。
たしかに、カタログ上は、以前このブログでも書いていますように、ゴアテックスは耐水性45,000㎜以上、透湿性20,000g/ml/24hと圧倒的な性能を持ってはいますが、アロフト系の生地も決して遜色はないとのことでした。(アロフト系の生地は、耐水性30,000㎜以上、透湿性17,000g/ml/24h) 数値だけ見ると、耐水性はゴアの方がアロフト系の生地よりも1.5倍の耐水性があるのにもかかわらず、同等と言い切っているのですが、この数字、実はかなり誇張されている部分もあるようなのですが、あまり書くとヤヴァイかもしれないので、これ以上はやめときます。
また、ゴアテックスもアロフト系の生地も共通なのですが、ゴアテックスだから暖かいというのは真っ赤なウソだそうです。ゴアテックスもアロフト系の生地も所詮数十ミクロンのメンブレンでしかありません。そんなものに防寒性能などは無い!とはっきりと仰ってました。
なぜ、ゴア系の生地が暖かいと評されるのかと言うのは、ゴアテックスをはじめとする、防水性や防風性のある生地だからこそ、インナージャケットなどの防寒性能に優れるインナー系のものを着用することで、初めて「寒くならない」ジャケットができるのだそうです。
確かに、以前のエントリでゴアテックスショートジャケットのことを書きましたが、その時も、思ったよりも暖かくないというようなことを書いています。その時はこうも書きました。そう、寒くならない!ってこと。これがゴア系ジャケットの最大のメリットなのですね。いくら防寒性能の高いインナーを着用していても、防風性が高くなければ、暖かい空気は冷えてしまいますし、透湿性が低ければ暖かいインナーを着ていても発汗による気化熱で体温が下がってしまうから。ゴアやアロフト系で凄いのは、防風、透湿の高いアウターに防寒性の高い、ダウン素材を使用したインナーを合わせ技で着用することで、初めて効果の高い防寒性能が発揮できるということなのです。なので、どっちかが劣っていれば最高性能なジャケットではなくなるということ。

かなり脱線してしまいましたが、アロフトジャケットですが、実のところ、ゴアテックスオールウェザージャケットと装備的には変わりません。そりゃそうですよ。ゴアテックス系の後釜なのですからね。

最後に、その店長さんがおっしゃっていたことで興味深いお話。
ゴアテックスショートジャケットを持っているというお話をしたところ、かなり強力に手放すな!っておっしゃっていました。
理由:ゴアテックスファブリクス、実はほぼ永久保証。ただし、その条件はかなり厳しい。また、耐久性については、ゴアテックスファブリクス以上の性能を持つ化繊はこれまで見たことがない。以前、某メーカーのファブリクスを試験的に採用したところ、性能は確かに素晴らしいが、耐久性がほぼ無い。これには理由があって、この防水層を壊してしまう一番の原因は人間の皮脂だそうです。よって、高機能な化繊はどんどん洗濯してください、とのこと。ゴアテックスだけは、皮脂だろうがなんだろうがほぼ崩壊することがなく、極めて安定しているとのこと。なので、クシタニのゴアテックス系ジャケットをお持ちの方は、一生もののつもりで使い続けた方が良いかもしれません。
アロフト系ジャケットは、まだそこまでの実績がないため、将来的にどれくらい長持ちするかは何とも言えないとはおっしゃっていましたが、長く使うのならば、間違いなく、洗濯してください!とおっしゃっていたので、こまめに洗濯機に突っ込もうとは思っています。もちろん、洗濯ネットと弱洗いで。(笑)