クシタニ A-2344 メッシュパーカージャケット

暑い日が続きますね。
クシタニウェアの話題ですが、この暑さのおかげか、ライディング用メッシュジャケットもどこも品薄とのことで、例年でもこの時期になるとメッシュジャケットは品薄になり、人気商品などはすでに完売ということも少なくなりません。
クシタニのテキスタイルウェアは、例年でも各シーズン前にそのシーズン用ウェアが特に人気商品だと完売となる製品が多いのですが、今年はその傾向が一段と凄いらしく、すでにメッシュジャケットは定番モデルはほぼ完売しているとのこと。
しかし、一番売れるシーズン中に売るべき商品が無いっていうのもユーザーからしたらがっかり感もハンパないですし、お店からしてみれば販売機会の逸失ということですよね。

そんな中、クシタニホームページにある世田谷店とかのブログを見てみると、急遽メッシュジャケットを緊急輸入したとかっていうエントリがありまして、ほかの店舗のブログを見てみると、数店舗にだけ入荷しているとのことでした。よくよくそのブログを見てみますと、アジア向けモデルを緊急輸入とのことで、ちょっと興味が湧いてきましたので、仕事ついでに「その数店舗」の中の一店舗に寄ってみました。

で、買ってきたのが、A-2344 メッシュパーカージャケットっていう製品。

これまでのフルメッシュパーカージャケットやフルメッシュジャケット、エアコンテンドジャケットなどの国内メッシュモデルとはそもそもデザインが全く別物でした。

正面のMOTO PERFORMANCEロゴもかなりデカデカと入ってます。

後ろ側。
生地のカットラインなどは国内モデルとほぼ一緒。背中の一本線は最近の国内モデルでも見られるデザインです。

前身頃のクシタニロゴ。このあたりもデザインは同じ。

ブレストパッド用のベルクロも付いていました。

背中側のフジサンロゴマークと最近のクシタニ製品ではおきまりのリフレクターです。

パーカーのフード部分。裏地はありません。このあたりは国内モデルと違うところです。

袖のフジサンロゴマーク。また前身頃のロゴ脇にある胸ポケットっぽい仕上げの部分ですが、胸ポケットは装備されていません。

実際の商品について
アジア向けモデルということですが、デザインは国内モデルよりも派手めですね。
また、国内モデルと比べると、いろいろとコストダウンしている部分が見えてきます。
1立体裁断がかなり限定的。腕の肘の部分などは1枚の生地で成り立っています。実は、国内向けモデルではこの部分は2~3枚の生地を縫い合わせており、プリーツが付けられていたり、補強がされていたりします。
2裏地がメッシュ。国内向けでは裏地は透け防止のためメッシュではなく薄い生地なのですが、現地の気温に合わせているのかもしれませんが、裏地も表地と同じようなメッシュ素材です。
3一部メッシュ生地でないところの生地がちょっと貧弱な感じ。腕の内側と体側の脇腹部分なのですが、この部分の生地が国内モデルと比べてちょっと薄い。問題はないのでしょうが。
4フード部分の裏地もメッシュ。国内モデルのフルメッシュパーカージャケットは裏地がデザインされた裏地を使っていますが、このモデルは裏地もメッシュなので特に特徴的なところではなくなっています。
5袖口の部分がきつめ。国内向けはファスナーやベルクロで絞め込むようにかなり緩いのですが、そういったような緩い作りではありませんし、ファスナーやホック、ボタン等で留めるのではなく、Tシャツのように単に輪っかになっています。また、国内向けよりも腕全体もタイトですし、腕の仕上げも長めです。
6肩幅のところもややタイト気味と、全般的にタイトな作りです。

というように、いろいろとコストダウンされているところやデザイン面でちょっと派手め、サイズ感もちょっと違うかなっていう部分があります。

これについては、お店の方からお話をうかがうことができました。
まず、国内に投入されるモデルとは根本的に異なるという点。デザインは国内なのですが、ターゲット層がそもそも国内向けとは異なるとのこと。また、欧州向でもクシタニブランドの製品は販売されているのですが、こちらは現地企業の企画によりクシタニ本社は製品そのものにはほぼ関知していないとのこと。まぁいわば日本国内でシンプソンモデルのジャケットやシューズを作っていたフラッグシップや広島化成のようなものと考えればわかりやすいですね。それはさておき、アジアモデルと国内モデルとではどう違うのか?あるいはコストダウンしているのか?ということについてもスタッフさんがおっしゃっていたことから自分なりに考えてみたものが以下の通りとなります。
第一に、経済的なものです。いくら東南アジアの地位が向上したとはいえ、やはり国内と同じ価格で現地で売るのは厳しいとのこと。国内モデルと同じ仕様にするとおそらく買えない金額になるとのことでした。クシタニは東南アジアでも超一流メーカーとして認識されており、ある意味クシタニ製品を着ていること自体がステータスなのだそうです。これはネットで同じような話を結構見ますので、やはり現地ではかなりな高額製品なのでしょう。したがって、現地のライダーが少しでも買いやすいような価格設定とするためのコストダウンと考えれば納得ができます。
実際今回のアジアモデルは、国内モデルの最安モデルであるフルメッシュジャケットよりも安い25,000円と比較的高額製品が多いクシタニ製品の中では実は最安だったりします。
また、東南アジアはまだまだスポーツバイクって一般人にとってはかなり高額な製品ではありますが、70年代の日本がそうであったように、スポーツバイクは若い人たちのあこがれでもあるそうです。ということは、国内とは異なりターゲット層がまだまだ若年層となるので、デザインも国内向けよりも若い人向けなデザインに振る必要があるのだと思います。

今年は異常な暑さと予想以上のメッシュジャケットの売れ行きのための緊急措置ということのようですので来年以降も同じようなアジアモデル投入ってことはないかもしれませんとのこと。

また、全部で100着くらいしか入荷していないそうです。
ちなみに私がうかがった店舗では通常のアジアメッシュパーカージャケットのXLサイズは完売。アジアメッシュジャケットは一部の色しかXLサイズが残っていませんでした。
ほしい人は早めにブログを確認した方がよさそうです。

クシタニ EX-5213 EXハイドグローブ

クシタニ製のグローブは比較的ユーザーからの評価も高く、特にツーリンググローブなどでは、派手なプロテクターも装備されているわけでもありませんが、縫製の丁寧さや絶妙なプロテクター配置などとあわせて操作性の良さも高評価の要因ですね。
ライダースグローブなどは特に価格もリーズナブルで派手なプロテクターも装着されておらず、地味な存在であるにもかかわらず、素材自体の柔らかさと絶妙なフィット感などから、ほかのメーカー製グローブと比較しても勝るとも劣らないと思います。

また、クシタニには旅するライダー向けのブランドである「EXPLORER」というものがあり、エクスプローラージーンズなどがこのブランドのメイン製品となっています。
エクスプローラージーンズはこのブログで何度も紹介してますが、洗える革パンとしてクシタニを代表する製品ですね。そのエクスプローラージーンズに使用している皮革を使用したグローブがあり、それがこのEXハイドグローブです。
なお、このグローブにはバリエーションモデルとしてOutDryメンブレンを追加しているEXアウトドライグローブと、メッシュ生地を組み合わせたEXエアーエフェクトグローブというものも販売しています。

購入したEXハイドグローブはご覧の通り目立ったプロテクターも装備されていませんが一番の特徴は前述の通りエクスプローラージーンズの生地を使用しているということ。
どういうことかと言いますと、雨に濡れても大丈夫という事に尽きると思います。
一般的な皮革製グローブは雨に濡れることがご法度なのに対して、このグローブは雨に濡れることを前提として設計されていることという点です。
グローブで一番求められる性能は操作性と転倒時の安全性の確保ということになると思いますが、この製品は雨に濡れても操作性が悪化することもないし、濡れた後のメンテナンスも通常の皮革を使用したグローブよりもはるかに簡単…というか放っておいても大丈夫というところだと思います。
更にエクスプローラージーンズの生地で作られているということですので、洗濯機で丸洗い可能という事なのです。

インプレッションですが、革グローブなので防風性はバツグン。手のひら側には小ぶりながらプロテクターも装備されていますので、転倒時も製品自体が皮革製とあって安心感も高め。
人差し指先端と親指先端には導電性のある皮革を採用しているので、スマホなどもそのまま使えます。
とにかく、エクスプローラージーンズの生地を使用したグローブということで、一般的イなツーリンググローブとして使えるほかレイングローブとしても使えるので、天候を気にせず使い続けられるという事が一番のメリットとなるのではないかと思います。
ただし、レイングローブとしても使えるといっても、内部に水が入らない「完全防水仕様」ではないという点だけは注意が必要かもしれません。

クシタニ EX-2271 エクスプローラージャケット

クシタニ製の「ジーンズのような見た目で実は革パン」というエクスプローラージーンズ。この製品のコンセプトに合わせたライディングャケットがEX2271 エクスプローラージャケットです。

エクスプローラーシリーズのコンセプトは「冒険者」とのこと。バイクに乗るということは何もレースなどでコンマ1秒を削ったり、単に移動手段としてバイクに乗るということだけでなく、特に趣味としてのバイクに乗るという事を考えるとツーリングといういわゆる「旅」をするというのを目的とする人たちも多いと思います。特にここ数年では大型バイクに乗る人も多くなり、非日常を味わうためにバイクに乗るという人も多くなってきたと思います。

エクスプローラーシリーズの製品群を見てみると、いかにもライディングギアといったようなジャケットやパンツではなく、普段着からの延長、または「旅」するにあたってのギアといったようなラインナップとなっていると思います。

特に注目したいところが、日常性といった普段使いしても違和感のないウェアとしての機能と防水性や皮革としての身体保護性などのライディングウェアとしての機能を融合させているところがポイントとなっていると思います。

エクスプローラージーンズについてはこれまでにご紹介しましたが、エクスプローラージーンズに合わせたジャケットとして発売されている EX-2271 エクスプローラージャケットを購入しましたので、今回改めてインプレッションをご紹介してみます。

EX-2271 エクスプローラージャケット

見た目はライディングジャケットというよりは、ちょっと大き目なジャケットといった感じです。ただ、ほかのクシタニ製ライディングジャケットとは異なり、防水機能に結構工夫がされています。

胸ポケット

腰ポケット

いずれのポケットもタブだけではなくファスナーが付いており、雨水の浸入をできるだけ防ぐような工夫がされています

前身頃の首回り

ファスナーで閉まる構造ですが、ベルクロとホックでファスナー裏と表を留める構造、かつ一番表側生地は雨水の浸入を防ぐ返しが装備されています。これだけを見ても合わせからの浸水にはかなり入念な対策が施されているように見えます。

袖回り

ホックで留める作りですが、

半分はゴム入り。なので袖口からの浸水対策もなされています。

背中のエアアウトレット。蒸れを排出できるような作り。ただ、この部分についてはゴアテックスジャケットのようにファスナーで塞げるようにしてほしいと思います。ただし、ゴアテックスジャケットに装備されている腕周りのインレットがエクスプローラージャケットにはありませんので、省いたとも考えられます。

ドローコード部分。

他のクシタニ製ライディングジャケットと比較してもかなり大き目な作りなので、腰回りをドローコードで絞め込むことができる作りとなっています。

また、かなりサイズ感が大きいと書きましたが、中にインナーとして冬用ミッドダウンなどを着こみやすく、ウィンタージャケットとしても十分使えると思います。

実際の使用感ですが
かなりサイズ感が大きいので、ゆったりとした着心地。また、デザインも「いかにも」といった感じではないので、普段使いでも通用します。
生地は比較的薄めですので、軽い着心地で体も動かしやすいです。また防風性はあまり高いとは感じません。これは後ろ側のエアアウトレットが閉じられないことと、首回りがゆったりとしているので、風が通りやすいのかもしれません。
ただ、非常にゆったりとしていますし、中に着こみやすいことから使い勝手は良好です。さらに、デザインもオーソドックスなデザインであるため、どんなバイクでも合わせやすいと思います。
やはり、エクスプローラージーンズと組み合わせた時が一番しっくりとくる一着であると思います。


一つだけ気になった点ですが、ほかのクシタニの防水を謳っているジャケットには、初期耐水圧とか透湿性というのが記載されており、アクアジャケットだと初期耐水圧30,000㎜、透湿性19,000g/㎡/24h。コンテンドジャケットやフィンジャケットでも、初期耐水圧10,000㎜、透湿性3,000g/㎡/24hなどと記載されていますが、このエクスプローラージャケットには記載がありません。防水性にこだわった製品なので、問題ない数字だろうと期待はしていますが、ちょっと気になりますね。

おまけ
ちなみに、以前売られていた、私が購入したクシタニ最後のゴアテックスショートジャケットとかだと初期耐水圧45,000㎜以上、透湿性20,000g/㎡/24hとカタログには記載されています。

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その3 K-2359 ベクトルジャケット

クシタニの普段着として使えそうなフーディシリーズ第3回目は

K-2359 ベクトルジャケット

春夏用の柔らかい生地でできたジャケットです。これまでの2着とは異なり、これはフーディではなく完全にライディングジャケット。ライジャケなので、背中と肩と肘の部分にプロテクターが標準装備されています。また、裏地もしっかりとメッシュ生地が装備されています。

一般的なライディングジャケットではありますが、生地は一般的なジャケットとは異なり、ジャージっぽい生地でかなり柔らかい生地です。一般的なライディングジャケットだと、走行時のバタつき防止や転倒時に身体を保護しやすいようにパリッとした生地が多いのですが、このジャケットはまるで逆で、柔らかい生地でかつフワフワ。また走行風もかなり通すため、防風とは無縁なジャケットです。さらにレーザーホールまで付いているため、クシタニジャケットの中ではメッシュジャケットを除くと一番風通しが良いと思います。

このモデルはブラックアウトモデルでして、全体が真っ黒。しかし、生地自体は黒というよりも濃いグレー色といった感じです。アクセントで赤が所々にインサートされています。

ブラックアウトモデルの特徴である肩の富士山マーク。これ以外のベクトルジャケットはスラッシュフジサンマークです。

生地のデザインであるストライプ模様はやや薄いグレーでプリントされています。

レーザーホール。後ろ側にも装備されています。風通しをより一層通りやすくしています。真夏でも着れるかも。メッシュジャケットと同じ程度かやや劣る程度の風通しが期待できます。

首周りのファスナー処理。直接喉にファスナーが当たらないような配慮がされています。ちょっとしたことですが、こう言ったところが流石と思わせるところなんでしょうね。

今年モデルからは胸部プロテクター用のベルクロが装備されました。そのためフラップも大型化。ただ、ベルクロ取り付け部の艶のある生地部分(おそらくPUだと思います)がすぐにはがれそうな気がしなくもありません。PUだと加水分解するので、正直あまり使ってほしくはないのですが。

インナー側のメッシュ生地。ほかのジャケットと同様、ポリエステルのメッシュですね。
このメッシュ部分にプロテクターが仕込めるような作りです。左側の胸のところにはインナーポケットが見えていますね。

これは昨年モデルのベクトルジャケット、ブラックモデル。

改めて、今年モデルと比べてみましょう。

ファスナーとマークが白と黒で異なります。それとよく見ると、レーザーホールの作りが異なりますね。

生地自体は同じようですが、プリントが異なっています。リフレクターの位置も変わっていますね。

さて、普段着に使えそうなフーディ3種見てきましたが、どれも十分普段着として使えそうです。特にベクトルジャケットですが、肩、肘、背中にソフトパッドが標準装備されていますが、パッドを取り外してしまえば普段着のフード付きアウターとして十分使えます。

ミッドパーカですが、3種類の中で生地が最も薄い。しかし、防風インナーがレイヤードされているため、見た目とは裏腹に防風効果が高いだけあって、意外と防寒性能も高め。しかも純粋な生地が薄いためインナーウェアとしても使い勝手が良いでしょう。

リニアフーディは、生地はミッドパーカーよりも厚めですが、風通しが良いため春先よりも夏前の頃の方が使い勝手が良いと思います。また、Tシャツの上に直接羽織るような使い方だとミッドパーカよりも汎用性は高いと思います。

最後にベクトルジャケットは、その名が示すようにジャケットとしての使い方が適していると思います。すなわち、Tシャツの上というよりもジャケットとしてYシャツなどのアウターの上に重ね着をするよな使い方がベスト。また、ジャケットですからファスナーを閉めずに羽織るだけのような使い方が適していると思います。汎用性は最も高いのではないかと思われます。

以上、3種類のフーディを簡単にインプレッションしてみましたが、やはり三種三様の使い方がよろしいのではないかと。

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その2 K-1946 ミッドパーカー

普段着に使えるクシタニのフーディーシリーズ。第2回目は

K-1946 ミッドパーカー

防風レイヤー層が装備されているフーディーである、K-1946ミッドパーカーです。これもここ数年デザインを少しづつ変えながら販売継続されているモデルですね。

このモデルは昨年発売された秋冬モデルでして、一昨年購入したミッドパーカーが非常に使いやすく、普段着やら仕事にも着て行ってましたから、予備的にもう1着買っていました。

こちらは一昨年のミッドパーカー。昨年モデルとデザインはほぼ同じです。

改めて、ミッドパーカーの良い点についてですが、リニアフーディーと比べて薄いのですが、インナー側に防風レイヤーがレイヤードされているところが気に入ってます。
この防風レイヤーですが、かなり具合がよく、これだけを普通のジャケット替わりに着てもしっかりと風は防ぐという点。なので、薄い割には身体が暑くなりやすい。ということは、それだけ防風性能が高いということが言えると思います。

防風レイヤー層。リニアフーディーとは異なり、別生地がレイヤードされているのがおわかりいただけると思います。

昨年モデルと同様、裁断は立体裁断。バイク乗車時にもフィットしやすいカッティングですね。また、一昨年モデルとは異なり、フードの紐が白から黒に変わっており、

袖口周りとサムホール周りも白から黒へ変更されています。袖口とかはどうしても汚れやすいところなので、これはありがたい改良ですね。

生地部分のアップ。よく見ると、ストライブ模様はプリントです。生地自体はリニアフーディよりもさらっとした感じです。

後ろ側。一昨年モデルとの一番の違いは、バックプリントの有無かもしれません。かなり目立ちます。

一昨年モデルには大きなバックプリントはありません。消臭テープの下に申し訳程度に入っているのみです。

このミッドパーカーの一番の特徴は、あくまでもミッドレイヤーだという点に尽きると思います。
インナーとしても使える薄さ、その割には防風効果が高い。ウィンドブレーカーほどではありませんが、ライディングジャケットのインナーとして考えた場合では、主な防風はアウターでどうにかなりますし、より高い防風性=防寒性と考えても良いかもしれません…を求める場合には、このミッドパーカーが非常に活躍するのではないかと思います。しかも、パーカーデザインなので、春先のちょっと寒い時期での普段着としてのパーカーとして使える点が何よりも良い点ではないかと思います。

ちなみに、

このミッドジャケットは、インナーとしてはゴアウインドストッパーを採用していたころのインナーシャツとほぼ同じような使い心地ですので、アウターとしても使えますが、ややごわついた感じなので、アウターとしての普段着として使うのならば、やはりミッドパーカーの方が使いやすいと思います。

次回の「クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ」はベクトルジャケットをご紹介する予定です。