ライディングシューズについて考えてみた その2




前回の続きです。持っているライディングライディングシューズはすべてくるぶしをガードできる高さのあるものばかりですが、一番最近買ったのがタフギアです。

ガエルネ タフギア

タフギアは締め込み方法にバックルを使用したライディングシューズです。他にバックルを採用したライディングシューズは、ELFのシンテーゼなどがよく見るシューズですね。タフギアもバックルを採用しておりますが、バックル式って元々モトクロス用のオフ系ブーツでは標準的に採用されています。元々ガエルネのED-PRO art405を持っており、バックル式の締め付け感も個人的には好きなので愛用しています。特にタフギアの場合、靴底がフラットではなくED-PROと同様タンク底のビブラムソールを採用しており、セローでちょっとした林道に行くときにも使えるため、何かと重宝しています。また、靴底がフラットではなくやや厚底となるため、足付き性の改善にも有効です。

バックル式の良いところは、バックルを外すと完全にフロント側がフリー状態となり、大きく開くことができます。そのため、脱ぎ着が非常にラクになることもメリットの一つです。また、タフギアはバックルが2つあるので、前方を緩めで後方をきつめなどと締め付け具合がBOAタイプや靴紐タイプよりも自由度が高い点も使い勝手が良いと思います。また、タフギアはかかと側のえぐれがほとんどありません。そのため安全性はアルパインスターズのファスターシューズやタイチのRS006よりも高いのですが、足首を動かすという点ではやや不利となります。特にMT-10の場合、私にはやや足付きが厳しいのですが、足首の自由度が低いタフギアはつま先立ちがやりにくいという点が他のライディングシューズと比べてネガティブな部分となります。しかし靴底が厚いため、実際のところ他のシューズとあまり変わらないというのも事実です。

アルパインスターズ SMX-3

ちょっと山を攻めたり、高速主体のハイスピードツーリングなどに履いているアルパインスターズのSMX-3です、これについては、ライディングシューズと言うよりも、ほぼライディングブーツです。これまでのライディングシューズとは根本的に異なり、実際のところ、ライディングブーツと言うよりも、それもサーキット走行も意識した製品で、トゥスライダーが装備されており見た目は完全に本気走りするぞって言うレーシングブーツですね。とは言え、実際にサーキット走行するわけでも無く、現在ではほぼ上下革装備…革パン革ジャケット…の時に主に使用しています。

締め込み方法はバックルと内側のファスナーの併用式。バックルはベルト側の長さを調整するのではなく、ベルトの先端をバックルに通して最後にバックルのシーソー形状のタブを使って締め込むかなり特殊な方法です。締め込みの強さはBOAと同じようにその時の条件で強めから弱めまで自由に調整可能です。ただ、サイド部分にファスナーを使っているため、ファスナーでシューズを閉じた以上に緩めることはできません。

ただ、レーシングブーツを意識した作りだけあって、足首をガチガチに締め込むようにブーツそのものもかなり硬めな作りです。転倒時の安全性は多分これが一番高いと思われます。ただ、普段使いとして使うのは厳しいかも。足首の動きも一番制限されますし、最低限の締め込みでもそれなりにキツめなので、特にバイクを降りたあと歩き回るような使い方をすると、かなり疲れるかもしれません。

で、どれがオススメかと言うと、ツーリングがメインならタイチのRS006、バイクを降りたあとも歩き回ったりするような時にはタフギア、と言うことになります。仮にこの中から一つだけを選べということなら、タイチのRS006が最も汎用性が高いと思います。

ライディングシューズについて考えてみた その1






バイクに乗るときに履く靴、いわゆるライディングシューズですげど、昔はほぼ紐で編み上げるというような作りのモノが多かったような気がします。しかしながら、紐で編み上げるとなるとほどける可能性も少なからずあると思います。また履くとき脱ぐときもいちいち紐を解いたりする必要もあるわけで、結構めんどくさいんです。
最近では、紐で編み上げるといったことだけで絞めこむという製品はあまり多くはないと思います。ただ、昔ながらの定番と呼べれるブーツ系のモノではまだまだ結構あります。私も持っている、AVIREXのYAMATOブーツはミドルカットのブーツですが、締め込みは基本的には編み上げ。ただ脱ぎ着に便利なようにブーツの内側部分にファスナーが付いていまして、ファスナーを開けることで大きくブーツが前後方向に開いてくれます。そのため、脱ぎ着は大変ラクです。
昨今のライディングシューズも単に紐で編み上げで締め付けるのみ、という製品はほぼ見なくなりました。確かに紐は絡まる可能性もあることや、最悪絡まることによってシフト操作ができなくなる可能性も否定できないでしょう。そのため、紐だけという製品も無くなってきたのだと思います。


現在使用中のライディングシューズ。どれも現役

現在我が家には、4足ものライディングシューズがあるのですが、基本的にはサイド部分がくるぶしの高さ以上のものしか使っていません。仮に転倒したり事故った時に一番ダメージを被るのがくるぶしのところになりますし、くるぶしのところを骨折しようものなら、最悪歩行不能になるかもしれませんので、最低でもくるぶしが保護できる高さのものしか使ってはいません。

その上で、どれがいいのかということになります。

アルパインスターズ ファスターシューズ

もう5年くらい前に2りんかんの爆安セールで買ったモノ。かなり使い込んでいますが、未だに現役です。締め込み方法は編み上げ+ベルクロです。いちいち紐の締め込みは行わず、かなり緩めで締め込んだ上で、ベルクロで締めています。紐の結目のところとベルクロの位置がほぼ同じなので、結目の上からベルクロで挟み込むようにしています。一応、この方法でずっと使っていますが、結目かほつれたことはありません。

ただ、結目の上からベルクロ固定なのでたまにベルクロ自体が剥がれていることがあります。ベルクロ自体の圧着面積が、結目の分だけ減ってしまうため固着力が弱くなってしまうためだと思います。

また、かかと側が大きくえぐれているため、足首の自由度はかなり高めです。ただ、その分防御力は低くなり、事故った時に腱にダメージが加わりやすくなるかもしれません。

脱ぎ着については、紐の締め込み強さ次第です。私はかなり緩めているので、脱ぎ着には特に不便は感じません。

RSタイチ 006ドライマスターBOAシューズ

今のところ一番使用頻度が高いシューズで、街乗りからロングツーリングまで万能にこなせる優れものです。

締め込みにBOAシステムを採用したタイチ製のライディングシューズです。くるぶし部分はアルパインスターズのファスターより若干高さがありますが、逆にかかと側のカットはかなり大胆にカットされています。肝心の「紐」にあたる部分がBOAシステムとなっており、外側についてるダイヤル型のロックシステムを回すだけという、超簡単にシューズを締め込むことができます。回すだけで締め込み強さを調整できますので、ギッチギチに締め込み可能ですが、逆に疲れた時などは緩めに締める事もでき、それが大変簡単にできてしまいます。

防水透湿を謳ってはいますが、結構ムレます。

BOAシステムの悪いところも正直あります。まず、靴紐代わりにワイヤーを使用していますが、全体的にギッチギチにすりかダルダルにするかしかできません。BOAシステム故の不便さではありますが、もっと足首側だけ締め込みたいとか足の甲の部分だけ緩めにしたいということができないのです。また、ワイヤー故にシューズの甲の部分の開き方に限界があり、靴紐なら最悪紐を全部取る事も可能ですが、ワイヤー自体を取り外すことができません。そのため、実際のところ脱ぎ着は一番しんどいかも…です。またかかと側のえぐれも一番大きく何かアクシデントがあった時は一番ダメージが大きいかもしれません

でも一番使用頻度が高いのが、このBOAシステムをア採用している006シリーズだったりします。

つづく

バイク用ブーツやシューズのこと

バイク用ブーツって?





バイクに乗るのに大切なことの一つとして、自分の身体は自分で守るってことがあります。

ヘルメットは着用義務がありますので、嫌でも被らなくてはいけません。

しかし、全身むき出しで公道を走るわけですから、当然ヘルメット以外にも安全装備はしないといけませんね。

頭の次に守らないといけないのは実は胸部。バイクで衝突事故を起こすと、頭部はもちろん、胸部もハンドルバーなどに強打して死亡につながることも多いそうです。

死亡事故ほどの事故はともかく、バイクは2輪で走るため、止まっている時は両足、または片足で地面に足をつけて車体を倒さないようにしないといけません。さらに2輪で走るんですから、走行中もちょっとしたきっかけで簡単に転倒してしまいますね。これも事故といえば事故。

そんな時にまずダメージを受けるのが、足や手などの四肢です。

特に足の場合、くるぶしあたりにダメージを受けると簡単に複雑骨折までいってしまいます。したがって、バイクに乗るときはくるぶしを保護するような形状の靴を使用するのが望ましいですね。

バイク用のブーツやシューズはほぼ全てくるぶしを保護するような形状となっています。これは上に記したような事情によるものです。

私は基本的にバイクの使用用途でブーツを変えています。つまりそれなりに理由があってのことですが、簡単に現在使用しているブーツについてご紹介していきます。

オフロード用ブーツ GAERNE ED-PRO art 405

言わずと知れた、林道ツーリスト御用達のド定番ブーツ。とにかく柔らかい。このモデルと異なり一般的なモトクロス用ブーツというのは転倒によるダメージを低減させるためとにかく全体を固くしています。転倒するのが当たり前という考え方なので、転倒してもダメージが少なくなるよう、全体がプラスチッキーで、足首なんてまず曲げられない。

しかし、このモデルはほぼ全体が革。そのためにオフ系ブーツとしては大変柔らかい仕上がりとなっています。さらに靴底もラグソールとなっており、林道などでの路面がぬかるんでいるようなところでもグリップが良いなどの利点があります。モトクロス用ブーツは基本靴底はフラットなので…コーナリングで足を出してスライドさせるため…ぬかるんだヌタヌタな道などでは滑ってしまい、マシンの直立状態を保持させるのも困難となりますし、足元の悪いところで転倒などしようものなら、引き起こすだけでも大変になります。なので、ぬかるんだ林道などは、モトクロスブーツのようなフラットソールよりも写真のようなタンク底なラグソールの方が向いていると思います。

AVIREX YAMATO ブーツ

セローで街乗りや林道に行かない場合は、ED-PROのような大掛かりなオフブーツは逆に扱いづらくなります。林道走行ほどのプロテクト機能は必要なく、かと言ってあまりにも普通の靴では転倒時の防御力が低すぎます。

その点、AVIREXのYAMATOブーツは見た目も悪くはなく、比較的どんなバイクでも似合うと思います。

ロングブーツというほど丈も長くはなく、脛の真ん中よりやや下あたりまではカバーしてくれますので、バイク用ブーツとしては悪くないと思います。価格もこの手のブーツとしてはリーズナブルな価格で20,000円以下で購入できますしね。

内股側サイドにジッパーとベルクロが装着されており、普段使いでは靴紐を結んだり解いたりする必要はありません。サイドジッパーを開ければ、ほぼ足元までオープンしますので、脱ぎ着は楽ですね。

ただ、見た目通り、革が非常に硬く、慣れるまでは靴擦れする可能性もあります。そのため、私は購入直後からミンクオイルを塗りたくってかなり柔らかくしました。また、サイズ感も表記サイズよりも大きく、普段26㎝の靴を履いている人は25.5㎝や25㎝のものでちょうどいいかも知れません。なので、購入する際は試着してから購入されることをお勧めします。

靴底はタンク底なので普段使いでも「ちょっと小洒落た」ブーツという認識でも大丈夫です。街中でもブーツインでジーンズを着用しても違和感は少ないと思いますね。

ただ、私の場合、ミンクオイルを塗りたくった結果、かなりフニャフニャになっています。転倒時の防御力はかなり悪化しているかもしれません。



Alpinestars SMX3 ブーツ

オフ車向けではなく、ロードスポーツ向けのショートブーツです。YAMATOブーツよりは嵩高ではなく、ツーリング用シューズよりは嵩高という絶妙なサイズ感です。

一応、SMXシリーズなのでサーキット走行も視野に入れた作りで、トゥスライダーも装備されています。

なぜこれを購入したのか?

YAMATOブーツよりも背が低く、かつ、ツーリングシューズよりも背が高いブーツを探していたところ、まさに理想的な大きさなブーツだったからなのですが、一般的なロードスポーツ用レーシングブーツではツーリングで使うにはやや使いにくいし、歩くときでもレーシングブーツよりは歩きやすい感じたから。

もうひとつの大きな理由が、あまり背が低いツーリングシューズではやはり足首を保護する効果が低いように思えることも大きな理由です。足首よりも脛までカバーしてくれた方が転倒時に足をひねったり、骨折する確率は低くなりますしね。

靴紐のようなクロージャーシステムがバックルとなっており、簡単に締め付けができますし、疲れた時には緩めの締め付けでもOKなところも気に入ってます。

このブーツもまたサイドファスナー+ベルクロ式であり、脱ぎ着もラクなところも高評価です。

靴底は一般的なレーシングブーツと同様フラットソールです。

実はこのブーツを買った一番の理由ってのが、ブーツの高さというのは前述のとおりなのですが、高さが必要な理由ってのが、パンツの裾問題なんですね

バイク乗りの方ならお分かりいただけたると思いますが、バイクに乗るときは膝を曲げた状態で乗車するのですが、ということは、バイク乗車時に膝を曲げたときに裾がずり上がるため、パンツの裾がやや長めな方が、脛が見えないってことがありますね。

普段着のジーンズやワークパンツは立った状態で裾の長さを調節していますから、これらでバイクに乗車すると、裾がずり上がり、靴下丸見えかくるぶし丸見えになってしまうのです。これがものすごくかっこ悪い。そのため高さのあるブーツを履いておけば、靴下丸見えやくるぶし丸見えってことはなくなります。

ただ、一般的なランディングシューズはくるぶしまでは隠れていても、かかと側は丸見えっていうものがほとんどです。この後に紹介しているTAICHIのRSS006DRYMASTER BOAとかAlpinestarsのFasterシューズなどもかかと側は大胆にカットしてあるデザインなので、やや裾の短いパンツをはいた状態で後ろから見ると、やはり靴下が丸見えってなってしますんですね。やや背の高いブーツを探した結果見つけたのがこれでした。履きやすさを考慮すると、これはこれでいいと思いますけどね。

左から

Alpinestars SMX3、AVIREX YAMATO、GAERNE ED-PRO Art405

3点を並べてみると高さは一目瞭然です。

RS TAICHI RSS 006 DRYMASTER BOA RIDINGSHOES

ツーリングシューズのド定番シューズです。合皮ですが、DRYMASTERを採用しているため、防水透湿機能を有しています。当然くるぶしまでしっかりガード。

一番の特徴はBOAシステムを採用しているところであり、クロージャーシステムに靴紐やベルクロを使っていません。ワイヤーで締め付けるシステムですが、外側のダイヤルを回すだけで締め付けが完了します。

脱ぐときもダイヤルを引っ張ればロックが解除され、簡単に脱ぐことができます。

もともと、スノボのブーツに採用されたシステムですが、現在かなり広範囲に使用されてるようですね。

ただ、かかと側が大胆にカットされているため、パンツの裾ずり上がり時にはここから靴下が見えちゃうんです。これがSMX3購入の大きなきっかけでした。

ソールはごく普通のフラットソール。

防水機能もあるので多少の雨でも浸水するこはないとのこと。実際、雨天走行時でも雨水が中に浸水してくることはありませんでした。もっとも大雨時には試していませんので、何とも言えませんが。

見た目も悪くはありませんし使用頻度も高く、ツーリングで一番活躍しているライディングシューズです。

ALPINESTARS FASTER SHOES

近所のにりんかんで1万円で売ってたので、衝動買いしたライディングシューズ。

いまとなっては街乗りでしか履いていませんが、さすがアルパインスターズ製だけあって、作りはしっかりしてます。

クロージャーは靴紐とベルクロのコラボレーション。表皮も合皮っぽいのですが、つま先やかかと側にはしっかりと補強対策がしてありました。

ただ、残念なのが、星マークが剝がれてくること(笑)

これまた、普通のフラットソール。ALPINESTARSのマークが大きく入っています。

現在、主にこれらのブーツやシューズを利用していますが、いずれも一長一短あり、使用目的に沿った使い方をしていますが、いずれまた、新しいブーツが出たらほしくなるんだろうなと思っています。