クシタニ EX-5213 EXハイドグローブ

クシタニ製のグローブは比較的ユーザーからの評価も高く、特にツーリンググローブなどでは、派手なプロテクターも装備されているわけでもありませんが、縫製の丁寧さや絶妙なプロテクター配置などとあわせて操作性の良さも高評価の要因ですね。
ライダースグローブなどは特に価格もリーズナブルで派手なプロテクターも装着されておらず、地味な存在であるにもかかわらず、素材自体の柔らかさと絶妙なフィット感などから、ほかのメーカー製グローブと比較しても勝るとも劣らないと思います。

また、クシタニには旅するライダー向けのブランドである「EXPLORER」というものがあり、エクスプローラージーンズなどがこのブランドのメイン製品となっています。
エクスプローラージーンズはこのブログで何度も紹介してますが、洗える革パンとしてクシタニを代表する製品ですね。そのエクスプローラージーンズに使用している皮革を使用したグローブがあり、それがこのEXハイドグローブです。
なお、このグローブにはバリエーションモデルとしてOutDryメンブレンを追加しているEXアウトドライグローブと、メッシュ生地を組み合わせたEXエアーエフェクトグローブというものも販売しています。

購入したEXハイドグローブはご覧の通り目立ったプロテクターも装備されていませんが一番の特徴は前述の通りエクスプローラージーンズの生地を使用しているということ。
どういうことかと言いますと、雨に濡れても大丈夫という事に尽きると思います。
一般的な皮革製グローブは雨に濡れることがご法度なのに対して、このグローブは雨に濡れることを前提として設計されていることという点です。
グローブで一番求められる性能は操作性と転倒時の安全性の確保ということになると思いますが、この製品は雨に濡れても操作性が悪化することもないし、濡れた後のメンテナンスも通常の皮革を使用したグローブよりもはるかに簡単…というか放っておいても大丈夫というところだと思います。
更にエクスプローラージーンズの生地で作られているということですので、洗濯機で丸洗い可能という事なのです。

インプレッションですが、革グローブなので防風性はバツグン。手のひら側には小ぶりながらプロテクターも装備されていますので、転倒時も製品自体が皮革製とあって安心感も高め。
人差し指先端と親指先端には導電性のある皮革を採用しているので、スマホなどもそのまま使えます。
とにかく、エクスプローラージーンズの生地を使用したグローブということで、一般的イなツーリンググローブとして使えるほかレイングローブとしても使えるので、天候を気にせず使い続けられるという事が一番のメリットとなるのではないかと思います。
ただし、レイングローブとしても使えるといっても、内部に水が入らない「完全防水仕様」ではないという点だけは注意が必要かもしれません。

クシタニ K-5191 ライダースグローブとK-5321 ライダースメッシュグローブ




クシタニ製のグローブは以前から評判も良く、これまでもウィンドストップグローブとかアウトドライグローブとか使ってましたが、昨年、SR購入した後にシンプルで安いグローブでいいかなと思い、地元のクシタニショップに行った時のことに見つけたのがK-5191 ライダースグローブでした。価格もリーズナブルでデザインもシンプル。SR乗るときとか、革ジャン着るときとかに重宝しておりました。

右がライダースグローブ

しかも、このグローブかなり使い勝手が良く、まずは革が柔らかくて、手のフィット感が半端なくいいんです。プロテクター類も派手なものではなく、ウレタンっぽい柔らかい素材で作られています。

で、このライダースグローブのメッシュ版が左側のライダーズメッシュグローブ。クシタニの店舗に入荷しているというような記事を見まして、地元ショップで買ってきました。

カタチはどちらもシンプルなものですが、左側のメッシュグローブは全体にパンチング加工が施されており、見るからに涼しそうなグローブです。

手元部分にもメッシュが入っています。パンチングが入っているかいないかだけの違い。デザインもロゴマークを含めて同じ。

裏側。親指の付け根のところにもきちんとパッドが入っているのがさすがと思わせるところ。また、メッシュグローブの方は指のところにも穴が開いてます。

ちなみに、このグローブですが、メッシュグローブが8,000円。メッシュじゃない方が7,700円とリーズナブルな価格です。

このグローブ、いずれも先ほど書いたように非常に柔らかい革で作られていますので、操作感が素晴らしくストレスを感じません。硬いグローブやプロテクターがごついグローブは確かに安全性は高いとは思いますが、指が痛くなったりしますのでSRに乗るとき以外でも結構使っています。安いので使い倒しても惜しげもありません。これマジでおすすめのグローブです

クシタニ P-4444ラウンドファスナーウォレット


横浜のみなとみらいです。JR桜木町駅から赤レンガ倉庫までぶらぶらと歩いていきまして、クシタニパフォーマンスショップ横浜に行ってきました。地元のプロショップと異なり、パフォーマンスショップ限定品があったりして、ライディングウェア以外の小物なども売っていたりします。




目的があって行ったわけではなく、何となく行っただけでしたが、パフォーマンスショップ限定品のロングウォレットを買ってきました。要は長財布です。

サファイア・ヌメっていう色ですが、なかなか珍しい色で、革の財布では珍しい色だなって思って買ってきました。


しっかりとスラッシュマークが入っていてクシタニアピールしてます。
さてさて、今後どのようにエイジングしていくのか楽しみ!

クシタニ 2ウェイ レッグ バッグ 2




クシタニ K-3578 2ウェイ レッグ バッグ 2
バイクってクルマと違って、基本的には荷物をひょいっと簡単に積んで走り出すというわけにはいかない乗り物です。
シートバッグやタンクバッグを取り付ける、あるいは、キャリアやリアシートに括り付けるという方法やパニアケースやトップケースを取り付けることで、積載性をアップさせる方法があります。でも、財布やスマホだけを持ってバイクに乗るってことも少なくないシチュエーションですね。そんな時は、体にバッグを括り付けるという方法、例えば、ウェストバッグやリュックサック、ワンウェイショルダーバッグを背負って走るなんてことも少なくありません。
以前、と言っても免許取りたての頃の話ですが、よく見たのがウエストバッグで、リュックサックを背負っている人などほとんど見たことがありませんでした。大体が、タンクバッグとウェストバッグと言う組み合わせの人が多かったように思います。

時代が変わって、今ではリュックサックやワンウェイショルダーバッグが主流となりましたが、私の場合だと乗っているバイクのすべてに何らかの積載グッズが付いています。MT-10であればサイドケースとトップケース、セローであればホムセン箱、SRだとサイドバッグといった具合なのですが、結局バイクを降りた時、特に休憩時などでは、いずれのバイクでも箱からバッグを取り出すことが必要となるので、わざわざ箱を開ける手間も実は面倒なので、身に着けるバッグとしてワンウェイショルダーバッグを使っています。でも、ワンウェイショルダーバッグって走っている最中にズレてくるんですよね。リュックサックではデカいし、ウェストバッグは腰が痛くなるしで、なかなか持っていても使うことはほぼありませんでした。ところが、以前、財布だけとか本当に必要最低限の荷物を持って走りに行くときに使っていたレッグバッグっていうものを思い出しました。太もものところに巻き付けるようなバッグなのですが、これだとツーリング先でも歩いている時でも苦にならないし、とにかく小さので必要最低限のものを入れるのには最適なバッグなのです。

ということで、クシタニの2ウェイレッグバッグ2を購入。モデルチェンジしてやや大きくなったモノの方です。

レッグバッグ自体はあまりメジャーなものではなく、あちらこちらのメーカーから発売されてはいるものの、デザイン的にイマイチだったり、大きさも小さいモノが多く、長財布が入らないなんてものもあります。

購入したクシタニの2ウェイレッグバッグ2は長財布が入ってやや余裕がある絶妙なサイズで、大きさは私の使い方ではベストサイズと思えるものです。また、本体はホルス牛革を使用しており、質感はかなり高品質なモノです。また相当オイルをしみこませているようで、柔らかさもかなりなモノ。高級感もありました
また、2ウェイというだけあって、太もものところのベルトを身体に巻き付けると、ショルダーバッグにもなるという1度で2度おいしい製品。

メインの収納スペース。内ポケット付き。クシタニのタグにはMADE IN JAPANの文字が大きく書いてありました(笑)
内側は革素材そのものではなく、綿素材となっています。

反対側。カードポケットが縫い付けられています。また、左足側に装着すると斜めにカットされたポケットがカードを取り出すときに引き出し易くなるように設計されています。こういったところが、さすが国産と思わせるところですね。

横から。厚みがわかるように写真を撮りましたが、これがこのモデルを買った最大の理由。
地元のクシタニショップで購入したのですが、なんとモデルチェンジ前のモデルも売れ残っていました。この2ウェイレッグバッグってかなりな人気製品らしく、以前のモデルも完売しているショップがほとんどだそうです。実は新型となった際、5,000円ほど値上げされているのです。旧型があるのだから旧型の方が安くて良いのではとも思えます。更にはデザインもほとんど同じなので、パッと見では新型も旧型も違いが分かりません。ところが、新型と旧型では厚みが全く異なります。そのため、旧型在庫があるにもかかわらず新型を買ったのですが、旧型は厚みが薄いため、長財布を入れるとほぼ他のものが入りません。少なくとも、長財布と小銭入れとスマホとアイコス一式が入らないと意味がないのです。なので、店長に開封してもらい試しにすべて入ることを確認した後に購入に至りました。旧型は長財布を入れた時点で他のものはほぼ入りませんでしたので、慌てて安いからという理由だけで旧型を購入しようものなら、間違いなく使うことはほぼなくなったと思います。
まぁ、決して安くはないけど、所有感は間違いなく満たしてくれます。革の作りは間違いありません。
クシタニはこういったところが上手いですよね?

SR400にサイドバッグ






SRに乗っていて、一番困るのが積載。
MT-10にはトップケースとサイドパニアを付けていますし、セローにはホムセン箱を必要に応じて取り付けています。しかしながら、SRはできるだけノーマルのフォルムを崩したくないこともあって、リアキャリアは絶対に付けたくありません。ならばどうするかというと、一番簡単なのが、サイドバックを取り付けること。なので、SRにはサイドバッグを取り付けています。

単純にシート横のグラブバーからぶら下げればいいのですが、それだけだとサイドバッグがタイヤに巻き込まれる可能性が無きにしも非ずなので、サイドバッグサポートを取り付けました。

キジマのサイドバッグサポート。

で、取り付けたバッグがこれ!

デグナーのNB-1。12Lのバッグです。

ただ、リアウィンカーの位置がかなり前よりなので、ジャストフィットの位置だと、バッグの蓋(フラップ?)がウィンカーとモロに干渉します。なので、現在リアウィンカーをナンバープレートホルダーの位置まで下げることを画策中。