クシタニ P-4444ラウンドファスナーウォレット


横浜のみなとみらいです。JR桜木町駅から赤レンガ倉庫までぶらぶらと歩いていきまして、クシタニパフォーマンスショップ横浜に行ってきました。地元のプロショップと異なり、パフォーマンスショップ限定品があったりして、ライディングウェア以外の小物なども売っていたりします。




目的があって行ったわけではなく、何となく行っただけでしたが、パフォーマンスショップ限定品のロングウォレットを買ってきました。要は長財布です。

サファイア・ヌメっていう色ですが、なかなか珍しい色で、革の財布では珍しい色だなって思って買ってきました。


しっかりとスラッシュマークが入っていてクシタニアピールしてます。
さてさて、今後どのようにエイジングしていくのか楽しみ!

クシタニ 2ウェイ レッグ バッグ 2




クシタニ K-3578 2ウェイ レッグ バッグ 2
バイクってクルマと違って、基本的には荷物をひょいっと簡単に積んで走り出すというわけにはいかない乗り物です。
シートバッグやタンクバッグを取り付ける、あるいは、キャリアやリアシートに括り付けるという方法やパニアケースやトップケースを取り付けることで、積載性をアップさせる方法があります。でも、財布やスマホだけを持ってバイクに乗るってことも少なくないシチュエーションですね。そんな時は、体にバッグを括り付けるという方法、例えば、ウェストバッグやリュックサック、ワンウェイショルダーバッグを背負って走るなんてことも少なくありません。
以前、と言っても免許取りたての頃の話ですが、よく見たのがウエストバッグで、リュックサックを背負っている人などほとんど見たことがありませんでした。大体が、タンクバッグとウェストバッグと言う組み合わせの人が多かったように思います。

時代が変わって、今ではリュックサックやワンウェイショルダーバッグが主流となりましたが、私の場合だと乗っているバイクのすべてに何らかの積載グッズが付いています。MT-10であればサイドケースとトップケース、セローであればホムセン箱、SRだとサイドバッグといった具合なのですが、結局バイクを降りた時、特に休憩時などでは、いずれのバイクでも箱からバッグを取り出すことが必要となるので、わざわざ箱を開ける手間も実は面倒なので、身に着けるバッグとしてワンウェイショルダーバッグを使っています。でも、ワンウェイショルダーバッグって走っている最中にズレてくるんですよね。リュックサックではデカいし、ウェストバッグは腰が痛くなるしで、なかなか持っていても使うことはほぼありませんでした。ところが、以前、財布だけとか本当に必要最低限の荷物を持って走りに行くときに使っていたレッグバッグっていうものを思い出しました。太もものところに巻き付けるようなバッグなのですが、これだとツーリング先でも歩いている時でも苦にならないし、とにかく小さので必要最低限のものを入れるのには最適なバッグなのです。

ということで、クシタニの2ウェイレッグバッグ2を購入。モデルチェンジしてやや大きくなったモノの方です。

レッグバッグ自体はあまりメジャーなものではなく、あちらこちらのメーカーから発売されてはいるものの、デザイン的にイマイチだったり、大きさも小さいモノが多く、長財布が入らないなんてものもあります。

購入したクシタニの2ウェイレッグバッグ2は長財布が入ってやや余裕がある絶妙なサイズで、大きさは私の使い方ではベストサイズと思えるものです。また、本体はホルス牛革を使用しており、質感はかなり高品質なモノです。また相当オイルをしみこませているようで、柔らかさもかなりなモノ。高級感もありました
また、2ウェイというだけあって、太もものところのベルトを身体に巻き付けると、ショルダーバッグにもなるという1度で2度おいしい製品。

メインの収納スペース。内ポケット付き。クシタニのタグにはMADE IN JAPANの文字が大きく書いてありました(笑)
内側は革素材そのものではなく、綿素材となっています。

反対側。カードポケットが縫い付けられています。また、左足側に装着すると斜めにカットされたポケットがカードを取り出すときに引き出し易くなるように設計されています。こういったところが、さすが国産と思わせるところですね。

横から。厚みがわかるように写真を撮りましたが、これがこのモデルを買った最大の理由。
地元のクシタニショップで購入したのですが、なんとモデルチェンジ前のモデルも売れ残っていました。この2ウェイレッグバッグってかなりな人気製品らしく、以前のモデルも完売しているショップがほとんどだそうです。実は新型となった際、5,000円ほど値上げされているのです。旧型があるのだから旧型の方が安くて良いのではとも思えます。更にはデザインもほとんど同じなので、パッと見では新型も旧型も違いが分かりません。ところが、新型と旧型では厚みが全く異なります。そのため、旧型在庫があるにもかかわらず新型を買ったのですが、旧型は厚みが薄いため、長財布を入れるとほぼ他のものが入りません。少なくとも、長財布と小銭入れとスマホとアイコス一式が入らないと意味がないのです。なので、店長に開封してもらい試しにすべて入ることを確認した後に購入に至りました。旧型は長財布を入れた時点で他のものはほぼ入りませんでしたので、慌てて安いからという理由だけで旧型を購入しようものなら、間違いなく使うことはほぼなくなったと思います。
まぁ、決して安くはないけど、所有感は間違いなく満たしてくれます。革の作りは間違いありません。
クシタニはこういったところが上手いですよね?

SR400にサイドバッグ






SRに乗っていて、一番困るのが積載。
MT-10にはトップケースとサイドパニアを付けていますし、セローにはホムセン箱を必要に応じて取り付けています。しかしながら、SRはできるだけノーマルのフォルムを崩したくないこともあって、リアキャリアは絶対に付けたくありません。ならばどうするかというと、一番簡単なのが、サイドバックを取り付けること。なので、SRにはサイドバッグを取り付けています。

単純にシート横のグラブバーからぶら下げればいいのですが、それだけだとサイドバッグがタイヤに巻き込まれる可能性が無きにしも非ずなので、サイドバッグサポートを取り付けました。

キジマのサイドバッグサポート。

で、取り付けたバッグがこれ!

デグナーのNB-1。12Lのバッグです。

ただ、リアウィンカーの位置がかなり前よりなので、ジャストフィットの位置だと、バッグの蓋(フラップ?)がウィンカーとモロに干渉します。なので、現在リアウィンカーをナンバープレートホルダーの位置まで下げることを画策中。

ライディングシューズについて考えてみた その2




前回の続きです。持っているライディングライディングシューズはすべてくるぶしをガードできる高さのあるものばかりですが、一番最近買ったのがタフギアです。

ガエルネ タフギア

タフギアは締め込み方法にバックルを使用したライディングシューズです。他にバックルを採用したライディングシューズは、ELFのシンテーゼなどがよく見るシューズですね。タフギアもバックルを採用しておりますが、バックル式って元々モトクロス用のオフ系ブーツでは標準的に採用されています。元々ガエルネのED-PRO art405を持っており、バックル式の締め付け感も個人的には好きなので愛用しています。特にタフギアの場合、靴底がフラットではなくED-PROと同様タンク底のビブラムソールを採用しており、セローでちょっとした林道に行くときにも使えるため、何かと重宝しています。また、靴底がフラットではなくやや厚底となるため、足付き性の改善にも有効です。

バックル式の良いところは、バックルを外すと完全にフロント側がフリー状態となり、大きく開くことができます。そのため、脱ぎ着が非常にラクになることもメリットの一つです。また、タフギアはバックルが2つあるので、前方を緩めで後方をきつめなどと締め付け具合がBOAタイプや靴紐タイプよりも自由度が高い点も使い勝手が良いと思います。また、タフギアはかかと側のえぐれがほとんどありません。そのため安全性はアルパインスターズのファスターシューズやタイチのRS006よりも高いのですが、足首を動かすという点ではやや不利となります。特にMT-10の場合、私にはやや足付きが厳しいのですが、足首の自由度が低いタフギアはつま先立ちがやりにくいという点が他のライディングシューズと比べてネガティブな部分となります。しかし靴底が厚いため、実際のところ他のシューズとあまり変わらないというのも事実です。

アルパインスターズ SMX-3

ちょっと山を攻めたり、高速主体のハイスピードツーリングなどに履いているアルパインスターズのSMX-3です、これについては、ライディングシューズと言うよりも、ほぼライディングブーツです。これまでのライディングシューズとは根本的に異なり、実際のところ、ライディングブーツと言うよりも、それもサーキット走行も意識した製品で、トゥスライダーが装備されており見た目は完全に本気走りするぞって言うレーシングブーツですね。とは言え、実際にサーキット走行するわけでも無く、現在ではほぼ上下革装備…革パン革ジャケット…の時に主に使用しています。

締め込み方法はバックルと内側のファスナーの併用式。バックルはベルト側の長さを調整するのではなく、ベルトの先端をバックルに通して最後にバックルのシーソー形状のタブを使って締め込むかなり特殊な方法です。締め込みの強さはBOAと同じようにその時の条件で強めから弱めまで自由に調整可能です。ただ、サイド部分にファスナーを使っているため、ファスナーでシューズを閉じた以上に緩めることはできません。

ただ、レーシングブーツを意識した作りだけあって、足首をガチガチに締め込むようにブーツそのものもかなり硬めな作りです。転倒時の安全性は多分これが一番高いと思われます。ただ、普段使いとして使うのは厳しいかも。足首の動きも一番制限されますし、最低限の締め込みでもそれなりにキツめなので、特にバイクを降りたあと歩き回るような使い方をすると、かなり疲れるかもしれません。

で、どれがオススメかと言うと、ツーリングがメインならタイチのRS006、バイクを降りたあとも歩き回ったりするような時にはタフギア、と言うことになります。仮にこの中から一つだけを選べということなら、タイチのRS006が最も汎用性が高いと思います。

ライディングシューズについて考えてみた その1






バイクに乗るときに履く靴、いわゆるライディングシューズですげど、昔はほぼ紐で編み上げるというような作りのモノが多かったような気がします。しかしながら、紐で編み上げるとなるとほどける可能性も少なからずあると思います。また履くとき脱ぐときもいちいち紐を解いたりする必要もあるわけで、結構めんどくさいんです。
最近では、紐で編み上げるといったことだけで絞めこむという製品はあまり多くはないと思います。ただ、昔ながらの定番と呼べれるブーツ系のモノではまだまだ結構あります。私も持っている、AVIREXのYAMATOブーツはミドルカットのブーツですが、締め込みは基本的には編み上げ。ただ脱ぎ着に便利なようにブーツの内側部分にファスナーが付いていまして、ファスナーを開けることで大きくブーツが前後方向に開いてくれます。そのため、脱ぎ着は大変ラクです。
昨今のライディングシューズも単に紐で編み上げで締め付けるのみ、という製品はほぼ見なくなりました。確かに紐は絡まる可能性もあることや、最悪絡まることによってシフト操作ができなくなる可能性も否定できないでしょう。そのため、紐だけという製品も無くなってきたのだと思います。


現在使用中のライディングシューズ。どれも現役

現在我が家には、4足ものライディングシューズがあるのですが、基本的にはサイド部分がくるぶしの高さ以上のものしか使っていません。仮に転倒したり事故った時に一番ダメージを被るのがくるぶしのところになりますし、くるぶしのところを骨折しようものなら、最悪歩行不能になるかもしれませんので、最低でもくるぶしが保護できる高さのものしか使ってはいません。

その上で、どれがいいのかということになります。

アルパインスターズ ファスターシューズ

もう5年くらい前に2りんかんの爆安セールで買ったモノ。かなり使い込んでいますが、未だに現役です。締め込み方法は編み上げ+ベルクロです。いちいち紐の締め込みは行わず、かなり緩めで締め込んだ上で、ベルクロで締めています。紐の結目のところとベルクロの位置がほぼ同じなので、結目の上からベルクロで挟み込むようにしています。一応、この方法でずっと使っていますが、結目かほつれたことはありません。

ただ、結目の上からベルクロ固定なのでたまにベルクロ自体が剥がれていることがあります。ベルクロ自体の圧着面積が、結目の分だけ減ってしまうため固着力が弱くなってしまうためだと思います。

また、かかと側が大きくえぐれているため、足首の自由度はかなり高めです。ただ、その分防御力は低くなり、事故った時に腱にダメージが加わりやすくなるかもしれません。

脱ぎ着については、紐の締め込み強さ次第です。私はかなり緩めているので、脱ぎ着には特に不便は感じません。

RSタイチ 006ドライマスターBOAシューズ

今のところ一番使用頻度が高いシューズで、街乗りからロングツーリングまで万能にこなせる優れものです。

締め込みにBOAシステムを採用したタイチ製のライディングシューズです。くるぶし部分はアルパインスターズのファスターより若干高さがありますが、逆にかかと側のカットはかなり大胆にカットされています。肝心の「紐」にあたる部分がBOAシステムとなっており、外側についてるダイヤル型のロックシステムを回すだけという、超簡単にシューズを締め込むことができます。回すだけで締め込み強さを調整できますので、ギッチギチに締め込み可能ですが、逆に疲れた時などは緩めに締める事もでき、それが大変簡単にできてしまいます。

防水透湿を謳ってはいますが、結構ムレます。

BOAシステムの悪いところも正直あります。まず、靴紐代わりにワイヤーを使用していますが、全体的にギッチギチにすりかダルダルにするかしかできません。BOAシステム故の不便さではありますが、もっと足首側だけ締め込みたいとか足の甲の部分だけ緩めにしたいということができないのです。また、ワイヤー故にシューズの甲の部分の開き方に限界があり、靴紐なら最悪紐を全部取る事も可能ですが、ワイヤー自体を取り外すことができません。そのため、実際のところ脱ぎ着は一番しんどいかも…です。またかかと側のえぐれも一番大きく何かアクシデントがあった時は一番ダメージが大きいかもしれません

でも一番使用頻度が高いのが、このBOAシステムをア採用している006シリーズだったりします。

つづく