Arai ASTRAL-X






アライのツーリング向けヘルメット、ASTRAL-X
同じくアライヘルメットの最高峰であるRX-7Xも持っていますが、RX-7XとASTRAL-Xとどう違うのか?

ASTRAL-XはASTRO-IQやASTRO-PRO SHADEの後継として2016年に発売された、ツーリングでの使用がメインであるライダー向けのトップクラスの製品です。発売からすでに2年近く経過しており今更感も否めないのですが、普段使いしているアストロプロシェードの後継モデルということで、気にはなっていましたが、なかなか購入には踏み切れませんでしたし、気になるグラフィックモデルが発売された後も、Amazonなども時々はチェックしていました。しかし、なかなか価格も下がらないし、そうこうするうちに、欲しかったグラフィックモデルが、ひょっとするとディスコンになるかもしれない…という噂も耳にすることもあったりして、思い切って近くのライコランドで購入。なお、在庫分はサイズも限られており、XLサイズも無いかもしれないという状況で、代理店を何店舗かあたってもらい、ようやく入手することができました。

このCURVE BLUEというカラーリングにある意味一目ぼれしたので、思い切って購入したわけですが、実はフルフェイスヘルメットのグラフィックモデルってあまり買ったことがありません。これまではほぼ単色モデルばっかり買っていたのですが、カッコいいグラフィックモデルが発売されたから買ったというのが本音のところです。

プロシェードを下げた状態。新型シールドのVAS-Vプロシェードシールドシステムと比べてアストロプロシェードのスーパーアドシスIプロシェードシステムよりもアウターバイザーが大型化、形状も丸みがなくなりやや角ばった形状になっています。そのため、前作よりもアウターバイザーが被る範囲が広がり、よりバイザーとしての効果は高くなっています。
また、アウターバイザーを動かす際もいったん手前に引き出すという手間がなくなり、ラッチで止まった位置でロックがかかるようになっています。前作ではバイザーを動かした際は手前側にグッと押し込まないとロックがかかりませんでしたから、使い勝手も良くなっています。



帽体は、パッと見た目はRX-7Xと同じに見えますがややRX-7Xの方がやや小さく、シェル自体もこれまでのPB cLcからPB SNC2というRX-7Xと同じものに変更されています。おそらく帽体はほぼ同じものと思います。

一番の違いはベンチレーションの形状で、よりツーリングに適した形状に変更されています。
アストロ系と同じような形状ですが、ダクトの開閉機構がシーソー式(ボタン式)からスライド式に変更され、エアーの入り口がシャッター形状になっています。RX7-RR5はシーソー式でしたが、RX-7Xも形状こそ異なりますが、同じくスライド式に変更になっています。確かにシャッター付き形状の方が、閉めている限りは走行中に虫とかゴミとかがインテークに入りこんでくる事はなくなりますから、ある意味理にかなっているのかもしれません。しかし、一番のメリットはシーソー式だとインテークの穴を上から蓋で抑えているだけなのに対して、シャッター式だと空気自体がインテークに入り込むこともないので、蓋が浮き上がることもありませんし、ノイズの低減にも効果がありそうです。

ASTRAL-Xの内装

RX-7Xの内装

内装に関してもRX-7XとAstralではほぼ同じで、外観からの違いは判らないレベルです。

実際の使用では、RX-7XがSSなどのかなり前傾したバイクに乗ることを想定している作りで、実際、MT-10のようなネイキッドバイクで比較的前傾度が弱いバイクに乗っていると、頭部ベンチレーションの効きが今一つ。やや下向きに顔を向けた姿勢だと、かなりエアーが入ってきます。
逆にASTRAL-Xはと言うと、ネイキッドバイクのような直立に近い姿勢でもかなりインテークから風が入ってきます。ASTRAL-Xはさすがツーリングモデルだけあって、ネイキッドバイクやツアラー、アメリカンなどの前傾度の弱いバイクに向けたモデルだと思います。

ただ、頭頂部のエアインテークのスライド方式は正直言ってあまり使い勝手が良いとは思えません。シーソー式だと走行中でもボタンを押すだけなので比較的簡単に開け閉めしやすいのですが、スライド式は操作レバーがやや硬めということもあるのと、指で前後に動かすという操作なので、ワンタッチというわけにはいかないのです。なので、走行中に開け閉めするのはお勧めできません。ボタン式でシャッターが開け閉めできるような形式の方が使い勝手は良いのではないかと思われます。

これまでASTRAL-XはASTRO PROSHADEの後継モデルかと思っていましたが、実際使ってみると、単純な後継モデルではなくRX-7Xのツーリング向けモデルであると改めて認識しました。SSのような前傾度の強いバイクに乗っていないというのであれば、ASTRAL-Xの方が絶対お勧めです。

ヘルメット改修






ヘルメット改修!
長年使用しているフルフェイスヘルメット、Arai ASTRO PROSHADE COMMANDモデルですが、まだまだ現役で使うために若干改修しました。
帽体のトップ部分には水抜き穴があるのですが、通常ですとプラパーツで塞がれています。このプラパーツを外して通気口とし、シャッターを付けました。
同じくAraiのRX-7Xには標準で付いていますが、そのRX-7X用パーツを取り付けました。

天辺にちょんまげが付いたような(笑)
このヘルメット、帽体がほかのAraiのフルフェイスヘルメットと比べて若干小さいようで、なかなかベンチレーションも優秀なのです。とは言え、RX-7Xよりはベンチレーション性能が劣るような気がしないでもないので、更にベンチレーション機能を高めるための改造でした。

アライ RX-7X





アライのフルフェイスヘルメットであるRX-7Xを買いました

同じくアライのアストロプロシェードも持っていますが、内装がややくたびれてきたのとベンチレーションが良さそうだったのでAmazonで安い時を見計らい購入。
アストロプロシェードと比べてどうなのかということで今更インプレを。

帽体は正面から見るとほぼ同じ大きさ。ちなみに、RX-7Xもプロシェードシステムに換装しています。形状もアライ標準ともいえるR75シェイプですね。
ただ、てっぺんのベンチレーションはこれまでのRX‐7系と同様、左右と中央の3か所にインテークが付いており、排気側も左右独立して開閉できるようになっています。


しかし、上や横から見て比べると、若干RX-7Xの方が前後長が長め。おそらくアストロ系よりも高速域での安定性を目指してのことだと思いますね。更にRX-7Xには後ろ側のディフュザーの間にウィングが付いています。ということは、より高速域でのヘルメットの浮き上がりを防止するためであり、アストロ系などよりもサーキット走行を意識したデザインであるのだと思います。

後ろ側から見ても形状には差異はあまり見られませんが、RX-7Xの方はリア下部アウトレットの形状がより小型化されています。おそらく上側ディフュザーの排気流量が多いので、下側はそれほどの大型化は必要ないのかもしれません。また、下側の排気流量が多いと、風切り音がうるさくなることも考えられます。

RX-7RR5やアストロとの違いの一つであるシールドですが、VAS-Vシールドに変わっています。一番見た目で違いが判るところがシールドロック方法。これまでのスーパーアドシスシールドはシールド側にロックピンが付いていましたが、VAS-Vシールドは本体側にロック機構が付いています。おそらくシールドのコストダウンも見込んでのものと思われますし、シールド側のロックピンが取れてしまうという可能性も排除しているものと思います。また、今回の変更で微開状態にはしやすくなっています。本体側のレバーを押し下げればロックが外れて微開状態になりますので、これまでのシールドよりもかなり簡単にはなりました。

システム内装。かなりタイトな仕上がりです。特に内部そのものはあまり違いませんが、入口はきつめ。頭が入ってしまえばそこそこの圧迫感で、アストロプロシェードや以前使用していたクァンタムJと変わりません。また、眼鏡装着はアストロよりも位置決めはし易いです。

肝心の使いごこちですが、新シールドは確かに上側の視界が良くなりました。また、肝心のベンチ性能ですが、RX-7XはターゲットとするバイクがSSなどのスポーツ系でかなりの前傾姿勢で乗るバイクを想定しているようで、強めの前傾姿勢でないとベンチ性能は発揮できないようです。頭を下に向けたような状態だと、SHOEIのGT-Airよりもベンチが効きます。ただ、私が乗っているようなネイキッド系だとほぼ正面を向いた状態で走行するので、あまりベンチが効かないと感じるかもしれません。またプロシェードシステムに換装してますが、換装の影響はほぼ違いが出ないと考えてよさそうです。

現在はRX-7Xは主にソロツーリング用、アストロプロシェードは街乗り用、GT-Airはインカムを付けましたので、マスツーリングや通勤時に使用しています。

 

ヘルメットのこと その2





GT-Air 装備について

GT-Airもこうしてみると、ずんぐりむっくりという印象です

シールドを開けた状態ノーズディフレクタが大きめですが、別体式で標準では付いていません。梱包の中に同梱されてました。

横から見ると前後長が長めなのが判りますね。また、エアロフォルムで頭頂部から後ろにかけて下がっていったあと「ドン」と落ち込んでるフォルムです。

後ろから見ても上から1/3のところで段差が付いているのがはっきりと分かります。

上から見ても、Araiと比べて長いことが判ります。

GT-Airの一番の特徴であるインナーバイザーを下げたところ。バイザーは強めのスモークで眩しさは太陽に向かって走るようなシチュエーションでもあまり眩しく感じません。バイザーの性能はかなり優秀です。

バイザーの上げ下げは、このシールド下にあるスライドスイッチで出し入れが簡単にできます。

ベンチレーションは頭頂部に大き目なインテークと高等部の大き目なアウトレット

あご部分にも大き目なデフロスタが付いています。合わせてインテークとアウトレット合計で3か所です。Astroよりも少ないのですが、性能はGT-Airの方がやや優れているように感じます。いずれのエアホールもAstroより大きいようなので、そのせいなのではないかと思います。

あと、ベンチレーションのパーツが大きくスライドさせるため、走りながらでも操作はし易いですね。

AstroProShadeとGT-Airのその他の違うところ

どちらのモデルもツーリングでの使用を想定したモデルなので、快適装備が他のモデルよりも充実しています

GT-Airの顎紐はD環ではなく、ラチェット式。安物メットでよくあるモノとは異なり金属製のしっかりしたモノ。そのためか、安物メットのスナップ式とは異なり幅広で強度的にも高そうですが、人によっては喉仏にあたって痛いという意見もネットでは見られます。

こちらはAstro ProShadeの一般的なD環。個人的にはD環の方が好きですけど、慣れというか、この辺は好みの問題だと思います。

内装やシールド

上がGT-Air、下がAstroProShade

作りが多少違いますが、いずれも頭頂部を空気が通る作りです。また、GT-Airの方がメガネをかけ易い作りです。Astroの方もメガネがかけにくいってことはありませんが。

また、AstroProShadeの方は内装材にエコピュア内装材が使われており、サラサラ感があるようです。

シールドの取り付け部は上がAstroで下がGT-Air。

根本的にAstroはシールドポストにカバーが付いていますが、GT-Airはカバーなし。これが静粛性の違いとなっているのかも知れませんが、GT-Airの方が静粛性が高く、風切り音は少なめ。Astroの方は、カバー部に隙間があるためなのか若干静粛性が劣ります。

実際、GT-Airの静粛性はかなり高く、これまでに使ったヘルメットの中でもトップクラスの静粛性だと思います。

シールドの開け閉めについては、Astroは無段階式。つまり可動範囲内ならどこでも気に入った場所で止めることができるので、曇り止めためにシールドをちょっとだけ開けたい時でも開けることができます。逆にGT-Airはラッチ式。ちょっとだけ開けておきたいというような時には不便です。全閉状態から1ノッチだけ動かしても結構開いてしまいますので、冬場などでは寒気がかなり顔面に入り込んでしまします。

最近のヘルメットなら、曇り止めのためのピンロックシートが装着可能ですが、GT-Airは同梱されており、改めてピンロックシートを購入する必要がありません。ピンロックシートって安くはないので嬉しい仕様です。

で、どっちが良いのかってことですが…

GT-Air

走行時静か。他者からはわかりずらいインナーバイザー。新しめなフォルム。ラチェット。ピンロックシート標準

AstroProShade

ちょっと厨二っぽいアウターバイザー。昔ながらのまぁるいこれぞヘルメットというフォルム。D環。エコピュア内装。帽体小さめ。安い。ピンロックシート別売り。

この辺りが判断基準になると思います。どっちが良いとかじゃなく、使用目的で選択すれば、どちらのヘルメットと満足度は高いと思います。

 

ただし、AstroProShadeは生産中止となりました。アライのホームページから消えていますので、おそらく流通在庫のみとなると思いますので、欲しい人は早目に手を打った方が良さげです

ヘルメットのこと その1

AraiとSHOEI

バイクに乗るのに必ず必要なのが言わずもがななヘルメット。国内ではAraiかSHOEI、OGKあたりがよく見るヘルメットだったりしますね。

私がバイクでリターンした際には、それ以前から持っていた、Arai製のAstro TRっていうモデルを被っていました。しかし、あまりに古いのと、ちょくちょく落としていたため、かなり傷だらけっていうこともあって、、Monster800ieを購入した時OGK kabutoのFF-R3っていうモデルを購入しました。しかし被ってから30分ほど経つと、右後頭部からこめかみにかけて猛烈な痛みが襲ってきて、とても被っていられる状態ではなくなり、いったん脱いで15分くらい休憩しても、一旦頭痛が始まると再装着しても、ものの5分で同じように猛烈な頭痛に襲われました。




そんなこんなで、このヘルメットを被るとバイクどころじゃありません。軽くて気に入ってはいたのですが、泣く泣く手放すことにして、以前から被っていたArai製のQuantum Jというモデルを買ってきて被ったところ、これが快適!なことこの上ない!

Astro TRもそのまま持っていましたから、通勤でAstro、ツーリングでQuantumっていう使い方をしていましたが、Astroも流石に古くなってきたので、新たにAstro IQのバリエーションモデルであるAstro ProShadeを購入。その後、オフ車用に同じAraiのTourCross3を購入したり街乗り用にSZ-RAM4を買ったりしましたが、SHOEI製のメットを使っていないことに改めて気付いて、GT-Airを購入。

現在その他のヘルメットを含めて6個のヘルメットを使用していますが、同じフルフェイスといえども、AraiとSHOEIとではかなり違うということがわかりました。

で、Astro ProShadeとGT-Airの比較

Astro ProShadeとGT-Airはいずれもツーリングモデルの上級版なので、ほぼ同クラスという感じでしょうか?実売価格はGT-Airのほうがやや高め。いずれのモデルもサンシェードを装備してます。

正面、後ろ、側面と上から写真で比較

まず、正面。

イメージ的には、SHOEIの方が若干大きいかなとも思っていましたが、並べてみるとほぼ同じ大きさ。後ろ側を見てもほぼ同じ大きさなのがお判りいただけると思います。

もっとも違うところが側面を見たとき。明らかにSHOEIの方が長い。上から見ても細長いことが判りますね。

あと、Araiの方が全体的に丸みを帯びています。

どっちがいいという問題ではなく、装備内容やカタチの好みで選んでも不満は少ないと思われます。

装備内容 Astro ProShade

グラフィックモデルなので、多少わかりにくいところがありますが、ご勘弁を!

外観はArai製の最大の特徴であるネコミミのようなベンチレーターとProShadeシステムによるアウターバイザー。シールドの上に更にスモークなシールドが被さっています。

この状態だと、夜間やトンネルなどで不自由しますので、スモークな部分は上に持ち上げることができます。

こんな感じ

横から見てもそんなに違和感はありません。帽子のツバのようにも見えます。

ただ、メインのシールドを開くと…

ちょっとお間抜けに見えます。

が、このシールドオープン状態で走行しても風にあおられる感じはほぼありません。

ベンチは、

頭頂部2か所(吸気)、後頭部2か所(排気)

口元のデフロスタ

シールド自体にもベンチレーターが付いてます。左右2か所

あと、写真撮り忘れましたが、後方の下の方には排気用の穴が開いてます。ちなみにこのベンチレーション用の穴は閉じることができません。

内装はパッドはほぼ全部取り外し可能。特に頬にあたるチークパッドが汚れやすい気がします。

また、Astro IQと異なり、抗菌・消臭内装に変更されています。が、見た目はAstro IQとまったく同じ。

オプション扱いのチンガードが標準装備されています。

Quantam Jとは帽体の見た目はほぼ同じですが、口元が若干狭く感じました。

ベンチ性能はかなり優秀な部類だと思います。以前使っていたQuantam Jよりもかなり涼しい

風切り音はまぁそれなり。というかこんなもんでしょうって感じです。ただし、GT-Airと比べるまでは…

GT-Air編に続きます