SHOEI Z-7と他のヘルメットとの比較




SHOEI Z-7の使用感です。

先日の日曜日にZ-7を被ってかる~く走ってきました。
小さいってことは前にも書きましたが、被っている限りは正直大きい小さいは気にはなりません。また、Z-7の特徴でもある、「軽さ」については、GT-Airに比べては軽さは実感できます。またAraiのRX-7Xと比べても軽い!
確かに、長距離ツーリングなどではこの軽さが大きなアドバンテージとなりえると感じました。

風切り音について
確かに静かです。が、しかし、GT-Airと比べればややうるさい。Araiの各製品と比べてはほぼ同等かもしくは若干Z-7の方が静かと感じました。ただ、Arai各製品とは大差ないと思います。もっともGT-Airが静かすぎるのだと思います。
静か…煩い
GT-Air>Z-7≧ASTRAL-X=RX-7X≧XD

ベンチレーションについて
圧倒的にGT-Airの方がベンチが効きます。AraiのASTRAL-Xと比べてはほぼ同等と感じました。RX-7XとはRX-7Xの方が優秀。
涼しい…暑い
GT-Air>RX-7X>Z-7=ASTRAL-X=XD

これらの性能だけで言えば、GT-Airが一番よさげなのではありますが、GT-Airは実際に使ってみないとわからないところが一つだけあります。
それは視界。GT-Airはインナーバイザーが付いており、シールドの内側のいわゆるおでこの部分にインナーバイザーが仕込まれていますが、そのため、この部分の帽体に厚みがあります。厚みがある分だけ、上側の視界が遮られ気味となるのですね。特にSSなどの前傾度の強いバイクだと、頭部が下を向く形となるため、帽体の厚みが仇となり上の方の視界が悪くなるのです。気にしなければ気にならないと思いますが、私の場合、どうしても上が見えづらい…信号や道路標識の青看が見えづらいというだけでもかなりストレスに感じます。

その点、AraiのProShadeシステムは理にかなっていると考えます。帽体自体は変えずにシールド側でシェードを追加するという方法ですね。
恰好が良くないとか、風切り音がうるさいとか巷では言われているようですが、視界という安全性に直結する部分ですから、一番合理的であると考えます。

ただ、インナーバイザーが悪いとは思っていません。例えばクルーザーやほぼ直立で乗るアドベンチャー系、ネイキッド系では前傾度もかなり緩やかですし、特にクルーザー系では直立どころか殿様乗りに近いものがありますので、上側の視界はほぼ無視できるレベルではないかと思います。更に、インナーバイザーですから、普段は帽体の中に仕込まれており、使うときだけ出す、ということは、普段は帽体の中ですから、バイザー自体に虫が張り付いたりして汚れる可能性が限りなくゼロになるということも十分メリットになり得ますね。

やはり、どれがいいとか、どれが悪いという話ではなく、自分の乗っているバイクや用途に合ったヘルメットを選択するというのが一番良いことですし、視界は気にならないから、静かさを優先するとかベンチ性能を優先するとかっていう決め方で良いのではないでしょうか?

さて、Z-7ですがさっそくシールドをスモークに交換しました。
当然PIN-LOCKシートも購入してスモークシールドに取り付けました。

SHOEI Z-7




新ヘルメット買っちゃいました。久しぶりにSHOEI製品。

SHOEI製のミドルクラス製品であるZ-7、Terminusモデル。
もともとZ-7って、ユーザーがものすごく多いし、実際ツーリングに行って道の駅やサービスエリアなどで見かけるライダーもZ-7ユーザーが非常に多く目にします。
私の場合、頭がArai頭ってこともあってガチガチのAraiユーザーなのですが、ここ数年、SHOEIの製品って、イマイチ好きになれなかったってこともありました。一つにはデザイン。空力を考慮しており後頭部側が長いデザインであり、映画エイリアンのクリーチャーのようにも見えてしまうってことが大きかったのと、Araiに対して帽体自体も大きいってことも避けてたところもありました。ただ、このZ-7のTERMINUSってモデルだけは、カラーリングとデザインが以前から気になっており、機会があれば使ってみたいと思っていました。
いつものように、Amazonをウォッチしていると41,000円切りになっており、「今でしょ」ってばかりにいつものように衝動買い。

本日無事に届きさっそく開封の儀です。

同梱物。本体のほか、ヘルメット袋、チンカバーとノーズディフレクターが別部品として入っているほか、ピンロックシート。特にピンロックシートは他のヘルメットでも必ず装着していますので、これは有難いです。

いつも通り、まずはシールドを取り外します。Araiのシールドもだいぶ外しやすくなりましたがSHOEIのシールドはほんと簡単に取り外しや取り付けが簡単。GT-Airも簡単ではありますが、取り付けには少々コツがいるようですが、Z-7の方はGT-Airよりもはるかに簡単で、これまでのヘルメットの中では一番取り扱いがやりやすいですね。

なぜ、最初にシールドを取り外すというと、ピンロックシートを取り付けるためですが、同梱されているので改めて買いに行く必要もなく、これは非常にありがたい。

さて、そのシールドですが、シールドを最も上にあげて指先のスライド機構を押すだけでシールドが外れます。取り付ける時もこのスライドを押したままシールド側とシールドホルダー側のかみ合わせを合わせるだけで、スルッと入ってしまいます。また、Araiの製品との一番の違いでもありますが、SHOEI製品にはシールドホルダーにカバーが付いていません。そのため、シールドの収まりがシールドカバーが無いためフラットな収まりとなります。このこともSHOEIのヘルメットは静かであると言われている原因の一つであると思います。

さて、Z-7の特徴である「小さい」「軽い」という点について他の手持ちのヘルメットと比べてみます。

左から
SHOEI GT-Air
SHOEI Z-7
Arai Astral-X
こうして比べてみると、Z-7の小ささが際立ちますね。また、AraiのAstral-Xが意外と大きいことがわかります。前後長ではGT-Airが最も長いのですが、Z-7は前後長はArai並み。ただ、全体的にSHOEI製品は前から見る限りでは丸っこくて、コロンとしたイメージ。Araiは全体としては丸くはありますが、シュッとしたイメージ。

Z-7とAstral-Xを横から見てみると、やはりZ-7の小ささが目立ちます。

Z-7とGT-Airの場合、いずれも後頭部が出っぱっていますが、形状そのものはZ-7の方が比較的丸っこいですね。GT-Airはやはり後頭部が長いのが目立ちます。GT-Airはインナーバイザーが付いていますので、どうしても大き目な帽体になるのは致し方ないところですね。

今日届いたばかりなので、使用感はこれからではありますが、実際に被った印象としては、やはり小さいこともあって、GT-Airよりもだいぶキツキツです。

ベンチレーション用エアーのインテークとか静粛性とかは、実際に使ってみてからのお話になりますが、大ベストセラーモデルだけあって、どんな感じになるのか楽しみですよ。

投売り!Arai VAS-V ProShadeシールド





Araiヘルメット用VAS-V ProShadeシールド、何故か格安で販売してたので、予備に一つ確保

地元のマイナーショップで在庫処分として売られていました。もともとArai製ヘルメットも置いていた店ですが、すでにArai製ヘルメットはおろかSHOEIのヘルメットもまったくなく、OGKのヘルメットしか置いていませんでした。
それにしても定価7000円のものが税込み1980円とは…なので、時々は実店舗も覗くとお宝が見つかる可能性がありますね~
あと、スーパーアドシスIシステム用のProShadeも一つだけ残ってまして、こちらも1980円。Astro ProShadeのCommandモデルも持ってるので、こっちのほうも予備を買っといたほうが良いかもしれませんねぇ~



Arai XD ORIENTAL REVEW




アライ XD オリエンタル

昨日到着した、Arai製フルフェイスヘルメット XD オリエンタル ブルーです。

やっぱり派手でした。(笑)

ちなみに、標準のクリアシールドからRX-7X用に使っていた、VAS-V用プロシェードに交換しています。プロシェードシールドって帽子のツバのように使えるからいいんだよね。

これ被ってMT-10で日光に行ってきました。

MT-10でも意外と合う!
XDはAraiのクルーザー向けモデルということでしたが、ネイキッドバイクでもイケそうです。走っていると、やはり注目度は高い!結構通行人の目線を感じますよ。

さて、実際の被り心地とか、同じAraiの他のモデルとの違いなどを少々…

XDは、Arai製のヘルメットの中ではなかなかな異端児的モデルでして、クルーザーなどの前傾度が浅い、あるいは殿様的な乗車ポジションでライディングするようなモデル向けのヘルメットという事になっており、ハーレーなどに乗るライダーに向けた製品という謳い文句です。確かに、RX-7Xのような大きなディフューザーは付いていませんし、どちらかというといかついイメージを押し出していますね。

で、同じくAraiのツーリングに適しヘルメットとしてメジャーなASTRAL-Xと比べてみました。

正面から見ると、意外や意外、あごの部分の幅広さはほぼ同じ程度。XDの方が幅広でいかついイメージがありましたが、正面から並べてみるとほぼ同じなことが良く分かりますね。

ASTRAL-Xは縁ゴムのところがかなり幅広に取り付けられており、そのため、あご部分がVDに比べて幅が狭く感じるということでした。

横から見ても、縁ゴムのところが明らかにASTRAL-Xの方が幅広になっています。じゃぁ、全体的に他と比べて明らかに違うところってどこなの?ってことなのですが、上から見比べると一目瞭然。

ディフューザーの位置が、ASTRAL-Xよりも明らかに前よりです。前傾しなくてもかなり風が通りました、

また、マウスシャッターの代わりにXDスリットに変わっているため、口元も広くなっていると同時に風の流量もコントロールしやすくなっています。そのせいか、全体的に風の流れも急激ではなくゆったりとした感じで流れていく感じです。そのため、目の乾きもあまり感じられません。また、サイドダクトも後方両側だけでなく、両耳の下あたりにも追加されているため、負圧による風の抜けが多くなっていることも影響しているように感じます。

XDのサイドスリットエアーチャンネル

一方、ASTRAL-Xにはなし

XDはAraiが提唱しているクルージングモデルという位置づけだけでは収まらない、ネイキッドバイクに乗るライダー向けでも十分機能を発揮するモデルだと感じます。

ただ、このオリエンタルというモデルはやはり派手であり、更にあまりにも目立ちます。これを使う際は盗難対策も通常モデル以上に必要かもしれません。

Arai XD ORIENTAL




ARAI XD ORIENTAL

ちまたで噂のARAIヘルメット謹製、ARAI XD ORIENTAL BLUEです!以前ASTRO IQでもこのデザインのものがありました。今回XDで復刻。

和風テイストとオリエンタルなデザインが海外でも大人気だそうで、確かに外国人受けしそうなデザインですねぇ。

Amazonで思わずポチってしまいました!




納期未定ですが(笑)

で、これ買っても多分、実際被らないような気がします。観賞用ですかねぇ