Arai RAPIDE NEO OVERLAND その2

私は基本的にヘルメットはアライ派です。一部ショウエイ製も使用していますが、基本的にはアライ。なので、オプションシールドなどもアライ用のモノが多く、特に外付けバイザーとなるプロシェードシステムを好んで使っています。
滅多にシェードを下ろして使うことはなく、プロシェードバイザーを上げた状態で走ることがほとんどです。帽子のツバのような使い方ってことですね。
今使っているアライ製のフルフェイスヘルメットは、RX-7X、AstralX、XD、Astroプロシェードの4種。これにRAPIDE NEOが加わりましたが、Astroプロシェード以外はすべてシールドが共通で使えるため、予備として持っていたシールドのうちVAS-VプロシェードをRAPIDE NEOに装着してみました。

Araiヘルメットのプロシェードは世間的には賛否両論でして、確かに使っていても、シェードを下ろした状態で使うと、結構視界が遮られるような感じを受けます。同じくインナーバイザーを採用している、ショウエイのGT-Airの方が遮光性という機能だけで比べると圧倒的にGT-Airの方が優れていると感じます。インナー側にバイザーが付いているため、バイザーそのものがほとんど汚れないというのが大きいと思いますし、Araiのプロシェードは後付け感が強いことだけではなく、外側にバイザーが付いているため汚れやすく、虫アタックなどの影響も大きいと思います。
しかしながら、それでも私としてはAraiのプロシェードの方が自分の使い方にあっていると思うわけでして、最初に書いたように、帽子のツバのように使えるってところが最大のメリットだと思います。

そんなわけで、RAPIDE NEOにもプロシェード付きシールドを取り付けました。
デザイン的には違和感ありませんし、ミリタリーっぽさが格段に上がるためこのスタイルも大いにアリだと思います。
この辺のデザインやバイザーの使い勝手、あるいはスモークシールドやミラーシールドで対策って方も多いと思いますが、かえってプロシェード付きを標準にした方が良いのではと思えるほどのデキの良さだと思います。

Arai RAPIDE NEO OVERLAND

久々にヘルメット の話題です。既に発売されている、アライのラパイドネオに新色が追加されました。オーバーランドと言うシリーズで、これまでのラパイドネオとはちょっと違う路線のデザイン。このオーバーランドは2色展開で、一つはモスグリーンっぽい色のオリーブカーキ色ともう一つが今回購入したサンドベージュっぽい色のベージュカーキ色でいずれもアースカラーと言うかミリタリーっぽい色合いの製品です。

口元のスリットのところなどは大胆なオレンジ色。しかしながら嫌味な感じもなく、逆にラパイドネオの一番の特徴であるスリットをしっかりとアピールしています。

また、サイド側から後ろ側にかけては、大胆なブラックのかなり幅広なラインが描かれており、これがまるでゴーグルをしているように見えると言う、これまでのヘルメット には無かったようなデザインです。また、帽体全体がサンドベージュで塗られている訳ではなく、前側がサンドベージュ、後ろ側がアイボリー、更に塗り分け部分がかなり鮮やかな薄緑色と凝ったデザインです。

内部は他のアライヘルメットと変わらず、パッド類は全て脱着可能なシステム内装で、標準のラパイドネオと同じ。

口元のスリット部分と同じくリア側のエアアウトレットもオレンジ色のアクセントカラーで縁どりがされています。

横から見ると、塗り分け部分とゴーグル風の黒ラインがはっきりとわかりますが、当初予想よりも実物の方がデザイインとしてもかなり完成度が高いことが良くわかりますよ。

まだ購入したばかりなので、性能などのインプレッションは未だですが、実際に着用した感じでは、装着感などはこれまで使用してきたアライ製品とほぼ同じでした。あと気になる点は帽体にベンチレーターが付いていないため、通気性がどんなものなのかが気にはなります。ただ、これまでのラパイドネオの評判を見てもそこまで悪い評価がないため、他のアライ製品よりは悪いとしても、如何にもならないということは無いと思います。いずれにしても、実際使ってみた感想は後ほどレポートしようと思います

2020/6/27追記

早速着用してきました。どちらかというとSRで走る時用として購入したのですが、意外とMTのようなストファイでも似合う感じ。これは単に色合いによるところが大きいと思います。

実際に走ったところ、予想に反して頭が涼しい!デュフューザーが帽体についていないため、かなり暑いと覚悟してはいましたが、今日の気温30度とかなり暑い日であるにもかかわらず、頭が全然蒸れない。むしろ風通しを感じるくらいです。RX7XやアストラルXのようにデュフューザーが付いているモデルに比べれば涼しくはありませんが、付いていないにもかかわらずここまで涼しいとは正直驚きました。

これからの時期、あまり使えないかなと思っておりましたが、いやいや、真夏でも意外といけそうです。

SHOEI Z-7と他のヘルメットとの比較




SHOEI Z-7の使用感です。

先日の日曜日にZ-7を被ってかる~く走ってきました。
小さいってことは前にも書きましたが、被っている限りは正直大きい小さいは気にはなりません。また、Z-7の特徴でもある、「軽さ」については、GT-Airに比べては軽さは実感できます。またAraiのRX-7Xと比べても軽い!
確かに、長距離ツーリングなどではこの軽さが大きなアドバンテージとなりえると感じました。

風切り音について
確かに静かです。が、しかし、GT-Airと比べればややうるさい。Araiの各製品と比べてはほぼ同等かもしくは若干Z-7の方が静かと感じました。ただ、Arai各製品とは大差ないと思います。もっともGT-Airが静かすぎるのだと思います。
静か…煩い
GT-Air>Z-7≧ASTRAL-X=RX-7X≧XD

ベンチレーションについて
圧倒的にGT-Airの方がベンチが効きます。AraiのASTRAL-Xと比べてはほぼ同等と感じました。RX-7XとはRX-7Xの方が優秀。
涼しい…暑い
GT-Air>RX-7X>Z-7=ASTRAL-X=XD

これらの性能だけで言えば、GT-Airが一番よさげなのではありますが、GT-Airは実際に使ってみないとわからないところが一つだけあります。
それは視界。GT-Airはインナーバイザーが付いており、シールドの内側のいわゆるおでこの部分にインナーバイザーが仕込まれていますが、そのため、この部分の帽体に厚みがあります。厚みがある分だけ、上側の視界が遮られ気味となるのですね。特にSSなどの前傾度の強いバイクだと、頭部が下を向く形となるため、帽体の厚みが仇となり上の方の視界が悪くなるのです。気にしなければ気にならないと思いますが、私の場合、どうしても上が見えづらい…信号や道路標識の青看が見えづらいというだけでもかなりストレスに感じます。

その点、AraiのProShadeシステムは理にかなっていると考えます。帽体自体は変えずにシールド側でシェードを追加するという方法ですね。
恰好が良くないとか、風切り音がうるさいとか巷では言われているようですが、視界という安全性に直結する部分ですから、一番合理的であると考えます。

ただ、インナーバイザーが悪いとは思っていません。例えばクルーザーやほぼ直立で乗るアドベンチャー系、ネイキッド系では前傾度もかなり緩やかですし、特にクルーザー系では直立どころか殿様乗りに近いものがありますので、上側の視界はほぼ無視できるレベルではないかと思います。更に、インナーバイザーですから、普段は帽体の中に仕込まれており、使うときだけ出す、ということは、普段は帽体の中ですから、バイザー自体に虫が張り付いたりして汚れる可能性が限りなくゼロになるということも十分メリットになり得ますね。

やはり、どれがいいとか、どれが悪いという話ではなく、自分の乗っているバイクや用途に合ったヘルメットを選択するというのが一番良いことですし、視界は気にならないから、静かさを優先するとかベンチ性能を優先するとかっていう決め方で良いのではないでしょうか?

さて、Z-7ですがさっそくシールドをスモークに交換しました。
当然PIN-LOCKシートも購入してスモークシールドに取り付けました。

SHOEI Z-7




新ヘルメット買っちゃいました。久しぶりにSHOEI製品。

SHOEI製のミドルクラス製品であるZ-7、Terminusモデル。
もともとZ-7って、ユーザーがものすごく多いし、実際ツーリングに行って道の駅やサービスエリアなどで見かけるライダーもZ-7ユーザーが非常に多く目にします。
私の場合、頭がArai頭ってこともあってガチガチのAraiユーザーなのですが、ここ数年、SHOEIの製品って、イマイチ好きになれなかったってこともありました。一つにはデザイン。空力を考慮しており後頭部側が長いデザインであり、映画エイリアンのクリーチャーのようにも見えてしまうってことが大きかったのと、Araiに対して帽体自体も大きいってことも避けてたところもありました。ただ、このZ-7のTERMINUSってモデルだけは、カラーリングとデザインが以前から気になっており、機会があれば使ってみたいと思っていました。
いつものように、Amazonをウォッチしていると41,000円切りになっており、「今でしょ」ってばかりにいつものように衝動買い。

本日無事に届きさっそく開封の儀です。

同梱物。本体のほか、ヘルメット袋、チンカバーとノーズディフレクターが別部品として入っているほか、ピンロックシート。特にピンロックシートは他のヘルメットでも必ず装着していますので、これは有難いです。

いつも通り、まずはシールドを取り外します。Araiのシールドもだいぶ外しやすくなりましたがSHOEIのシールドはほんと簡単に取り外しや取り付けが簡単。GT-Airも簡単ではありますが、取り付けには少々コツがいるようですが、Z-7の方はGT-Airよりもはるかに簡単で、これまでのヘルメットの中では一番取り扱いがやりやすいですね。

なぜ、最初にシールドを取り外すというと、ピンロックシートを取り付けるためですが、同梱されているので改めて買いに行く必要もなく、これは非常にありがたい。

さて、そのシールドですが、シールドを最も上にあげて指先のスライド機構を押すだけでシールドが外れます。取り付ける時もこのスライドを押したままシールド側とシールドホルダー側のかみ合わせを合わせるだけで、スルッと入ってしまいます。また、Araiの製品との一番の違いでもありますが、SHOEI製品にはシールドホルダーにカバーが付いていません。そのため、シールドの収まりがシールドカバーが無いためフラットな収まりとなります。このこともSHOEIのヘルメットは静かであると言われている原因の一つであると思います。

さて、Z-7の特徴である「小さい」「軽い」という点について他の手持ちのヘルメットと比べてみます。

左から
SHOEI GT-Air
SHOEI Z-7
Arai Astral-X
こうして比べてみると、Z-7の小ささが際立ちますね。また、AraiのAstral-Xが意外と大きいことがわかります。前後長ではGT-Airが最も長いのですが、Z-7は前後長はArai並み。ただ、全体的にSHOEI製品は前から見る限りでは丸っこくて、コロンとしたイメージ。Araiは全体としては丸くはありますが、シュッとしたイメージ。

Z-7とAstral-Xを横から見てみると、やはりZ-7の小ささが目立ちます。

Z-7とGT-Airの場合、いずれも後頭部が出っぱっていますが、形状そのものはZ-7の方が比較的丸っこいですね。GT-Airはやはり後頭部が長いのが目立ちます。GT-Airはインナーバイザーが付いていますので、どうしても大き目な帽体になるのは致し方ないところですね。

今日届いたばかりなので、使用感はこれからではありますが、実際に被った印象としては、やはり小さいこともあって、GT-Airよりもだいぶキツキツです。

ベンチレーション用エアーのインテークとか静粛性とかは、実際に使ってみてからのお話になりますが、大ベストセラーモデルだけあって、どんな感じになるのか楽しみですよ。

投売り!Arai VAS-V ProShadeシールド





Araiヘルメット用VAS-V ProShadeシールド、何故か格安で販売してたので、予備に一つ確保

地元のマイナーショップで在庫処分として売られていました。もともとArai製ヘルメットも置いていた店ですが、すでにArai製ヘルメットはおろかSHOEIのヘルメットもまったくなく、OGKのヘルメットしか置いていませんでした。
それにしても定価7000円のものが税込み1980円とは…なので、時々は実店舗も覗くとお宝が見つかる可能性がありますね~
あと、スーパーアドシスIシステム用のProShadeも一つだけ残ってまして、こちらも1980円。Astro ProShadeのCommandモデルも持ってるので、こっちのほうも予備を買っといたほうが良いかもしれませんねぇ~