クシタニ 2ウェイ レッグ バッグ 2





クシタニ K-3578 2ウェイ レッグ バッグ 2
バイクってクルマと違って、基本的には荷物をひょいっと簡単に積んで走り出すというわけにはいかない乗り物です。
シートバッグやタンクバッグを取り付ける、あるいは、キャリアやリアシートに括り付けるという方法やパニアケースやトップケースを取り付けることで、積載性をアップさせる方法があります。でも、財布やスマホだけを持ってバイクに乗るってことも少なくないシチュエーションですね。そんな時は、体にバッグを括り付けるという方法、例えば、ウェストバッグやリュックサック、ワンウェイショルダーバッグを背負って走るなんてことも少なくありません。
以前、と言っても免許取りたての頃の話ですが、よく見たのがウエストバッグで、リュックサックを背負っている人などほとんど見たことがありませんでした。大体が、タンクバッグとウェストバッグと言う組み合わせの人が多かったように思います。

時代が変わって、今ではリュックサックやワンウェイショルダーバッグが主流となりましたが、私の場合だと乗っているバイクのすべてに何らかの積載グッズが付いています。MT-10であればサイドケースとトップケース、セローであればホムセン箱、SRだとサイドバッグといった具合なのですが、結局バイクを降りた時、特に休憩時などでは、いずれのバイクでも箱からバッグを取り出すことが必要となるので、わざわざ箱を開ける手間も実は面倒なので、身に着けるバッグとしてワンウェイショルダーバッグを使っています。でも、ワンウェイショルダーバッグって走っている最中にズレてくるんですよね。リュックサックではデカいし、ウェストバッグは腰が痛くなるしで、なかなか持っていても使うことはほぼありませんでした。ところが、以前、財布だけとか本当に必要最低限の荷物を持って走りに行くときに使っていたレッグバッグっていうものを思い出しました。太もものところに巻き付けるようなバッグなのですが、これだとツーリング先でも歩いている時でも苦にならないし、とにかく小さので必要最低限のものを入れるのには最適なバッグなのです。

ということで、クシタニの2ウェイレッグバッグ2を購入。モデルチェンジしてやや大きくなったモノの方です。

レッグバッグ自体はあまりメジャーなものではなく、あちらこちらのメーカーから発売されてはいるものの、デザイン的にイマイチだったり、大きさも小さいモノが多く、長財布が入らないなんてものもあります。

購入したクシタニの2ウェイレッグバッグ2は長財布が入ってやや余裕がある絶妙なサイズで、大きさは私の使い方ではベストサイズと思えるものです。また、本体はホルス牛革を使用しており、質感はかなり高品質なモノです。また相当オイルをしみこませているようで、柔らかさもかなりなモノ。高級感もありました
また、2ウェイというだけあって、太もものところのベルトを身体に巻き付けると、ショルダーバッグにもなるという1度で2度おいしい製品。

メインの収納スペース。内ポケット付き。クシタニのタグにはMADE IN JAPANの文字が大きく書いてありました(笑)
内側は革素材そのものではなく、綿素材となっています。

反対側。カードポケットが縫い付けられています。また、左足側に装着すると斜めにカットされたポケットがカードを取り出すときに引き出し易くなるように設計されています。こういったところが、さすが国産と思わせるところですね。

横から。厚みがわかるように写真を撮りましたが、これがこのモデルを買った最大の理由。
地元のクシタニショップで購入したのですが、なんとモデルチェンジ前のモデルも売れ残っていました。この2ウェイレッグバッグってかなりな人気製品らしく、以前のモデルも完売しているショップがほとんどだそうです。実は新型となった際、5,000円ほど値上げされているのです。旧型があるのだから旧型の方が安くて良いのではとも思えます。更にはデザインもほとんど同じなので、パッと見では新型も旧型も違いが分かりません。ところが、新型と旧型では厚みが全く異なります。そのため、旧型在庫があるにもかかわらず新型を買ったのですが、旧型は厚みが薄いため、長財布を入れるとほぼ他のものが入りません。少なくとも、長財布と小銭入れとスマホとアイコス一式が入らないと意味がないのです。なので、店長に開封してもらい試しにすべて入ることを確認した後に購入に至りました。旧型は長財布を入れた時点で他のものはほぼ入りませんでしたので、慌てて安いからという理由だけで旧型を購入しようものなら、間違いなく使うことはほぼなくなったと思います。
まぁ、決して安くはないけど、所有感は間違いなく満たしてくれます。革の作りは間違いありません。
クシタニはこういったところが上手いですよね?

クシタニ エクスプローラージーンズ






クシタニ エクスプローラージーンズ

ある意味クシタニ製品の代名詞となっている、エクスプローラージーンズです。見た目は普通のジーンズですが、実は表皮が牛革でフッ素加工が施されています。一番の特徴は革なのに防水性があること、自宅で丸洗いができることです。使い勝手は一般的なジーンズと同じですが、当然革なので、一般的なデニムと比較しても強度が全く異なりますし、ライディングパンツとしても革ならではのニーグリップしやすく結果として疲れない優れモノ…などと言われています。

ボタンのEXロゴだけでなく、ファスナーにもEXのロゴが入っています。

このように見た目は普通のジーンズです。

しかし、裏側を見ると、完全に皮革です。また、画像でわかるように、かなり丁寧な鞣しが施されています。

後ろポケットはクシタニらしく、富士山を模ったステッチが入っています。ただ、デザインそのものはやや古さを感じさせます。しかしながら、この写真で見てもお判りのように、表皮はデニムそのものに見えます。

購入したのはオールドブラックという色ですが、かなり濃いブルーに見えます。

後ろ側は膝裏のあたりで上下に生地を繋いでいますね。

こっちのほうが分かりやすいかも。

良い点と悪い点ですが、

良い点としては、さすが牛革を使用しているだけあって、一般的なジーンズよりも信頼性があります。万が一転倒したとしても、簡単にはボロボロになることもありません。また、エクスプローラージーンズ最大の特徴である、水濡れしても染み込まないため、一般的な革パンに比べて色むらや色落ちないことが挙げられますが、一番はやはり長持ちすること、それと再染色可能なことでしょう。ユーザーのブログとかを見ても、エクスプローラージーンズの前身であるカントリージーンズを5年10年使い続けておられる方が大変多いと言う点でしょう。革はやはり長く使い込むことでより使いやすくなりユーザーにフィットするという特徴がありますので、多少高くても良いものを長く使うということが、一番の特徴であると思います。

逆に悪い点、というか気になった点ですが、革を使用しているということで仕方ないのですが、まず最初に感じるのは全体的に重いこと。使っている革が厚みがあるということも大きな理由ではあると思います。しかしその分頑丈であると割り切ったほうが良いかもしれません。なにせ10年スパンで使うことを想定していますので、どうしても革の厚みは仕方ないと思います。次に、単純に高いこと。悪く言えばたかだかジーンズに6万円もかけるのか?という点。これは考え方次第なので、私は内容を考えればむしろ安いと思います。10年使うことを考えれば年間6000円で安全と快適さが買えると思えばむしろ安いのかもしれません。最後は好みなのでなんともいえませんがデザインが全体的に古臭いと言う点。それこそ昔のザ・ストレートというダボっとしたやや昔風のデザインです。ただ、長期間使う前提であれば流行り廃りを追わない、定番とも言えるデザインが逆に新鮮に写るかもしれませんが。

ただ、やはり、とどのつまりジーンズですから、どんなバイクでもそれなりに似合うというのは大きいと思います。SSでもネイキッドやクルーザーでもオフ車でもこれを履いておけばとりあえずは間違いありませんし、ジャケットもよほどのものでない限り、違和感を感じないということは日ごろからバイクを使っているユーザーからしたら、大変ありがたいことだとも言えますね。

投売り!Arai VAS-V ProShadeシールド





Araiヘルメット用VAS-V ProShadeシールド、何故か格安で販売してたので、予備に一つ確保

地元のマイナーショップで在庫処分として売られていました。もともとArai製ヘルメットも置いていた店ですが、すでにArai製ヘルメットはおろかSHOEIのヘルメットもまったくなく、OGKのヘルメットしか置いていませんでした。
それにしても定価7000円のものが税込み1980円とは…なので、時々は実店舗も覗くとお宝が見つかる可能性がありますね~
あと、スーパーアドシスIシステム用のProShadeも一つだけ残ってまして、こちらも1980円。Astro ProShadeのCommandモデルも持ってるので、こっちのほうも予備を買っといたほうが良いかもしれませんねぇ~



SRのウィンカー移設






SRのリアウィンカー移設しました。これでサイドバックも取り付けられます。

ちなみに、サイドバックサポートも車体右側にも追加。これで車体両側にバックが取り付けられます!

Arai XD ORIENTAL REVEW




アライ XD オリエンタル

昨日到着した、Arai製フルフェイスヘルメット XD オリエンタル ブルーです。

やっぱり派手でした。(笑)

ちなみに、標準のクリアシールドからRX-7X用に使っていた、VAS-V用プロシェードに交換しています。プロシェードシールドって帽子のツバのように使えるからいいんだよね。

これ被ってMT-10で日光に行ってきました。

MT-10でも意外と合う!
XDはAraiのクルーザー向けモデルということでしたが、ネイキッドバイクでもイケそうです。走っていると、やはり注目度は高い!結構通行人の目線を感じますよ。

さて、実際の被り心地とか、同じAraiの他のモデルとの違いなどを少々…

XDは、Arai製のヘルメットの中ではなかなかな異端児的モデルでして、クルーザーなどの前傾度が浅い、あるいは殿様的な乗車ポジションでライディングするようなモデル向けのヘルメットという事になっており、ハーレーなどに乗るライダーに向けた製品という謳い文句です。確かに、RX-7Xのような大きなディフューザーは付いていませんし、どちらかというといかついイメージを押し出していますね。

で、同じくAraiのツーリングに適しヘルメットとしてメジャーなASTRAL-Xと比べてみました。

正面から見ると、意外や意外、あごの部分の幅広さはほぼ同じ程度。XDの方が幅広でいかついイメージがありましたが、正面から並べてみるとほぼ同じなことが良く分かりますね。

ASTRAL-Xは縁ゴムのところがかなり幅広に取り付けられており、そのため、あご部分がVDに比べて幅が狭く感じるということでした。

横から見ても、縁ゴムのところが明らかにASTRAL-Xの方が幅広になっています。じゃぁ、全体的に他と比べて明らかに違うところってどこなの?ってことなのですが、上から見比べると一目瞭然。

ディフューザーの位置が、ASTRAL-Xよりも明らかに前よりです。前傾しなくてもかなり風が通りました、

また、マウスシャッターの代わりにXDスリットに変わっているため、口元も広くなっていると同時に風の流量もコントロールしやすくなっています。そのせいか、全体的に風の流れも急激ではなくゆったりとした感じで流れていく感じです。そのため、目の乾きもあまり感じられません。また、サイドダクトも後方両側だけでなく、両耳の下あたりにも追加されているため、負圧による風の抜けが多くなっていることも影響しているように感じます。

XDのサイドスリットエアーチャンネル

一方、ASTRAL-Xにはなし

XDはAraiが提唱しているクルージングモデルという位置づけだけでは収まらない、ネイキッドバイクに乗るライダー向けでも十分機能を発揮するモデルだと感じます。

ただ、このオリエンタルというモデルはやはり派手であり、更にあまりにも目立ちます。これを使う際は盗難対策も通常モデル以上に必要かもしれません。