MT-10タイヤ交換(4セットめ)

MT-10のタイヤ交換しました。メッツラーのZ8だったのですが、まだ2000㎞くらいはいけそうだったのですが、自宅ガレージ前でなんと駐車中にパンク。砕石のとんがった部分が見事にタイヤに突き刺さっており、しかもピンポイントでリアタイヤのど真ん中。クサビ状の砕石でした。ほとんど奇跡的な確率でしょう(笑)

修理も考えたのですが、いずれにしてもあと1~2000㎞で交換というタイミングでしたので、思い切って前後セットで交換となりました。

OEMタイヤがBSのS-20、最初に交換したのがメッツラーのZ8。これは安いし、純正が190/55というSSのようなタイヤだったことから、このサイズ設定があるタイヤの中で最も安いという理由で選びましたが、これがなかなか良さげなタイヤで、結局2回目の交換も同じタイヤを装着。
今回、またまた同じタイヤというのも芸がないので、違うタイヤということで、BS TS100に交換しました。
安いってことのほか、パターンがOEM装着のS20と同じということで、多少スポーツ走行にも向いているのかなってことと、Z8がツーリングメインなのに対して、TS100はオールマイティに使えるってところ。もともと飛ばす方でもないし、Z8よりは気持ちよさげってことが一番の理由でした。

先日の休日に交換して皮むきついでに200㎞ほど走ってきました。

フロント側。まだまだヒゲも残ってます。両サイドもアマリングまくり。

リア側。もちろんアマリングまくりです。

Z8と比べて、ハンドリングはZ8同じように素直で扱いやすい。一番の違いは、乗り心地がソフト。腰砕けというのではありませんが、サスペンションを1ランクソフト側に設定したようなイメージです。街乗りとかでも疲れにくそうですね。
このタイヤの売りが、普段使いのタイヤということですので、街乗りから峠までってことのようで、比較的シチュエーションを選ばないようです。
ただ、気になるのが、純正時のS20のライフが8000㎞で終了となったこと。柔らかいコンパウンドということで、ライフが短めなことが予想されます。
走り方にもよるとは思いますが、その点が少し気になります。しかしながら、ファーストインプレッションとしての感触は乗り心地が良く、素直なハンドリングということで、まずは一安心です。

クシタニ K-2801 アロフトジャケットの使用適性温度

先日購入したアロフトジャケットですが、実際のところ防寒性能はどんなものなのか?ということで、ここ数回使用した感想を書いていきます。

本日(2021/2/6)のような最高気温15度、晴れの天気ですと正直かなり暑いと感じました。インナーはゴアウィンドストッパーインナーシャツを使用。その前の週に使用した際は気温10度程度でしたが、ちょうどいい感じ。ちなみにインナーはおたふくのボディタフネス極厚を使用しての状況。
なので、おそらく温度適性は上の方で10℃~15℃くらいまでが限界と思います。やはり真冬での着用が適しているのではと感じますね。
下の方はインナーで何とでもなりますから、道路が凍結さえしなければこれ1着で真冬も乗り切れると思いますね。ただ、気温が上がった時がやはり問題となります。同じく今年モデルのガルジャケットも適性気温は同じようなものだと思いますが、ガルジャケットは風のインテークがありません。暑ければ標準装備のインナーを外すことしかできませんが、アロフトジャケットは二の腕のところに走行風のインテーク、背中側にはジャケット内部の熱気を排出するためのアウトレットがありますので、これを開けるだけでもかなり熱気を逃がすことができます。
実は、冬用ジャケットでインテークとアウトレットは本当に必要なのかという疑問も多少持っていたのですが、今日のツーリングで「やっぱ必要だよね」という思いを強くしたのでした。

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニ K-0701 レギュレーターライトジャケット

クシタニの2021春夏モデルの第一弾、K-0701 レギュレーターライトジャケット、オフホワイトです。
たまたま行きつけのクシタニプロショップに春夏モデルの詳細を聞きに行きましたら、まだ、詳細は未公開ということでした。しかし、カタログ入荷前に新作が入荷しており、その新作その第一弾として入荷したものがこのK-0701 レギュレーターライトジャケットという革ジャケットでした。
最近のクシタニはYOUTUBEで先行公開したのち、カタログ入荷と同時くらいに順々に春夏モデルの入荷というようにニューモデルが公開されていくのですが、人気モデルですと入荷と同時に売り切れとなるモデルも少なくなく、このジャケットも1/20にYOUTUBEで公開、その週の金曜日である1/22に入荷、その後の土日でほぼ完売となったそうで、お店に伺った昨日で最後の1着となっていたものを購入しました。
実は、お店に行ったのは、このジャケットを買うためではなく、アクアジャケットの予約をしようと思い行ったのですが、情報が全くと言ってよいほどに公開されておらず、YOUTUBEで公開されていることしかお知らせできないとのことでした。それではまた来ますと言ってお店を出ようとしたときに、このジャケットが目に入り、試着してみますか?という悪魔のささやきが…速攻購入と相成ったという具合でした。

前側と後ろ側。このジャケットはこれまでのレギュレータージャケットと同様、フード付き、パーカースタイルの革ジャケットです。レギュレータージャケットが出た当初は、革ジャケでフード??って思ってまして、特に興味も湧かなかったのでしたが、このモデルがYOUTUBEで紹介された時は多少「おっ?」っとはなりました。まず、色合い。これまでのジャケットは黒とかグレーとかシックな色合いのものがほとんどであり、また、明るい色や派手な色合いのものはレザースーツ系やSSなどを乗りこなすいわゆる走り屋系を対象としたモデルが多かったように思います。そのため、色合いもさることながら、派手なワッペンやデカデカとしたロゴなどを腕や背中に大きく貼り付けたようなジャケットが多く、逆にシンプルな作りの革ジャンはというと、前述のとおりの黒とかグレーとかのダーク系ばかりでしたので、このK-0701 レギュレーターライトジャケットは、この色使いで派手じゃない。でもパーカースタイルだから比較的気軽に使える、とゴリゴリのレザーというイメージを真っ向から否定したデザインだと思います。

もう一つ、革ジャンなのですが、テキスタイルの使用部位が多いってこと。脇から腕の内側など、転倒時に直接ダメージがかかりにくいところはあえて布を使用しています。写真のグレー部分ですね。これも革ジャンのイメージをを大きく変えています。クシタニの他のモデルでも実はテキスタイルを使用している部分が多い革ジャンは以前からありましたが、これまではあえてテキスタイルを使用している部位を隠そうとしていたような使い方が多かったように思います。転倒時にダメージがいかないようなところへテキスタイルを使用することの実害はほぼありませんからね。さらに重量を軽くするという、あるいは運動性能を妨げないなどのメリットも多いですから。ただ、購入する側からすると、革ジャンを買ったのに、なんで一部に布っ切れが使われてるの?って思うかもしれません。そんなこともあってかどうかはわかりませんが、これまでは布っ切れを隠す方向性での革ジャンづくりだったのではないかと思われます。
しかし、このモデルはあえてテキスタイルを見せることで、革ジャンのイメージを大きく変えてきています。これまでの「重い」「暗い」「いかつい」といったイメージをまるっきりひっくり返しにかかっているように思えてなりません。
まず、私がこのジャケットを見て思ったことは、普段着で使えるんじゃないか?ということでした。さらに試着してみると、まず最初に感じることは「軽い」ってこと、次に「柔らかい」ってこと。皮革自体も一般的なホルス、牛革ではなく、ゴートスキン、つまりヤギ革を使用しており、ご存じのとおり、ゴートスキンはバイク用ですと、おもにグローブなどで使われている皮革であり、とても柔らかいことが特徴な皮革ですね。そんなこともあってか、とにかく軽くて柔らかいジャケットです。イメージ的にはややごわっとしたテキスタイルジャケット程度の感覚。ただし、皮革ですから、ごわっとしたテキスタイルのように変に突っ張る感じもありません。

両脇のファスナー。上下にファスナーの持ち手がありますが、上からも下からも開けられる構造です。
これは上半分が風のインテーク側

中がメッシュ構造となっています。また入ってきた風は背中側から抜けていける構造です。

このフラップ部分がファスナーで開閉できるようになっており、

風を通したくない時には閉めておくことが可能。これはアロフトジャケットでも見られた構造ですね。

両脇のファスナーの下半分がポケットとなっています。

これは胸ポケット。止水ファスナーでした。ちなみに両脇のファスナーも止水ファスナーとなっています。

内側。一般的なインナーですが、純正の防寒ベストやメッシュベストが装着できるようになっています。また、胸部パッドの取付用のベルクロも装備されています。右側にはインナーポケットも装備。

フードの内側にはバタつき防止用のベルクロ。フードを使うときはこのようにベルクロをたたんでおけるようになっています。

最後に色合いの比較。左側のレザージャケットはK-0662 キャプチャージャケットのホワイトですが、このホワイトはほぼ真っ白なのに対して、レギュレーターライトジャケットのオフホワイトは若干グレーがかったホワイト。写真ではわかりにくいのですが、明らかにやや暗め。なので、ホワイトとはいえかなり落ち着いた感じのホワイトです。このあたりもテキスタイルジャケットを意識しているのではと感じますし、普段使いでも浮いた感じがなく好感が持てる色合いだと思います。

このジャケット、かなり評判が高く、クシタニの各店舗ブログを見てみましても、サイズによってはすでに売り切れとなっている店舗も多く、興味のある方は早めに店舗で確認したほうが良いと思いますよ。
でも試着したら絶対欲しくなるという、ある意味麻薬のようなジャケットですから、迷っている人は試着をしない方が良いかも(笑)

AMD謹製のグラフィックボードホルダーとUSBケーブルが送られてきました

先日、新グラフィックボードであるRADEON RX6800を購入いたしましたところ、日本AMDによるキャンペーンが実施されており、それに応募したところ、グラフィックボードステーが送られてきました。
AMD RADEONのロゴが入っています。
ちなみに、応募者全員プレゼントだったようで、SNSやブログにRADEON RX6800シリーズのことをコメントしていれば貰えるとのこと。正月明けそうそう送っていただきさっそく取り付け。
実は、このステーは当たり前ですが、AMDが作っているものではなく、長尾製作所製のようで、Amazonでも3,000円程度で売っているものと同等の製品のようです。

また、グラフィックボードホルダーとは別に、RYZENシリーズの購入者にもUSBケーブルがプレゼントされるというキャンペーンも同時に実施されており、こちらもゲットしました。

得した気分ですね!

Ryzen 9 5900Xの話2

前回、Ryzen 9 5900Xの話で、PC MARK10のスコアで、5800Xよりも5900Xの方がスコアが低いというエントリを書きました。

上が5800X、下が5900Xです。5800Xが11237、5900Xが11022です。
個別にみてみますと…
Essential 5800X 10890、5900X 10445
Productivity 5800X 9019、5900X 8769
Digital Content Creation 5800X15139、5900X 15453
Gaming 5800X 28977、5900X 28106
と、5900XはDigital Content Creationが勝っている以外、他の項目はすべて5800Xの方が勝っています。
設定は特に両者で変えておらず、ポン付けでCPUのみ交換しています。

5900Xの方が、12コア24スレッドと5800Xよりも1.5倍のコア数スレッド数なのに何故こんなことになっているのか?という点について、考察してみます。

同じくベンチマークソフトである、CineBenchR20の結果ですが、
シングルスレッドで走らせた場合、5900Xは628、5800Xは614でした。当然マルチスレッドはそれなりに差が付いていました。CineBenchでは比較的順当と思われる数値ではあったのですが、あともう一つ、3DMarkの数値でもTimeSpyでも5900Xの方が若干低い数字が出ています。

これの理由として考えられるのが、PC Mark10のスコアに表示されているCPUクロックのログ部分ですね。上の図で紫色の横線が見えますが、5800Xはほぼ一直線なのに対して、5900Xは細かく上下しています。つまりクロックが5900Xの方が細かく変動、というかドロップしているようなのです。それに対して、5800XはほぼCPUクロックが上限で張り付いているのが見て取れます。
Windowsのスケジューラがダメなのか、ほかに原因があるのかは何とも言えませんが、可能性の一つとして、次のようなことが考えられます。
Ryzenシリーズの特徴として、かなり大量のセンサーを実装していることが挙げられます。これは、温度センサーや電圧センサー、電力センサーなのですが、Ryzenの仕様上、各種センサーのリミットまでクロックを上げようとする設定となっており、一番引っ掛かりやすいところが温度とPPTというところ。特にPPTはTDPが105WのCPUでは標準状態で142Wとなっており、この範囲内の電力消費量であれば更にクロックを上げるという設定となっています。
5800Xは8コア、5900Xは12コアなので、コアあたりで使える電力は5900Xの方が少なくなり、逆に5800Xの方が、5900Xよりもコアあたりに使える電力は多くなるというところです。クロックを上げようとすれば、その分だけ電力を消費しますから、上限値に達する前にセンサーの働きで、クロックを下げるような挙動になるのではないかと思います。そのため、5900Xの方が、クロックを上げる→PPT制限に引っかかる→クロックを下げる、を各コアごとに繰り返しているような気がしてなりません。RYZEN MASTERなどでクロック数をモニタリングしていると、クロックが結構な速さで上下しているのがわかりますが、この結果、ベンチのスコアが5800Xの方が高くなるという現象が起こるのではと考えています。

5800Xはメーカー純正でチューンナップされているCPUという気がしてなりません。3000シリーズよりはだいぶマシになったとはいえ、5800XはCPUの温度管理をきっちりとおこなえば、かなり高速なCPUと言えるのではないかと。
また、5900Xも悪いCPUではなく、マルチスレッドではきっちりとその性能を発揮できていることから、特に動画エンコードやマルチタスクを使いまくる、動画配信などで真価を発揮しやすいCPUと考えます。なお、この傾向は3000シリーズの時と同様であり、適材適所といった使い道があるのではないかと考えます。