クシタニ K-1929 MIDパーカー

今年の夏は記録的な高温であちらこちらで最高気温の記録更新が相次ぎましたが、10月も中盤になると急激に秋らしい時節柄となりましたね。

この時期になると、朝夕と日中の気温の寒暖の差が大きくなり、バイクに乗るときもどんなウェアを着用するのか悩みます。

流石にウィンタージャケットだと日中暑すぎますし、かと言って春秋ジャケットだと朝夕が寒いし。

そこで活躍するのがインナージャケットとなりますが、クシタニさんのMIDパーカーを買いました。

ちょっと派手かなと思いましたが、パッと見は派手ですが、現物はそうでもないといういつものクシタニウェアらしい製品。

パーカーなのでフードが付いてます。パーカータイプのジャケットと異なり、フードを止めるループは付いてません。

フードを締める紐もロゴ入り。なかなか洒落てますよ。

袖口は親指を通すことができるサムホール。なので、全体的に袖がかなり長めの設定です。私が着用すると、袖が手のひらの半分以上が隠れるくらい長いんです。インナーだから気にはならないけどね(笑)

フード部分。大き過ぎることもなく小さ過ぎることもなく、実用的な大きさ。実際に使うことはないと思いますが、寒いときの防寒用としては十分アリだと思います。

胸ポケットと脇ポケット。止水ファスナーではないので、やはりアウターとして使うのは厳しそう。ただ、ポケットそのものは防水生地が裏地に使われており、ポケット内の物が汗などで濡れることを極力防いでいます。

生地のアップ。単なるマスタードカラーじゃなくて、スラブ調プリントがなされているために、安っぽく見えないんですよ。

使用感ですが、朝夕のやや寒い時間帯に春秋ジャケットのインナーとして使うと非常に満足感が高い。冬用ジャケットを着用する時期と春秋ジャケットを着用する時期の中間、ちょうど今の時期に最適です。暑けりゃ脱げばいいだけですからね。

気になる点。丈が長めです。コンテンドジャケットのようなスポーティ系ジャケットだとジャケットの裾から、MIDパーカーがはみ出します。

カジュアル系なジャケットであれば、はみ出しも気にはならないレベルにはなります。

またデザインも普段着としても使えるレベルなので、バイクに乗るとき以外でも活躍しそうですよ

 

2018岩手・宮城ツーリング





そう言えば、太平洋側ってあまり行ってない…
毎年、夏のお盆休みツーリングでは、ここ数年東北地方の日本海側に行くことが多かったのですが、太平洋側ってあまり、というかほとんど行ったことがありませんでした。
しかし、今年は7月末に笹川流れから山形の酒田方面に行ったし、ということで、お盆休みは岩手宮城の太平洋側に行ってみることにしました。
一つは、八幡平アスピーテラインに行くこと。もう一つは三陸の海沿いを走ってみること。というテーマを決めて行ってきました。

八幡平アスピーテライン

道の駅やまびこ館「閉伊の郷かわい」

金成清水ふれあい森林公園(八戸川内大規模林道)

JR山田線 茂市駅

ざっと1000㎞超えのルーティングでしたが、岩手県の奥の深さを実感したツーリングとなりました。

山形ツーリング





SRで長距離ツーリングに行きたい!
ってことで、新潟~山形の庄内地域にツーリングに行ってきました。

水戸を出発して、下道オンリーで目指すは酒田市。途中福島の白河~会津を経由して喜多方の道の駅きたかたに到着。今年の夏は異常気象で日中はどこに行っても35℃超えです。

喜多方から大峠を越えて米沢へ。米沢から小国町を経由して村上市に向かいますが、途中「道の駅田沢」で休憩

国道121号経由で小国町を通り、村上市に到着。いよいよツーリングのハイライトである笹川流れに向かいます。
笹川流れはここ数年、ほぼ毎年訪れている場所で、特に夕日がきれいな場所です。今回の目的地である、「道の駅笹川流れ」に到着。

道の駅笹川流れは、JR羽越線桑川駅に併設されています。






JR羽越線は新潟から秋田にかけて日本海沿いに沿って走る路線ですが、特に村上以北は笹川流れに沿って線路が敷かれており、日本有数の風光明媚な路線としてもしられていますね。

さすがに下道オンリーでここまで来ると遠くに来たもんだと実感します。今回はSRで来ることが最大の目的でもあったので、まずは目的達成となりました。

さて、SRでの長距離ツーリングですが…
下道で走るのに限れば、おそらく最強のバイクと言えると思います。特に今回のような、通行量も多くなく、60km~80kmで巡航するようなシチュエーションであればなおさらです。シングル特有のパルス感は言うに及ばず、ゆったりとしたコーナリングや、やや心許ないフレームの剛性などすべてがゆったりとした感じであり、バイク自体が「あわてずのんびり行こうよ」と語りかけてくるようです。その気になればそれなりのスピードは出せますが、スピード感とは最も遠い位置にあるバイクであるとも言えますね。

さて、笹川流れを後にして、あとは海沿いを走って本日の宿である酒田に向かいます。

クシタニ レースツナギTシャツ





たまたま行きつけのクシタニショップのブログを見てましたら、「レースツナギTシャツ」入荷しましたのエントリーが!
以前、数量限定で販売したら好評だったとのことで、再販となった模様です。

前側はごく普通のTシャツですが、バックプリントは昭和の香りがプンプンとしてました。クールインナーの上に羽織るのに丁度いいかも。

クシタニって時々やらかしますね。悪い意味じゃなくいい意味でです。
昨年の正月にお店に行ったら、こんなものも貰えたしね。

ワイズギア YAS36-K スタイルジャケット





Y’S GEAR YAS36-K スタイルジャケット
ヤマハ純正ライディングウェアと言えば、泣く子も黙るワイズギア。アパレルに限らず、ヤマハ車純正パーツも多数リリースしています。私も既にMT-10ではサイドケースやトップケース、セローでもパワービームを取り付けていますがいずれもワイズギアブランド。
ヤマハ純正品という扱いですが、実のところ、大多数の製品は専業メーカーのOEM品だったりするわけですが、ヤマハ純正アパレルは以前からクシタニやRSタイチの製品をヤマハ向けにアレンジしたりデザインを変えたりして売っていますので、ヤマハブランドではありますが、実際はクシタニやRSタイチの製品だったりするわけです。
本家であるクシタニやRSタイチとの違いは、扱い店舗が違ったりしますが、特にクシタニ製品だと、本家はクシタニプロショップや取り扱い店、クシタニウェブショップくらいでしか買えないのに対して、ライコランドや南海部品などの量販店でも購入可能だということ。当然ワイズギアが扱うので、流通経路がかなり制約がなくなるということでしょう。具体的にユーザーにどのようなメリットがあるかというと、在庫処分として投売りされる可能性が高くなりますね。当然、本家本元で定価で買うのが普通なのでしょうが、ワイズギア製品の場合、ワイズギアの製品という扱いですから、在庫処分とか、セールとかで投売り対象となると、とんでもなく安く買える場合もあります。

で、今回購入した、ワイズギア YAS36-Kスタイルジャケットは、本家クシタニではレイジャケットという製品なのですね。本家で買うと定価40,000円ですが、ワイズギアブランドということで、定価は42,000円です。しかし、今回はライコランドの数量限定セールで半額以下の税込み19,800円というありえないほど安く購入できました。

後ろ側。基本的にレイジャケットですから、クシタニ製品と同じなのですが、肩周りのステッチ、クシタニマークである赤白マークが青白に変わっています。

タグはしっかりと「KUSHITANI」のロゴが入っています。当たり前ではありますが。

胸周り。両側に胸ポケット。クシタニ製品らしいところです。生地自体は防風ラミネート加工がされており、本家レイジャケット2018年モデルとは若干異なるようです。本家レイジャケットも2017年モデルでは防風ラミネート加工がされていたようなので、このモデルは実質2017年モデルと同等と言えると思います。

胸周りの内側にはレーシングブレスとパッド装着用のベルクロ。裏地が思いっきり派手なのはお愛嬌と言ったところでしょうか。


両袖脇と袖口はネオプレーンによる伸縮素材が使われており、体を大きく動かす時でもストレスなく着用できそうです。


このYAMAHAの刺繍が本家製品にはないところ。YAMAHA製品であることを主張していますね。

背中のディンプル加工がされた革のステッチ。右側マークの青白がYAMAHA製品であることをアピールしています。純正品は赤白ですね。

タグですが、MADE IN JAPANの文字が!クシタニテキスタイルジャケットで日本製はかなり珍しいですよ。
クシタニ本家を含めて製造国がイマドキ日本製というのはかなり珍しいと思います。19,800円で日本製のライディングジャケットが買えるということ自体かなりレアだと思います。