MT-10のこと その1

所有しているMT-10についてですけど、2017年発売開始から3年と数か月経ちました。最初期に購入しましたから、最初の車検も通して乗り続けています。
自分としては、結構気に入っているのですが、ネットの評判とか見ると良く書かれているインプレがあまりありません。どちらかというとネガティブな内容ばっかりです。

何が気に入らないのかその内容を見ますと…
1 燃費が悪い…大体14~15km/L
2 盛り上がるような加速感が味わえない
3 小回りが利かない
4 独特の面構え…キモイ、ガンダムチック、トランスフォーマーのように変形しそう
5 周りに乗っている人が少ない
6 水温上がりすぎでオーバーヒートしやすい

納得できる部分もあるのですが、ほとんどのインプレッションが言いがかりとも思える悪意を持った投稿内容で…

これはいちユーザーとして反論しておきましょう。

まず、4と5については主観的な話であったり、単にユーザー数の問題なので省くとして、

このバイクを理解するためにも、まずはエンジンについての考察
2について。
このバイクの最大の特徴であるエンジンについて。ご存じのように、ヤマハさんはクロスプレーンとか言ってますが、ご存じの通り、これは単にクランク軸を90度捻ったものを使っているというだけで、目新しい技術でもなんでもないと考えています。
なぜなら、MT-10と同じような爆発間隔とさせるのならば、単純にV4エンジンとすればいいだけの話。
あえてヤマハはV4にしなかった。おそらく、エンジンをV4化することのデメリットを嫌ったのだと思います。エンジンヘッドやカムシャフト、それにつながるカムチェーンなどが単純に2つ必要になりますね。それによるエンジン重量の増加や機械的な故障のリスクを嫌ったうえで、さらにエンジン長が長くなることを嫌ったのではないかと思います。
もともとヤマハってエンジンをV型化するのをあえて避けているのではないかと。特にSSとか純粋にスポーツ性能を求められるバイクに対しては。
過去にTRX850という、DUCATIまるパクリと言われたバイクが存在していましたが、これもV型エンジンではなく並列ツインを採用していました。ホンダはVTR FireStormでV型としましたが。
結果はご存じのとおり、TRXは発売当初こそそれなりに売れましたが、VTRに完敗。
ヤマハはV型エンジンの良さをあえてツインで表現したかったのだと思います。後にMT-07でこの技術は開花しますけどね。ちなみに、ホンダのNCも270度クランク。Vツインも同じ爆発間隔です。
ここまで言えばわかると思いますが、適材適所ということなのだと思いますね。

さて話をMT-10に戻しますが、まずは、YZF-R1という当時最強と言われたSSをヤマハは持っています。最強SSのエンジンを使ったネイキッドとしてMT-10は企画されたのでしょが、まずは、エンジンありきなバイクなのですよ、MT-10は。
なので、このバイクに普通のネイキッドを求めたら確実に「つまらない」バイクと感じるでしょうね。
当初のインプレでも書きましたが、「気がついたらトンデモない速度が出ている」というインプレですが、これこそがMT-10の真骨頂と言いますか、V4エンジンの特徴とでも言いましょうか、要するに、このV4エンジンとかクロスプレーンとかっていう270度クランクのエンジンの一番の特徴であると考えます。劇的に伸びあがるエンジン音とか、まるで加給されたターボエンジンのような加速感などとは一番遠いところにあるエンジンだと考えます。ゾクゾクするような加速感なんてものはMT-10にはありません。問答無用、力業で加速していくというエンジンなのです。まさにV4的な加速感です。

ですから、過去にVFRとかに乗っていたことがある私には大変しっくりとくるエンジンだと思うのですが、これを理解されないで、単なる直4エンジンのつもりで乗ると非常につまらないエンジン、ひいてはつまらないバイクとなるのではないでしょうか?

つづく

Antec P120 crystal LED変更

先日新調したメインマシンですが、基本的にARGBでのLEDライティング化を行っていましたが、一部だけボトムファンのみRGBライティングとなっておりましたが、やはりARGBを使ってしまうと、RGBだとちょっと違和感を感じてしまいます。
おさらいですが、最近のヒカリモノ系PCは古くは10年くらい前に流行りまして、そのころは、光らせるといってもリアファンとかフロントファンなどのケースファンを光らせるというもの。また、光り方も赤や青などの単色で光りっぱなしというものでした。その後、ヒカリモノ系は多少衰退するのですが、e-sportsの隆盛とともに、ケースファンはもとより、CPUファンやキーボードやマウスなども光るようになってきまして、当初は12VのRGBLEDによるファン全体やLEDストリップがいろいろと変色が可能となってきまして、ただし、昔の赤だけとか、青だけとかということは無くなり、RGBLEDの発光によってかなり色々な色を出せるようになります。そのころからマザーボードに12Vの4ピンRGBヘッダーが採用されるようになり、かなり光らせることも簡単にはなります。ただ、取り付けたLED全体が同一な色を発光させるだけであり、当初はこれだけでも凄いとは思いましたが、ここ最近では、アドレッサブルRGBという5V3ピンによるヘッダーを標準装備するマザーボードもかなり増えてきました。

4ピンRGBと3ピンアドレッサブルRGBの違いは、4ピンRGBのLED素子全部が同じ色にしかならないのに対して、5V3ピンアドレッサブルRGBはアドレッサブルの名が示すとおり、LED素子一つ単位で色指定ができるということ。どういうことかというと、流れるようにLEDの色が変えられるという点です。言葉で説明するのは難しいのですが…

ということで、話は戻りますが、ボトムファンだけは非アドレッサブルLEDだったわけです。で、今回底面ファンもアドレッサブルLEDファンに変更し、さらにストリップも追加。

で、できたものがコレです。

前と変わってないように見えますが、これは12V4ピンLEDで発光させた状態(を再現しています)
しかし5V3ピンアドレッサブルLEDで発光させるとこんな感じになります

ケースファンを見てもらうとわかるように、部分的に色が違います。このように光らせられるので、色が流れるような光り方などもできるというようになります。

今回、交換したケースファンはボトムに使ったCoolerMaster製の3連ファン。これですべてのファンがCoolerMaster製になりました。メーカーを揃えていた方が発光パターンが同じになるので、結果として統一感がとれたかなと思っています。

全体がブルー発光なのに対してボトムファンの脇のところ一か所だけが黄色になっています。これこそがアドレッサブルLEDで可能になることであります。

2020/09/07 追記
YOUTUBEに動画をアップロードしました。具体的な色の変わり方がわかると思います。

カテゴリー: PC

クシタニ A-2344 メッシュパーカージャケット

暑い日が続きますね。
クシタニウェアの話題ですが、この暑さのおかげか、ライディング用メッシュジャケットもどこも品薄とのことで、例年でもこの時期になるとメッシュジャケットは品薄になり、人気商品などはすでに完売ということも少なくなりません。
クシタニのテキスタイルウェアは、例年でも各シーズン前にそのシーズン用ウェアが特に人気商品だと完売となる製品が多いのですが、今年はその傾向が一段と凄いらしく、すでにメッシュジャケットは定番モデルはほぼ完売しているとのこと。
しかし、一番売れるシーズン中に売るべき商品が無いっていうのもユーザーからしたらがっかり感もハンパないですし、お店からしてみれば販売機会の逸失ということですよね。

そんな中、クシタニホームページにある世田谷店とかのブログを見てみると、急遽メッシュジャケットを緊急輸入したとかっていうエントリがありまして、ほかの店舗のブログを見てみると、数店舗にだけ入荷しているとのことでした。よくよくそのブログを見てみますと、アジア向けモデルを緊急輸入とのことで、ちょっと興味が湧いてきましたので、仕事ついでに「その数店舗」の中の一店舗に寄ってみました。

で、買ってきたのが、A-2344 メッシュパーカージャケットっていう製品。

これまでのフルメッシュパーカージャケットやフルメッシュジャケット、エアコンテンドジャケットなどの国内メッシュモデルとはそもそもデザインが全く別物でした。

正面のMOTO PERFORMANCEロゴもかなりデカデカと入ってます。

後ろ側。
生地のカットラインなどは国内モデルとほぼ一緒。背中の一本線は最近の国内モデルでも見られるデザインです。

前身頃のクシタニロゴ。このあたりもデザインは同じ。

ブレストパッド用のベルクロも付いていました。

背中側のフジサンロゴマークと最近のクシタニ製品ではおきまりのリフレクターです。

パーカーのフード部分。裏地はありません。このあたりは国内モデルと違うところです。

袖のフジサンロゴマーク。また前身頃のロゴ脇にある胸ポケットっぽい仕上げの部分ですが、胸ポケットは装備されていません。

実際の商品について
アジア向けモデルということですが、デザインは国内モデルよりも派手めですね。
また、国内モデルと比べると、いろいろとコストダウンしている部分が見えてきます。
1立体裁断がかなり限定的。腕の肘の部分などは1枚の生地で成り立っています。実は、国内向けモデルではこの部分は2~3枚の生地を縫い合わせており、プリーツが付けられていたり、補強がされていたりします。
2裏地がメッシュ。国内向けでは裏地は透け防止のためメッシュではなく薄い生地なのですが、現地の気温に合わせているのかもしれませんが、裏地も表地と同じようなメッシュ素材です。
3一部メッシュ生地でないところの生地がちょっと貧弱な感じ。腕の内側と体側の脇腹部分なのですが、この部分の生地が国内モデルと比べてちょっと薄い。問題はないのでしょうが。
4フード部分の裏地もメッシュ。国内モデルのフルメッシュパーカージャケットは裏地がデザインされた裏地を使っていますが、このモデルは裏地もメッシュなので特に特徴的なところではなくなっています。
5袖口の部分がきつめ。国内向けはファスナーやベルクロで絞め込むようにかなり緩いのですが、そういったような緩い作りではありませんし、ファスナーやホック、ボタン等で留めるのではなく、Tシャツのように単に輪っかになっています。また、国内向けよりも腕全体もタイトですし、腕の仕上げも長めです。
6肩幅のところもややタイト気味と、全般的にタイトな作りです。

というように、いろいろとコストダウンされているところやデザイン面でちょっと派手め、サイズ感もちょっと違うかなっていう部分があります。

これについては、お店の方からお話をうかがうことができました。
まず、国内に投入されるモデルとは根本的に異なるという点。デザインは国内なのですが、ターゲット層がそもそも国内向けとは異なるとのこと。また、欧州向でもクシタニブランドの製品は販売されているのですが、こちらは現地企業の企画によりクシタニ本社は製品そのものにはほぼ関知していないとのこと。まぁいわば日本国内でシンプソンモデルのジャケットやシューズを作っていたフラッグシップや広島化成のようなものと考えればわかりやすいですね。それはさておき、アジアモデルと国内モデルとではどう違うのか?あるいはコストダウンしているのか?ということについてもスタッフさんがおっしゃっていたことから自分なりに考えてみたものが以下の通りとなります。
第一に、経済的なものです。いくら東南アジアの地位が向上したとはいえ、やはり国内と同じ価格で現地で売るのは厳しいとのこと。国内モデルと同じ仕様にするとおそらく買えない金額になるとのことでした。クシタニは東南アジアでも超一流メーカーとして認識されており、ある意味クシタニ製品を着ていること自体がステータスなのだそうです。これはネットで同じような話を結構見ますので、やはり現地ではかなりな高額製品なのでしょう。したがって、現地のライダーが少しでも買いやすいような価格設定とするためのコストダウンと考えれば納得ができます。
実際今回のアジアモデルは、国内モデルの最安モデルであるフルメッシュジャケットよりも安い25,000円と比較的高額製品が多いクシタニ製品の中では実は最安だったりします。
また、東南アジアはまだまだスポーツバイクって一般人にとってはかなり高額な製品ではありますが、70年代の日本がそうであったように、スポーツバイクは若い人たちのあこがれでもあるそうです。ということは、国内とは異なりターゲット層がまだまだ若年層となるので、デザインも国内向けよりも若い人向けなデザインに振る必要があるのだと思います。

今年は異常な暑さと予想以上のメッシュジャケットの売れ行きのための緊急措置ということのようですので来年以降も同じようなアジアモデル投入ってことはないかもしれませんとのこと。

また、全部で100着くらいしか入荷していないそうです。
ちなみに私がうかがった店舗では通常のアジアメッシュパーカージャケットのXLサイズは完売。アジアメッシュジャケットは一部の色しかXLサイズが残っていませんでした。
ほしい人は早めにブログを確認した方がよさそうです。

PCケース新調と簡易水冷化

今年の夏もクソ厚いですよね。ってことで、CPUの温度もうなぎ上りです。

ということで、初めてメインPCの水冷化を行いました。もう空冷ではいくら高級なファンやクーラーを使おうとも無理!

CoolerMasterの360サイズの簡易水冷を買ってきまして、天井面に取り付けました。
しかしながら、

このケース、AntecのD601っていうゲーミングマシン用のミドルタワー。しかもかなりピカるんで気に入ってはいましたが、いかんせん前後長が短めなので、リアファンを取り付けたままだと360ミリラジエーターが天井面に取り付けられません。リアファンを外すと大丈夫なのですが…ただ、この後に購入した、ThermaltakeのVersaH26っていうこのブログでもご紹介しているRyzen3500マシンを作ったときに購入したケースと作りがほぼ同じ。っていうかおそらくOEMでデザイン違い程度のものなのだと思われます。リアパネルのネジが真っすぐに入らないところまで同じなのです(笑)

AntecのP180とかSOLOとかを使っていた世代や、私のようにMini P180を10年近く使い続けた者からすると、Antecって静音にこだわったり、作りがしっかりしていたりっていうイメージが強く、D601のコレジャナイ感がありました。

イマドキのPCケースって比較的前後長が短めなケースが多く…
(おそらくDVDドライブなどの5インチベイやHDD用の3.5インチベイなどを搭載するスペースが著しく減っていることが要因の一つであるとは思いますが…)
やたら寸足らずな印象なケースが多いと感じます。
もうひとつ
水冷化した場合、ラジエーターの搭載位置が天井部だとラジエーターに取り付けたファンが見ずらいっていうこともあります。高い位置にPCケースを設置すれば見えますが、基本的にミドルタワー以上なケースは足元に置くことが多いと思います。その場合、天井面に設置したラジエーターのファンは上から見下ろすような形となるので、ほぼ見えません。なので、新たにケースを新調しました。
条件は
1 とにかく光らせたいし見せたい
2 サイドパネルはガラス。アクリルは傷つきやすいからペケ
3 リアファン、もしくはフロントファンが最低1つはほしい
という条件でいろいろ探したところ、AntecのPシリーズでP120 crystalっていう前面と左側面が強化ガラスっていうケースを見つけました。

特徴的なのは、前面がガラスかつファンがないところ。前面がガラスとかアクリルであってもファンが付いているケースがほとんどであり、正面からケース内部が見えないものがほとんどです。しかしながら、P120 crystalは前面はガラス「のみ」という潔さ。すなわちこの形状だとDVDドライブなどの5インチベイは「あきらめる」しかありません。しかしながら、自分の使い方だと5インチベイはもう何年も取り付けておらず、必要な場合はUSBでつなげばいいやという考え方なので、それよりも思いっきりスケルトンにできることの方を優先しました。

また、360サイズのラジエーター取り付け位置は、天井には取り付けできず、底面もしくは右サイドパネルに沿った側面のいずれかとなります。
サイドパネル側にラジエーターを取り付けることができるということが購入の一番大きなところでしたが、もうひとつ大きな特徴が電源の上部配置。最近では底面配置が一般的な電源搭載位置となりますが、このケースはまるで先祖返りしたような上部配置なんです。上部配置だとケーブルの取り回しとか裏配線とかが若干不安要素ではありましたが、電源配置部から前面にかけて、ボックス状の「箱」が取り付けてあり、この「箱」の中に不要な配線を隠しておけるというのもかなり工夫されています。

まるでショーケースのようなPCケースと言っても過言ではないかと。
このようにラジエーターを側面に、底面には吸気用の120ミリファンを取り付け、リア側に排気ファンを1つ取り付けています。

ただ、2面がガラスなので取り扱いには気を使います。手垢とかつきやすく、簡単に触れません(笑)

カテゴリー: PC

元ビーフラインの未開通区間が開通

茨城県笠間市から、城里町、常陸大宮市、常陸太田市、日立市、高萩市を経由して、北茨城市に至る元「ビーフライン」、現「ビーフライン~グリーンふるさとライン」の一部未開通区間である常陸太田市上大門町から常陸太田市西河内下町のおよそ3kmの区間がようやく開通となりました。この間の十国峠は十国トンネルで峠越えしています。
開通したのは2020年6月27日。私が訪問したのは7月11日で開通から2週間ほど経過した時点でした。開通したばかりで、また案内の青看も不十分で分かりづらい道ではありますが、ようやく一応当初予定されていた「ビーフライン」が不完全ではありますが一応の全線開通となったようです。
以前にもご紹介しましたが、この道は「緑資源公団」が計画、建設を行ってきましたが、のちの「緑資源機構」が官製談合事件を起こして同機構は解散、林道事業は地元自治体に継承され地元自治体により建設が続けられ、ようやくこの日を迎えました。そのため、青看板や途中にある案内板などには計画図が残されていますが、やや当時の計画とはルートが異なっています。が、おおむね計画通り建設が進められてきました。

SRで走ってきましたが、訪問日はあいにくの天気ということもあって、ほぼ通行車両はありません。しかし、これまで開通してきた道とほぼ同じ規格で作られており、比較的走りやすい道です。

2020/8/23追記

その後、MTで走ってきました。写真の左側の道を行くと以前ご紹介した国見林道です。

今回の開通区間は3.6kmほどと短い道ですが、ほぼ利用価値の無かった旧水府からの区間を含めると使い勝手がかなり良くなりました。