AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 3

マザーボードにとりあえず必要最低限なものを組み込んだら、次はケースに収納です。前にも書きましたが、イマドキのケースって恐ろしく安いですよ。電源付属せずってのもあるかとは思いますが、その昔に某「星野〇属」とかを使っていた自分からすると考えられないほどの安さ。その分、今のケースってものすごくペラいんですけどね。

サーマルテイクのミドルATXケース。実はこのケース、他に使っているアンテックのケースと作りがそっくりなんですよねぇ。ケースなんて数多く売れるものでもないし、規格も共通化されていることから、おそらくメーカー名はいろいろあってもOEMでどこぞの中華金属加工屋が作っているのではないかと思います。でないと、こんなに安くはできないと思います。ユーザーからすれば、見栄えと、取り付けやすさと、価格が満足できればこだわるところが少ないからかもしれません。

ただ、よーく見ると、裏配線のことやマザーボード裏側のくり抜き、あるいは水冷を前提としたエアフローなど、非常によく考えられている作りだなと感心したりもします。
このケースにしても、内部右側の部分などは配線を裏側に回しやすい作りだったり、5インチベイなどイラネっていう私のような者にはベイが取り外せたりするような作りであり、10年で一番進化したパーツじゃないかと思ったりします。

まずはマザーボードをケース内に取り付け。その後、ケースから出ている必要な配線を写真のように裏側から表側に引き回してきます。

次にグラフィックボードをマザーボードのPCI-Ex16スロットに差し込み、ブラケットをケースにネジ止めします。このグラフィックボードはブラケットを2段占有。物によっては1段だったり、高性能なグラフィックボードだと3段も占有するものもあります。
今回のグラフィックボードはnVIDIAのミドルハイクラスのGeForce GTX 1660Superなので、2段で収まっています。

電源の取り付け。最近の電源はケース下部に取り付けるものが大半です。電源ってめっちゃくちゃ重いので、理にかなっているのと、ケースファンを取り付けることがほとんどなので、以前のように、電源ファンがケース内排気ファンを兼ね備えるということもなくなってきましたので、現在の配置になったと思います。
それと、CPU爆熱時代にはCPUの温度が鬼のように上昇していたため電源ファンをケース内排気ファンと共用させると、電源のコンデンサをはじめとする部品の温度による劣化が激しくなってきたということもあったと思います。特にコンデンサなどは温度依存が高く、105℃品とか95℃品とか、対応する温度によって部品単価が全然違うなんてこともあります。そのため、現在では電源ファンの用途としては、電源内の熱源のみの排熱ファンということになってきたのではないかなと思います。

3.3Vと5Vの合計が110Wとなっていますね。格安電源でもいいとは思いますが、この合計ワット数は見ておいた方が良いと思います。

配線を引き回した裏側の状態。電源からのケーブルはまだ刺さっていません。電源横には3.5インチHDD用ベイが見えてます。本来ならここも取っ払っちまおうかとも思いますが。

電源からのケーブルをマザーボードに刺した状態(の裏側)
裏面配線なので、こんな風になっています。

裏面配線を行った正面側の配線状態。以前とはくらべものならないくらいすっきりとしていますね。PCを光らせたいので、これくらいは配線を見せない方がいいでしょう。
逆説的に言えば、光らせない、アクリル板やガラスをサイドパネルに使わない、要は中身が見えないってことなら、裏配線にこだわる必要もありませんし、実際その方が組み立てもラクです。

これで一応、ハードウェア的な完成ということになります。あとはWindowsのインストールとドライバ類のインストールでとりあえずはPCとして完成となります。

カテゴリー: PC

AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 2

さて、今回自作の主役となるCPUですが、Ryzen 5 3500のリテール品です、CPUのほかに、CPUクーラーが入っています。こだわりがなければ、この箱入りのCPUクーラーを使えば問題ありません。私の場合は、今回のクーラーは光らないためあえて使っていません。光らせたいのですよ(笑)

CPUをマザーボードのソケットに取り付けました。取り付けるときはCPUソケットの横にあるレバーを持ち上げて、CPUをスコンと挿します。迷うことはないと思いますが、一応、ソケット側とCPU裏側のピン横にある三角マークの位置を合わせて挿します。ピンが剣山のように生えているので、うまく入るか心配になりますが意外と簡単に入ります。うまく刺されば「スコン」という感じで入ります。強く押し付けることだけは絶対にダメ。ピンが曲がったら、そのCPUはオシャカになる可能性大ですよ。うまくCPUがソケットに入ったらレバーをおろしてCPUを固定します。

今回使用したM.2 SSD、WesternDigitalのWD BLUE SN550 500GBの製品です。シーケンシャルリード 2400MB/sec、シーケンシャルライト 1750MB/secとSATA SSDに比べると約4倍の速度となります。SATAのSSDでもHDDと比べると圧倒的に早いんだけどね。ちなみにHDDのシーケンシャルライトは170~200MB/sec。なので、HDDに比べると、M.2 NVMeのSSDは単純に20倍くらい早くなっているということになります。そりゃ、今さらHDDなんて使えないってなりますわなぁ

CPUソケットにCPUを挿して、さらにM.2スロットにSSDを取り付けた状態のマザーボードです。なお、本来であれば、CPUソケットの横に純正クーラー用リテンションっていう黒い棒状のものが標準ではマザーボードには付いてきますが、今回、CPUクーラーは純正を使いませんので、その棒状のリテンションを取り外して、かわりに取り付けるCPUクーラー用のナット状のものを取り付けています。

CPUクーラーを取り付けました。このクーラーはネジ止め式。サイドフロー型なので、PCケースの前面から取り入れたエアフローを後ろ側に風を流すような形でクーラーを取り付けます。なお、この時点ではCPUクーラーのファンは取り外しています。CPUファンを取り付けるとメモリスロットに干渉するためです。

メモリの取り付け。
Ryzen用マザーボードはメモリがデュアルチャンネルっていう並列処理が可能な仕様です。そのため、メモリスロットも挿す位置が決められており、決められた位置に刺さないと並列動作しません。…デュアルチャンネルで動かさなければ気にする必要はありませんが、せっかくならば動作速度は速い方が良いでしょうから、ここは素直に決められた位置にメモリを挿すことにしましょう。なお、規格違いのメモリや容量違いのメモリを混載することはできますが、この場合、デュアルチャンネル動作は動作保証外となり、うまく動けばラッキー程度に思っていた方が良いと思います。

以上がマザーボードに刺すパーツとなります。以前のように、HDDとか光学系ドライブとかに使っていた信号ケーブルとか電源ケーブルとかはこの程度の自作機ならば全く使いません。どうしてもHDDとか光学系ドライブを使用したい!ってことならば、引き続きケーブル類の接続が必要となります。私の場合は、もう使わなくてもいいじゃん!ってことでこれらのドライブ類は全くと言って良いほど使わなくなりましたので、電源ユニットを除いて主だったパーツはこれで全部となります。

次回はケースへの組み込みと電源取り付けについてです。

カテゴリー: PC

AMD RYZEN 5 3500でのPC自作 PART 1

先日、知り合いにRyzen 7 2700X自作機を知人に売りつけました。ドナドナされていったのですが、いざガレージ部屋にPCが無くなるとやはり寂しいし、何かとネットを使うのにも不便を感じていました。ノートPCがあるので、困ることはないのですが、やはり大画面で見慣れると、ノートはガレージで使うことが大前提でもありまして、ガレージ部屋にはこれとは別のデスクトップPCが無いと、となると余りパーツの流用となります。幸いWindowsもドナドナされたモノが余っていますし…さすがにOSくらいはキチンとしたものを買ってくれよとお願いしました。

居室にはRyzen 9 3950X機がありますし、テレビにはRyzen 5 3400G機がぶら下がっていますので、これを持ってくるよりも余りものの流用で新たに作っちまった方がいいや!となりまして、いつもの流用に流用を重ねた新たなPCが生えてきました。

以前のkenken3のホームページでは結構自作機の作り方なんてのも載せていましたが、自作市場もかなり様変わりしているようでして、まさに浦島太郎状態の人も多いのではないでしょうか?
以前のように詳しくは載せませんが、簡単に組み立て内容だけでも残しておこうと思い、写真を交えて記載していきます。

マザーボード
ASRock B450M Steel legend
AMD B450チップセットを採用したマイクロATXマザーボード。以前のメインマシンからの流用です。
CPU
AMD Ryzen 5 3500
AMDのZEN2アーキテクチャを採用したミドルロークラスのCPUです。ベースクロック3.6GHzでブースト時は4.1GHz動作の6コア、6スレッド。TDP65Wなので発熱も比較的穏やかです。L3キャッシュは16MBとどちらかというと少な目。また、このクラスあたりだと、3300X、3100あたりも比較対象となると思いますが、3300Xと3100は4コア8スレッドのSMTありなのに対して3500はSMTなし。なので、3300Xと3100はOSからだと8個のCPUがあるように見えるのに対して、3500はOSからは6個のCPUがあるように見えます。ただし、L3キャッシュは3300Xも3100も16MBなのでこれは同一。クロックはベースクロックが3500と3100が3.6GHzなのに対して、3300Xは3.8GHzと若干高め。ブースト時も3.9~4.3GHzといずれの製品でもそんなに変わりません。今回3500を選んだ理由として一番大きいのは価格。3100が最も安いのですが、その差はわずか500円程度。さらに3300Xに至っては3500よりも1,000円以上も高く、しかも在庫なしがほとんど。ということで3500をチョイスしました。
CPUクーラー
クーラーマスターMA-410P
リテールのクーラーでもよかったのですが、今回選んだPCケースがサイドパネルがアクリル板のスケスケタイプ。なので、思いきっり光らせるためにあえてサイドフローの光り物を。またMA-410Pは他のPCでも使用しており、なかなか価格の割には冷却性能も悪くはなかったので3個目として購入。ただし、取り付けは慣れないと悩むかもしれません。
ストレージ
ウエスタンデジタル WD Blue SN550 500GB M.2 NVMe
これまた、前回購入したモノと同じPCIe 3.0対応のSSDです。速度はPCIe 4.0の製品と比べると遅いのですが、価格も手ごろなのと、前回購入して特に問題ないので同じものにしました。なんだかWDとSeagateとかもともとストレージを作っていたメーカーのものの方が安心感があるんですよ。ブランドに弱いんですよね。ちなみに、WDのSSDは実質SunDisk製です。WDがSunDiskを買収したからなのですが、SunDiskは東芝も絡んでますね。
メモリ
Team製のTUFシリーズメモリ 8GBの2枚組、16GBセット
動けいて光ればいいので、DDR4 3200MHzメモリ最安のものということで選びました。ちなみにメモリはメーカーにこだわりはありませんので、なんでもいいです。
グラフィックボード
ASUS GeForce GTX1660Superチップ搭載のモノ
先日、秋葉原に行った時に衝動買いした、GTX1660Superチップ搭載のグラフィックボード。最安で選んだものです。グラフィックチップにはこだわりますが、メーカーにこだわりはありません。同一チップ搭載のグラフィックボードであれば、最安のモノをチョイスするクセがあるので、いつも通りにGTX1660Superチップ搭載の最安ボードということで選んできました。ちなみに、今回使用する以前はRyzen 5 3400Gマシンに取り付けていたモノです。なので、これも流用ということになります。
電源
AntecのNeoECO Classicシリーズ 550Wモデル NE550C
これも500Wクラスの最安電源。電源なんてなんでもいいんです。とはいえ、一応こだわるところがありまして、⁺3.3Vと⁺5Vの出力ができるだけ大きいモノを選ぶようにしています。今回購入したものはこれの合計が110Wでした。この出力系統がCPUに主に使われるところであるので、これを重視しています。
最近では、回転系メディアを使用することもほぼなく、DVDドライブ、BlueRayドライブも使わなくなりましたし、HDDも搭載しないなんてことも当たり前になりつつあります。そのため、電源容量は大きければいいという時代でもなくなっており、500Wもあればよほどのことがない限り十分間に合ってしまうのです。ただし、CPUやグラフィックボードなどは使用電力も従来よりも若干増え気味だったりするので、電源の合計出力よりも3.3Vとか5Vの出力を重視した方が現実的だと思います。

PCケース
サーマルテイクのVersaH26っていうミドルタワーケース
驚くほど格安。なんと5000円台。
電源レスなので安くはなっているのですが、PCケースって以前と比べるとびっくりするくらい安くなっていますね。
以前組んでいた時なんて、1万超えが当たり前で、電源付きだと下手すりゃ1万5千円とかしてましたから。しかもサイドパネルがアクリル板で中身丸見え。裏配線やマザーボードのCPU取り付け部分穴あきとか、かなり以前のPCケースを知っている人間からするととんでもなく進化かつ低価格化が凄まじいと思いますよ。

使用パーツは以上です。次回からイマドキの自作事情について書いていこうと思います

カテゴリー: PC

Arai RAPIDE NEO OVERLAND その2

私は基本的にヘルメットはアライ派です。一部ショウエイ製も使用していますが、基本的にはアライ。なので、オプションシールドなどもアライ用のモノが多く、特に外付けバイザーとなるプロシェードシステムを好んで使っています。
滅多にシェードを下ろして使うことはなく、プロシェードバイザーを上げた状態で走ることがほとんどです。帽子のツバのような使い方ってことですね。
今使っているアライ製のフルフェイスヘルメットは、RX-7X、AstralX、XD、Astroプロシェードの4種。これにRAPIDE NEOが加わりましたが、Astroプロシェード以外はすべてシールドが共通で使えるため、予備として持っていたシールドのうちVAS-VプロシェードをRAPIDE NEOに装着してみました。

Araiヘルメットのプロシェードは世間的には賛否両論でして、確かに使っていても、シェードを下ろした状態で使うと、結構視界が遮られるような感じを受けます。同じくインナーバイザーを採用している、ショウエイのGT-Airの方が遮光性という機能だけで比べると圧倒的にGT-Airの方が優れていると感じます。インナー側にバイザーが付いているため、バイザーそのものがほとんど汚れないというのが大きいと思いますし、Araiのプロシェードは後付け感が強いことだけではなく、外側にバイザーが付いているため汚れやすく、虫アタックなどの影響も大きいと思います。
しかしながら、それでも私としてはAraiのプロシェードの方が自分の使い方にあっていると思うわけでして、最初に書いたように、帽子のツバのように使えるってところが最大のメリットだと思います。

そんなわけで、RAPIDE NEOにもプロシェード付きシールドを取り付けました。
デザイン的には違和感ありませんし、ミリタリーっぽさが格段に上がるためこのスタイルも大いにアリだと思います。
この辺のデザインやバイザーの使い勝手、あるいはスモークシールドやミラーシールドで対策って方も多いと思いますが、かえってプロシェード付きを標準にした方が良いのではと思えるほどのデキの良さだと思います。

Arai RAPIDE NEO OVERLAND

久々にヘルメット の話題です。既に発売されている、アライのラパイドネオに新色が追加されました。オーバーランドと言うシリーズで、これまでのラパイドネオとはちょっと違う路線のデザイン。このオーバーランドは2色展開で、一つはモスグリーンっぽい色のオリーブカーキ色ともう一つが今回購入したサンドベージュっぽい色のベージュカーキ色でいずれもアースカラーと言うかミリタリーっぽい色合いの製品です。

口元のスリットのところなどは大胆なオレンジ色。しかしながら嫌味な感じもなく、逆にラパイドネオの一番の特徴であるスリットをしっかりとアピールしています。

また、サイド側から後ろ側にかけては、大胆なブラックのかなり幅広なラインが描かれており、これがまるでゴーグルをしているように見えると言う、これまでのヘルメット には無かったようなデザインです。また、帽体全体がサンドベージュで塗られている訳ではなく、前側がサンドベージュ、後ろ側がアイボリー、更に塗り分け部分がかなり鮮やかな薄緑色と凝ったデザインです。

内部は他のアライヘルメットと変わらず、パッド類は全て脱着可能なシステム内装で、標準のラパイドネオと同じ。

口元のスリット部分と同じくリア側のエアアウトレットもオレンジ色のアクセントカラーで縁どりがされています。

横から見ると、塗り分け部分とゴーグル風の黒ラインがはっきりとわかりますが、当初予想よりも実物の方がデザイインとしてもかなり完成度が高いことが良くわかりますよ。

まだ購入したばかりなので、性能などのインプレッションは未だですが、実際に着用した感じでは、装着感などはこれまで使用してきたアライ製品とほぼ同じでした。あと気になる点は帽体にベンチレーターが付いていないため、通気性がどんなものなのかが気にはなります。ただ、これまでのラパイドネオの評判を見てもそこまで悪い評価がないため、他のアライ製品よりは悪いとしても、如何にもならないということは無いと思います。いずれにしても、実際使ってみた感想は後ほどレポートしようと思います

2020/6/27追記

早速着用してきました。どちらかというとSRで走る時用として購入したのですが、意外とMTのようなストファイでも似合う感じ。これは単に色合いによるところが大きいと思います。

実際に走ったところ、予想に反して頭が涼しい!デュフューザーが帽体についていないため、かなり暑いと覚悟してはいましたが、今日の気温30度とかなり暑い日であるにもかかわらず、頭が全然蒸れない。むしろ風通しを感じるくらいです。RX7XやアストラルXのようにデュフューザーが付いているモデルに比べれば涼しくはありませんが、付いていないにもかかわらずここまで涼しいとは正直驚きました。

これからの時期、あまり使えないかなと思っておりましたが、いやいや、真夏でも意外といけそうです。