RYZEN5 PRO 2500Uのはなし2




IdeaPad720Sの直後に購入したThinkPad485ですが、前のエントリーに書き込みましたように、IdeaPad720Sとの比較をしてみます。

スペック

ThinkPad485
CPU RYZEN5 PRO 2500U
Memory 8GB DDR4 SO-DIMM Singlecannel
Strage 256GB NVMe SSD
display 14.0Inch

IdeaPad720S
CPU RYZEN7 2700U
Memory 8GB DDR4 Onboard
Strage 512GB NVMe SSD
displya 12.5Inch

と、まぁ、スペックだけ見れば720Sの方がハイスペックなのですが、ノートPCの場合、大きさ、重量、画面の大きさなども考慮する必要がありますね。

485の方がやや大きめ。ただ、液晶のベゼルは720Sの方が狭額なので、ボディに対して、液晶の比率が高く大画面感はあります。ただし、ボディの強度という点で言えば、あまりに狭額ベゼルだとちょっと心許ないですね。

720S の方が、全幅で2~3センチ小さく、奥行きでも2センチ程度小さいです。485のクシタニステッカーはあくまでも自分の趣味です(笑)

厚みの比較。これは圧倒的に720Sの圧勝。一番狭いところで485の半分くらいの厚みしかありません。

485のCPU-Z。

CrystalDiskMarkとCINEBENCH R15のスクショ。
SSDは720Sの半分くらいしか速度が出ていませんが、これはPCI-E接続の速度によるもので、485が2X接続なためだと思います。
CINEBENCH R15の方も720Sと比べても遅めです。スペックだけ見れば485よりもS720の方が優秀だと思います。しかし、実際の使用感ではあまり差は感じられません。それよりもキーボードの使いやすさ、ThinkPadにしかないタッチパッドなどは非常に所有感も高く、また、実際の打鍵感は圧倒的にThinkPadの方が使いやすく感じます。
どちらが良いのかと言えば、やはり使い方によるとしか言いようがないというのが正直なところですね。

カテゴリー: PC

RYZEN5 PRO 2500Uのはなし




と言っても、ThinkPadのお話です。
昨年暮れにLenovoのIdeaPad 720Sを購入しましたが、どうしてもThinkPadが欲しくなりまして、暮れも押し迫った12月30日にまたまたLenovoのサイトからThinkPadを購入。AMDのRyzen搭載モバイルモデルは、A285とA485の2機種。A285の大きさはほぼ730Sとほぼ同じ。ただし、画面サイズは720Sの13.3インチよりもやや小さい12.5インチ。もう一つのA485は730Sよりも一回り大きい14インチ。重量はA285の約1.1㎏に対して、A485は1.5㎏オーバー。また筐体自体もA485はA285や720Sよりも一回り大きい筐体。価格はほぼ同じ構成であればA485の方が逆に安く、A285の方が高い。インターフェースもA485の方が豊富。また、中身にしても、メモリはA285のマザーボード直付けのシングルチャンネルに対してA485は一般的なSO-DIMMであるため、構成によってはデュアルチャンネル構成が可能…といった違いがあります。できれば筐体は小さいほうが好きなのですが、それでは720Sとあまり変わらないじゃないかとも思いましたので、画面が大きいということと、ほぼ同一構成であれば安価であるという理由で、A485のRyzen PRO 2500U搭載モデルを購入。ちなみに、ストレージは256GBのNVMe搭載としました。ちなみにA485の場合、ストレージは標準構成だと、128GBのNVMe接続のSSDと500GBのHDDを搭載するようになっています。もちろん、SSDだけの運用といったことも可能であり、この場合は1stドライブの128GBのストレージのみにして、500GBのHDDをレスにすることとか、逆に1stドライブの128GBSSDをレスにして、2ndドライブのみの構成にすることも可能で、かなりストレージ選択の自由度が高いモデルです。
私が今回購入した構成では1stドライブ…これは128GBSSDしか選べません…をレスとして、2ndドライブを500GBのHDDから256GBのSSDに変えています

使用感についてですが、キーボードはさすがThinkPadと思わせるデキです。キーストロークも浅すぎず、深すぎずで打鍵感を持たせながらも決して重くないといThinkPad独特のモノ。720Sは薄さを追求しているため打鍵感はやや浅く、強めにたたくとキーボード全体がたわむ感じがありますが、ThinkPadはまったくそのようにたわむこともなく、非常に疲れにくいキーボードで、これだけでもThnkPadを購入した意味があるともいます。

また、14インチということもあって、キーピッチもやや広く打ち間違いを起こしにくい配置です。ThinkPadのアイデンティティともいうべきトラックポイントとクリックキーもパッド面が広いため非常に使いやすい。

キーボード裏面にはLEDが仕込まれており、夜間でも使いやすいと思います。これについては、720Sも同じです。

筐体左側
左からUSB3.0 TYPE-C、AC入力兼用
専用ドッグ用インターフェース
ファンの排出口

本体右側
右から
ヘッドフォン用ミニジャック
USB2.0
HDMI
USB2,0
RJ45、LAN
SDカードスロット

筐体がおおきめなため、インターフェースも充実。

さて、次回は720Sとの違いをレビューしてみます。

カテゴリー: PC

MT-10 タイヤ交換




MT-10のタイヤ交換しました。新車から3セット目です。

今回も前回同様、METZELERのROADTEC Z8 INTERRACTとなりました。前後同時交換です。

まだまだ象さんまで届いていませんねぇ(笑)
前回は新車装着タイヤであった、BSのS-20から8,000㎞で交換。今回は19,000㎞で交換となりましたから、11,000㎞で寿命を迎えたことになりました。

ほぼほぼSSのエンジンとパワー、重量はむしろSSよりも重いということを考えると、11,000㎞というのは、まぁよく持ったほうかなとは思います。

さて、Z8の使用感ですが、接地感はS-20の方が上、大した違いはないと思いますが、どちらもスポーツツーリングタイヤなので、大きな差は感じられませんでした。
ライフについては、Z8の方が上。さらに言うと、S-20の時よりもバイクに慣れたせいもあって、Z8の時の方が過激な走行(あくまでもS-20時代と比べての話ですが。)や高速道路の使用比率が圧倒的に多かったにもかかわらず、ライフは長かったということからも、ツーリングメインで使用する、私のような使い方であれば、Z8で十分とも言えるわけでして、今回も190/55というSS御用達のようなサイズでもラインナップされており、かつ最安値で買えるという理由から、同じタイヤにしたというわけです。
また、特に今回感心したのが、ライフ終盤時のタイヤ特性。これまでに使ってきたタイヤたちは、残り溝が30%くらいになってくると、明らかにフロントが切れ込んでくるような挙動が急激に出始めていたのですが、Z8だと最後の最後あたりでようやくフロントの切れ込みが始まるという感じでした。そのため、タイヤライフに無頓着になってしまい、気が付けば、リア側はタイヤのベルト層がうっすらと見え隠れしているまでになっており、実のところ慌てて交換したというのが本当のところ。また、減り方も段減りや片減りもなく、きれいにまるく減っていたこともあって、気づくのが遅れたということもありました。

それだけ最後まできちんと使えるタイヤということでもあるので、次回もMETZLEREで。ということで同じタイヤとなりました。もっともいろいろなタイヤを試したほうが楽しいとは思いますけどね。


セロータイヤ交換




セローのリアタイヤが3分山になってしまいましたので、交換しました。前回と同じ、IRCのGP-22です。このタイヤは、HONDAのCRF250Fの純正タイヤにも採用されているオンオフ両方でそこそこ使えるタイヤとしても有名なタイヤです
なお、この手のタイヤとしては、DUNLOPのD605とか、BRIDGESTONEのTW302あたりが同等品で、ちなみにセローの新車装着タイヤはBRIDGESTONEのTW302ですね。また、セローの特徴である、リアタイヤがチューブレス仕様であるという点についても一般的に入手しやすいのが、この3点ということになります。

いずれのタイヤについてもセローに装着してきましたが、これらの中で、オンロードとオフロードのいずれもで比較的使いやすく、かつ、ライフもそこそこといったことから、今回もIRCのGP-22を選択しました。ちなみに、私のようなほぼオンロードでときどき林道といった使い方では、どのタイヤを選んでも大差はないと思います。ちなみに、交換前のGP-22のライフですが、約7,000㎞で3分山といったところでしょうか?GP-22の前のD605ではライフはほぼ同じでした。ガチのトラ車的な走りをするのであれば、IRCのTOURIST一択となるのでしょうが、コンパウンドがかなりやわらかいため、一般道で走るとリアがふにゃふにゃと左右に暴れるように感じてしまうことと、タイヤの形状の問題から、無理なバンクをかけられないといった問題もあり、私のようなオンロードメイン、ときどきオフロードというような使い方では、TOURISTは宝の持ち腐れというものです。

交換したリアタイヤ。IRCのGP-22。まだタイヤにマーキングが残っています。

GP-22の特徴である、左右非対称パターン。この位置から見るとよくわかります。

ヒゲ取りも行っていません。来週あたりにでも近所の林道に行って慣らし兼ヒゲ取りに行ってこようと思います。

クシタニ2019年の福袋




今年も買ってしまった…というか昨年末ですね。クシタニのオンライン福袋の発売は。これまでは5万円、3万円の福袋でも発売開始から数時間程度は買えましたし、10万のものは2日~3日はまだ買えたのですが、昨年末は事前告知があったためか、瞬殺でした。幸い私は5万円のものを買えましたが、いったん決済してもう一度他のものを買おうかと思って再度のぞくとすでに全品全サイズ売り切れ!おそらく5分以内には売り切れたと思われます。
なんでそんなに人気があるのか?
当たり前ですが、通常価格で買うより圧倒的に安いからなんですが、おそらく転売ヤーあたりも跋扈しているのでしょうね。
ちなみに、クシタニ製品は現在東南アジアで大人気だそうで、特にインドネシアとか台湾あたりでは、クシタニ製品を着ていることがある種のステータスなんだそうです。

話は戻りますが、購入した5万円福袋、以下のものが入っていました。

k-0678 ステムジャケット…70,000円
k-1886 Eワークウォームパンツ…21,000円
k-1897 Eワークコーデュラパンツ…18,000円
k-4410motogp マフラータオル…2,500円
kg-11c ステッカーキット…1,000円
k-4093 富士山レザーキーホルダー…1,000円
合計113,500円

以上のものが入っておりました。5万円で2倍以上の価格のものが入っているのですから、お得って言えばお得ですね。特に今回、5万円にもかかわらず、レザージャケットが入っていたのでアタリだったと思います。

k-0678 ステムジャケット
k-1886 Eワークウォームパンツ
k-1897 Eワークコーデュラパンツ

テキスタイルジャケットが入っていなかったのですが、正直テキスタイルジャケットはあまり必要としていなかったので、本当にラッキーでした。

またパンツが春夏用と冬用の2本入っていたので、これまたラッキーでした。このパンツはライディングパンツらしからぬスタイルなので、普段履きとしても重宝しています。
色合いが派手めなのですが、デザインともどもカジュアルな感じなので、結構気に入ってます。