クシタニ K-1951 ミッドジャケット




クシタニの2020年秋冬ウェアが発表され、続々と店舗に入荷しているようです。

例年ならば、8月後半から秋冬ウェアの発表と予約が始まるのですが、今回発表された秋冬モデルは昨年モデルのカラーチェンジが多く、がらっと変わった、あるいは新たに発表されたモデルがあまりなく、今年のモデルはスルーかなぁと思っていましたが、カタログを見てみると今シーズンから、これまでの秋冬モデルのジャケットのうち、インナージャケットのみを単体で発売するようで、ちょっと驚き。クシタニのインナーはかなり評判も良いらしく、以前から単体での販売を希望されるユーザーが非常に多かったともショップの店長さんも言ってました。そのためなのでしょうが、インナージャケットの単体売りっていうのが今年の大きなトピックです。

あともうひとつ、新モデルとして発売されたのが、今回購入したミッドジャケットというインナージャケット。カタログで見た限りでは、普段使いでも十分使えそうってことと、フードが無いってことも大きなポイントです。
昨年購入したミッドパーカーは今年も若干デザインが変わりましたが、継続販売されており、こちらも新モデルとして購入可能。ただ、フード付きってのが、純粋にインナーとしてみた場合、非常に邪魔くさい。ミッドパーカーだけでも着用可能なのがこの製品のウリなのでしょうが、ミッドレイヤーとして見た時にはフードは邪魔でしかありません。実際、昨年購入したミッドパーカーはほぼ普段着としてしか着用しませんでしたし、普段着としての使い勝手も申し分ないってことも大きな理由でした。

で、今年のミッドジャケットですよ。純粋にインナーとして使うのを前提とした作りになっており、もちろん普段着として使っても違和感ないデザインではありますが、作りがミッドパーカーとは全くことなります。

外観ですが、腕のところに小ぶりなポケットが付いています。あまり実用的とは言えないと思いますが。容量も小さいですし。それと、胸のところのスラッシュフジサンマーク。このあたりは普段着として着用しても違和感無いようなデザインだと思いますし、あえて、アウターとして使われることも想定しているなによりの証拠でしょう。

背中側。レーザーアウトレットホールが装備されているのと、腰のところにリフレクターが付いています。これらを見てもアウターとしても使ってね!というメッセージでしょう。

このモデルはブラック、ホワイトモデルで部分的に白い生地とファスナー類が白。もう一つ、全部ブラックのブラック仕様もあり2色展開ですね。
袖口がジャージっぽい生地で、手首にかかる負荷もかなり低減されているようです。ちなみに、サムホールも付いており、極寒時にはかなり有効な装備。

ここからは、さすがクシタニと思えるところ。まず、肘の部分は腕の曲がりに合わせてプリーツが3か所入っています。そのため、最初からライディングスタイルに合わせた腕のカタチになるような工夫がされており、腕へのストレスをなるべくかけないような形状になっています。

ファスナーの襟のところ。生地で折り返しがあり、直接ファスナーの持ち手のところがのどに当たらないようになっています。ここの部分って首に当たるとかなりウザいんですけど、このような工夫はさすがです。ちなみに逆の下側も同じように折り返しがあります。

前身ごろを開いての内側。
赤いところが縫製されているところですが、かなり複雑な形状になっていることが判ります。これって、できるだけ身体にフィットさせるように立体的な縫製がなされていることが判りますね。実際に着て見ると、タイトだけど動きを妨げないっていう非常に凝った作りになっています。こればっかりは着て見ないとわかりません。

最後に生地はどんな感じか?というと、これまでのクシタニの冬用インナー…わりと肉厚でゴワゴワとした感じ…が一番近い。なので、防風性はかなり良好だと思われます。また、防風性が高いが故にレーザーホールを付けたのではないかとも思います。
ちなみに、クシタニの冬用インナー…最近のはわかりませんが…ゴアウインドストッパーインナーの頃のモノをイメージしてもらうと一番近いと思います。
だとしたら、防風性、保温性もかなり期待ができるのではないかと。実際に着用できる季節が来るのが楽しみになります。

奥只見ツーリング2019年版




ここ数年毎年訪問している奥只見湖をめぐる酷道…もとい国道352号に自宅(水戸)~塩原~南会津~檜枝岐~南魚沼を回ってきました。
例年、いろいろなバイクで行っていますが、今年はNC-700Xで突撃。お盆休み中の倉敷ツーリングに引き続いての出番となりました。長距離ツーリングはやっぱりNCが楽じゃね?ってことです。

例年と異なるのは、いつもなら素通りしているのですが、今年初めて、野岩鉄道の男鹿高原駅に行ってみました。

周りに何にもない駅として有名であり、実際のところどうよ?ってことで寄ってみたのですが、まさに秘境駅。写真に写っている駅のほかには写真の左隣に野岩鉄道の変電所があるだけ。さらに左に行くとヘリポートがありますが、ここ雑草が生い茂っていました。商店はおろか民家すら無いところにある駅でして、なんでこんなところに?って感じの駅です。
おそらく、変電所があることと、このあたりは栃木福島の県境でもあり、相当辺鄙なところには違いないのですが、駅から300Mくらい林道を走ると国道121号、352号、400号の重複区間の部分でして、多少なりとも民家もありますので、災害時の緊急対策用としてヘリポートを整備したのではないかと思われますのでその関係で駅も作られたのではないかと。また、男鹿高原駅自体は栃木県なのですが、となりの会津高原尾瀬口駅は福島県となりますので、境界駅という側面も持ち合わせているのではないかと思います。ちなみに、この駅を通る野岩鉄道ですが、となりの会津高原尾瀬口駅は当初野岩鉄道の管理駅だったのですが現在では会津鉄道の管理駅となります。

男鹿高原駅を後にして、南会津を経由して檜枝岐に向かいます。

つぎに寄ったのは道の駅ひのえまた。
檜枝岐村は尾瀬への入り口としても有名で、また福島県で最も南西部に位置する自治体。ただし、人口減少も半端なく、2019年の推計で561人(Wikipediaより)と福島県内で最も少なく、また人口密度では全国一低い自治体です。まさに秘境。

さてここからが酷道の本領発揮。延々と1.5車線の道が70km以上にわたって続きます。しかも奥只見湖に沿って貼りつくように作られている道なので、くねくねがこれでもかというほどに続きます。

福島新潟の県境である金泉橋。

しばらく走ると、蕎麦の花が咲いていました。

このあたり、冬季は完全に道路が封鎖されますので夏の短い期間しか訪れることができませんし、ここで農業の営んでいる人も普段はここで生活しておらず、夏場だけここで農業を営むそうです。なにせ日本有数の豪雪地帯ですからね。積雪3Mとか4Mとかが普通らしいので。

道端にNCを停めて記念撮影。ここも夏場しか人が住んでいません。案山子がちょっと怖いのですが(笑)

そんなこんなで銀山平到着。

しかし、ここ数年、毎年訪れていますが、ここは本当に良いところですよ。なかなか来づらい場所なので、秘境感もまた半端ないです。

ってことで、日帰りツーリングとしてはやや走りごたえのある500㎞/日となりました。
NCで走ってみて感じたこと。
DCTなので楽って言えば楽ではありますが、タイトコーナーかつ上り下りが続く今回のような道では、かえってマニュアルの方が走りやすいかもしれません。
また、MT-10のような重さは感じませんが、それでもやはり重い。MT-10は重いのですが、運動性能が高いだけあって、ヒラヒラ感が強いため、意外と乗りやすいのですが、NCはただただ鈍重という感じ。これはエンジン特性によることも大きく、4000回転以上が使い物にならないことから、上り坂などでもうひと踏ん張りというのが思うようにいきません。また下り坂では勾配がきついと勝手にシフトアップしてしまうこともたまにあるため、フロントブレーキを多用することになりやすく、そのための姿勢の変化で疲れやすいと言う点があります。やはりNCは一般道や高速メインでの長距離ツーリング、ただし飛ばさないという条件付きで。というのが一番しっくりくると思います。

これまでにこのルートで訪れたバイクたちで一番乗りやすいのはやはりセロー。次にDJEBEL125。その次にSRかな?やはり重量級バイクでこのコースはしんどいってのが本音です。

倉敷ツーリング




今年(2019年)のお盆休みは約5年ぶりの倉敷にツーリングに行ってきました。

倉敷は、学生時代に住んでいた町でありますが、当時は瀬戸大橋はおろか山陽自動車道も開通しておらず、当時の記憶だけでは倉敷インターチェンジから倉敷駅へすら行けません。完全に浦島太郎状態。写真は倉敷駅側から岡山方面に向けた大島交差点の青看、旧国道2号線のモノですが、昔ここの交差点に玉姫殿があったのを覚えている人はそうそういないのではないでしょうか(笑)

駅前のホテルにバイクを置いて、駅前のアーケード街を散策しましたが、アーケード街は残っているものの、店舗が大幅に変わっており、それこそ昔はいろいろな服屋とか雑貨屋とか洋品店などがあったのですが、ほぼほぼ壊滅しており、飲み屋さんや飲食店に変わっていました。

そんなアーケード街の中にある、倉敷らしいお店は健在。そう、あのぶっかけうどんのふるいち。ここは昔ながらのお店として残っていました。

ぶっかけうどんと言えば、今では丸亀製麺が有名ですが、元祖ぶっかけうどんはこのふるいちですね。やや甘めの濃密な「たれ」をうどんにほんの少しだけ「ぶっかけ」てずるずるとすするのですが、やっぱりぶっかけうどんと言えばふるいちが一番だと今でも思いますよ。

その後現地の友人と久しぶりの再会を祝して、近くのスナックで軽く一杯ひっかけてホテルにて就寝となりました。

翌日は、朝早くに起きだして、美観地区に向かいました。

美観地区の倉敷川沿いにNCを止めて記念撮影。その後、水島地区(当時住んでいたところ)や児島地区(学校があったところ)などを回って帰途につきました。

走行データ
8月11日~8月13日
総走行距離1,949㎞
使用燃料量66.6L
総合燃費29.26㎞/L

おまけ

帰り道ですが、グーグルマップに指示されるままバイクを走らせていましたが、名神高速が例のごとく大渋滞。グーグルマップが名神高速を避けたルートを選択してくれたおかげで、関西最大のバイクのメッカである道の駅「針テラス」に寄ることができました。(名阪国道を通るルートを選んだためですが)

せんとくんにも会えたしね

クシタニEX-1216M エクスプローラーメッシュジーンズ




昨年、クシタニの代表的な製品でありますエクスプローラージーンズを購入しましたが、これが予想以上に快適でありまして、革パンの安心感とジーンズの普段着感、更には、革製品ならではの防風性や透湿性、またこの製品独自の防水性など、プライスタグを見ると決して安くはないのですが、製品そのものの品質は間違いなく、買って大正解な製品でした。

ただ、所詮革パンですから、風を通すことはなく、昨年も真夏の暑い時期では普通のメッシュパンツやらライディング用ジーンズであるクシタニ、エドウィンコラボ製のEコーデュラパンツなどを履いていましたが、エクスプローラージーンズの快適さには敵わず今年も奮発してエクスプローラージーンズのメッシュ版を購入。

安くはありませんが、繰り返しになりますが、革パンであること、再染色ができること、カジュアル感が強いこと、特に、この製品は非常に長持ちすることでも有名で、10年以上使い続けることも可能なので、革パンとして考えても決して高い商品ではないと思います。

右が昨年から使っているエクスプローラージーンズで、左側がエクスプローラーメッシュジーンズ。サイズはいずれも36インチサイズ。いずれもオールドブラックという濃紺色です。右側のエクスプローラージーンズはやや色あせしていますが、いい感じでエイジングされているといったところでしょうか。ガンガン洗濯機にぶち込んでいるので色あせもやや早めかもしれません(笑)
再染色可能なので色あせは気にしていません。
見た目は同じです。サイズ感も全く同じ。メッシュの方はやや裾を長めにしています。

裾の調整は購入店で購入時に多少時間があればその場で修正してくれます。なお革パンなので、一般的な洋服のリフォーム屋さんに持ち込んでもできないと言われる可能性が高いので、購入時に裾上げを頼んだ方が手間がかかりません。

裾の仕上げと裾の内側からの見た感じと外側から見た感じ。結構細かくメッシュが入ってます。そのため皮革自体の強度は多少落ちているかもしれませんが、気にするほどのこともないと思います。逆にメリットとして通常のモノよりも一段と革が柔らかく感じます。もっとも通常のエクスプローラージーンズも十分柔らかいのですがね。

前回も書きましたが、デザインはご覧のように昔ながらのジーンズそのものです。なので、全体的に幅広でぼてっとした感じ。ザ・ジーンズといったところでしょうか?昨今の流行からするとスキニー系が大流行ですが、そのようなモノがお好みの方用にエクスプローラーネオジーンズっていうのが今年に発売されました。おしゃれに着こなすのであればそちらの方が良いかもしれません。

でもまぁ、最近のライダーは高齢化が進んでいるので、昔ながらのカタチの方が中高年には似合うっているのではと我ながら思ってしまいます。特に私のようなメタボな人も中高年には多いですし(ちなみに私もバリバリの中高年です…笑)

色合いを比べてみました。奥側が1年半使用、洗濯機でガシガシ洗った通常のエクスプローラージーンズ。手前側がまだ未使用状態のメッシュ。
こうしてみると、結構色あせしてますね。それがまた良いのですが。

エクスプローラージーンズを購入する際に注意していただきたいことがあります。それはサイズ感。私は普段ユニクロとかエドウィンとかの一般的なジーンズを買う時は34インチでちょうどいい具合で35インチだとかなり大きめで、ベルトできっちり締めても生地が余るくらいでみっともないことになってしまいます。なので初めて購入した時は35インチでも良いかなと思っていたのですが、クシタニ水戸店の店長さんに36でも怪しいかもと言われました。
え~!?と思ったのですが、実際のところ35では全然ダメで36でジャストサイズ。
まぁ痩せろってことではありますが、エクスプローラージーンズに関して言えば、普段履きしているジーンズ…特にユニクロとかエドウィンとか…よりも確実にタイトです。ちなみに、同じクシタニで売っているクシタニエドウィンコラボのパンツに関しても一般的なエドウィン製品と同じで、エドウィンとのコラボ製品だと35インチでもかなりブカブカという状態です。
また、股下寸法についても一般的なジーンズよりもかなり短め。私のような胴長短足な、ザ・日本人という体形の人ならまだしも、昨今のモデルのような体形な人(やせ型、高身長)だと股下の長さが寸足らずとなる可能性もあります。
あともう一つ。裏情報として。オンラインショップにもカタログにも記載されていませんが、37インチの製品も実は存在しています。今回も購入時に通常版の37インチも試着しましたが、これだと私には大きすぎでした。36インチが履けない~って人ももしかしたら履けるかもしれません。
なので、初めて購入される方は絶対に試着されることを強くお勧めしておきます。

ただ、何度も言うようにモノ自体は非常に良く出来ており、10年~15年普通に使えるクオリティなので、買って損は絶対ないと思います。

クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました




去る5月11日、箱根の大観山にあるアネスト岩田スカイラウンジで開催された、クシタニコーヒーブレイクミーティングに行ってきました。

ただ、コーヒーを飲むだけというイベントなのですが、ツーリングがてらに寄るライダーも多く、ただでさえ混んでいるスカイラウンジですが、この日はいつも以上に混んでいました。
しかしながら、当日は天気も良く、富士山も大変きれいに見えました。

富士山を見るとワクワクするのはなんででしょうかねぇ…日本人なんだからかな(笑)