古い3D markをやってみた

ベンチマークソフトというPCやスマホ、タブレットなどの性能を図るソフトウェアがあります。有名なところでは、PC markや本ブログでもたびたび掲出しているCineBenchなどがあります。そんな中で、ゲーミング性能を比べるソフトウェアで一番有名なのが
「3D mark」というベンチマークがあり、元々はfuturemarkという企業が開発したベンチマークで、主にはPCのグラフィック性能を図る目的で作られたソフトウェアです。歴史も比較的古く、3D mark99としてリリースされたベンチマークソフトでしたが、ほぼ毎年アップデートされ、現在でも3D markとしてリリースされています。そのときどきのAPIを採用し、常に最新機能を測ることができるソフトウェアであるため、かなり重宝しております。

では、現在のシステムで当時の3D markを走らせるとどの程度の性能が出るのか?という点が気になります。PCなどのデジタルデバイスは性能の進化も滅茶苦茶早く、下手すると5年前くらいの最高峰システムでも、現在のエントリークラス程度の性能しかないなんてこともごく当たり前だったりします。逆に当時の最高性能jのPCは、現在ではどの程度のPCで当時の最高性能を発揮できるのかということも気になります。
ということで、当時スコアを競ったいにしえの3D markを現在のPCで走らせるとどうなるのか?をやってみました。
なお、すでに当時の3D markソフトウェア持っていませんので改めてULのサイトからDLしてきました。DLしたのは、3Dmark2001SE、3Dmark03、3Dmark05の3点。ちなみに3Dmark2000と3Dmark99もDLしましたが、99は起動せず。2000は起動~最後まで完走はしました。が、システムインフォが起動できずスコア非表示。また、05はスコア表示がオンラインブラウザでしか確認できず、オンラインブラウザがNOT FOUNDで表示できません。したがって、結果として表示できるものが03と2001SEのみとなっています。なお、いまさら有償版というわけにもいかず、解像度の変更ができないためいずれも1280*1024のSXGA解像度で実行しています。

3D mark2001SE
当時はどんなに頑張っても4桁行けばいい方と思っていました。

3D mark 03
インフレ率ハンパねぇっす。驚きの6桁。何かの間違いじゃないかと思いましたが、実行中のグラフィック画面を見てますと、フレームレートが1000/secとか2000/secとかになります。これくらいの数字が出てもおかしくないのです。

確かに、実行中の画面を見ていますと、現在の3Dシーンとかとはレベルが違いすぎ。明らかにCGですよっていうのがまるわかりです。
逆に言えば、現在の3Dグラフィックがいかに作り物っぽくないっていうことが、改めてわかる結果となりました。

しかし、デジタルデバイスの進化って、改めて過去を振り返るといかに猛スピードで進んでいるかっていうことが良くわかります。あと10年、いや20年経つとどれだけ進化しているのか想像もつきません。



RYZEN 7 5800X

AMD製最新CPUである第4世代、Zen4ことのRyzen5000シリーズが2020年11月6日に国内発売となりました。
当日の秋葉原はかなり賑わったようで、特にRyzen 9シリーズである、5950Xと5900Xは瞬殺、その後も時おり少数ながら入荷しているようですが、ほぼ現時点(11/17現在)でも入手困難な状況です。
同じRyzen5000シリーズでも下位の5800X、5600Xは入手困難というレベルには至っておらず、ショップやネット通販でも比較的入手しやすいようですが、それでも確実に入手可能というほどでもなく、店舗によってはいまだに買えないという状況のようです。

今回のRyzenシリーズは、これまでのCPU内部構造を大きく見直しており、CPU内部でのデータ通信の遅延を減らすことなどで、前世代であるRyzen3000シリーズからかなり大幅な性能アップを果たしています。

特にゲーム性能については、Ryzen3000シリーズまではINTEL Coreシリーズに追いつきそうで追いつけないという状況でした。肉薄はしていたのですが、追い抜くことまではなかなかできないというかなりじれったい状況でしたが、初めてINTEL製CPUをブチ抜くという快挙に至ったわけです。

これまでのRyzenシリーズは、ゲーム以外の部分については多コアに云わせてINTEL製CPUよりも有利なソフトウェアも多くありましたが、今回のRyzen5000シリーズの発売で「完全勝利」と言い切ってよいと思うほどの状況となったのです。

ということで、新型Ryzen買ってきました。左下に5000 SERIESと印字されています。今回からCPUクーラーが付属しないモデルが多くなり…というか付属するのが5600Xのみ…なので、パッケージも簡素化されています。

ラベルのところはあまり変化なし。

で、さっそく取り付け。これまで使っていた3700Xと交換しました。

マザーボードはこれまでと同じ ASUS TUF GAMING B550-PLUS。
BIOSは最新の1212にアップデートしています。ベータ扱いだけどね。

アッセンブリは中国。前世代ではマレーシア産の方が良いとか言われていましたが、今回はどうなのかは不明です。

で、さっそくCineBenchi R20での比較。

3700X
CPUスコア 4683

5800X
CPUスコア 6004

23%のアップとなりました。もっとも、比較対象が3700Xであるためクロックとかが異なるので、単純な比較にはなりませんがシングルの数値がとんでもないことになっています

CPUスコア(シングル) 614

3000シリーズはどんなに頑張っても600台は出ませんでしたが、ポン付け交換したのみで600台を記録しています。設定を詰めればあと10~20程度上乗せ可能と思われますので、620台は固いと思います。

Ryzenシリーズの凄さを垣間見ましたが、次年度以降ZEN4が予定されており、どれだけ高速化するのか、ここ数年はAMD製CPUから目が離せません。

クシタニのツーリングブーツ その3 K-4518Z ガルドシューズIV

前回、ネオブーツのについてインプレなどを書いてみましたが、引き続きブーツのお話です。
今回は、ガルドシューズlVについて。
ガルド「シューズ」という名前ですが、実際はシューズというよりもブーツです。一般的な認識では、くるぶしをすっぽりと被せる履物がブーツでくるぶしがあらわしとなるものがシューズというイメージですが、ネットを漁ってみても明確な定義は無いようです。
ネオブーツと比べて明確に違うのは、トゥ部分とアッパー部分で、ガルドシューズは明確にトゥ部分があるのに対して、ネオブーツは明確なトゥ部分が無く、アッパー部分がそのままトゥに繋がっているとなっている点ですね。靴の専門家でもありませんので、この辺の違いが名称に関係するのかはわかりませんが、少なくとも、ガルドシューズの方がトゥがあるだけに先端部分がネオブーツよりも高くなっています。これはその後ろ側のアッパー部分が高くなることを容易にできます。そのため、ガルドシューズの方が足の甲部分が高く、履いた時に余裕があるという作りになっています。元々日本人は甲高の人が多く、外国製のブーツなどだと、足の甲の部分がキツイという話をよく聞きますが、ガルドシューズの場合は、足型を日本人の足からとっているということのようなので、典型的な日本人にはガルドシューズの方がフィット感が高いとのことだそうです。

真横と斜め後ろから。ガルドシューズは踵の立ちがほぼ垂直。ネオブーツはやや後ろ側に「寝ている」ように見えます。また、開口部も外側です。なおネオブーツは内側。

正面から。チェンジパッドが付いてなく、皮革の2重構造での対応。そのため左右でのデザインでの差異はありません。また足首の部分はシャーリング加工がされており、足首の動きは妨げられません。これはネオブーツも同じです。

後ろ側。後ろ側にもシャーリング加工。ナイロン部分はなく、すべて皮革で作られています。

斜め上から。ガルドシューズにはネオブーツと異なりベロが付いています。ネオブーツと異なり、外側はすべてが牛革です。ネオブーツは一部にナイロンが使われています。

一番違うところがソールです。ガルドシューズはフラットソール。かなり滑りそうなソールですが、かなり防滑性は高いとのことで、相当テストしたとのことです。実際、使ってみても、見た目とは裏腹にツルっと滑るような感触はありませんでした。
また、ソールがフラットであるため、ステップのポジションの自由度はかなり高く、結果疲労も少なく感じました。

ソール部分ですが、後ろ側はかなり細かい凹凸が付いていますので、防滑性の高さの一因となっているかもしれません。

ベロ部分の内側にはKWPのタグ。MADE IN JAPANのタグも付いています。

ガルドシューズとネオブーツは以前であれば、ネオブーツは完全防水、ガルドシューズは完全防水ではなく撥水というところで差が付いていましたが、今年モデルのネオブーツから完全防水ではなくなりました。そのため、両者の違いは単にデザインだけという事になるようです。いずれの製品も撥水牛革、いわゆるKWPレザーを使用していますので、そこそこの耐水性は確保していると思いますが、長い時間雨天走行する場合ではブーツカバーが必要になると思います。
ただし、クシタニを擁護するわけではありませんが、他のメーカーで完全防水を謳うライディングブーツやライディングシューズを使ってきましたが、いずれの製品もやはり長時間雨天走行すると雨水が内部に浸入しました。
構造的にも、完全防水を謳うわりには、ベロの部分が一体でなく、明らかにここから水が入るんじゃね?という作りのものばかりで、確かに生地そのものは防水生地かもしれませんが、構造的に防水ではないよね?という製品が多いように感じます。
しかし、クシタニの製品の場合、完全防水を謳うアドーネシューズを見てもらうと良くわかるのですが、ベロの部分が外皮と一体成型されており、これなら雨水の浸入もかなり防げるような作りになっています。今回紹介した両製品はともにベロの部分などの開口部が外皮と一体となっているため、かなり雨水の浸入を防げる構造になっており、それだけを見てもクシタニ製品の品質の高さや誠実さが感じられるところでもあり、同社の信頼性の高さにもつながっていると思います。

クシタニのツーリングブーツ その2 K-4535 ネオブーツ

前回のエントリでお知らせのとおり、本来、クシタニのネオブーツをご紹介しようと思いましたが、状況が変わってしまい、クシタニのツーリングブーツとしてご紹介しようと思います。

先日、初めてネオブーツを履いてロングツーリングに行ってきました。軽いし、柔らかいし、フィット感も抜群。こりゃぁいいや!って思いながら、ツーリングを楽しんでいたのですが、10月後半となる今日この頃だと、朝晩の冷え込みが結構厳しくなります。冬装備でツーリングを楽しんでいたのですが、ジャケットの袖口から入り込む冷気によって、ジャケットの中もかなり冷えてしまいますね。
こりゃたまらん!とばかりに、翌日、地元クシタニショップに行きまして、袖口を覆うようにカバーできるK-5586 アウトドライブラストグローブを買いに行ってきました。ついでに(どうせ品切れだろうな)って思いながら、何気なく店長さんに「ガルドシューズIVの26㎝ありますかぁ?」って聞いたのが運の尽き。あっさりとありますよとお返事が!
「やべっ」って思いましたが、もともとガルドシューズIVを他店に買いに行って無かったので、ネオブーツを買ってきたのですが、なんと地元ショップにあるなんて!なんてことでしょう!
もう買うしかありませんでしたよ。笑うしかないですね。

この際、クシタニの2大ツーリングブーツの比較でもやってしまおうかと思いまして、今回のエントリに至ります(笑)

ってことでクシタニ ネオブーツとガルドシューズについて
その1 ネオブーツ編です。

左側がネオブーツ、右側がガルドシューズです。

まずはネオブーツから

典型的なライディングブーツの形をしています。つま先側の形状などは、まんまライディングブーツの形です。また、全体としてやや甲の部分が低めでカッコいい!

脛の内側がやや高くバイクをホールドしやすい形状なのと、内側がファスナーとなっており、内側から大きく開く構造です。

こんな感じ。ファスナーとベルクロ2か所で固定。また、ファスナー自体もバイク側に傷が付きにくいように内側にオフセットされています。

踵部分。踵上から向う脛あたりまでが皮革ではなくナイロン生地でリフレクター付きですね。

その上側。ベルクロで足首の太さ調整ができるようになっています。また、この一番上の皮革のところはパンチング加工されています。

甲部分。左側のみチェンジパッド装備。チェンジパッドは皮革ではなくTPR(熱可塑性プラスティック)素材です。

ソール部分。ビブラムソールのADVENTURE TRAVELっていういわゆるタンクソールです。

さて、使い心地。
GOOD 軽い!柔らかい!疲れない。抜群のフィット感!
NEGATIVE 甲部分がややきつい
ネガティブなところはこれくらいしかありません。あと、防水機能が省かれましたから、雨天時の浸水状況が気になるところ。いろいろな人のブログやお店の店長さんなどに聞く限りでは、短時間ならば浸水の心配はないとのことなので、これまでの自分の状況から考えるとほぼ問題ないと思います。

長くなりましたので、本エントリはここまで。次回はガルドシューズIVについて書いていきます

クシタニのツーリングブーツ その1

クシタニのツーリング用ライディングブーツであるK-4535ネオブーツです。
これまでずっと使っていた、アルパインスターズのFASTERシューズがついに壊れまして、その代わりにこのツーリングブーツを購入しました。
インプレ等はまだまだですが、第一印象は滅茶苦茶柔らかい!となります。もちろん従来の革製ブーツと比較しての話ではありますが。

ガルドシューズとネオブーツ、特にネオブーツは今年モデルからアウトドライメンブレンが省かれまして、これまでの完全防水ではなくなり、撥水牛革という仕様に変わっています。あまり…というかほとんど機能的な差異はなくなりました。ほぼガルドシューズのデザイン違いの製品と思っていただければ間違いないと思われます。
完全防水のブーツやシューズはこれまで同じクシタニのアドーネシューズしか持っていませんでしたが、特に雨の中を走るというシチュエーションがほぼありませんでしたので、特に完全防水でなくても大丈夫との判断での購入です。
実際の使用感などは後に書くとして、デザイン面や他製品との比較画像を貼っておきますので、サイズ感などをご確認いただければと思います。

AVIREXのYAMATOブーツとの比較。高さはほぼ同じ。なので、意外とネオブーツは大柄なのです。

GAERNE タフギアとの比較。タフギアの方がやや低いようですが、ソールの高さはほぼ同じかややタフギアの方が気持ち低いくらいです。どちらの製品もブロックパターンなので、歩行感は柔らかめ

クシタニアドーネシューズとの比較。アドーネシューズの方が明らかに低い。ただしこちらについてもいずれの製品でもブロックパターンのソールを採用しており、街中を歩くときなどは滑りにくく普段使いとして使用しても違和感は少ないと感じます。

バイク用ブーツではありませんが、レッドウィングのベックマンとの比較です。カテゴリが全く異なる製品なので、単純に大きさだけを比べてみました。ちなみにベックマンはフラットソールです。

いずれ近いうちにインプレなどご紹介しようと思います。

*追記
本来、このエントリはクシタニ K-4535 ネオブーツとしてエントリしましたが、ちょっと状況が変わりまして、表題を変えました。
その理由については次回以降のエントリで…