マイニングをやってみた話

何かと世間を騒がせているBITCOIN、だいぶ前(7~8年)にも仮想通貨というキーワードで流行しました。当時、自宅サーバーを運営していたこともあり、どうせつけっぱなしのPCがあるから、という理由でサーバーを立てると同時にPCが動いていれば仮想通貨が採掘できるということで約半年間くらいやっていました。結局HDDが壊れたとかの理由でウォレットの中身が消失してしまい、採掘した仮想通貨はなくなってしまいましたが、当時、確か20万円分くらいは溜まっていたと思います。ウォレットを復活させようといろいろとやってみましたが、どうにもならずかなり残念な思いをしたことが蘇ります。

時は変わって、令和の現代、米国テスラ社のイーロンマスクさんがBITCOINに投資するという話が世界を駆け巡りました。すると、当時200万/1BITCOINだった価格が爆上げとなり最高値で600万を超える勢いで上昇し、慌てて参入する企業や個人が非常に増えてしまいました。
その後(2021年5月23日現在)イーロンマスクさんのBITCOINマイニングによる炭素排出量増大のよる温暖化の影響によりBITCOINでテスラ社製の電気自動車の購入を止めるなどの報道や、中国政府によるマイニングや仮想通貨の規制強化の報道により大暴落している状況となっています。

とはいえ、いくらかでもお小遣い稼ぎにでもなればいいやという人も少なくなく、いまだにマイニングを続けている人も少なくありません。

具体的にマイニングとはなんぞや?という仕組みについては他の詳しいサイトに譲りますが、私も久しぶりにマイニングを始めてみました。
当初マイニングを初めて行った時よりも環境の方はかなり整っており、PCにあまり詳しくない人でも参入は比較的容易になっています。

必要なものとしては、今使っているWindowsPCがあればとりあえずはマイニングそのものはできます。ただし、採掘量は極めて少ないと言わざるを得ません。採掘量を増やすために必要なものがグラフィックボードです。
私の場合、自作機を持っており、しかもグラフィックボードもそれなりの性能のものを持っているため、より簡単にマイニングができる環境があったということが一番大きな理由なのですが、グラフィックボードの性能が一番採掘量に影響を与えるため、高性能なグラフィックボードの方が採掘量も増えるということになります。以下、マイニングを行う際に気を付けたいところについてまとめてみました。

(まとめ)
1
自作機、または、メーカー機でもグラフィックボードを搭載しているWindowsPCがあればマイニングは可能。ただし、採掘量はグラフィックボードの性能に直結している

2
基本的な考え方として、マイニングによって得られる仮想通貨は日本円に換金ができる。ただし、1円=1BITCOINなどというように決められたレートはありません。

3
1BITCOINの価値は刻々と変化する。そのため、持っている仮想通貨を日本円などの現物貨幣に交換する際も日々刻々と変化する。そのため、今回のような大暴落が起こると現物貨幣に交換すると、持っているコイン数は同じでも現物貨幣に換金する際に手にできる現物貨幣の総額は大きく変わる。
例:保有BITCOIN数が1コインの場合、現在のレートではおよそ380万円。しかし、約1か月前では約650万円。

4
以上を踏まえて、マイニングを行う場合について考える。
マイニングを行う際の必要なものはPC、高性能なグラフィックボード。ほかにはPCを運用する際に発生する電気代。すると、PCやグラフィックボードなどの機器代金+電気代が経費となります。機器代金はイニシャルなコストですから、購入当初のみ必要。マイニングを行う時に必要なのが電気代。一般的には、マイニングをする際にはPC電源が入れっぱなしになると思いますので、1日あたり、あるいは1か月あたりの電気代を計算する。

5
私の場合、PC2台で運用しています。1台当たりの消費電力が約250W。(ワットチェッカーでの実測値)
なので、2台で500Wとなります。これの1か月あたりの電気代を計算してみます。すると、約1万円との計算結果となりました。

6
ランニングコストが1万円(電気代)。さらに機器代をどう判断するかということになります。趣味の延長でという考えであれば、機器代は無視でもいいかもしれません。それでも月に1万円の電気代がかかりますから、月に1万円以上の採掘量がなければ、赤字ということになります。
さらに、現状、高性能なグラフィックボードは半導体不足とマイニング需要によって非常に高価。というか、ボッタくりとも思える価格です。この部分のコストも計算するとなると、仮に採掘量が2万円/月であれば、稼ぎのうちの1万円が電気代、残りの1万円で償却するという考え方になります。
最高性能であるグラフィックボードを使用すれば採掘量は増え、回収金額も増えますが、電気代も増加しますし、バランスを考える必要があります。

7
私の場合での採掘量と経費
採掘量はおよそ0.008BITCOIN/月。現在のレートでは、約29,000円/月。
電気代が約10,000円。残り19,000円。グラフィックボードが10万円×2台=20万円
なので、償却するまで、20万÷1.9万=10.5月でグラフィックボード代の償却完了。その後は月々1万9千円の利益。
という計算が成り立ちます。

8
仮想通貨で稼ごうとするならば、この数字をどうとらえるかということにつきます。さらに、採掘量は一定ではなく、マイニングを行う人が増えれば採掘量は大きく減りますし、行う人が減れば採掘量は増えます。ただし、マイニングをする人が減ると、コインの価格も下落しますし、増えれば価格も上昇します。しかも、このコインの価格と実際の貨幣とのレートも刻々と変わりますから、単純にBITCOINの価格が暴落したといってもそれを補える分の採掘量が増えれば良いわけです。

9
なので、BITCOINなどの仮想通貨をマイニングしようとする場合は、電気代が実際の貨幣価格を上回らない限りは良いのではないかと思うようにしています。


CPUのピンひん曲げてしもうた

やっちまいました(泣)
Ryzen 7 5800Xの取り付けでやらかしましたわ…

コレ、実は取り外す時ではなく取り付け時に起こしてしまった事件です。

思えば、CPUクーラーの取り付け時に、ソケット側のロックが甘かったと思われます。そのため、CPUがソケットから浮いたような状態になっており、無理やりマザーボード側ソケットの爪に簡易水冷クーラーヘッドのひっかけるところがうまく嚙み合わなかったため、無理やり押し付けてクーラーヘッドを取り付けようとして、一部のピンがひん曲がったものと思われます。そりゃそうですよね。CPUがソケットから浮いたような状態になっていて、CPUの高さがロックがかかっている状態よりも高くなっていたため、クーラー側のひっかけるところが相対的に高くなってしまい、嵌るものも嵌らなくなりますわね。

泣くに泣けませんよね、何と言っても59,800円のCPUですから。
このままお釈迦にするのも悔しいので、ネット上でCPUピン曲がりの修理サービスを行っている方を見つけまして、相談したところ修理可能とのことでした。
結果、無事にCPU復活!安くはありませんが、比較的リーズナブルで修理できましたよ。新品買いなおすよりは全然安上がりで大変助かりました。

https://cpuprs.info/
こちらで修理していただきました

クシタニ K-5330LD コンフォートディアグローブ

クシタニオンラインで時々発売されるモデルでリミテッドモデルっていうのがあります。
一種の限定商品なのですが、これらについては、事前にクシタニオンラインで「こういう商品を発売します」ってことを告知して、購入希望者を募った上で生産開始。その後事前予約したユーザーのみが購入できるっていう販売形態です。
今回発売されたのはグローブでして、もともとあった定番商品であるコンフォートグローブのバージョン違い、具体的には、素材を牛革からエゾシカ革に変えた物となります。
クシタニの革ジャンでもディアシングルジャケットというエゾシカ革を採用したジャケットが限定版として発売され、さらにディアスキンネオパンツっていう同じくエゾシカ革を採用した革パンもオンラインショップ限定で発売されたりしました。その一連の流れから、エゾシカを採用したグローブも発売されたのですが、某店長の話によると、エゾシカは、北海道に現在50万頭弱存在しており、農作物を食い荒らす、ときどき自動車やJRの列車と衝突したりして、人間様にとってはどちらかというと害獣扱い。(実際、北海道に乗り鉄しに行ったときに、鹿と正面衝突して約30分ほど抑止を喰らいましたよ)そのため北海道としては費用を払って駆除しています。ハンティングされたエゾシカは鹿肉としての利用がほとんどなのですが、そもそも鹿肉を加工する施設も少なく、ハンターさんの自家消費や廃棄処分となるものがほとんどであり、まして鹿革として利用するにも北海道内には鞣す工場が無いようで、鹿革として商売上成り立たないというのが実情のようです。
しかしながら、鹿革は、柔らかく、しなやか、洗える、丈夫、通気性がよく乾きが早いなどの優れた特性をもつ素材であり、これまでにも、紐類、手袋や財布、剣道具などに加工され、メガネ拭きや貴金属の汚れ落としても愛用されてきました。
ただ、鹿革としての利用は原皮全体の3%程度の利用でしかなく、有効活用されているかといえば、まったく活用されていないのと同様のようです。
ただ、クシタニの某店長さんんが言うには、そこそこの数のエゾシカ革が入手できたからということのようで、…ならば、皮革として極めて優れた素材であるエゾシカ革を利用した製品を作ってやろうとなったものと考えます。
そうはいっても、流通量が極めて少ないモノであることや、牛革などと異なり、鹿革として使える部分の大きさが極めて小さいこともあり、まして、ハンティングで狩られるエゾシカですから、銃跡がある部位も使えませんので、本当に極めて少ない数量であるためリミテッドモデルとして作られたものであると考えます。

手の甲側。形はコンフォートグローブと全く同じです。しかし、革の表面がやや異なりますね。普通のコンフォートグローブよりもシボがやや多めです。

手のひら側。写真だとかなりつやつやしているように見えますが、実際はそこまでつやつやしていません。セミグロスくらいのイメージです。
コンフォートグローブの特徴でもありますが、手首のところのがベルト止めではありません。スポッと手にはめるだけの作りで、非常にカジュアル。

手首側の側面に、クシタニブラックアウトシリーズでおなじみのブラックフジサンマークが縫い付けられていました。

手のひらの掌部分はソフトプロテクターが装備。

手のひら側のすべり止め。この部分は牛革っぽいです。

人差し指の先端部分は導電素材となっているようで、スマホ操作も可能っぽいです。自分のiPhoneでは一応動きましたが、実用的ではないと感じました。もっとも他のメーカーのグローブでも同じようなものなので、スマホ操作は素直にグローブを外して行った方がストレスがたまらないと思います。

付け心地とか操作性とか
オリジナルのコンフォートグローブを持っていませんので、オリジナルとの比較はできませんが、自分が持っているグローブと比較すると、ライダーズグローブとの比較になりますが…
ライダースグローブよりもやや硬め。革自体の質感はコンフォートディアグローブの方が上。
革自体の厚みがコンフォートディアグローブの方が厚め。なので、安心感は高い。厚みがあることで、革自体の硬さが固く感じるのかも。ただ、使い込むことで硬さは変化する可能性があります。
あと、鹿革の特徴として、剣道の防具として使われていることからも滑りにくい素材なのかもしれません。確かに、ほかのグローブよりも手首への負担は少ないと感じました。この点についてはもうしばらく様子を見てみないよ何とも言えなくもないのですが、少なくともこのグローブを着用してSRを一日中乗り回した結果、明らかに手首が痛くなりづらかったと感じました。

WEB限定の事前予約商品なので、今から入手するのは難しいかもしれませんが、クシタニ各店では予約以外での取り扱いも一部店舗ではあるようです。ただ、今後の新規発注は難しいと思われますので、店舗在庫限りとなりそうなので、気になる人は早めに動いた方がいいかもしれません。

クシタニ K-2363 アクアジャケット

クシタニの2021 春夏モデルがほぼ発売開始されました。毎年恒例ですが、だいたい3月終り頃までにはすべてのモデルが出そろいますが、今年は特にメッシュ系ジャケットの発売が例年以上に早く、メッシュ系ではないモデルのほうが遅く入荷なんてこともありましたが、2021モデルのラインナップも順調に進んでいるようです。

で、今年はアクアジャケットを購入。1月にはレギュレーターライトジャケットも購入してしまったのですが本命はコチラのアクアジャケットが本命でした。

いつものように、まだ本格的に着用できる気温とまではなかなかいきませんので、とりあえず、外観と機能のチェック、多少使ってみたインプレなどを公開していきます。

クシタニ K-2363 アクアジャケット

テキスタイル系ジャケットの中でもフラッグシップ扱いの防水ジャケットです。秋冬モデルのアロフトジャケットとほぼ同じコンセプトの製品で、クシタニ製品群の中では雨を気にせず、カッパ着用なしで長時間走れるジャケットというカテゴリの製品で、特に防水機能が優れているという製品です。
秋冬モデルのアロフトジャケットと同様、かなり防水、浸水対策が施されていながら、通気性にも配慮がされています。

防水性は生地に由来しますので、縫製や機能的な方法での浸水対策がかなりなされていますので、そのあたりから。

襟元

襟元。コンテンドジャケットのような襟ではなく、ぐるっと回りこむような作りで浸水防止を狙った形状。ただし、アロフト系が大き目な襟元なのに対して、アロフト系よりもやや小ぶりな作りです。アロフト系は浸水防止性重視もありますがそれよりも防寒性が重視されるため、小ぶりな作りになっているものと思います。

襟元を回り込まなくさせなくてもタブ上の襟を収めるためのベルクロが装備されています。雨が降っていないときなどは、このような止め方の方が風を通しやすく、ジャケット内の熱気を逃がしやすく、理にかなっていますね。

襟のタブを収める前の状態。ベルクロの位置がお分かりいただけるかと思います。

前身頃

前身頃の構造。生地が折り返されており、雨水がジャケット内に入りづらい構造。

ベルクロの内側にYKK製のファスナー。2重構造で雨水を防いでいます。

おなか回りの切れ込み。前傾姿勢でもおなか回りへのジャケット食い込みが少なくなるような形状ですね。クシタニ製品は他のジャケットでもこのような作りになっており、SS系などの前傾の強いバイクに乗る場合でもお腹への負担を減らす工夫がされています。

袖口

袖口のタブ。タブを絞め込む位置と絞め込まない位置とでベルクロの位置を変えています。

絞め込まない場合のタブを留める位置。タブのベルクロが他の前身頃のベルクロにくっつきづらい作りです。洗濯時などに重宝しますね。

ポケットの水抜き穴

両脇ポケット下部のドレンホール。ポケット内部が防水仕様であり、内部に水が浸入しにくい構造ですが、まったく入らないわけではなく、ポケット内部に水が入り込んだ時の水抜き穴です。防水構造のジャケットやバッグではごく普通の仕様です。ゴアテックス系のジャケットなどでもこのような作りになっているものが多いですね。

内ポケット

ジャケット内のインナーポケット。左胸側に装備されています。

お腹周りの締め込み部分と袖の締め込み部分

脇腹部分の締め込み調整タブと上腕部。両側ともにバタつき防止用タブが付いています。が、上腕部の袖に留めるホックの他にメス側のホックが余分に付いているように見えますが、実はこれが袖のエアインテークを開放させるためのホックです。

開くところはベルクロでびっちりと密着していますが…バリバリと剥がすと

ファスナーが出てきます。これを開けることでエアインテークとしているのですが、ベルクロ併用なので、簡単に塞がってしまいます。しかし、このファスナーの内側には更にホックが隠れています。

中のホックをタブのホックにくっつけることで、パカっと開きます。こうすることで、走行中はしっかりと風が腕に入り込んでくるのです。

この構造の偉いところは、単にファスナーで開閉するだけだと、雨水をファスナーのみでで防がなくてはなりませんが、ファスナーの上から防水生地をかぶせることで、防水効果を高めるだけではなく、確実にエアインテークの役割を果たせることです。

走行風エアの排出側

一方、入ってきた風はどこから逃がすのかと言いますと、この背中の大型フラップから風を排出する仕組みです。ゴア系ジャケットやエクスプローラージャケットと同様ですね。ただし、エクスプローラージャケットと根本的に違うところが大型フラップ内部にファスナーが有るか、無いかの違い。

見てのとおり、アクアジャケットには内部にファスナーが仕込まれています。積極的に風を取り込みたくない時には、このファスナーを閉じておけます。雨天走行時は結構寒くなりますしね。このファスナーの存在は大きいですよ。

ファスナーを開けた状態。二の腕から入ってきた風はこの背中側から抜けていく構造。これがあるとなしとでは、走行時のバタつきが顕著に違いますね。

デザイン

デザインについては、コンテンド系のような派手な感じもなく、かといってアメニタやクラリティのようなカジュアル感も薄く、正統派のライディングジャケットといったデザインです。

左肩と左胸のところにスラッシュフジサンマーク。

背中側にデザインされたリフレクター。この形のリフレクターはここ数年のクシタニ製品では定番となっているマークですね。

左側の裾まわりに小さく「MOTO PERFORMANCE」ロゴ
このMOTO PERFORMANCEロゴですが、一部ユーザーからは思いっきり嫌われているようで、某巨大掲示板などでは、このロゴを無くせ!と声高に書き込んでいるユーザーを見ますが、ライディングジャケットなのですから、これくらいアピールがあってもいいと思うのですが。むしろ、アクアジャケットのそれは非常に小さく書かれています。
逆に、そういうことを言う人たちは、ユニクロとかGUのジャケットを着ればいいじゃんなどと某巨大掲示板では言われていますが(笑)

着用感について

本日は、風が強かったものの、天気そのものは晴れており、気温も寒すぎず暑すぎずといった非常に恵まれたツーリング日和。で、早速着用してきました。
気温は13℃から15℃程度。やや寒めでしたが、冬用インナー着用でちょうどいい感じでした。
ジャケットそのものは、軽い着心地で特にストレスを感じることなく着用できました。実際のところ、降雨時にどうなのかについては何とも言えませんが、少なくとも縫製と機能を見る限りはかなり期待できそうです。
やや気になった点ですが、生地自体が柔らかく軽いのは良いのですが、何となく薄く感じました。防御力はパッド類に依存する方が多いとは思いますが、コンテンド系などと比較しての薄いという感じなので、ひょっとすると、防水機能との兼ね合いでそう感じるのかもしれません。
ただ、さすがクシタニと思わせる縫製や立体裁断、機能面などはこのモデルでも健在であり、これからの本格的なツーリングシーズンには欠かせないジャケットとなりそうです。

メインマシンの更新

Ryzen 5000シリーズをサポートするマザーボードはAMD B450、X470の他に3000シリーズが発表されたと同時にサポートされた新チップセットであるX570シリーズと、それからしばらくして発表されたB550シリーズです。
最新のチップセットはB550シリーズですが、PCI-E4.0をサポートするのはCPUから出ているPCI-Eであり、チップセット側はPCI-E4.0をサポートしていません。チップセット側でPCI-E4.0をサポートしているのは、X570シリーズのみでした。AMDの考えとして、ハイエンドはX570チップセット、ミドルクラスはB550チップセットを想定しています。そのため、グラフィックボードは特にRadeon RX5000シリーズで、初めてPCI-E4.0 をサポートしました。
また、最新のPCでは、ハードディスクに代わりSSD…特にNVME接続のSSDが一般的になってきており、ハードディスクは初めから搭載しないPCも増えてきています。
そのSSDもこれまでのPCI-E3.0だけでなくPCI-E4.0をサポートする機種が増えてきており、複数のNVMEのSSDを搭載するPCが一般的になってきました。そのため、ハードディスクレスのPCが多くなるにつれ、PCI-E4.0のSSDを複数搭載するPCも特別なPCではなく、ごく一般的になってきています。
ここで問題となるのが、PCI-E4.0をサポートするマザーボードの選択が重要となります。つまり、CPU側のみがPCI-E4.0をサポートするマザーボードですと、PCI-E4.0をサポートするNVMEのSSDが1台しか取り付けられないという問題が発生します。
そこで、チップセット側もPCI-E4.0をサポートするコンシューマ向けマザーボード、となるのですが、現状では、X570チップセットしかないという状況なのです。

私が使用しているPCはB450とB550のマザーボードですが、これらだと、PCI-E4.0のNVME SSDが1台しか取り付けられないため、B550マザー搭載マシンをX570マザーに入れ替えることにしました。

まずは、B550マシンの解体。CPUをはじめ、グラフィックボード、Wi-Fiボードとメモリも取り外し。
A-RGBによるLED照明もかなりこてこてに付けていたので、いったんこれらも取り外し。配線をやり直そうという思惑もあってのことですが、交換時の作業効率を良くするという意味もあります。

SSDはPCI-E4.0のWD SN850。発熱がハンパないので、アマゾンで購入したヒートシンクに20ミリ小型ファンをねじ込んで使っています。このファンがあるだけでもSSDの温度はかなり温度は下がりました。

取り外されたパーツたち。

入れ替えるマザーボード、X570チップセット搭載のASUS ROG Strix X-570F GAMINGです。
ここで問題発生。私の転用予定のSSDはサードパーティ製のヒートシンクを取り付けているのですが、このヒートシンクが邪魔となり、マザーボードのチップセットファンカバーとかSSD用ヒートシンクが取り付けできません。
SSDのヒートシンクががっつりと密着しており、とても剝がせそうもありません。しかたなく、カバー類は取り外したまま運用することにします。

と、まぁ前マシンの解体だけで疲れてしまい、本日はこれで終了
明日以降気が向けばボチボチ組み立てしていきます。

にしても疲れた~