クシタニ ジョカーレジャケット






今年のクシタニオンライン福袋に入っていた K-2236ジョカーレジャケット

昨年末に購入した3万円の福袋に入っていたジャケットです。2016年モデルでして、現在はすでにカタログからはディスコンになっている製品でした。パーカー風のフードが付いており、クシタニ製品の中では比較的対象年齢が若い人向けの製品っぽいです。

春夏モデルなので、いまだ未着用。試着だけはしてみましたが、第一印象は生地がめちゃくちゃ柔らかい。また、色合いもムラ染めっぽく、落ち着いた雰囲気な製品。

クシタニの春夏モデルは肩、腕、背中にCE LEVEL2のプロテクターが標準で装着済みですが、この製品についても標準装備されています。

かなりカジュアルに振ったジャケットですが、ライディングウェアだけあって、それなりの機能も装備されています。

背中側のベンチレーター、左右両脇の下側に2箇所

腕のベンチレーター。肘上の両腕に2箇所。吸気側2箇所と廃棄側2箇所で、一般的なベンチレーション構成です。

後ろ側から。背中の辺りに皮革をあしらっており、おしゃれな感じです。

写真で見ると、作業着に見えなくもないのですが、実物は生地自体に高級感があり、ムラ染めの雰囲気もなかなかのモノです。

あと、この製品の特徴と言えるところは、スポーツ系ジャケットであれだけMOTO PERFORMANCE推しなのに対して、クシタニロゴはおろか、富士山マークも表からは一切見えません。普段着として着用しやすいようなデザインです。

フードはドローコードで閉めることが可能ですね。また、前身ごろのファスナーの一番上のところは生地が折り返されていて、ファスナーの持ち手のところを入れ込むことが可能で、かなり丁寧なつくりであることがわかります。

唯一見える富士山マーク。ファスナーの裏側の生地が2重になっていて暴風性能を確保していますが、その上の端っこにかわいく富士山マークが隠れています。

実際にまだ使用していませんので、使用感のインプレはこれからですが、街乗りなどの普段着風な使い方に適しているように思います。しかしながら、セローなどのオフ車などにも合うかもしれません。ミューラージャケットはロング丈なので、オフ車向けにいいかもと思いましたが、意外とジョカーレジャケットとEライドパンツなどとの組み合わせで林道ツーリングにも合いそうです。

クシタニ ウィンターモードスポルトジャケット






2017秋冬モデル、クシタニ製のK-2670ウィンターモードスポルトジャケット

実は、この冬はGORE-TEXジャケットを買ったりしたので、冬用ジャケットは買うつもりは無かったのですが、今年のモデルからスポーツライディング系ジャケットがインナー別体式に変わりまして、一体式のウィンタージャケットがウィンターチームジャケットのみとなりました。インナーが別体式だと当然単独でインナージャケットのみを使用することができるわけですが、クシタニのインナージャケットって何となくオシャレっぽいんですよ。

当初はインナージャケット単独で使用、あるいは夏用ジャケットのミューラージャケットとかを冬でも使いたい!って思ってましたので、今年の年明け早々、地元のクシタニショップに行ってホワイトグースダウンジャケットを見に行ったのですが、あいにく目的のサイズが完売状態。しかたなくクシタニオンラインでホワイトグースダウンジャケットをぽちって見たのです。しかしながら、どうみても小さい…他のウィンタージャケットのインナーよりも明らかにタイトなんですね。

仕方なくインナージャケット目的で、またまた地元のクシタニショップに行き、試着の上、きちんと着用できることを確認した上で普通のウィンタージャケットを購入することになってしまったというのが本当のところではあります。

せっかく買ったので、インナーのみで使用するのももったいないので、これも使うことにして、さっそくインプレ。

2017年春夏モデルのモードスポルトジャケットと並べてみました。デザインはほぼ同じです。どちらにも肩から胸にかけて、ジャケット本体の色と同系色で「MOTO PERFORMANCE」の文字が入っていて、一応リフレクター的な扱いとなっていますね。

生地については、秋冬用のほうが防風性確保のためかややゴワゴワした質感ですが、バリバリに硬いということはありません。あくまでも春夏用と比較しての話です。

また、賛否両論なのが、腕のロゴ。

これ、かなり派手です。(笑) 嫌いじゃぁないですけど。
クシタニ製のジャケットってどちらかと言えば、ちょっと落ち着いた感じで、見るからにライディングウェア然としてないところがある意味特徴だったりしたのですが、昨年モデルあたりから、スポーツ系ジャケットは「MOTO PERFORMANCE」推しが半端ないですよ(笑)嫌いじゃぁないですけど。胸にガッツリとSIM○SONとかYE○○WCONEとかが入っているよりはよっぽどいいとは思います。最近ではあのGOLDWINも「GWN」などというロゴを胸のところに入れてますからね。

他の部分はというと、

肩と腰のところの富士山マーク。これも定番のアイコンです。背中にも特に派手なロゴとかは入っていませんね。クシタニがおしゃれと感じるのもこんなところです。

さて、問題のインナージャケットですが、

今シーズンの他のウィンタージャケットと同様、キルティング生地がX型に縫い目が入っています。中綿が落ちにくいということなのですが、細かい模様の方が確かに中綿は落ちにくいでしょう。しかし、保温のカナメともいうべき中綿の絶対量はやや少なめかも。あまり中綿を増やすとアウターとのバランスがが崩れますし、なによりもモコモコになってしまい、体を大きく動かすシチュエーションでは動きにくくなることを嫌ってのことだと思います。両サイドにもポケットがあり、普段使いには全く問題なさそうなのですが…

内側はすげード派手でした。嫌いじゃないですけどね(笑)

問題の性能は結論から先に言いますと、正直言って昨年モデルのウィンターヴィターレジャケットの方が防寒性能は高いと思われます。

気温6℃、着衣はウィンドストッパーインナーシャツのみ着用し、コイツを着て走ってきました。天気は晴れでしたが、かなり強風が吹き荒れるような天気でした。
まず、感じるのはウィンターヴィターレと比べると、全体的に冷えやすい…何となくですが、防寒性は明らかに劣化しているように感じました。また、ウィンターヴィターレと比べて全体的にタイトな仕上がり。腕周りもきついように感じました。そのため、保温空気層が確保されにくく全体的に寒く感じるのではないかと思われます。また、ゴアテックスショートジャケットと比べてみてもゴアテックスショートジャケットの方が明らかに暖かいのですが、インナーがゴアジャケはダウンなのに対して、ウィンターモードスポルトジャケットが化繊ということでの違いが出ているのかもしれません。ただ、防風性はタイトなだけあって寒風が中に入りにくいということが挙げられます。防風性能は他のジャケットよりも優れているように感じます。

あと、このレッドツイルという色なんですが、改めて投稿した写真を見てみると、かなり派手な赤色に見えますが、実物はかなり落ち着いた赤色でえんじ色に近い色味で、決して派手ではありませんよ。逆に若者が着るとおっさん臭いと言われかねないような色味です。

Arai ASTRAL-X






アライのツーリング向けヘルメット、ASTRAL-X
同じくアライヘルメットの最高峰であるRX-7Xも持っていますが、RX-7XとASTRAL-Xとどう違うのか?

ASTRAL-XはASTRO-IQやASTRO-PRO SHADEの後継として2016年に発売された、ツーリングでの使用がメインであるライダー向けのトップクラスの製品です。発売からすでに2年近く経過しており今更感も否めないのですが、普段使いしているアストロプロシェードの後継モデルということで、気にはなっていましたが、なかなか購入には踏み切れませんでしたし、気になるグラフィックモデルが発売された後も、Amazonなども時々はチェックしていました。しかし、なかなか価格も下がらないし、そうこうするうちに、欲しかったグラフィックモデルが、ひょっとするとディスコンになるかもしれない…という噂も耳にすることもあったりして、思い切って近くのライコランドで購入。なお、在庫分はサイズも限られており、XLサイズも無いかもしれないという状況で、代理店を何店舗かあたってもらい、ようやく入手することができました。

このCURVE BLUEというカラーリングにある意味一目ぼれしたので、思い切って購入したわけですが、実はフルフェイスヘルメットのグラフィックモデルってあまり買ったことがありません。これまではほぼ単色モデルばっかり買っていたのですが、カッコいいグラフィックモデルが発売されたから買ったというのが本音のところです。

プロシェードを下げた状態。新型シールドのVAS-Vプロシェードシールドシステムと比べてアストロプロシェードのスーパーアドシスIプロシェードシステムよりもアウターバイザーが大型化、形状も丸みがなくなりやや角ばった形状になっています。そのため、前作よりもアウターバイザーが被る範囲が広がり、よりバイザーとしての効果は高くなっています。
また、アウターバイザーを動かす際もいったん手前に引き出すという手間がなくなり、ラッチで止まった位置でロックがかかるようになっています。前作ではバイザーを動かした際は手前側にグッと押し込まないとロックがかかりませんでしたから、使い勝手も良くなっています。



帽体は、パッと見た目はRX-7Xと同じに見えますがややRX-7Xの方がやや小さく、シェル自体もこれまでのPB cLcからPB SNC2というRX-7Xと同じものに変更されています。おそらく帽体はほぼ同じものと思います。

一番の違いはベンチレーションの形状で、よりツーリングに適した形状に変更されています。
アストロ系と同じような形状ですが、ダクトの開閉機構がシーソー式(ボタン式)からスライド式に変更され、エアーの入り口がシャッター形状になっています。RX7-RR5はシーソー式でしたが、RX-7Xも形状こそ異なりますが、同じくスライド式に変更になっています。確かにシャッター付き形状の方が、閉めている限りは走行中に虫とかゴミとかがインテークに入りこんでくる事はなくなりますから、ある意味理にかなっているのかもしれません。しかし、一番のメリットはシーソー式だとインテークの穴を上から蓋で抑えているだけなのに対して、シャッター式だと空気自体がインテークに入り込むこともないので、蓋が浮き上がることもありませんし、ノイズの低減にも効果がありそうです。

ASTRAL-Xの内装

RX-7Xの内装

内装に関してもRX-7XとAstralではほぼ同じで、外観からの違いは判らないレベルです。

実際の使用では、RX-7XがSSなどのかなり前傾したバイクに乗ることを想定している作りで、実際、MT-10のようなネイキッドバイクで比較的前傾度が弱いバイクに乗っていると、頭部ベンチレーションの効きが今一つ。やや下向きに顔を向けた姿勢だと、かなりエアーが入ってきます。
逆にASTRAL-Xはと言うと、ネイキッドバイクのような直立に近い姿勢でもかなりインテークから風が入ってきます。ASTRAL-Xはさすがツーリングモデルだけあって、ネイキッドバイクやツアラー、アメリカンなどの前傾度の弱いバイクに向けたモデルだと思います。

ただ、頭頂部のエアインテークのスライド方式は正直言ってあまり使い勝手が良いとは思えません。シーソー式だと走行中でもボタンを押すだけなので比較的簡単に開け閉めしやすいのですが、スライド式は操作レバーがやや硬めということもあるのと、指で前後に動かすという操作なので、ワンタッチというわけにはいかないのです。なので、走行中に開け閉めするのはお勧めできません。ボタン式でシャッターが開け閉めできるような形式の方が使い勝手は良いのではないかと思われます。

これまでASTRAL-XはASTRO PROSHADEの後継モデルかと思っていましたが、実際使ってみると、単純な後継モデルではなくRX-7Xのツーリング向けモデルであると改めて認識しました。SSのような前傾度の強いバイクに乗っていないというのであれば、ASTRAL-Xの方が絶対お勧めです。

相鉄線西谷駅の現在 相鉄•JR直通線事業




あと2年!

実家のあるすぐそばの駅である相鉄線西谷駅では、現在相鉄•JR直通線事業が行われています。開業時期は2019年度の予定と、あと2年くらいなのですが、分岐駅となる西谷駅の現在は、西谷トンネルの入り口がぽっかりと口を開けていました。

トンネル内は軌道工事もほぼ完了。線路も見えます。

ホーム部分はPC枕木の設置がこれから行われるようです

上に見えるのは東海道新幹線。ここが「新横浜」駅になってたらウチの実家の不動産価格がものすごいことになっていたかもしれません(笑)

新しくできていた人道橋の上から西谷駅側。ちょうどこの辺りから本線外側が西谷トンネルの入り口あたりになります。

上りホームの大和寄り。待避線の工事はこれからが本格化しそうです。

下り急行11000系電車。この電車がJR線内に入線すると思うと胸熱ですよ(笑)

ヘルメット改修






ヘルメット改修!
長年使用しているフルフェイスヘルメット、Arai ASTRO PROSHADE COMMANDモデルですが、まだまだ現役で使うために若干改修しました。
帽体のトップ部分には水抜き穴があるのですが、通常ですとプラパーツで塞がれています。このプラパーツを外して通気口とし、シャッターを付けました。
同じくAraiのRX-7Xには標準で付いていますが、そのRX-7X用パーツを取り付けました。

天辺にちょんまげが付いたような(笑)
このヘルメット、帽体がほかのAraiのフルフェイスヘルメットと比べて若干小さいようで、なかなかベンチレーションも優秀なのです。とは言え、RX-7Xよりはベンチレーション性能が劣るような気がしないでもないので、更にベンチレーション機能を高めるための改造でした。

丸太のベンチ





丸太のベンチ!
道の駅みわにあるベンチですが、丸太をそのまんま加工して作ってあります

テーブルは樫木、ベンチは杉、テーブルの脚は欅を使っているそうです。テーブルの天板はさすがに1枚ものではありませんが、ベンチに使用している杉の木は丸太をそのまま四角く加工しています。
ベンチを持ち上げようと試してみましたが、ピクリとも動きません。設置するだけでもクレーンを使ったと思いますが、一見の価値はあると思いますよ!

ビーフライン、ふるさと農道グリーンライン、萩ロード





茨城県でツーリングと言えば…
笠間市をスタート地点とするビーフライン~ふるさと農道グリーンライン~萩ロード…終点は北茨城市です…が有名ですね。
笠間から北茨城までこれら3本の広域農道を繋ぐとおよそ100㎞とプチツーリングには最適なルーティングとなります。

晩秋から冬にかけては、いつもの栃木、福島コースが降雪で走れなくなりますので、この農道3ルートは冬場の日帰りツーリングでおなじみの道ですが、ひと足早く走ってきました。
この時期、途中にある花貫渓谷の紅葉がちょうど見ごろとなりますが、すでにピークの時期を過ぎており大した渋滞もありません。

このルートは笠間市から常陸大宮市の国道118号交点までのいわゆるビーフラインは、某宗教団体の集団墓地があったり、ゴルフ場があったり、工業団地があったりで交通量もそこそこあるのですが、国道118号から先のふるさと農道グリーンライン、国道349号交点まではだいぶ交通量も少なくなり、特に最後の国道461号、花貫渓谷から先の萩ロードとなるとほとんど車も走っていません。
なので、萩ロードがお勧めの道かと言うと、この区間が最も路面が荒れており、段差やクラック、更に東日本大震災で路面崩落などの影響もあり、決して走りやすい道ではありません。
ツーリングペースでのんびり走るのには問題ないレベルではありますので、茨城にツーリングで来られる際にはぜひ走っていただきたい道ではあります。

萩ロードの途中、小山ダム分岐の先にある退避スペース。一応自動販売機も置かれていますが、まわりはゴミだらけ…残念

このルートで唯一海が見える場所。路肩も広めで、ここに車を止めてもいいよってアピールしているような場所。実際、よく車が止まってます。

よーく見ないとわかりませんが、MT-10の後ろに観光客と思われるトヨタ、シエンタが止まっていました。

一応、Fazer8時代にこの道をyoutubeに全線アップロードしています。

ビーフライン(笠間市石井‐常陸大宮市鷹巣)

グリーンふるさとライン(常陸大宮市上大賀‐常陸太田市上大門町)

グリーンふるさとライン(常陸太田市西河内下町‐高萩市中戸川)
萩ロード(高萩市大能‐北茨城市華川町小豆畑)

約1年ぶりの遊森歩





大子町の奥久慈パノラマ林道沿いにある、ときどきお邪魔している喫茶店、「遊森歩」に約1年ぶりに行ってきました。
この辺りは紅葉が丁度見ごろとなっていてまして、遊森歩のまわりもきれいに色づいていました。

今年の紅葉は、夏の間に雨が続き決してきれいな色づきをしているわけではありませんが、それでもまわりの木々が良い色に色づいていましたよ。

舗装されているとは言え林道なので、セローで行ってきました。奥久慈パノラマ林道のようにこういった細くて曲がりくねった道はやはりセローの方が全然ラクです。

また、大子と言えば奥久慈シャモが有名。なので、帰りには奥久慈シャモを使った親子丼を食してきました。
ログテラス鰐ヶ渕という国道118号沿いにあるログハウス風のレストランで、ちょっと怪しい雰囲気もあるのですが、味は間違いなかったです

卵が硬すぎのように見えますが、これは自分が半熟卵が苦手なため、無理を言って思いっきり固焼きしてもらったため。本当は、真っ黄色の黄身が添えられています。

また、お店の裏が店舗名にあるように鰐ヶ渕というところで、久慈川でも有数の絶景の場所です。

久しぶりにセローにも乗れたんですけど、帰りにGSで鍵を思いっきりひん曲げてしまいまして、ちょっとショック…

フレームスライダー





MT-10のフレームスライダー取り付け完了

SW-motecのフレームスライダーがようやく届きました。

そんなに売れてる車種じゃないので、カスタムパーツが少ないのは仕方ないんですけど、納期かかるパーツが多いですね。

アクスルスライダーも2ヶ月以上かかりましたし、今回のフレームスライダーも約2ヶ月…

でも、前後のアクスルスライダーとフレームスライダーのデザインが共通なので、バランスは良かったのかなと思っています。

納車から約半年経ちましたが、やっとカスタマイズの一応の完成形となりましたよ。とりあえずは当初の目的通りのカタチになりました!

リアアクスルとフロントアクスルのスライダー。デザインも共通です!

ゴアテックスとゴアウィンドストッパー その4





実際のところ、どうなんでしょう?

ゴアウィンドストッパーインナーの上下と

ゴアテックスショートジャケットを直接インナーの上に着用し、

更にゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで気温10℃の中走ってきました。

状況は曇り。
あれ?思ったよりも暖かくない!
とは正直思いました。
が、
10分も走ると全く違った感じで、寒くならない!普通バイクでちょっとハイスピードで走ると比較的早く寒くなってくるものですが、なかなか寒くならない…というか全然変わらない!
なので冷えないんですね。ウィンターグローブとかだと指先が冷たくなっては来ますが、この組み合わせだと身体は冷えてこないんですね。
晴れてくると普通は暑くなるので、晴れた時に使ってみて保温状態がどうなるのかが気にはなるところですが、第一印象としてはかなり良さげでした。

(追記)奥日光の戦場ヶ原まで走ってみました。おそらく気温は6℃程度でしたが、上ゴアジャケットと下ゴアパンツ、インナーは上下ともにゴアウィンドストッパー。寒さは感じませんでしたが、高速走行時に胸のあたりが若干寒いかな?って程度でした。

むしろ、下に降りてきて15℃程度の気温の時のほうが暑くなり、特に晴れ間が出てると明らかに暑い感じです。

昨年モデルのウィンターヴィターレも相当優秀でしたが、ゴアウィンドストッパーインナーをアンダーに着用してゴアテックスショートジャケットとゴアテックスオールウェザーパンツの組み合わせで、この冬は乗り切れそうですよ