クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニの2020年、春夏ジャケットが発表されました。
昨年のラインナップと大きく変わらず、主にはデザイン面でのマイナーチェンジで、「MOTO PERFOEMANCE」の文字位置が変わっていたりする程度で、他にはカラーチェンジが主だったところのようです。しかし、その中で大きく変えてきたモデルがありました。それがここ数年マイナーチェンジを行っていた「レイジャケット」です。

写真を見てもらえば一目瞭然ですが、ついにフード付きになりました。
昨年の秋冬モデルでもゴアテックスショートジャケットのモデルチェンジ版でもある「アロフトジャケット」もフード付きに変わり、時代はフード付きだぜィ!ってな感じだったのですが、ついに、レイジャケットも!

フード付きってのは悪くはないのですが、良く言えば若向きなデザイン、悪く言えば、オヤジ達向けではない!っていうイメージではないかと思っておりましたが、そこはクシタニ、比較的年齢層を選ばないデザインでまとめたなって感じです。

今回もパフォーマンスショップ横浜店で購入しましたが、ショップ店員さんによると、結構40~50歳台くらいの人たちにもウケは良いようで、これまたあっという間に売り切れになりそうです。

細かい部分を見ていきますと

ところどころに皮革があしらわれていたりしてなかなか所有感を満たしてくれそうな出で立ちだったりします。

後ろ側にはフードを止めるためのループが付けられていました。
また、横一本のディンプル加工がなされた皮革も以前からのレイジャケットと同様です。

機能上でフードのほかに最も変わったと思ったところが、脇下のストレッチ素材。以前のモデルよりも明らかに大型化していました。

また、袖口のところは全周テキスタイルとなっており、前モデルのようなストレッチ素材は採用されていません。

ちなみに製造国は日本。これもレイジャケットならではだと思います。

手持ちの2017年版、ワイズギアのスタイルジャケットとの比較。スタイルジャケットは実質レイジャケットであり、比較するにはちょうどいいと思いまして比較してみました。

明らかに脇の下部分のストレッチ部分が異なりますね。

正面部分の比較
ファスナー内側の「ベロ」の大きさも異なります。が、今年モデルの方は、きちんと腹回りがえぐられており、ストレスがかかりにくい形状ですね。

生地そのものも以前のモデルと同様、コットン100%な生地ですが、2017年モデルと比べて、圧倒的に柔らかい素材に変わっています。生地の厚みは以前のものよりも薄くなっているように感じますが、「柔らかい」というところを優先したとも考えられますし、風通しを、より一層優先したとも考えられます。また、生地自体も昨年モデルと同様リップストップ素材と言う格子模様の生地となっており、以前のレイジャケットのようなのっぺりとした印象からガラッと変わっています。このデザインにより生地自体の強度も上がっているとのこと。
ショップ店員さんが言うには、圧倒的に風通しが良いとのことでしたので、生地を薄くして風通しを良くするのと同時に生地自体が薄くなることでの強度低下をリップストップ織で補っているのではないかと思います。

全体としては、レイジャケットのイメージはそのままで、機能性、デザインをブラッシュアップした、というところでしょうか?
全体のイメージとしては、以前あったジョカーレジャケットにかなり近いと思います。
良くも悪くも、これまでのレイジャケットは、どちらかというと、ライディングジャケットの正統派という感じだったのですが、今年モデルは、正統派でありながら、より幅広い年齢層にも気軽に着用できるジャケットになったといった感じです。

Ryzen9 3900X

今年の7月7日、AMDから第3世代のRyzenが発売されました。
これまで、Ryzen 7 1700、2700Xと乗り換えてきまして、その性能の高さに驚いておりましたが、第3世代Ryzenはついに12コア24スレッドに到達!更に11月には16コア32スレッドというコンシューマ向けCPUとしては過去最大のコアを搭載したCPUも発売されるとのこと。これまで、RyzenだとThreadRipperや、INTELだとXEONなどのいわゆるHEDT市場向けとも思えるCPUが一般的な価格で購入できること、マザーボードも一般的なSocketAM4なモノが使えることなど、2~3年前では考えられないような事が現実となっています。

現在(2019年11月17日現在)購入できるRyzenシリーズ最高峰であるRyzen 9 3900Xですが、実は9月中には国内Amzonで購入済みでして、ここ1か月くらい使い倒していました。

現在でも入手性が良いとは言えず、現時点でも私が購入した時よりも高値で売られています。現在だと7万円~8万円。アキバ系のPCショップでも入荷すると即完売状態が発売から3か月以上経っているにも関わらず続いています。なお、アキバ系PCショップだとほぼ定価で購入できるようです。ちなみに定価は59,800円+税となっています。私が購入した時でさえ若干高く、税込み65,200円(購入時は税8%であるため)でしたが、現在ではとてもこの値段では買えないようです。

いろいろベンチをやってみましたが、比較対象としてRyzen2700X、要は3900Xと入れ替える前のマシン。

まず、3DMarkのTIMESPY

2700X

総合スコア4386 CPUスコアが見づらいですが、8616です。

続いて3900X

総合スコア 5377 CPUスコアが大幅アップの11933

あと、マルチスレッドだと性能を発揮しやすいベンチマークソフトとして、CINE BENCHってのがありますが、CINE BENCH R20で測ってみました。

すると驚きの7000超え。シングルスレッドでも500超えも普通に出ます。

実質Windowsを使うにはINTEL(インテル)かAMDしか実質的には選択肢がなく、長年AMDにとっての目の上のたん瘤のようなINTELでしたが、今回は久しぶりにINTELがフルボッコにされているようです。

さてさて、非常に高性能というのはわかりましたが、ネガティブなところって無いのかというと、さすがに完璧なCPUというわけには行かず、問題(というほどものでもありません。(笑))も正直あります。

ネガティブなところ。
とにかく爆熱。気を抜くとあっという間にリミッターが作動。ちなみにRyzenはかなり多量のセンサーを実装しており、かなり正確な数値を拾ってくれているようです。

なお、Ryzenの場合、CPUコアの温度が95℃を超えると電圧を下げて、クロックも下げるという機構が採用されています。

で、Ryzen 9 3900Xパッケージを購入すると嫌でも付属してくるのCPUクーラーですね、このCPUクーラーなのですが、予想以上に冷えません。(笑)

Ryzenシリーズにはサーマルスロットルリングという一種の安全装置が装備されていて、CPU温度が95°Cを超えるとクロックと電圧を下げる機能が実装されています。CineBenchとかを走らせながら、HWmonitorなどでCPUコア温度とか見てるとあっという間に90°Cを超えてきます。

こりゃいかんと、CPU クーラーをCoolerMastee製のMA410Pに交換し、更にファンを排気側に追加したところ、かなりマシにはなりましたが、それでも80°Cから85°Cくらいまでは上昇します。

確かにこれまでのAMD製品とは異なり、本気でINTEL製の製品を凌ぐ性能ではありますが、本気で戦うならば、冷却にはかなり気を使わないとRyzenの真の性能を発揮できないと思われます。逆に言うと、PCケースを含めてCPUクーラーやケースファン、エアフローなど総合的に冷却を考えて組んで行くとモンスターマシンが組めると思います。

ちなみに今度発売されるRyzen9 3950XはCPUクーラーが付属せず、更に簡易水冷が推奨となっており、プロセス微細化とともに発熱の問題が大きくなってきているということなのでしょう。netburstアーキテクチャーPentiumDを彷彿とさせるような事態です。もっともPentiimDは大コケしましたが。

カテゴリー: PC

クシタニ K-1951 ミッドジャケット




クシタニの2020年秋冬ウェアが発表され、続々と店舗に入荷しているようです。

例年ならば、8月後半から秋冬ウェアの発表と予約が始まるのですが、今回発表された秋冬モデルは昨年モデルのカラーチェンジが多く、がらっと変わった、あるいは新たに発表されたモデルがあまりなく、今年のモデルはスルーかなぁと思っていましたが、カタログを見てみると今シーズンから、これまでの秋冬モデルのジャケットのうち、インナージャケットのみを単体で発売するようで、ちょっと驚き。クシタニのインナーはかなり評判も良いらしく、以前から単体での販売を希望されるユーザーが非常に多かったともショップの店長さんも言ってました。そのためなのでしょうが、インナージャケットの単体売りっていうのが今年の大きなトピックです。

あともうひとつ、新モデルとして発売されたのが、今回購入したミッドジャケットというインナージャケット。カタログで見た限りでは、普段使いでも十分使えそうってことと、フードが無いってことも大きなポイントです。
昨年購入したミッドパーカーは今年も若干デザインが変わりましたが、継続販売されており、こちらも新モデルとして購入可能。ただ、フード付きってのが、純粋にインナーとしてみた場合、非常に邪魔くさい。ミッドパーカーだけでも着用可能なのがこの製品のウリなのでしょうが、ミッドレイヤーとして見た時にはフードは邪魔でしかありません。実際、昨年購入したミッドパーカーはほぼ普段着としてしか着用しませんでしたし、普段着としての使い勝手も申し分ないってことも大きな理由でした。

で、今年のミッドジャケットですよ。純粋にインナーとして使うのを前提とした作りになっており、もちろん普段着として使っても違和感ないデザインではありますが、作りがミッドパーカーとは全くことなります。

外観ですが、腕のところに小ぶりなポケットが付いています。あまり実用的とは言えないと思いますが。容量も小さいですし。それと、胸のところのスラッシュフジサンマーク。このあたりは普段着として着用しても違和感無いようなデザインだと思いますし、あえて、アウターとして使われることも想定しているなによりの証拠でしょう。

背中側。レーザーアウトレットホールが装備されているのと、腰のところにリフレクターが付いています。これらを見てもアウターとしても使ってね!というメッセージでしょう。

このモデルはブラック、ホワイトモデルで部分的に白い生地とファスナー類が白。もう一つ、全部ブラックのブラック仕様もあり2色展開ですね。
袖口がジャージっぽい生地で、手首にかかる負荷もかなり低減されているようです。ちなみに、サムホールも付いており、極寒時にはかなり有効な装備。

ここからは、さすがクシタニと思えるところ。まず、肘の部分は腕の曲がりに合わせてプリーツが3か所入っています。そのため、最初からライディングスタイルに合わせた腕のカタチになるような工夫がされており、腕へのストレスをなるべくかけないような形状になっています。

ファスナーの襟のところ。生地で折り返しがあり、直接ファスナーの持ち手のところがのどに当たらないようになっています。ここの部分って首に当たるとかなりウザいんですけど、このような工夫はさすがです。ちなみに逆の下側も同じように折り返しがあります。

前身ごろを開いての内側。
赤いところが縫製されているところですが、かなり複雑な形状になっていることが判ります。これって、できるだけ身体にフィットさせるように立体的な縫製がなされていることが判りますね。実際に着て見ると、タイトだけど動きを妨げないっていう非常に凝った作りになっています。こればっかりは着て見ないとわかりません。

最後に生地はどんな感じか?というと、これまでのクシタニの冬用インナー…わりと肉厚でゴワゴワとした感じ…が一番近い。なので、防風性はかなり良好だと思われます。また、防風性が高いが故にレーザーホールを付けたのではないかとも思います。
ちなみに、クシタニの冬用インナー…最近のはわかりませんが…ゴアウインドストッパーインナーの頃のモノをイメージしてもらうと一番近いと思います。
だとしたら、防風性、保温性もかなり期待ができるのではないかと。実際に着用できる季節が来るのが楽しみになります。

奥只見ツーリング2019年版




ここ数年毎年訪問している奥只見湖をめぐる酷道…もとい国道352号に自宅(水戸)~塩原~南会津~檜枝岐~南魚沼を回ってきました。
例年、いろいろなバイクで行っていますが、今年はNC-700Xで突撃。お盆休み中の倉敷ツーリングに引き続いての出番となりました。長距離ツーリングはやっぱりNCが楽じゃね?ってことです。

例年と異なるのは、いつもなら素通りしているのですが、今年初めて、野岩鉄道の男鹿高原駅に行ってみました。

周りに何にもない駅として有名であり、実際のところどうよ?ってことで寄ってみたのですが、まさに秘境駅。写真に写っている駅のほかには写真の左隣に野岩鉄道の変電所があるだけ。さらに左に行くとヘリポートがありますが、ここ雑草が生い茂っていました。商店はおろか民家すら無いところにある駅でして、なんでこんなところに?って感じの駅です。
おそらく、変電所があることと、このあたりは栃木福島の県境でもあり、相当辺鄙なところには違いないのですが、駅から300Mくらい林道を走ると国道121号、352号、400号の重複区間の部分でして、多少なりとも民家もありますので、災害時の緊急対策用としてヘリポートを整備したのではないかと思われますのでその関係で駅も作られたのではないかと。また、男鹿高原駅自体は栃木県なのですが、となりの会津高原尾瀬口駅は福島県となりますので、境界駅という側面も持ち合わせているのではないかと思います。ちなみに、この駅を通る野岩鉄道ですが、となりの会津高原尾瀬口駅は当初野岩鉄道の管理駅だったのですが現在では会津鉄道の管理駅となります。

男鹿高原駅を後にして、南会津を経由して檜枝岐に向かいます。

つぎに寄ったのは道の駅ひのえまた。
檜枝岐村は尾瀬への入り口としても有名で、また福島県で最も南西部に位置する自治体。ただし、人口減少も半端なく、2019年の推計で561人(Wikipediaより)と福島県内で最も少なく、また人口密度では全国一低い自治体です。まさに秘境。

さてここからが酷道の本領発揮。延々と1.5車線の道が70km以上にわたって続きます。しかも奥只見湖に沿って貼りつくように作られている道なので、くねくねがこれでもかというほどに続きます。

福島新潟の県境である金泉橋。

しばらく走ると、蕎麦の花が咲いていました。

このあたり、冬季は完全に道路が封鎖されますので夏の短い期間しか訪れることができませんし、ここで農業の営んでいる人も普段はここで生活しておらず、夏場だけここで農業を営むそうです。なにせ日本有数の豪雪地帯ですからね。積雪3Mとか4Mとかが普通らしいので。

道端にNCを停めて記念撮影。ここも夏場しか人が住んでいません。案山子がちょっと怖いのですが(笑)

そんなこんなで銀山平到着。

しかし、ここ数年、毎年訪れていますが、ここは本当に良いところですよ。なかなか来づらい場所なので、秘境感もまた半端ないです。

ってことで、日帰りツーリングとしてはやや走りごたえのある500㎞/日となりました。
NCで走ってみて感じたこと。
DCTなので楽って言えば楽ではありますが、タイトコーナーかつ上り下りが続く今回のような道では、かえってマニュアルの方が走りやすいかもしれません。
また、MT-10のような重さは感じませんが、それでもやはり重い。MT-10は重いのですが、運動性能が高いだけあって、ヒラヒラ感が強いため、意外と乗りやすいのですが、NCはただただ鈍重という感じ。これはエンジン特性によることも大きく、4000回転以上が使い物にならないことから、上り坂などでもうひと踏ん張りというのが思うようにいきません。また下り坂では勾配がきついと勝手にシフトアップしてしまうこともたまにあるため、フロントブレーキを多用することになりやすく、そのための姿勢の変化で疲れやすいと言う点があります。やはりNCは一般道や高速メインでの長距離ツーリング、ただし飛ばさないという条件付きで。というのが一番しっくりくると思います。

これまでにこのルートで訪れたバイクたちで一番乗りやすいのはやはりセロー。次にDJEBEL125。その次にSRかな?やはり重量級バイクでこのコースはしんどいってのが本音です。

倉敷ツーリング




今年(2019年)のお盆休みは約5年ぶりの倉敷にツーリングに行ってきました。

倉敷は、学生時代に住んでいた町でありますが、当時は瀬戸大橋はおろか山陽自動車道も開通しておらず、当時の記憶だけでは倉敷インターチェンジから倉敷駅へすら行けません。完全に浦島太郎状態。写真は倉敷駅側から岡山方面に向けた大島交差点の青看、旧国道2号線のモノですが、昔ここの交差点に玉姫殿があったのを覚えている人はそうそういないのではないでしょうか(笑)

駅前のホテルにバイクを置いて、駅前のアーケード街を散策しましたが、アーケード街は残っているものの、店舗が大幅に変わっており、それこそ昔はいろいろな服屋とか雑貨屋とか洋品店などがあったのですが、ほぼほぼ壊滅しており、飲み屋さんや飲食店に変わっていました。

そんなアーケード街の中にある、倉敷らしいお店は健在。そう、あのぶっかけうどんのふるいち。ここは昔ながらのお店として残っていました。

ぶっかけうどんと言えば、今では丸亀製麺が有名ですが、元祖ぶっかけうどんはこのふるいちですね。やや甘めの濃密な「たれ」をうどんにほんの少しだけ「ぶっかけ」てずるずるとすするのですが、やっぱりぶっかけうどんと言えばふるいちが一番だと今でも思いますよ。

その後現地の友人と久しぶりの再会を祝して、近くのスナックで軽く一杯ひっかけてホテルにて就寝となりました。

翌日は、朝早くに起きだして、美観地区に向かいました。

美観地区の倉敷川沿いにNCを止めて記念撮影。その後、水島地区(当時住んでいたところ)や児島地区(学校があったところ)などを回って帰途につきました。

走行データ
8月11日~8月13日
総走行距離1,949㎞
使用燃料量66.6L
総合燃費29.26㎞/L

おまけ

帰り道ですが、グーグルマップに指示されるままバイクを走らせていましたが、名神高速が例のごとく大渋滞。グーグルマップが名神高速を避けたルートを選択してくれたおかげで、関西最大のバイクのメッカである道の駅「針テラス」に寄ることができました。(名阪国道を通るルートを選んだためですが)

せんとくんにも会えたしね