クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その3 K-2359 ベクトルジャケット

クシタニの普段着として使えそうなフーディシリーズ第3回目は

K-2359 ベクトルジャケット

春夏用の柔らかい生地でできたジャケットです。これまでの2着とは異なり、これはフーディではなく完全にライディングジャケット。ライジャケなので、背中と肩と肘の部分にプロテクターが標準装備されています。また、裏地もしっかりとメッシュ生地が装備されています。

一般的なライディングジャケットではありますが、生地は一般的なジャケットとは異なり、ジャージっぽい生地でかなり柔らかい生地です。一般的なライディングジャケットだと、走行時のバタつき防止や転倒時に身体を保護しやすいようにパリッとした生地が多いのですが、このジャケットはまるで逆で、柔らかい生地でかつフワフワ。また走行風もかなり通すため、防風とは無縁なジャケットです。さらにレーザーホールまで付いているため、クシタニジャケットの中ではメッシュジャケットを除くと一番風通しが良いと思います。

このモデルはブラックアウトモデルでして、全体が真っ黒。しかし、生地自体は黒というよりも濃いグレー色といった感じです。アクセントで赤が所々にインサートされています。

ブラックアウトモデルの特徴である肩の富士山マーク。これ以外のベクトルジャケットはスラッシュフジサンマークです。

生地のデザインであるストライプ模様はやや薄いグレーでプリントされています。

レーザーホール。後ろ側にも装備されています。風通しをより一層通りやすくしています。真夏でも着れるかも。メッシュジャケットと同じ程度かやや劣る程度の風通しが期待できます。

首周りのファスナー処理。直接喉にファスナーが当たらないような配慮がされています。ちょっとしたことですが、こう言ったところが流石と思わせるところなんでしょうね。

今年モデルからは胸部プロテクター用のベルクロが装備されました。そのためフラップも大型化。ただ、ベルクロ取り付け部の艶のある生地部分(おそらくPUだと思います)がすぐにはがれそうな気がしなくもありません。PUだと加水分解するので、正直あまり使ってほしくはないのですが。

インナー側のメッシュ生地。ほかのジャケットと同様、ポリエステルのメッシュですね。
このメッシュ部分にプロテクターが仕込めるような作りです。左側の胸のところにはインナーポケットが見えていますね。

これは昨年モデルのベクトルジャケット、ブラックモデル。

改めて、今年モデルと比べてみましょう。

ファスナーとマークが白と黒で異なります。それとよく見ると、レーザーホールの作りが異なりますね。

生地自体は同じようですが、プリントが異なっています。リフレクターの位置も変わっていますね。

さて、普段着に使えそうなフーディ3種見てきましたが、どれも十分普段着として使えそうです。特にベクトルジャケットですが、肩、肘、背中にソフトパッドが標準装備されていますが、パッドを取り外してしまえば普段着のフード付きアウターとして十分使えます。

ミッドパーカですが、3種類の中で生地が最も薄い。しかし、防風インナーがレイヤードされているため、見た目とは裏腹に防風効果が高いだけあって、意外と防寒性能も高め。しかも純粋な生地が薄いためインナーウェアとしても使い勝手が良いでしょう。

リニアフーディは、生地はミッドパーカーよりも厚めですが、風通しが良いため春先よりも夏前の頃の方が使い勝手が良いと思います。また、Tシャツの上に直接羽織るような使い方だとミッドパーカよりも汎用性は高いと思います。

最後にベクトルジャケットは、その名が示すようにジャケットとしての使い方が適していると思います。すなわち、Tシャツの上というよりもジャケットとしてYシャツなどのアウターの上に重ね着をするよな使い方がベスト。また、ジャケットですからファスナーを閉めずに羽織るだけのような使い方が適していると思います。汎用性は最も高いのではないかと思われます。

以上、3種類のフーディを簡単にインプレッションしてみましたが、やはり三種三様の使い方がよろしいのではないかと。

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その2 K-1946 ミッドパーカー

普段着に使えるクシタニのフーディーシリーズ。第2回目は

K-1946 ミッドパーカー

防風レイヤー層が装備されているフーディーである、K-1946ミッドパーカーです。これもここ数年デザインを少しづつ変えながら販売継続されているモデルですね。

このモデルは昨年発売された秋冬モデルでして、一昨年購入したミッドパーカーが非常に使いやすく、普段着やら仕事にも着て行ってましたから、予備的にもう1着買っていました。

こちらは一昨年のミッドパーカー。昨年モデルとデザインはほぼ同じです。

改めて、ミッドパーカーの良い点についてですが、リニアフーディーと比べて薄いのですが、インナー側に防風レイヤーがレイヤードされているところが気に入ってます。
この防風レイヤーですが、かなり具合がよく、これだけを普通のジャケット替わりに着てもしっかりと風は防ぐという点。なので、薄い割には身体が暑くなりやすい。ということは、それだけ防風性能が高いということが言えると思います。

防風レイヤー層。リニアフーディーとは異なり、別生地がレイヤードされているのがおわかりいただけると思います。

昨年モデルと同様、裁断は立体裁断。バイク乗車時にもフィットしやすいカッティングですね。また、一昨年モデルとは異なり、フードの紐が白から黒に変わっており、

袖口周りとサムホール周りも白から黒へ変更されています。袖口とかはどうしても汚れやすいところなので、これはありがたい改良ですね。

生地部分のアップ。よく見ると、ストライブ模様はプリントです。生地自体はリニアフーディよりもさらっとした感じです。

後ろ側。一昨年モデルとの一番の違いは、バックプリントの有無かもしれません。かなり目立ちます。

一昨年モデルには大きなバックプリントはありません。消臭テープの下に申し訳程度に入っているのみです。

このミッドパーカーの一番の特徴は、あくまでもミッドレイヤーだという点に尽きると思います。
インナーとしても使える薄さ、その割には防風効果が高い。ウィンドブレーカーほどではありませんが、ライディングジャケットのインナーとして考えた場合では、主な防風はアウターでどうにかなりますし、より高い防風性=防寒性と考えても良いかもしれません…を求める場合には、このミッドパーカーが非常に活躍するのではないかと思います。しかも、パーカーデザインなので、春先のちょっと寒い時期での普段着としてのパーカーとして使える点が何よりも良い点ではないかと思います。

ちなみに、

このミッドジャケットは、インナーとしてはゴアウインドストッパーを採用していたころのインナーシャツとほぼ同じような使い心地ですので、アウターとしても使えますが、ややごわついた感じなので、アウターとしての普段着として使うのならば、やはりミッドパーカーの方が使いやすいと思います。

次回の「クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ」はベクトルジャケットをご紹介する予定です。

クシタニの普段着に使えそうなフーディシリーズ その1 K-1958T リニアフーディー

クシタニのライディングウェアは他メーカーよりも高品質で、ライディング時に動きやすいようなカットや縫製がなされており、ユーザー目線での商品開発がされていることは多くのライダーが認めるところだと思います。ただ、その分他のメーカーよりもやや割高なのは仕方ないと思います。しかし、厳密に言えばライディングジャケットではありませんが、インナージャケットやインナーウェアとなると、価格もリーズナブル。しかも街着としても使えるし、普段からライダーであることをさりげなくアピールしたいと思っている方向けのラインナップも実は少なくありません。

純粋に街着ファッションとしても使えることのほか、当然ライディングジャケットのインナーとしても使えるモデルを今回は3点ほどレビューしてみます。

K-1598T リニアフーディー

厚手のコットン生地のフーディーで、普段着として最も使いやすいと思います。
裏地も無く、風通しも良いフーディーですね。
また、このモデルはパフォーマンスストア限定モデルで、レギュラーモデルがS、M、L、LLまでの設定に対して、このモデルはXLサイズまで用意されています。

実は昨年モデルのレブロフーディーを狙っていましたが、サイズがLLまでの設定であり、しかも元々のサイズがかなりタイトサイズだったため、ようやく今年モデルで普通に着用できるモデルが入手できたというわけです。

素材表面はふわっとした感じで、かなり着心地も柔らかいですよ。

サイド側にはレーザーホール加工。もともと生地自体の風通しは良いと思いますが、さらに穴あけ加工することで、さらに風通しがよくなっています。

縫製もクシタニらしく立体裁断が施されているのと、ライディング状態でもジャケットが突っ張ることが無いように考えられた生地のカットがなされています。

裏側。
特に裏地などもなく、風通しが良いですね。ただ、生地は若干厚みを感じますので、普段着として使うのには春先のまだやや寒い時期にちょうどいいのではないかと思います。

やや派手目な色合いと「KUSHITANI」のバックプリントが嫌というのでなければ、この時期(3~4月の早春)に一番使えるフーディーと思われます。
私の場合は、休日の普段着として街着として使っています。派手さが気にならなければ一番のおすすめですね。

クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニ K2352 レイジャケット

クシタニの2020年、春夏ジャケットが発表されました。
昨年のラインナップと大きく変わらず、主にはデザイン面でのマイナーチェンジで、「MOTO PERFOEMANCE」の文字位置が変わっていたりする程度で、他にはカラーチェンジが主だったところのようです。しかし、その中で大きく変えてきたモデルがありました。それがここ数年マイナーチェンジを行っていた「レイジャケット」です。

写真を見てもらえば一目瞭然ですが、ついにフード付きになりました。
昨年の秋冬モデルでもゴアテックスショートジャケットのモデルチェンジ版でもある「アロフトジャケット」もフード付きに変わり、時代はフード付きだぜィ!ってな感じだったのですが、ついに、レイジャケットも!

フード付きってのは悪くはないのですが、良く言えば若向きなデザイン、悪く言えば、オヤジ達向けではない!っていうイメージではないかと思っておりましたが、そこはクシタニ、比較的年齢層を選ばないデザインでまとめたなって感じです。

今回もパフォーマンスショップ横浜店で購入しましたが、ショップ店員さんによると、結構40~50歳台くらいの人たちにもウケは良いようで、これまたあっという間に売り切れになりそうです。

細かい部分を見ていきますと

ところどころに皮革があしらわれていたりしてなかなか所有感を満たしてくれそうな出で立ちだったりします。

後ろ側にはフードを止めるためのループが付けられていました。
また、横一本のディンプル加工がなされた皮革も以前からのレイジャケットと同様です。

機能上でフードのほかに最も変わったと思ったところが、脇下のストレッチ素材。以前のモデルよりも明らかに大型化していました。

また、袖口のところは全周テキスタイルとなっており、前モデルのようなストレッチ素材は採用されていません。

ちなみに製造国は日本。これもレイジャケットならではだと思います。

手持ちの2017年版、ワイズギアのスタイルジャケットとの比較。スタイルジャケットは実質レイジャケットであり、比較するにはちょうどいいと思いまして比較してみました。

明らかに脇の下部分のストレッチ部分が異なりますね。

正面部分の比較
ファスナー内側の「ベロ」の大きさも異なります。が、今年モデルの方は、きちんと腹回りがえぐられており、ストレスがかかりにくい形状ですね。

生地そのものも以前のモデルと同様、コットン100%な生地ですが、2017年モデルと比べて、圧倒的に柔らかい素材に変わっています。生地の厚みは以前のものよりも薄くなっているように感じますが、「柔らかい」というところを優先したとも考えられますし、風通しを、より一層優先したとも考えられます。また、生地自体も昨年モデルと同様リップストップ素材と言う格子模様の生地となっており、以前のレイジャケットのようなのっぺりとした印象からガラッと変わっています。このデザインにより生地自体の強度も上がっているとのこと。
ショップ店員さんが言うには、圧倒的に風通しが良いとのことでしたので、生地を薄くして風通しを良くするのと同時に生地自体が薄くなることでの強度低下をリップストップ織で補っているのではないかと思います。

全体としては、レイジャケットのイメージはそのままで、機能性、デザインをブラッシュアップした、というところでしょうか?
全体のイメージとしては、以前あったジョカーレジャケットにかなり近いと思います。
良くも悪くも、これまでのレイジャケットは、どちらかというと、ライディングジャケットの正統派という感じだったのですが、今年モデルは、正統派でありながら、より幅広い年齢層にも気軽に着用できるジャケットになったといった感じです。

Ryzen9 3900X

今年の7月7日、AMDから第3世代のRyzenが発売されました。
これまで、Ryzen 7 1700、2700Xと乗り換えてきまして、その性能の高さに驚いておりましたが、第3世代Ryzenはついに12コア24スレッドに到達!更に11月には16コア32スレッドというコンシューマ向けCPUとしては過去最大のコアを搭載したCPUも発売されるとのこと。これまで、RyzenだとThreadRipperや、INTELだとXEONなどのいわゆるHEDT市場向けとも思えるCPUが一般的な価格で購入できること、マザーボードも一般的なSocketAM4なモノが使えることなど、2~3年前では考えられないような事が現実となっています。

現在(2019年11月17日現在)購入できるRyzenシリーズ最高峰であるRyzen 9 3900Xですが、実は9月中には国内Amzonで購入済みでして、ここ1か月くらい使い倒していました。

現在でも入手性が良いとは言えず、現時点でも私が購入した時よりも高値で売られています。現在だと7万円~8万円。アキバ系のPCショップでも入荷すると即完売状態が発売から3か月以上経っているにも関わらず続いています。なお、アキバ系PCショップだとほぼ定価で購入できるようです。ちなみに定価は59,800円+税となっています。私が購入した時でさえ若干高く、税込み65,200円(購入時は税8%であるため)でしたが、現在ではとてもこの値段では買えないようです。

いろいろベンチをやってみましたが、比較対象としてRyzen2700X、要は3900Xと入れ替える前のマシン。

まず、3DMarkのTIMESPY

2700X

総合スコア4386 CPUスコアが見づらいですが、8616です。

続いて3900X

総合スコア 5377 CPUスコアが大幅アップの11933

あと、マルチスレッドだと性能を発揮しやすいベンチマークソフトとして、CINE BENCHってのがありますが、CINE BENCH R20で測ってみました。

すると驚きの7000超え。シングルスレッドでも500超えも普通に出ます。

実質Windowsを使うにはINTEL(インテル)かAMDしか実質的には選択肢がなく、長年AMDにとっての目の上のたん瘤のようなINTELでしたが、今回は久しぶりにINTELがフルボッコにされているようです。

さてさて、非常に高性能というのはわかりましたが、ネガティブなところって無いのかというと、さすがに完璧なCPUというわけには行かず、問題(というほどものでもありません。(笑))も正直あります。

ネガティブなところ。
とにかく爆熱。気を抜くとあっという間にリミッターが作動。ちなみにRyzenはかなり多量のセンサーを実装しており、かなり正確な数値を拾ってくれているようです。

なお、Ryzenの場合、CPUコアの温度が95℃を超えると電圧を下げて、クロックも下げるという機構が採用されています。

で、Ryzen 9 3900Xパッケージを購入すると嫌でも付属してくるのCPUクーラーですね、このCPUクーラーなのですが、予想以上に冷えません。(笑)

Ryzenシリーズにはサーマルスロットルリングという一種の安全装置が装備されていて、CPU温度が95°Cを超えるとクロックと電圧を下げる機能が実装されています。CineBenchとかを走らせながら、HWmonitorなどでCPUコア温度とか見てるとあっという間に90°Cを超えてきます。

こりゃいかんと、CPU クーラーをCoolerMastee製のMA410Pに交換し、更にファンを排気側に追加したところ、かなりマシにはなりましたが、それでも80°Cから85°Cくらいまでは上昇します。

確かにこれまでのAMD製品とは異なり、本気でINTEL製の製品を凌ぐ性能ではありますが、本気で戦うならば、冷却にはかなり気を使わないとRyzenの真の性能を発揮できないと思われます。逆に言うと、PCケースを含めてCPUクーラーやケースファン、エアフローなど総合的に冷却を考えて組んで行くとモンスターマシンが組めると思います。

ちなみに今度発売されるRyzen9 3950XはCPUクーラーが付属せず、更に簡易水冷が推奨となっており、プロセス微細化とともに発熱の問題が大きくなってきているということなのでしょう。netburstアーキテクチャーPentiumDを彷彿とさせるような事態です。もっともPentiimDは大コケしましたが。

カテゴリー: PC