只見駅に行ってきました






こちらもここ数年毎年訪れているJR只見線の只見駅です。
JR只見線は、日本有数の絶景路線としても知られており、元々は、只見ダム建設に伴い、会津若松を小出を結ぶ路線として、1962年に全線開通した比較的若い路線です。沿線は会津坂本から只見までは只見川に沿って、また途中田子倉湖を挟んで、新潟側の大白川からは破間川にそって走るいわゆる秘境路線としても知られています。
2011年福島豪雨により、只見川にかかる橋梁のうち相当数の橋梁が流出や損壊などの甚大な被害を受け、2018年現在も只見駅と会津川口間が不通のままで、この両駅間は代行バスによる代行運転が行われています。
不通となる前も秘境路線として知られているくらいですから、只見と大白川の田子倉ダムを挟んだ県境区間は上り下りとも各3本のみの運行となっており、いつ廃線になってもおかしくないと言われておりましたが、この地域は日本有数の豪雪地帯でもあり、特に南会津の只見町から新潟魚沼側につながる国道は冬季間は通行止めとなるため、それこそ只見線が命綱だったりするわけで、なんとか廃線を免れていた路線です。しかしながら、2011年の福島豪雨による被害はとてつもなく甚大であり、復旧させるだけで85億円もの巨額な費用がかかるという話です。しかもただでさえ超赤字路線だけに採算が取れるはずもなく、JRとしても廃線やむなしとして、地元自治体と協議を重ねていました。
しかし、沿線自治体、周辺自治体およびなんと福島県までも巻き込んで、JRと協議を重ねた結果、上下分離方式で施設を福島県を始めとする沿線自治体(または出資する会社など)が保有管理し、JRが第二種免許を取得した上で運行するという方法。しかも復旧費用もJRが3分の1、福島県が3分の2を負担するという驚きの内容で合意し、2021年ごろの復旧を目指すと言う内容です。
正直、個人的にも大変驚いた内容で、福島県もかなり思い切ったことをしたと思います。個人的にも会津地方には思いいれも多く、なんとか復興の足しになればとも思って、好んで会津地方に行っています。

今回行って驚いたこと。なんと駅員さんがいました。前はいなかったように思いましたが。

流石に駅員さんがいるのに勝手に構内に入るわけにもいかず、入場券を購入。

只見と越後川口が通じていた頃はホーム両側にキハ40が止まっていたものですが、さすがに現在は片面のみの運用で線路は錆びだらけ。

復旧したあかつきには、以前のように両側に列車が止まる以前の光景が戻ってくると信じています。

ちなみにこの入場券、出札窓口の反対側にある売店で入場券購入者のみに配布されるケースです。どちらかと言うとこのケース目的で入場券を買ったと言うことなのですよ(^^)

クシタニ K-2675 ウィンターチームジャケット




クシタニ K-2675ウィンターチームジャケットです。

これ、実は昨年モデル。今年のモデルはK-2683と型番も変わっており、デザインも若干変わっています。

このモデルは毎年ほぼ形は変わらず、デザインだけは少しずつ変わっているという、言わばクシタニのウィンタージャケットの中でも定番品とも言えるモデルです。

また、比較的高額な商品が多いクシタニ製品ですが、このウィンターチームジャケットがウィンタージャケットの中で最も安価な製品でもあります。

後ろ側。肩から背中にかけて生地が重ね合わせになっています。ゴアテックスジャケットだと、ここから内部の熱気が抜かせられるようになっていましたが、このジャケットにはそう言った機能はありません。ただ、このモデルの最大の特徴であるオリジナルプリントが可能という点が、このようなデザインとする必要があるのだと思います。

このモデルは他のクシタニ製ウィンタージャケットと異なり、インナーがありません。ウォームデバイス一体式です。とは言え、前身頃もダブルファスナーとなっており、防寒性能は高め。しかも、インナー側ファスナーが少しオフセットされているため、アウター側のファスナーと干渉しない工夫がされています。

安価な製品にもかかわらず、ブレストパッド装着用のベルクロも装備。この辺りはクシタニの良心でしょう。

インナー側ファスナーの上部には風の侵入防止のためのフラップが付いています。これがある意味クセモノなのですが…

背中側の腰回りにはずり上がり防止用のパンツのベルトに装備するタブも付いています。

この装備、他のウィンタージャケットには付いていないんだよね。もっとも他のモデルにはストームガードや、インナー側で腰回りを絞れるようにドローコードが付いているので困ることもないのですが(笑)

襟周り。全周ボア。これでかなり首周りからの風の侵入は防げます。

もっともこのボアのおかげで、ドカジャンのようにも見えてしまうんですけどね。あと、このボア部分、襟を立てることもできます。が、首が短い私としては、襟を立てると逆に顎まで覆われてしまい、大変不格好になるので、このままの方が適正位置なのです。

袖口。ゴムとベルクロの合わせ技で絞り込みます。

インプレですが、まず最初にジャケット自体がデカい。かなり…と言うか、相当デカいです。普段使っているジャケットよりも確実に一回り以上ゆとりがあります。なので、このジャケットは普段使っているジャケットよりもワンサイズ小さいものを購入しています。

この前オープンしたばかりの横浜店で購入しましたが、店員のおねいさんに、中にミドルウェアを着込易いですよって言われました。(笑)

あとネガなところ

袖口かデカいためなのか、袖口の処理がベルクロ+ゴムと言う構造上の問題なのか、ベルクロで絞め込んでも冷気が袖口から入ってきます。他のモデルはインナー別体なのでインナー側の袖口が全周ほぼゴムな為、冷気が入ることはないのですが、このジャケットは袖口かゴムとベルクロの合わせ技なため、どうしても皮膚と密着しないところがでてくるようです。そのため、ロング丈のグローブでも冷気か入り込んでくるようです。この辺は何か対策しないと厳冬期は厳しいかも。同じインナー一体式だった一昨年冬モデルのウィンターヴィターレジャケットではなんともなかったので、袖口の絞り方が違うためだと思います。

次に、インナー側のファスナーの一番上側がちょうど襟の折り返しの部分と同じ位置に来るためか、風巻き込み防止タブにファスナーが噛み込みやすい…首の長い人ならそんなことにはならないっぽいのですが、首短い族の私としては、ちょうど顎の下側までインナー部分がくるので、ファスナーが無理やり顎に沿って急カーブを描くように閉まるため、タブが邪魔してしまうようです。そのため何度かファスナーが開けられなくなるという事態に陥りました。あまり上まで閉めなければ大丈夫なのですが、そうすると寒風が首から入り込んでくるというジレンマに襲われます。

肝心の防寒性については、ウィンターヴィターレジャケットやウィンターモードスポルトジャケットに比べてやや落ちるかなっていう程度です。それこそパフォーマンスショップのおねいさんの言う通り、サイズ感が大きい分、ミッドレイヤーを着たすことで寒さは解消できる程度の防寒性は確保されています。

まぁ、安いとはいえ、定価35,000円ですから、他社製品に比べると十分高いとは思いますが、そこはブランド料ということを考えればお買い得な製品ではあると思います。

更にデザインはド定番モデルならではのシンプルさがあるため、バイクやライダーを選ばないという点かいちばんのメリットではないかなと思います。

おまけ

横浜店オープン記念でもらったキーホルダー。スラッシュ富士山キーホルダー横浜店限定版。フジサンロゴと裏面には別に横浜店独自デザインが刻印されていました。

 

セローのバッテリー充電





いよいよセローのバッテリーが怪しくなってきました

今年は、セローにあまり乗っていませんでしたので、1ヶ月以上放置。また最近の気温の低下もあり、通勤で乗ろうとしたら、セルが一瞬息つきを起こすようになりました。

こりゃいよいよバッテリーがヤバイかもと思い、あわててアマゾンで格安充電器を購入(ちなみに、2980円なり)

で、さっそく充電開始というわけです。

充電しているということは、まだまだバッテリーは使えそうです。この充電器、格安な割にはトリクル充電にも対応しているらしく、しばらくつけっぱなしで様子を見てみます。

本来はバッテリーを車体から取り外して充電しないといけないのでしょが、素人配線満載なので、いったん配線をバラすと元に戻すのが面倒くさそうなので、そのままワニぐちクリップで充電しています。今のところ爆発の気配もないので、そのまま2~3日放置するつもり(笑)

マスタングペースト





革靴などの皮革製品を使っていると、ほぼ必要になるのが、いわゆるミンクオイルですね。
しかしながら、某サイトで貴重生物であるミンクから採れるオイルなんてのはたかが知れている。そもそも貴重動物であるミンクからどれほどの数量が採取できるのか?
おっしゃる通りだと思ました。
確かに、街のホームセンターや靴屋さんで売っているミンクオイルはミンクオイルと言う名前ではありますが、べらぼうに安く、(一瓶500円とか!)
本当にミンクが使用されているのかどうかも怪しいところです。
聞いた話によると、ミンクオイルにミンクの油が使用されているのはおそらく1~2%程度。高級品と言われるものでも10%程度しか入っていないのではないかとの事。
じゃあ他の成分は何かというと、ラノリン羊脂とかロウとか石油系オイルなどなどだという事らしいです。そもそも現在におけるミンクオイルの用途は、表面保護とワックス効果が主たる用途であり、逆に、現在の靴をはじめとした皮革製品のほとんどは、ワックス効果と表面保護効果があるミンクオイルで十分だということなのです。

しかしながら、ご存知通り、皮革製品のもっとも大変なのはメンテナンス作業であり、保管といったことでしょう。皮革製品がなぜメンテナンスが必要なのかというと、やはり油分の定期的な補給ということだと思うのですが、良いものを長く使いたいとなると、やはり定期的な油分の供給が必要となります。じゃあミンクのように高級品じゃなく、現実的な動物性オイルってことになるとなぁに?ってことで、おすすめするのが馬油なんですね。

昔から馬油って保水効果が高いことから、化粧品やハンドオイルとしても使われており、皮革製品のメンテナンス用としても使われていたようです。

で、このマスタングペーストです。基本馬油そのもの。

実は一昨年、クシタニの福袋を買った時にブリンクジャケットっていう革ジャンが入っていたのですが、この革ジャンのメンテナンス用として初めてマスタングペーストを買ってみました。

で、この一年、手持ちの皮革製品に使いまくりました。
実際に使ってみた感じですが、まず、とにかくサラサラです。
一般的なミンクオイルは結構ベタ付くのですが、マスタングペーストはベタ付きをほとんど感じません。
次にすぐ溶ける。最初はウェスで掬って塗り込んでいたのですが、基本馬油なので手にも優しいんじゃね?ってことで、2回目からは直接指で掬って手のひら全体を使って塗り込むようにしていますが、すぐに体温で溶けるので手にものすごく馴染むんですね。なので、直接手で塗っても全然ベタ付かないし、細かいところまで指が入るので塗りやすいんです。こころなしか手のカサカサ感も消えてきたような気もしますし(笑)
あと被塗物である皮革製品側の方ですが、塗った直後はテカテカして塗った感がありますが、翌日にはもう塗ったか塗らなかったかわからないくらい浸透しています。

3分の1くらい使っていますが、無色、無臭でミンクオイルのようなにおいも皆無です。

ただ、オイルには違いありませんので、あまりに塗りすぎると革がデロデロに型崩れすることがあるようなので、使い過ぎには気を付けるようにしないといけないとは思います。また、オイルとは言え防水機能が付与されるわけではありませんので、注意しましょう。多少は水に対する抵抗性は付与できるかもしれませんが、過大な期待は禁物ですよ(笑)

クシタニのK-0662 キャプチャージャケットとK-1061 ファクトプロパンツ2に塗りたくりました。もうだいぶ柔らかくなっていますので、あまり塗りすぎないようにしないと!

 

クシタニ K-2681 アドーレジャケット





クシタニライディングウェアの2019秋冬モデルが続々と発売されています。
これまではスポーツ系バイクに似合うモデルである、ウィンターヴィターレジャケットとかウィンターモードスポルトジャケットを購入してきましたが、今期SRを購入したことから、ややカジュアルなモデルも欲しくなり、ワイズギアブランドのヤマハ版レイジャケットであるスタイルジャケットを格安で購入してきました。
さて、いよいよ冬に向かい、SRに乗るのにウィンターモードスポルトジャケットとかだと似合わないかなぁなどと考え、もっと街乗りとかカジュアルに振ったモデルも1着くらいは持っていてもいいかなぁ…などと考えておりました。
秋冬モデルの発表と同時に、いつも行くクシタニプロショップに出向き、カタログを見てしばし悩むことに。今年のモデルで比較的カジュアルっぽいものは、アニフェス、ウィンターウィル、アドーレの3種類。アニフェスジャケットはミューラージャケットのモコモコ版にしか見えず、ウィンターウィルジャケットは、昨年までのモデルとほぼ同じの色違い。ということは激細仕様の可能性高し。アドーレジャケットは見た目がかなり派手ですが、この春夏モデルのフルメッシュパーカージャケットと似たデザイン。かなりカジュアルな雰囲気なジャケット。
ということで、アドーレジャケット、しかもオレンジ色に狙いを定めました。さっそく店長さんに予約をしようとすると、なんと店長さんが言うにはオレンジの入荷はナシとのこと。サックスだったら入るかもしれないと言われましたが、実はこの店舗、以前ミューラージャケットを予約したのですが、結局入荷せず…ってことがありましたので、この時点で嫌な予感しかしませんでした。

その後しばらく経って、サンプル品が各店舗をまわるという話をブログで見つけ、世田谷店に入荷した時点で、現物確認に行き実物を確認した上で、その場で世田谷店で予約を入れました。それが8月後半の話。店長さんに話を聞くと、今年の秋冬モデルの一番人気がこのアドーレジャケットとのこと。

昨日(10/19)ようやく入荷の連絡がありまして、買ってきました。

インナー別体式の秋冬ジャケットです。実際に見ると予想通り派手。ですが、スラブ調のプリントがデザインとして入っているため、思っていたほど派手ということもありません。

後ろ側。なんとなくスラブ調プリントが入っているのがわかると思います。また、両サイドの裾にはデザインされたリフレクターが入っています。

中央の縫い合わせのように見えるところにはドローコードが仕込まれています。

肘のところ。生地と同色で縫い目が入っていますが、これはプロテクターを仕込むためのもの。

両サイドのポケットのファスナーが異常に長くなっていますが、ドローコードを仕込んでいるため、どうしてもこれくらいの長さになってしまうのでしょう。

そのドローコードの取り付け位置。ファスナーの丁度中間くらいの位置に仕込まれています。

肩と腕以下のところの色の切り返しで使われている白い部分。手に取るまでは白い生地だと思っていましたが、実際は白と言うよりもシルバーに近い色合いです。

ストームガード。昨年モデルのゴアテックスショートジャケットにも装備されていました。ロング丈のジャケットだからこその装備ですね。ショートジャケットだと、裾回りが絞り込まれていることが多いため、あまり必要とは感じませんが、ロング丈だとかなり有用な装備です。

次にインナージャケットですが、これはアドーレジャケットに付属しているもの。

これは昨年モデルのウィンターモードスポルトジャケットに付属していたもの。

若干デザインが異なりますが、今年モデルの一番のウリがこのインナージャケット。ダウンライクと呼ばれるシンサレート素材を使用しており、昨年モデルよりも高性能というのがウリです。なんでもダウンと同じ形状をしているということのようです。写真で見る限りでは今年モデルの方がふわっとしているようにも見えます。サイズ感はほぼ昨年モデルと同じでした。

こちらは昨年モデル。今年モデルよりもクシャッとしているように見えます。

相変わらず腕にはMOTO PERFORMANCEの文字が入っています。が、同色プリントなので良く見ないとわかりません。このインナーだけの着用でも違和感はないと思います。

インナージャケットの高機能化とアウタージャケットの3層レイヤーっていう構造、更には昨年モデルにはほぼ採用されていないストームガードも装備されていますので、昨年モデルよりも高い防風、防寒性が期待できますね。唯一心配なのが、PUの使用量が13%と多いこと。長期間使えるかどうかは何とも言えませんね。

ということで、アドーレジャケットのお話でした。

ところで、このアドーレジャケット。

おそらくこの秋冬モデルで一番の人気モデルになっていると思われます。というのも、本家クシタニオンラインでは、発売前の時点で全色、全サイズ売り切れになっています。また、クシタニ世田谷店の店長が言うには、一番予約が多かった製品ということ、他店のブログを見ても、一部を除いて予約だけで完売などというエントリーが見られます。

ここで思い出すのが、今年の春夏モデルでの出来事。フルメッシュパーカージャケットは早々に完売。ベクトルジャケットも発売即完売という状況でした。しかもいずれの製品も追加生産も行っています。(その追加生産分もあっという間に完売だったそうです。)

おそらく、この製品、店頭に並ぶと同時にほぼ完売となるような気がします。

じゃぁもっと作ればいいじゃん!とはいかないのが、この業界と言うことのようです。世田谷店の店長さんとも話しましたが、追加生産するにも生地の手配、工場の手配、などなど、とにかく生産、出荷までかなり時間がかかるとのこと。今回の製品も、8月後半にサンプル品が販売店を巡っているのですから、発注はそれよりも以前。おそらく6~7月の時点で各店舗は発注しているものと思います。そりゃそうだよね。今回の製品もアウターはミャンマー、インナーはベトナムとそれぞれ生産国も異なりますし、まして、ライディングウェアというかなり特殊、というか極めてユーザーが絞られる業界なので、生産数量もかなりシビアに見極めないと、大量在庫の山ともなりかねないということのようです。一種の飢餓商法とも言えますが、ブランド力を維持する方法としてはこういったやり方が合理的ともいえると考えるわけです。例えば、量販店に並ぶウェアはシーズン終わりに一斉値下げ、下手すりゃ50%オフとかをやるわけでして、そうすると、ユーザーとしては、安くなったタイミングで買おうとしますし、世間のイメージも安物ブランドといったイメージにもつながりかねないと思うわけですよ。良いか悪いかはともかくブランド力、あるいはブランドイメージと言ったことを考えるいい機会になりました。